郡 直道の最近のブログ記事

前線が通り過ぎて冬型の気圧配置、11月なのに12月の寒さだそうです。

2017.11.19(日)の鳴沢湖、予想通りワカサギは全くやる気なし、渋々でしたがこんな時は「名人誘い」が頑張ってくれました。

「ワカサギが沢山釣れますように」、ご来光に手を合わせました。

171119鳴沢湖ワカサギwsz1.JPG

周りの木々は色づき始めていました。

171119鳴沢湖ワカサギwsz2.JPG

171119鳴沢湖ワカサギwsz3.JPG

171119鳴沢湖ワカサギwsz4.JPG

釣れるワカサギは相変わらず4~7㌢のマイクロワカサギが主体、数%の割合で9~10㌢の越年魚が混じりました。

171119鳴沢湖ワカサギwsz5.JPG

分厚い魚影が常時びっしり、これで釣れない訳がない、と思ったのですがこれがたまにしか食いません。ワカサギの反応なのではないのかもしれない、とも思いましたが時々多点掛けがあるので、やはりワカサギのようです。

171119鳴沢湖ワカサギwsz6.JPG

171119鳴沢湖ワカサギwsz7.JPG

171119鳴沢湖ワカサギwsz8.JPG

これは6点掛けなのですが、1匹フレームからはみ出ました。

171119鳴沢湖ワカサギwsz9.JPG

当歳魚と越年魚のアベレージサイズです。

171119鳴沢湖ワカサギwsz10.JPG

これは7点掛けです。

171119鳴沢湖ワカサギwsz11.JPG

これは9点掛けです。「誘惑段差」の5本針と6本針の連結で11本針なのでパーフェクトには2匹足りません。

171119鳴沢湖ワカサギwsz12.JPG

171119鳴沢湖ワカサギwsz13.JPG

気温は低かったのですが、風は強くなく、気持ちの良い釣り日和でした。(注:釣果は除きますが)

171119鳴沢湖ワカサギwsz14.JPG

171119鳴沢湖ワカサギwsz15.JPG

終了後記帳しましたが多分竿頭でした。(まだ帰着していないボートが2艘ありました)

171119鳴沢湖ワカサギwsz16.JPG

この日のタックルは

        電動リール: CR PTⅡ+  CR PTⅡα

        穂先  :  34㌢先調子       M    S    延長アダプター使用

        仕掛け : 「誘惑段差」 0.5号 5本針と6本針の連結

        オモリ : TG H   12㌘

        エサ  : 赤虫

 

今までは比較的渋めの湖で「名人誘い」のテストを繰り返してきましたが、絶好調の湖ではどうなのだろうか見たくなって相模湖へ出かけていきました。

桟橋では相模湖をホームとするブロガー仲間の鈴木誠さんやFB友達と遭遇しました。

絶好調と思ったのですが、どっこいそう甘くはありませんでした。的確にポイントを定めて船付けしてゆく店主の山口一(はじめ)さんも日ごとに変わる爆釣ポイントを見極めることは困難だったようです。

10束超えが出ていた寺下も翳りが見えてきたようで、朝一こそポツポツ釣れましたが好調は長続きせず、午後はポイントを変えてもらってなんとか格好はつきましたが、ジップロック1袋で余裕ができる釣果に終わりました。

2本竿で片方は「誘惑段差1.5号7本針」もう一方は「速攻ケイムラ金針1.5号7本針」で比較しました。

「名人誘い」も色々試しました。効果があることは間違いないのですが、食いの渋い時の方が効果は大きいと感じました。

釣果はイマイチでしたが天気が良かったし、少し早いとはいえ紅葉はきれいだし、気持ちの良い一日を過ごすことができました。

171112相模湖ワカサギwsz1.JPG

171112相模湖ワカサギwsz2.JPG

171112相模湖ワカサギwsz3.JPG

171112相模湖ワカサギwsz4.JPG

171112相模湖ワカサギwsz5.JPG

171112相模湖ワカサギwsz6.JPG

171112相模湖ワカサギwsz7.JPG

171112相模湖ワカサギwsz8.JPG

171112相模湖ワカサギwsz9.JPG

171112相模湖ワカサギwsz10.JPG

171112相模湖ワカサギwsz11.JPG

171112相模湖ワカサギwsz12.JPG

171112相模湖ワカサギwsz13.JPG

171112相模湖ワカサギwsz14.JPG

171112相模湖ワカサギwsz15.JPG

171112相模湖ワカサギwsz16.JPG

ワカサギ釣りに絶好の季節11月の3連休、前日の鮎川湖に引き続き鳴沢湖を訪れました。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz1.JPG

高崎市が運営する公営のワカサギ釣り場で、きれいに整備されていてとても気持ちの良い釣り場です。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz2.JPG

1711004鳴沢湖ワカサギwsz3.JPG

午前6時半開始、ポイントは流れ込みのワンド、黒の4番付近の縦ロープに入りました。

朝一の第一投、いきなりデカサギがきました。前回の釣行では殆どがメダカサイズだったので、拍子抜けしてしまいました。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz4.JPG

1711004鳴沢湖ワカサギwsz5.JPG

2匹目までは大型でしたが、それ以降はマイクロワカサギになってしまいました。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz6.JPG

 

1711004鳴沢湖ワカサギwsz7.JPG

1711004鳴沢湖ワカサギwsz8.JPG

この日の最大は12㌢、最小は4㌢でした。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz9.JPG

魚影は1㍍弱の幅のものが常時底にあるのですが、群れがくるとその幅が2㍍くらいになります。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz10.JPG

マイクロワカサギはタングステンオモリ(TG H 5㌘)よりは大きかったです。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz11.JPG

仕掛けは「誘惑段差0.5号7本針」と「誘惑ロング0.5号5本針」の2連なのですが、大きな群れが来たときは万遍なく食ってきます。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz12.JPG

午前中は殆どが4~5㌢のマイクロワカサギだったのですが、どういう訳か同じポイントでも7~10㌢の標準サイズが多く釣れるようになり、最後の1時間くらいはマイクロワカサギが全く釣れなくなりました。

午後3時ころには風が強くなり、小雨まで降ってきたので終了間際の3時半に納竿しました。

7割がたがマイクロワカサギだったので、331匹でもジップロックのMで十分収まりました。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz13.JPG

帰りに管理棟で釣果帳に記帳しましたが、どうやら湖全体の竿頭だったようです。

1711004鳴沢湖ワカサギwsz14.JPG

この日も殆どの時間「名人誘い」でしたが食い気があるときのパターンはやはり「P3スピードH」が最適のようでした。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11