郡 直道の最近のブログ記事

地元群馬の鳴沢湖へワカサギのボート釣りに行ってきました。

朝方ポイントをはずして遊覧航行、前回好釣果だったポイントでしばらく数を伸ばしたのですが、1束に達したあたりから急激に食い渋り、2時間ほど何をやっても釣れない時間が続いたので午後1時過ぎに早上がりしました。

朝方は最近調子が良い向かって右側のワンドに入りましたが全く釣れないので何か所か魚探で探ってみました。しかしどこもパッとしない状況だったので3週間ほど前に好釣果を得られた桟橋先のポイントで再開しました。

181202鳴沢湖ワカサギwsz1.JPG

 

181202鳴沢湖ワカサギwsz2.JPG

先週釣果の良かったワンドのロープには朝一ボートが集結していました。

181202鳴沢湖ワカサギwsz3.JPG

しかし全くアタリが無いので魚探をたよりに湖全体を探ってみました。

朝の気温は0℃くらいで桟橋やボートには霜がおりていましたが、日が昇るとポカポカした穏やかな天気になってきました。

181202鳴沢湖ワカサギwsz4.JPG

釣れるワカサギの魚体は例年より大きくて透き通って綺麗でした。

181202鳴沢湖ワカサギwsz5.JPG

午前9時頃までは多点掛けも多く、楽しい時間でした。

181202鳴沢湖ワカサギwsz6.JPG

タックルは電動リールがCR PTⅡ+2本に外部電源、穂先はHG TYPE-K 32.5SSにオモリは7.5㌘と32.5SSSにはオモリ6㌘を使用。

仕掛けはどちらも「誘惑段差1号5本針」と「誘惑渋攻1号6本針」の連結にしました。 

魚探で見る限りノイズに紛れて全くタナが分からないのですが、前回釣行時もこんなもので、今回も同じ状況だろうと推察しました。

前回は水深が15㍍なのにタナが7㍍くらいでしたので今回は2本の竿でタナをずらして探った結果、糸出し10㍍くらいが最もアタリが多いことが判明、最終的に2本ともそのタナに合わせました。

181202鳴沢湖ワカサギwsz8.JPG

 

181202鳴沢湖ワカサギwsz9.JPG

結果は108匹の貧果でしたが平均的サイズのワカサギなのに引きが強く、巻き上げ時に元気よく泳ぎ回りエキサイティングな釣りを楽しめました。

181202鳴沢湖ワカサギwsz10.JPG

今季の鳴沢湖は数はともかく魚体は例年より大きいので引きが楽しめます。山上湖と違って凍結しないので3月までボートと桟橋でワカサギ釣りが楽しめるでしょう。

 

 

 

 

 

榛名湖へワカサギ釣りに行ってきました。

家を出た時から西の空では大きな満月がこうこうと光を発し、湖に着く頃には月は山影に消えようとしていました。

山に登る途中の見晴らし台から伊香保の日の出前の夜景を望みます。

181124榛名湖ワカサギwsz1.JPG

西には沈みかけた満月が・・・・湖では湖面に川霧が立ち込め、気温が急激に下がっている様子が見てとれました。

181124榛名湖ワカサギwsz2.JPG

181124榛名湖ワカサギwsz3.JPG

ロマンス亭で受付を済ますとボートに荷物を積み込み、白樺亭で女将と談笑。

181124榛名湖ワカサギwsz4.JPG

ボートに戻って準備を始めるとお客さんがいっぱい、昨日予約しといて良かった。

181124榛名湖ワカサギwsz5.JPG

七時出艇、まだ川霧が残っていました。

181124榛名湖ワカサギwsz6.JPG

タックルはCR PTⅡ+ が2台、穂先はHG TYPEC34.5SとM、両方とも可変アダプターと延長穂先を付けました。

オモリはTG H7.5㌘、仕掛けは一方は「誘惑段差1号5本針」の2連、もう一方は「誘惑渋攻1号6本針」の2連としました。

エサはサシの1/3カットとしました。

朝8時半ごろまでは多点掛けも多く、時速70匹程度で推移しました。水深13から14㍍で魚影は7~9㍍付近にあり、そこにタナを合わせて「名人誘いP2」を仕掛けました。

しかし朝の気温マイナス4℃、表層水温9.9℃急激な冷え込みと満月の影響でしょう、食いの良さは長くは続きませんでした。

181124榛名湖ワカサギwsz7.JPG

181124榛名湖ワカサギwsz8.JPG

群れが来ればこんな魚影がでることもありました。

181124榛名湖ワカサギwsz9.JPGその後は極端に渋い釣りになって水深14㍍の底で1匹づつ丁寧に釣る状態になってしまいました。ポイントも何回も替えましたが状況は変わらずでした。穂先はHG TYPE K 32.5SSとSSSに付け替えて小さなアタリを拾うようにしました。

3連休の中日、この寒い時期にはめずらしいほどのボートの数でした。

181124榛名湖ワカサギwsz10.JPG

空になにやら動物が浮かんでいるような面白い雲です。

181124榛名湖ワカサギwsz11.JPG

181124榛名湖ワカサギwsz12.JPG

午後3時を回ったところで納竿、期せずして渋い釣りを堪能するハメになってしまいました。

181124榛名湖ワカサギwsz13.JPG

帰り際にロマンス亭のご主人に釣果を報告すると「今のところ2束を超えた人はいない」とのこと、この数でもこの日は良い方だったようです。

なおボートは12月9日の午後3時まで営業するとのことでした。

食いは渋かったですが魚影はあるので底に付いてくれば数は伸びることでしょう。

あとは今季も氷結して穴釣りが解禁されることを祈ります。

 

前週に渋い釣りを楽しんだ鳴沢湖にリベンジに出かけました。

10月の解禁以来低調に推移していた釣果も11月に入ってから上向いてきており、前週の食い渋りとは打って変わって活発な食いに前週の4倍を超える釣果が得られました。

鳴沢湖は桟橋とボートでワカサギ釣りができますが、今回もボートを選択、最近釣れている桟橋先端近くのロープにボートを固定しました。

181111鳴沢湖ワカサギwsz1.JPG

紅葉が朝日に照らされてさらに赤く染まります。

181111鳴沢湖ワカサギwsz2.JPG

電動リールはCR PTⅡ+のレッドとマットガンメタ、両方とも外部電源αキット付き、穂先はHG TYPEC

34.5SとMです。ちなみに穂先に組み合わせたオモリはMが10㌘、Sは7.5㌘でした。

181111鳴沢湖ワカサギwsz3.JPG

 

181111鳴沢湖ワカサギwsz4.JPG

今回は最大5点掛けまであるほど食いが活発でした。

181111鳴沢湖ワカサギwsz5.JPG

朝は肌寒かったのですが、日中は風も殆ど無く、暑いくらいの陽気でした。

181111鳴沢湖ワカサギwsz6.JPG

 

181111鳴沢湖ワカサギwsz7.JPG

水深は15㍍ほどのポイントなのですが、釣れているタナは終始6~8㍍くらいでした。それより下は低酸素状態らしいです。その辺より下は魚探でもノイズしか見えません。感度を下げてわずかに濃い色に変わるところが魚影のようです。

181111鳴沢湖ワカサギwsz8.JPG

 

181111鳴沢湖ワカサギwsz9.JPG

朝がた食いが良くて日中ペースは落ちましたがほぼ一日食いが良い状態が続いていました。最後までやって釣果は332匹でした。

ちなみにこの日の釣果はすべてが「名人誘い」のモードは最初P3、のちにP2、スピードHで手の空いている時はすべて手持ちでランダム誘いを加えました。

181111鳴沢湖ワカサギwsz10.JPG

検量帳で見る限りは湖全体で竿頭だったようです。例年より魚のサイズが大きくて掛かったワカサギが泳ぎ回るため2本竿同士のオマツリが多く、仕掛けはロングハリス系の「誘惑渋攻」主体に10枚ほど消費してしまいました。

181111鳴沢湖ワカサギwsz11.JPG

このまま調子の良い状態が続いてくれると良いのですが。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11