郡 直道の最近のブログ記事

2017年3月31日(金)、群馬県の定める今季のワカサギ釣り解禁最終日、富岡市が運営するワカサギ釣り場「丹生湖」を訪れました。

 

この湖は多目的の人造湖ですが、風光明媚で湖の周りには遊歩道が整備され観光スポットでもあるし、富岡市がヘラブナ釣り、ワカサギ釣りのために釣り桟橋、ボートを用意して釣り場としても整備してあります。

 

私としてもワカサギ釣りにはまってから26年間、幾度となく通ったホームのひとつでもあります。

その丹生湖が耐震工事を含む大規模改修を行うことになり、その期間は15年になるそうです。従って釣り場は閉鎖されることになりました。

そこでこの日、平日にもかかわらずワカサギ解禁最終日に名残を惜しむ為に釣行することにしました。

午前7時の開始時間前に受付し、長年お世話になった管理棟職員の丸山さん(右)とここで毎年釣り大会を開催していた高崎の釣具店「サンビーム」の店員松本さん(左)に記念撮影させていただきました。

 

170331丹生湖wsz1.JPG

この光景が見られるのもあとわずかなようです。

170331丹生湖wsz2.JPG

朝一の桟橋入場者は10数人程度でしたが、ボート釣りを選択したのは私一人、湖のワカサギを独り占めできる期待感に胸は膨らみます(爆)。

170331丹生湖wsz3.JPG

妙義山を望む絶景です。

170331丹生湖wsz4.JPG

 

170331丹生湖wsz5.JPG

食いは渋いのですが、朝一の短時間のみ6点掛けがありました。

170331丹生湖wsz6.JPG

久々のボート釣りセッティングでした。

170331丹生湖wsz7.JPG

桟橋に入った方は今季調子のよい南桟橋中心に結構バラけていました。

170331丹生湖wsz8.JPG

中層を泳ぎ回る群れはかなりいるのですが、底に集中している群れは滅多に回ってきません。こんな群れが回ってきてもほとんど釣れません。赤城のデジャブではないかと思うほどです。

170331丹生湖wsz9.JPG

結局底に張り付いているマイクロワカサギを1、2匹づつ引きはがす感じの釣りでした。

この小さなアタリに的確にアワセを入れて釣り上げていく「激渋の釣り」から今季はとうとう逃げきれなかったみたいです。

170331丹生湖wsz10.JPG

 

170331丹生湖wsz11.JPG

 

170331丹生湖wsz12.JPG

午後3時半納竿、最終釣果は238匹でした。

170331丹生湖wsz13.JPG

この日のタックルは最終的に以下のようになりました。

リール:    クリスティアCR  PT 2   2本

穂先 :    先調子 32㌢ M / S

 (可変アダプター角度は10度と浅くしました)

仕掛け:    マルチ8本針 (枝ス長さ4㌢)0.5号  両方

オモリ:    TG R 5㌘   (下針秋田狐0.5号追加) 両方

エサは「本ラビット」、大きめのものはカットしました。

 

なお今後のことですが、15年後はともかく、4月5月は群馬県の決まりでワカサギは禁漁ですが、工事が始まるまでの間、6月から9月までの僅かな期間は雑魚釣りとしてクチボソ、ワカサギ釣り等はできるようです。

 

もう春分の日が近いというのにまだ真氷の厚さ50㌢、地吹雪吹き荒れる赤城大沼に2日続けてワカサギ釣りに行ってきました。

3月18日(土)、赤城の道路上の温度計はマイナス5℃、湖上は風速15㍍ほどの強風、体感温度はー20℃くらいの感じでした。

170318赤城大沼esz1.JPG

170318赤城大沼esz2.JPG

大型のメスのお腹からは卵がはみ出ていました。

170318赤城大沼esz3.JPG

天気は良いのですが、風がとても強く、時折地吹雪が舞っていました。

170318赤城大沼esz4.JPG

 

170318赤城大沼esz5.JPG

朝一は手繰りでやっていました。

170318赤城大沼esz6.JPG

後半はクリスティアCR PTⅡに切り替えました。

170318赤城大沼esz7.JPG

 

170318赤城大沼esz8.JPG

 

穂先は先調子21㌢SSS

仕掛けはマルチ7本針「誘惑ロング」0.5号、2連で繋いで仕掛け全長は2.5㍍

オモリはTG R 5㌘

エサは本ラビットをカットして使いました。

170318赤城大沼esz9.JPG

ポイントは「中深」、午前中に24匹釣って納竿しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

翌3月19日(日)は第二回バンディカップが開催されました。

「バンディ塩原」に約70名が集まって開会式が開かれました。

170319赤城大沼wsz1.JPG

 

170319赤城大沼wsz2.JPG

ポイントへ向かう途中、赤城に修行に来ていた大出さん、鯉渕さん、横尾さんとでくわしました。

170319赤城大沼wsz2-1.JPG

この日も風が強く、寒い一日でした。

 

170319赤城大沼wsz4.JPG

前日午前中だけで24匹釣れた場所で、大会当日のこの日はわずか4匹、検量時間まで1時間以上残して納竿しました。

170319赤城大沼wsz5.JPG

午後は表彰式が行われました。

170319赤城大沼wsz6.JPG

私の釣果が4匹でも中くらいの順位だったので如何に食いが悪かったか想像できると思います。

そんな状況でもSNS友達の井上さんが28匹でみごと準優勝の好成績を収めました。

170319赤城大沼wsz8.JPG

下界は春なのに、お山の上はまだまだ冬でした。

私の今季の氷上釣りはこれで終了とします。

 

解禁当初はともかく、最近の赤城大沼は激渋の状況が続いています。

ベテランの常連さん達でも「束」の声を聞くことが珍しく、一桁ということすらあります。

それでも赤城に上り続ける人が多くいることもまた事実です。それほど魅力的なフィールドであるといえます。

今回は3/5と3/11両日の模様をまとめてアップします。

まず3/5(日)の状況です。

穏やかな一日でした。

170305赤城大沼wsz1.JPG

このポイントは「神社脇」です。

170305赤城大沼wsz2.JPG

手前は自分のカタツムリテント、奥の集団がいるポイントは「中深」です。

170305赤城大沼wsz3.JPG

こんな魚影が時々現れますが、この群れで1匹釣れるか釣れないかといったところです。

170305赤城大沼wsz4.JPG

結局午前中「神社脇」と「中深」でやりましたが、ツ抜けがやっとでした。

170305赤城大沼wsz5.JPG

 

170305赤城大沼wsz6.JPG

手前のポイントは「リンク跡」、奥の右側は「神社脇」、奥の左側は「中深」、さらに写真の外の左側に「深んど」のポイントがあります。

170305赤城大沼wsz7.JPG

 

続いて3/11(土)の状況です。この日は前週と違って気温は低く、風が強いです。前日の雪が舞い上がって地吹雪が舞っています。

170311赤城大沼wsz1.JPG

 

170311赤城大沼wsz2.JPG

 

170311赤城大沼wsz3.JPG

天気が悪いので釣れるかと思いきや、またまた食いません。

こんな反応の群れが来てもほとんど食わないのはいつものことです。

170311赤城大沼wsz4.JPG

ちょっと早めの昼食にしました。

170311赤城大沼wsz5.JPG

タックルはスタートは手繰りでしたが途中から電動リールに切替えました。

「CR  PT 2」に穂先は「胴調子24.5㌢SSS」、オモリはTG H5㌘でした。

仕掛けはマルチ7本針0.5号「誘惑ロング」を2連、全長2.5㍍、エサは「本ラビット」を使いました。

170311赤城大沼wsz7.JPG

常時誘っていないとアタリがでないので、基本手持ち竿でやりました。

170311赤城大沼wsz8.JPG

午後1時過ぎに納竿、この時点での26匹は周りの常連さんたちの中では上位のようでした。

170311赤城大沼wsz9.JPG

まだ氷の厚さは50㌢はあるので、急に気温が上がらない限り、3月31日の最終日までできるかもしれません。

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11