郡 直道の最近のブログ記事

2017.12.10、今シーズン2回目、白樺湖フィッシングセンターの桟橋ドームへ行ってきました。

前回初めての釣行時に明け方まだ暗いうちから始まるのに暗くてエサ付けが困難だったので、2回目の今回は明るいところでエサを付けて準備しておきました。

171210白樺湖ワカサギwsz1.JPG

暗いうちは水中ライトにワカサギが集まるので、魚影はバッチリです。

171210白樺湖ワカサギwsz2.JPG

全面氷結してドーム内の溝にも氷が張りそれを割りながらの釣りになりました。水面近くには水中ライトに当歳魚の群れが漂っていました。

171210白樺湖ワカサギwsz3.JPG

171210白樺湖ワカサギwsz4.JPG

誘惑段差0.5号7本針にオモリTG H7.5㌘、オモリ下針も含む8本針に7点掛けもありました。

171210白樺湖ワカサギwsz5.JPG

日が昇るとポカポカ陽気になりましたが例によってアタリが遠くなりました。

171210白樺湖ワカサギwsz6.JPG

白樺湖は全面氷結していましたが氷上釣りは禁止ですのでワカサギ釣りができるのは桟橋ドームだけです。

171210白樺湖ワカサギwsz7.JPG

魚のサイズはアベレージ10㌢ほどの越年魚と5㌢ほどの当歳魚でした。

171210白樺湖ワカサギwsz8.JPG

朝の活発な食いは9時ころまでは続きましたが、それ以降は群れの入りが極端に悪くなりました。

しかし釣り座によっては頻繁に群れが入っているところがありましたので釣果に大きな差ができていたようです。

釣りができる時間は午後1時までなのですが、あまりにもアタリがでないので正午ごろには納竿しました。

最終釣果は234匹でした。

171210白樺湖ワカサギwsz9.JPG

 

 

 

2017.12.3アクアラインで海を渡って千葉県、高滝湖のワカサギ釣り大会に参加してきました。

受付、ミーティング後、7時15分に競技は開始しました。

171203高滝湖ワカサギwsz1.JPG

ポイントは「B7」の近くでアンカリング、釣り座はいつもと変わらずこんな感じです。アンカーは自前で用意する必要があります。

171203高滝湖ワカサギwsz2.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz3.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz4.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz5.JPG

1回だけでしたが6点掛けがありました。(時間中に写真なんか撮ってないで釣りに専念すれば良いのにね)

171203高滝湖ワカサギwsz6.JPG

大会は重量勝負なので重たいのが良いのですが、越年魚と思われるサイズのワカサギは痩せていて流線形のボディとは言い難いものでした。

171203高滝湖ワカサギwsz7.JPG

かげろうのオブジェ

171203高滝湖ワカサギwsz8.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz9.JPG

12時の帰着なので桟橋に戻ってきました。3本の桟橋の先端にはドームが3基あります。

171203高滝湖ワカサギwsz10.JPG

大会は重量勝負なのですが、数はこんなもんで全く勝負になりませんでした。

171203高滝湖ワカサギwsz11.JPG

検量後は豚汁がふるまわれました。とても美味しかったのでおかわりしてしまいました。

171203高滝湖ワカサギwsz12.JPG

表彰式です。

171203高滝湖ワカサギwsz13.JPG

個人の部メダリストたちです。

171203高滝湖ワカサギwsz14.JPG

親子の部メダリストたちです。

171203高滝湖ワカサギwsz15.JPG

FB友達の鯉渕さん、さすがの5位入賞です。

171203高滝湖ワカサギwsz16.JPG

大出さんも上位の方だったのでクーラーゲットです。

171203高滝湖ワカサギwsz17.JPG

自分の順位の時に残っている賞品から選べるのですが、私の時はラッキーなことにまだ米(3㌔)が残っていたのでゲットしました。大根はヘンなカッコしてますが、近所の畑でとれたものが配られます。

171203高滝湖ワカサギwsz18.JPG

この日のワカサギは底から4本の針に殆ど食ってきているので、「名人誘い」は誘い幅の小さいP1が適しているようでした。また巻き落としの時にバレてしまうこともあったようで、自分誘いで通す選択肢もあると感じました。

 

一昨日にスタッドレスタイヤに履き替えたら今朝の峠越えは早速雪道でした。

2017.11.25 長野県の白樺湖を訪れました。私の釣りログを紐解いてみたらこの湖へは2002年に穴釣りで訪れているのが最後でした。当時は穴釣りができたのですが、氷が緩く、その後穴釣りは禁止になりました。

ワカサギもいなくなったようですが、放流もうまくいき3年前から桟橋ドームでワカサギ釣りが復活したとのことです。

白樺湖フィッシングセンターに着いたのは午前6時ころでした。

171125白樺湖ワカサギwsz1.JPG

受付をしてすぐにドームに向かいました。すでに何人かが釣りを始めていました。

ストーブのそばの水中ライトの近くでは浮いた当歳魚の群れが見えていました。

171125白樺湖ワカサギwsz2.JPG

明け方は暗いのでスマホのライトでエサ付けをやりました。ヘッドライト等を用意しておくと良いでしょう。

白樺湖フィッシングセンターの栩木オーナーが連掛けしています。

171125白樺湖ワカサギwsz3.JPG

私も遅ればせながら仕掛けを投入、「名人誘い」をセットするとすぐにアタリが出始めました。

171125白樺湖ワカサギwsz4.JPG

 

171125白樺湖ワカサギwsz5.JPG

電動リールはCR PTⅡ+  とα、穂先はドームなので短めの先調子26Sと26Mにしました。

仕掛けはどちらも「誘惑段差」0.5号 7本針、オモリはTG H 10㌘としました。

171125白樺湖ワカサギwsz6.JPG

ワカサギのサイズはバラバラ、4~6㌢の当歳魚と8~11㌢の越年魚が釣れましたが、他に今日は釣れませんでしたが最大15㌢の3歳魚らしきものもいるようです。

171125白樺湖ワカサギwsz7.JPG

近くできれいにペイントされたクリスティア電動リールを使っている人がいたので写真を撮らせてもらいました。

171125白樺湖ワカサギwsz8.JPG

この方は池の平ホテルの従業員で櫻井貴章さんです。ホテルの宿泊客のために白樺湖フィッシングセンターとコラボして釣りのガイドをしていました。

クリスティアが大好きで自分でペイントしたそうです。

171125白樺湖ワカサギwsz9.JPG

7時半ころまでは飽きない程度に釣れましたが、段々アタリが遠くなり9時すぎからは殆どアタリが無くなりました。明け方までちらついていた雪も上がり、ポカポカ陽気になってしまいました。

ワカサギの食い気も全くなくなり、そうなると如何に「名人誘い」といえどもお手上げです。

171125白樺湖ワカサギwsz10.JPG

朝は魚探が真っ赤になるくらい魚影があったのが、昼間は真っ白でした。

1回だけ3分ほど群れが入りましたがそれだけで、終了時間の午後1時を前に納竿しました。

171125白樺湖ワカサギwsz11.JPG

釣果は148匹で殆どが朝方釣れたものでした。どうも天気が良すぎたようです。

171125白樺湖ワカサギwsz12.JPG

すぐ隣にある「すずらんの湯」で温まって帰ってきました。

171125白樺湖ワカサギwsz13.JPG

帰り道から見えた浅間山がとても綺麗で、車を停めて写真を撮りました。普段は群馬側から見ている浅間もたまに長野側から見るのも良いものです。

171125白樺湖ワカサギwsz14.JPG

店は5時半ごろから開いているようなので釣行される方は朝のゴールデンタイムをはずさないようにした方が良いでしょう。

それと朝の暗いところでのエサ付けのために懐中電灯などを用意した方が良いでしょう。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11