郡 直道の最近のブログ記事

氷上シーズンも終わりワカサギ釣りもシーズンオフに入った感がありますが、西湖では乗っ込みシーズンが始まりました。

今回は仕事の関係で久々の土曜日休み、天気が悪そうだったのですが、少なくとも午前中はできるだろうと西湖「丸美」をヒメマス・ワカサギ狙いの「二刀流」で訪れました。

午前5時のスタート、まだ薄暗いうちに漕ぎ出しましたがブイ争奪の厳しいボートレースにはなりませんでした。

ヒメマスの竿を出し終わり、続いてワカサギの竿を投入完了、ちょっと誘うとアタリがでて良型の抱卵ワカサギが多点掛けで上がってきました。

180414西湖ヒメワカwsz1rev0.JPG

40㍍の底を泳いでいるワカサギはヒレの大きな綺麗な魚体でした。

180414西湖ヒメワカwsz2.JPG

予報に反して午前中から強い風が吹き始め、アタリが取り辛い状況になりました。

180414西湖ヒメワカwsz3rev0.JPG

ポイントの水深は40㍍強、ヒメマスのタナは15~20㍍と聞いていましたが魚探には反応はみられません。画像にでているのは仕掛けです。

底にはワカサギの反応が薄いのですが、居着きのワカサギがポツポツ釣れます。

180414西湖ヒメワカwsz4.JPG

ヒメマス釣りと同時にワカサギ釣りやっているので電動リールはCR PTⅡαと+に外部電源ユニット、誘いは「名人誘い・モードP3スピード3」におまかせでした。

外部電源での巻き上げスピードは40㍍を巻き上げる時は「スピードH」で丁度良いくらいでした。針も大きめの1.5号だったのでバラシも殆どありませんでした。

オモリはTG Rの12㌘と重いものを使い、さらに大型ワカサギの多点掛けの時はずっしりとした重量感を楽しめました。

 180414西湖ヒメワカwsz5rev0.JPG

抱卵しているメスは卵がはみ出していました。

180414西湖ヒメワカwsz6.JPG

7本針に6点掛け、パーフェクトに1匹足りませんでした。

180414西湖ヒメワカwsz7.JPG

風でボートが動いてヒメマス仕掛けも巻き込んでオマツリが続発、糸が足りなくなりスペアーのCR PTⅡも登場しました。

180414西湖ヒメワカwsz8rev0.JPG

風が強いので午前11時半には納竿しました。

ヒメマスは制限匹数(30匹)を達成できましたが、ワカサギは39匹に終わりました。

180414西湖ヒメワカwsz9rev0.JPG

帰宅後はワカサギを塩焼きで食しましたが大変美味でした。

180414西湖ヒメワカwsz10.JPG

西湖のワカサギは例年これから浅場に乗っ込んでくる時期になります。なおヒメマスとワカサギは5月いっぱい解禁していますので釣行されてはいかがでしょうか。

赤城大沼の氷上は最後まで渋かったです。

2018.3.25(日)、今季最後の氷上釣りに行ってきました。

ポイントはバンディ塩原前、前日から泊っている河合俊司さんと西村由香さんが少し遅れて合流しました。

晴れてはいるのですが中で座っていないとカタツムリテントが飛ばされるくらいの強い風が吹いていました。

魚探には時々反応がでるくらいでした。

180325赤城大沼ワカサギwsz1.JPG

午前9時半頃突然魚探に強い反応が現れてこれが30分ほど続きました。あまりの魚影の濃さのため水深を誤表示するくらいでした。

しかしこの反応にもかかわらずいくら誘ってもなかなかアタリが出ず、たまにアタリがでても乗らないことが多く、この30分の間に僅か6匹しか釣れませんでした。

180325赤城大沼ワカサギwsz2.JPG

その後も断続的に反応はあったのですがアタリも殆ど出ず、それでも真剣に誘い続けると忘れたころにワカサギが乗るといった状況でした。

180325赤城大沼ワカサギwsz3.JPG

午前中にやっと15匹になったところでしびれを切らして納竿を決意しました。荷物を飛ばされないように身支度を整えてからテントを開けて河合さん、西村さんの様子を見にいきました。

180325赤城大沼ワカサギwsz4.JPG

180325赤城大沼ワカサギwsz5.JPG

180325赤城大沼ワカサギwsz6.JPG

今季最終釣行の赤城大沼の風景を写真に収めて湖を後にしました。

180325赤城大沼ワカサギwsz7.JPG

180325赤城大沼ワカサギwsz8.JPG

180325赤城大沼ワカサギwsz9.JPG

180325赤城大沼ワカサギwsz10.JPG

180325赤城大沼ワカサギwsz11.JPG

今日使った竿は手バネ、仕掛けは「ケイムラ金針の速攻」6本針0.5号、「誘惑段差」7本針0.5号の連結、オモリはTG R2㌘でした。

 

BSカップの一週間前、仕事の関係で今日が最後のプラになってしまいますが赤城大沼の氷上ワカサギを楽しんできました。

今季の赤城はボートを含めて10回目、毎回日釣り券を購入、年券買えば良かったと後悔しています。

赤城の氷上は日曜日の大混雑の中だけしか釣行できないというハンデはあるにしても半束(50匹)を超えることができずにいましたが今日はやっと超えることができました。

手前から順番に穴を開けて魚影のあったところで始めようとおもっていたところ、バンディ塩原前で最初に開けた穴に魚影があったのでそこでスタートしました。

180311赤城大沼ワカサギwsz1.JPG

長い仕掛けの底針に掛かると取り込みが大変です。

180311赤城大沼ワカサギwsz2.JPG

アタリが止まってしまったのでモグモグタイムにしました。

180311赤城大沼ワカサギwsz3.JPG

 

180311赤城大沼ワカサギwsz4.JPG

180311赤城大沼ワカサギwsz5.JPG

180311赤城大沼ワカサギwsz6.JPG

180311赤城大沼ワカサギwsz7.JPG

今日の昼食はカレーうどんでした。

180311赤城大沼ワカサギwsz8.JPG

常連仲間達の多くは午前中に帰っていましたが、私は昼食時に49匹というなんともキリが悪い数字でしたので午後に2匹追加してやっと半束を達成、1時ころには納竿しました。

180311赤城大沼ワカサギwsz9.JPG

今日のタックルは手バネでの手繰り、仕掛けはケイムラ金針の速攻6本針1号を両端に使い真ん中に激渋対応の細ハリスのエダス段差仕掛けの0.5号6本針を挟んだ3連仕掛けにしました。オモリはTG Rの1.5㌘を使いました。

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11