郡 直道の最近のブログ記事

今季最終となるワカサギ釣行で2019.5.4、GW10連休で賑わう西湖を訪れました。

前日はヒメマスで釣行して魚探で群れの状況は確認していましたが、群れは安定しておらずおまけに天気予報から半日勝負を余儀なくされそうな雰囲気でした。

午前5時スタートで魚影のある水深10m程度のポイントでアンカリング、早速仕掛けを下ろすとまずは順調に多点掛けが続きました。

190504西湖ワカサギwsz1.JPG

朝のうちは10m付近に濃い魚影が多くありましたが、持参したアンカーを下ろすと群れが消えてしまいます。しかし仕掛けを入れてしばらく誘っていると群れが戻ってきて順調にアタリがでてきます。

190504西湖ワカサギwsz2.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz3.JPG

朝は風もなくのどかな五月晴れで清々しい気分でした。

190504西湖ワカサギwsz4.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz5.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz6.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz7.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz8.JPG

ボート店「丸美」の浜はヒメマス、ワカサギ、バス、ヘラの釣り人の車でいっぱいでした。

190504西湖ワカサギwsz9.JPG

早い時間は雲一つない晴天でしたが、やがて東風が吹き始め、積乱雲が発生して雹が降り始めるとは想像もできませんでした。

190504西湖ワカサギwsz10.JPG

活性の高い群れが来たときは掛かったワカサギが泳ぎ回って「5本針2連の仕掛け」が2本オマツリ、いっぺんに仕掛け4組がパーになりました。

190504西湖ワカサギwsz11.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz12.JPG

良型ワカサギは3点掛けでもずっしりとした引きを感じられます。

190504西湖ワカサギwsz13.JPG

10m付近のポイントもすぐに釣れなくなるので何回も移動していろいろ探ると17m付近に魚影を確認、そこで再開しました。

190504西湖ワカサギwsz14.JPG

午前9時ころを回るとアタリは遠のいてきました。

190504西湖ワカサギwsz15.JPG

小さいワカサギのお腹からも卵のはみでているのもいました。

190504西湖ワカサギwsz16.JPG

昼が近づくにつれて雲が沸き上がってきました。

190504西湖ワカサギwsz17.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz18.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz19.JPG

 

190504西湖ワカサギwsz20.JPG

その雲はやがて黒っぽい色に変わってきたので11時半には納竿して道具を片付けました。

190504西湖ワカサギwsz21.JPG

釣果は意外と控えめな182匹でしたが店で重さを測ると800グラム、数の割にはずっしりとした重量感がありました。

190504西湖ワカサギwsz22回転.jpg

この写真は「丸美の釣果情報」から拝借させていただきました。

190504西湖ワカサギwsz23.JPG

この日のタックルは

電動リール : CR PTⅡ

        CR PTⅡ+

        CR PTⅡα    すべて外部電源仕様

穂先  :   HG TYPE C  34.5S     34.5M

仕掛け  :  「誘惑渋攻」1.5号

オモリ   : TG H  7.5g 

 

今日はバンディカップ開催日、3月中旬の赤城としてはちょっと肌寒い気温でした。

190317赤城大沼ワカサギwsz1.JPG

午前6時から開会セレモニーが行われました。

190317赤城大沼ワカサギwsz2.JPG

 

190317赤城大沼ワカサギwsz3.JPG

リンク、馬の背あたりを散策しましたが相変わらずどこも渋い状況でした。

190317赤城大沼ワカサギwsz4.JPG

最後にたどりついた馬の背のポイントではこんな状況がずっと続いてました。

ところがこれが全くアタリません。普通こんな魚影だと多点掛けの連続になるものなのですが、ごくたまに釣れるだけです。

どうやったら食わせられるのか分かりませんでした。

190317赤城大沼ワカサギwsz5.JPG

検量時間が近づいてきたので午前11時15分納竿しました。

数は撃沈でしたが型が良かったのでずっしりとした引きを楽しめました。

ちなみに大会の成績は「数」でした。

190317赤城大沼ワカサギwsz6.JPG

ポイントには大きな「村」ができていました。

190317赤城大沼ワカサギwsz7.JPG

 

190317赤城大沼ワカサギwsz8.JPG

表彰式が始まります。

190317赤城大沼ワカサギwsz9.JPG

 

190317赤城大沼ワカサギwsz10.JPG

 

190317赤城大沼ワカサギwsz11.JPG

優勝はこんな状況でも74匹も釣り上げた赤石敏和さんでした。

190317赤城大沼ワカサギwsz12.JPG

上位3名です、いずれも60匹以上の成績でした。

190317赤城大沼ワカサギwsz13.JPG

最後にバンディ塩原の常連仲間達と写真とってもらいました。

190317赤城大沼ワカサギwsz14.JPG

 

氷上釣りが解禁された頃は100匹程度釣れた赤城大沼のワカサギもそれから2ヶ月近くたつと産卵を控え食い渋りがひどくなってきました。

今ではベテランでもツ抜けが目標なんて状態になっていました。

この日もポイントを三ヵ所移動しましたが型を見た程度の5匹の釣果に終わりました。

この日はいまや大スターとなった源間さんも来ていました。

190310赤城大沼ワカサギwsz1.JPG

午前6時半、皆さんこの時点では期待に胸を膨らませてテントを曳いていきます。

190310赤城大沼ワカサギwsz2.JPG

 

190310赤城大沼ワカサギwsz3.JPG

リンク脇には大きなテント村ができていました。

190310赤城大沼ワカサギwsz4.JPG

 

190310赤城大沼ワカサギwsz5.JPG

 

190310赤城大沼ワカサギwsz6.JPG

水深12.7㍍の赤城のワカサギはちょっと小さかったですが綺麗なピンクワカサギでした。

190310赤城大沼ワカサギwsz7.JPG

 

190310赤城大沼ワカサギwsz8.JPG

 

190310赤城大沼ワカサギwsz9.JPG

群れはそこそこ入るのですが、何をやっても食いません。忘れた頃に間違って食うのがいるだけでした。

お腹がいっぱいなのか、ツワリで食欲がないのか、エサを食べたくないのに無理やり食べさせるのも可哀そうなので、午前11時半頃納竿、その足で温泉センターに向かいました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11