郡 直道の最近のブログ記事

2017.12.28 年末年始休暇に入ると同時に待ちかねた氷上釣りに行ってきました。

長野県の松原湖(長湖)は12月23日に例年にない早い解禁となっていましたし、立岩湖は自己責任で氷に乗っている人がいましたし、居てもたってもいられない日が続いていました。

12月27日9時には長湖の奥の方までエリアが広がり、28日は朝の開始時間から全面解禁になっていました。

長湖の特徴として朝一はワカサギの活性が高く、アタリが頻発します。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz1.JPG

そんなに魚影は濃くはないのですが、時々こんな魚影が出ることもあります。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz2.JPG

水深が浅いので(糸出しは1㍍程度)手バネにしました。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz3.JPG

クリスティア活かしバッカンは使い勝手がとても良いです。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz4.JPG

ヘラクッションは座って釣るワカサギ釣りにも便利です。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz6.JPG

朝一は順調にアタリがでていましたが、8時半ごろにはアタリがぴったりと止んでしまいました。

末広がりのダブル8になったところで長湖は納竿しました。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz5.JPG

天気が良くて気持ちの良い晴れでした。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz7.JPG

 

171225長湖立岩湖ワカサギwsz8.JPG

この日は長湖でアタリが止まってしまったら近くの立岩湖へ転戦しようと思っていたので、予定通り移動しました。

松原湖の入漁料500円に対し、立岩湖の入漁料は1700円と割高になっています。シナノユキマスが放流されているので仕方がないのでしょう。今季はワカサギが好調と聞いていましたが、釣り人の数は少なくて閑散としていました。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz9.JPG

 

171225長湖立岩湖ワカサギwsz10.JPG

 

171225長湖立岩湖ワカサギwsz11.JPG

最初に釣れたのは良型のワカサギでした。

リールはCR PTⅡ+の外部電源仕様1本で名人誘いと自分誘いを交互に比較してみました。名人誘い「P3」でオモリの動きがよく見えました。これだけ魚影が少ないと名人誘いも自分誘いもあまり差が出ずにごくたまに釣れるだけでした。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz13.JPG

 

171225長湖立岩湖ワカサギwsz14.JPG

171225長湖立岩湖ワカサギwsz15.JPG

穂先は24.5㌢SSS、オモリはTG R7.5㌘でした。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz16.JPG

この日最大は12.6㌢ありました。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz17.JPG

午後2時を回ったころには周りの釣り人は殆ど居なくなったし、釣果も大台の20匹(爆)に達したので立岩湖も納竿しました。

171225長湖立岩湖ワカサギwsz18.JPG

この日のダブルヘッダーはどちらも渋くてアタリが遠かったですが両湖合わせれば1束を超えたので良しとしましょう。

 

 

 

 

2017.12.10、今シーズン2回目、白樺湖フィッシングセンターの桟橋ドームへ行ってきました。

前回初めての釣行時に明け方まだ暗いうちから始まるのに暗くてエサ付けが困難だったので、2回目の今回は明るいところでエサを付けて準備しておきました。

171210白樺湖ワカサギwsz1.JPG

暗いうちは水中ライトにワカサギが集まるので、魚影はバッチリです。

171210白樺湖ワカサギwsz2.JPG

全面氷結してドーム内の溝にも氷が張りそれを割りながらの釣りになりました。水面近くには水中ライトに当歳魚の群れが漂っていました。

171210白樺湖ワカサギwsz3.JPG

171210白樺湖ワカサギwsz4.JPG

誘惑段差0.5号7本針にオモリTG H7.5㌘、オモリ下針も含む8本針に7点掛けもありました。

171210白樺湖ワカサギwsz5.JPG

日が昇るとポカポカ陽気になりましたが例によってアタリが遠くなりました。

171210白樺湖ワカサギwsz6.JPG

白樺湖は全面氷結していましたが氷上釣りは禁止ですのでワカサギ釣りができるのは桟橋ドームだけです。

171210白樺湖ワカサギwsz7.JPG

魚のサイズはアベレージ10㌢ほどの越年魚と5㌢ほどの当歳魚でした。

171210白樺湖ワカサギwsz8.JPG

朝の活発な食いは9時ころまでは続きましたが、それ以降は群れの入りが極端に悪くなりました。

しかし釣り座によっては頻繁に群れが入っているところがありましたので釣果に大きな差ができていたようです。

釣りができる時間は午後1時までなのですが、あまりにもアタリがでないので正午ごろには納竿しました。

最終釣果は234匹でした。

171210白樺湖ワカサギwsz9.JPG

 

 

 

2017.12.3アクアラインで海を渡って千葉県、高滝湖のワカサギ釣り大会に参加してきました。

受付、ミーティング後、7時15分に競技は開始しました。

171203高滝湖ワカサギwsz1.JPG

ポイントは「B7」の近くでアンカリング、釣り座はいつもと変わらずこんな感じです。アンカーは自前で用意する必要があります。

171203高滝湖ワカサギwsz2.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz3.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz4.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz5.JPG

1回だけでしたが6点掛けがありました。(時間中に写真なんか撮ってないで釣りに専念すれば良いのにね)

171203高滝湖ワカサギwsz6.JPG

大会は重量勝負なので重たいのが良いのですが、越年魚と思われるサイズのワカサギは痩せていて流線形のボディとは言い難いものでした。

171203高滝湖ワカサギwsz7.JPG

かげろうのオブジェ

171203高滝湖ワカサギwsz8.JPG

 

171203高滝湖ワカサギwsz9.JPG

12時の帰着なので桟橋に戻ってきました。3本の桟橋の先端にはドームが3基あります。

171203高滝湖ワカサギwsz10.JPG

大会は重量勝負なのですが、数はこんなもんで全く勝負になりませんでした。

171203高滝湖ワカサギwsz11.JPG

検量後は豚汁がふるまわれました。とても美味しかったのでおかわりしてしまいました。

171203高滝湖ワカサギwsz12.JPG

表彰式です。

171203高滝湖ワカサギwsz13.JPG

個人の部メダリストたちです。

171203高滝湖ワカサギwsz14.JPG

親子の部メダリストたちです。

171203高滝湖ワカサギwsz15.JPG

FB友達の鯉渕さん、さすがの5位入賞です。

171203高滝湖ワカサギwsz16.JPG

大出さんも上位の方だったのでクーラーゲットです。

171203高滝湖ワカサギwsz17.JPG

自分の順位の時に残っている賞品から選べるのですが、私の時はラッキーなことにまだ米(3㌔)が残っていたのでゲットしました。大根はヘンなカッコしてますが、近所の畑でとれたものが配られます。

171203高滝湖ワカサギwsz18.JPG

この日のワカサギは底から4本の針に殆ど食ってきているので、「名人誘い」は誘い幅の小さいP1が適しているようでした。また巻き落としの時にバレてしまうこともあったようで、自分誘いで通す選択肢もあると感じました。

 

5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15