郡 直道の最近のブログ記事

2016.3.26(土)、今シーズン大ブレークした河口湖のワカサギ釣りに行ってきました。

河口湖のワカサギ釣りが復活したのは9年ぶりと言われており、10束、20束、30束という大釣りが話題になっていました。

私も河口湖に最後に行ったのは2003年のこと、話のタネにと、実に13年ぶりの釣行でした。

 

今回はKBH(河口湖ボートハウス)さんからボート釣りにしました。現地に向かう峠の気温はマイナス6℃、小雪がちらつく寒い朝でした。

河口湖ワカサギ160326wsz1.JPG

駐車場ではCスタイルクラブの西尾さん、菅田さんとバッタリ出会いました。

河口湖ワカサギ160326wsz2.JPG

ボートハウスで受付をしてオーナーの大町悦章さんからポイントの説明等を受けてボートを漕ぎ出しました。

河口湖ワカサギ160326wsz3.JPG

聞いたポイントでアンカリングしました。

河口湖ワカサギ160326wsz4.JPG

河口湖ワカサギ160326wsz5.JPG

何故かペースはあまり良くはありませんが、たまにはこんな多点掛けもありました。

河口湖ワカサギ160326wsz6.JPG

河口湖ワカサギ160326wsz10.JPG

こんな魚影がたまには見られるのですが、あまり長続きはしませんでした。

河口湖ワカサギ160326wsz7.JPG

ほとんどが7~8㌢の中小型の魚体なのですが、まだ産卵前のメスはお腹から卵がはみ出しているものもいました。

河口湖ワカサギ160326wsz8.JPG

日没近くまで粘りましたが、906匹で終了しました。

河口湖ワカサギ160326wsz9.JPG

・小雪が舞うくらいの急激な冷え込みでワカサギの食欲不振

・数日前の満月の大潮で今季第二陣の産卵行動があり、浜には産卵を終えたワカサギが多く打ち上げられ、釣り対象魚が減少

・日中気温が上がるとユスリカの大発生があり、ワカサギが飽食状態  等々

 

1000匹に達しなかった言い訳には事欠かなかったので安心していたのですが、浜では安心できませんでした。

Cスタイルクラブのお二人はこんな状況でも20束、25束と驚異的な数字を上げていました。

お二人のポイントを見極める力には脱帽しました。

 

2016.3.20富士五湖西湖のヒメマス・ワカサギ釣りが解禁しました。

私はヒメマス主体で釣行しましたが、その合間にワカサギ釣りもしましたのでここにアップします。

西湖ワカサギ0320wsz1.JPG

気温は低かったですが風も殆どなく穏やかな釣り日よりでした。

西湖ワカサギ0320wsz2.JPG

ヒメマス狙いの沖のブイにボートを固定しました。浜が狭くなっているので湖の水位が高いようです。

水没しているブイがあるようで、しかも休日の解禁日、普段より空きブイを探すのに苦労しました。

西湖ワカサギ0320wsz3.JPG

ヒメマスの竿5本を操りながら、合間にワカサギタックル2セットを操って水深41㍍の底からワカサギを引っ張りだしました。

西湖ワカサギ0320wsz4.JPG

西湖ワカサギ0320wsz5.JPG

抱卵しているメスの中には水圧変化で内臓や卵がはみ出しているのもいました。

西湖ワカサギ0320wsz6.JPG

魚探の反応はあまり濃くはないのですが、底に張り付いているワカサギは食い気があるようでした。

西湖ワカサギ0320wsz7.JPG

CR PTのハイスピード設定で抱卵ワカサギの多点掛けは全く問題ありませんでした。

西湖ワカサギ0320wsz8.JPG

ヒメマスは午前中で制限匹数(30匹)に達したので、午後は同じポイントで2本竿でワカサギ釣りに専念しました。

3月中は漁協の特別ルールで午前6:00から15:00ということで、ワカサギは1束に届かず76匹で終了しました。

西湖ワカサギ0320wsz9.JPG

ヒメマスポイントの水深40㍍の底でのワカサギ釣りは巻き上げてくる間、長時間引きを楽しめるのでとても楽しいものでした。

この日は浅場の様子が分かりませんでしたが、今後産卵に向けて浅場でワカサギが釣れるようになるのではないでしょうか。

 

例年より解禁が大幅に遅れた赤城大沼、終了も解禁限度の3月末まで持つかどうか分からない状況で、私は3月12日(土)を今季の氷上ワカサギ釣りの最終日と決めて釣行しました。

予報では晴れだったのだけれども家をでた時から霙模様、赤城へ上る道は5合目から雪道になっていました。

赤城大沼ワカサギ0312wsz1.JPG

山頂付近、道路の温度計はマイナス7℃、三月中旬、もう春だというのに・・・・・

赤城大沼ワカサギ0312wsz2.JPG

今回のポイントは「深んど」の大石寄り、常連の仲間についていきました。水深は「深んど」の中心部よりは若干浅いポイントでした。

産卵に向けて少しずつ浅い方へ移動しているようです。

電動リールや穂先は来季に向けたテストバージョンを使用、仕掛けは赤城用に自作した全長3㍍のものを使用しました。

魚影はあるのですが、なかなか食ってくれません。もっともこの時期の赤城ではこれが当たり前のことです。赤城の常連さんたちの中にはこんな状況でも1束を超える人がいます。

この激渋の状況でワカサギを多く釣ることに喜びを感じる釣り人が多くいるのも赤城の特徴と言えます。

赤城大沼ワカサギ0312wsz4.JPG

今でも10~12㌢の越年魚が多くいますが、解禁当初に比べると6~8㌢の当歳魚の割合が増えてきたように感じます。この写真のように6㌢の個体も見られるようになりました。

 

赤城大沼ワカサギ0312wsz5.JPG

深んどには私たちの仲間を中心にコロニーが形成されていました。赤城では強風に耐えられる「カタツムリテント」が多く使われています。

赤城大沼ワカサギ0312wsz6.JPG

寒の戻りで雪化粧した山の風景にカラフルなテントが綺麗に映えます。

赤城大沼ワカサギ0312wsz7.JPG

昼ご飯は温かい「中華丼」と「抱卵ワカサギの白焼き」です。

赤城大沼ワカサギ0312wsz8.JPG

 

赤城大沼ワカサギ0312wsz9.JPG

気温が低く、寒かったのと釣果がこれ以上期待できなかったので終了時間を待たずに午後2時半ごろには納竿しました。

釣果は37匹でしたが、うち大き目の5匹はお昼に焼いて食べちゃいました。

赤城大沼ワカサギ0312wsz11.JPG

まだ冬景色のなか帰途につきました。 これで今季の私の氷上ワカサギ釣りは終了しました。

赤城大沼ワカサギ0312wsz12.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11