郡 直道の最近のブログ記事

解禁三日目の群馬県・鮎川湖を訪れました。

この湖を訪れるのは実に14年ぶりでしたが、駐車場が少し広くなった以外はあまり変わっていませんでした。

171103鮎川湖ワカサギwsz01.JPG

ここのシステムは午前5時の開門時にクーラーなどの荷物を置いておけばその順番で受付できるようになっています。

解禁三日目の祝日(金曜日)、開門まえには多くの順番どりの荷物が並んでいました。

171103鮎川湖ワカサギwsz02.JPG

この湖はワカサギの桟橋釣りとボート釣りができるのですが、私はボート釣りが殆どで今回もボート釣りにしました。

171103鮎川湖ワカサギwsz03.JPG

桟橋釣りには釣友が3名来ていました。

171103鮎川湖ワカサギwsz04.JPG

釣れるポイントは14年前とあまり変わっていないようで、実績のあるロープにボートを繋ぎました。

水温は15.8℃まで下がっていて、魚影も殆ど見られませんでした。

171103鮎川湖ワカサギwsz05.JPG

天気はいわゆる「ピーカンベタナギ」あまり釣れる気はしません。

171103鮎川湖ワカサギwsz06.JPG

桟橋も賑わっていました。

171103鮎川湖ワカサギwsz07.JPG

171103鮎川湖ワカサギwsz08.JPG

群れが来れば多点掛けになることもありました。最高8点掛けまでありましたが、群れが来る頻度は少なかったです。

171103鮎川湖ワカサギwsz09.JPG

ケイムラ金針の「速攻」にオモリはTG R5㌘、金でまとめてみました。

171103鮎川湖ワカサギwsz10.JPG

釣れるサイズは7~10㌢で揃っていました。

 

171103鮎川湖ワカサギwsz11.JPG

CR PTⅡ+とCR PT2αの2台で「名人誘い」で釣りましたが、この日は群れが来た時だけ釣れるというパターンでしたのでどのモードが良いのか迷いました。色々試しましたが「これっ」というのが見つからず結局殆どの時間を「P3スピードH」という一番誘いの大きいパターンで通してしまいました。

午後3時に終了のアナウンスがありましたので納竿しました。釣果は266匹という平凡な数字で終わりました。

171103鮎川湖ワカサギwsz12.JPG

釣果はともかく、天候に恵まれ気持ちの良い一日が過ごせました。

171103鮎川湖ワカサギwsz13.JPG

桟橋帰着後、検量帳に記帳しましたが、ボートでは300超えの人がいたとのこと、私は竿頭は逃したようです。

 

 

先週は台風21号、今週は台風22号、週末アングラーにとっては何とも意地悪なお天道さまは今週末も顔を見せてくれませんでした。

台風のペースが遅かったので土曜日はなんとか持つと思ったのですが、雨雲を伴う前線の影響で思ったより早く雨が降り出し、今週もまた早上がりとなってしまいました。

2017.10.28(土)、紅葉もピークを過ぎ水温も下がってきて激渋モードに入りつつある赤城大沼でのワカサギの様子を見に山に上りました。

道路最高点の気温は5℃、それより低い盆地となる湖面の気温はもっと低かったのでしょう。

171028赤城大沼ワカサギwsz01.JPG

まだ雨は降っていませんでしたが今にも泣きだしそうな空のもと、ここのところ好調な「馬の背」という浅場には多くのボートが集まってきました。

171028赤城大沼ワカサギwsz02.JPG

始めは比較的好調、今まで通りティンセル付きのカラ針仕掛けに赤虫を付けるとアタリが頻発、多点掛けも時々ありました。

ただ今季の特徴である「デカサギ」の率が減ってきている事が目立ちました。

171028赤城大沼ワカサギwsz03.JPG

魚影はたまに写る程度です。水温が12℃まで下がってきましたので今までよりはワカサギの食い気が大きく変わってきたようです。今までは魚影が出れば必ずアタリが出たのですが、この日は魚影があってもアタリが全く出ない状況も起きるようになってました。

171028赤城大沼ワカサギwsz04.JPG

バンディ塩原からの出艇では釣友の藤原直樹さんと新木木の実さんも参加していました。

171028赤城大沼ワカサギwsz05.JPG

この日最大は13.5㌢でした。

171028赤城大沼ワカサギwsz06.JPG

午前中はなんとかもっていましたが、午後になると霧雨、さらに雨が強くなってきましたので午後1時半ごろに早上がりしました。

釣果は78匹と3桁に届かない貧果でしたが、赤城では十分満足できるものと言えます。

171028赤城大沼ワカサギwsz07.JPG

帰宅後はデカサギだけ選んでお決まりの「クレージーガーリック味のバター焼き」を堪能しました。

171028赤城大沼ワカサギwsz10.JPG

 

171028赤城大沼ワカサギwsz11.JPG

この日のタックルは

        電動リール: CR PTⅡ+  CR PTⅡα

        穂先  : 34㌢先調子 S    SS       延長アダプター使用

        仕掛け : 「速攻」(ケイムラ金針)2号5本針

              「速攻」(ケイムラ金針)1.5号6本針

                         を2本連結にしました。 

        オモリ : TG H   10g

この日の釣り方は朝一は仕掛けはティンセル付きカラ針14本針仕掛けにすべて赤虫を付けました。

しかし午前9時頃を境にアタリが遠のいてきましたので、その後は仕掛けは「速攻」のケイムラ金針に代えてすべての針に赤虫を付けました。

この日も2台とも「名人誘い」で通しました。但しパターンは朝は今までと同じ「P3、スピードH」でしたが食いが渋くなってからは色々試した結果「P2、スピード3」を選択しました。

パターンやスピードは外部電源(6V)や内臓乾電池(3V)の違い、穂先、オモリ、などのタックルバランスによって「仕掛けの動き」に大きくかかわってくるのでこの見極めも楽しみの一つになってきます。

 

今週もまた雨、本当に嫌になっちゃいますね。しかも大型の台風まで追いかけてきています。

でも週末しか釣りに行けないし、ある製品のフィールドテストもあったので出かけていきました。

現地では車の中で決行しようか悩んだあげく午前中だけでもと覚悟を決めました。

ポイントはゆうすげ前と決めてわき目もふらずボートを漕ぎました。魚探を見ると魚影があるのは東村の家寄りのあたり、水深は9~10㍍くらいです。

ポイントを決めてアンカーを下しました。

171021榛名湖ワカサギwsz1.JPG

171021榛名湖ワカサギwsz2.JPG

171021榛名湖ワカサギwsz3.JPG

171021榛名湖ワカサギwsz4.JPG

 

171021榛名湖ワカサギwsz5.JPG

前回の釣行の時は水深3㍍ほどの藻の上しかワカサギはいなかったし、サイズは体長4~5㌢のマイクロワカサギが多かったのですが、この日釣れるのはタナは9㍍くらいの底だし、サイズは5㌢もいますが大きいのは12㌢を超えるのもいました。

アベレージサイズも7~9㌢くらいまで大きくなっていました。少し前にターンオーバーが起きて湖の状態が大きく変わったようです。

171021榛名湖ワカサギwsz6.JPGのサムネール画像

171021榛名湖ワカサギwsz7.JPG

171021榛名湖ワカサギwsz8.JPG

こんな日はミニドーム船がいいですね、でも予約でいっぱいでした。

171021榛名湖ワカサギwsz9.JPG

171021榛名湖ワカサギwsz10.JPG

171021榛名湖ワカサギwsz11.JPG

この日も「名人誘い」は快調です。2台とも順調に数を延ばしています。この日最高は9点掛けまでありました。

171021榛名湖ワカサギwsz12.JPG

「速攻」の金バリケイムラは「カラ針」でもこんな大きなワカサギが掛かりました。

171021榛名湖ワカサギwsz13.JPG

本日の最大最小です。

171021榛名湖ワカサギwsz14.JPG

小雨が振り続き袖口からしみ込んできて戦意喪失し、温かいものが食べたくなったので午前11時半に納竿しました。

この日の393匹の釣果もすべて「名人誘い」があげたものです。

171021榛名湖ワカサギwsz15.JPG

タックルは   電動リール: CR PTⅡ+  CR PTⅡα

        穂先  : 34㌢先調子 S    SS       延長アダプター使用

        仕掛け : 「速攻」(金バリケイムラ)1号7本針

              「誘惑段差」1号5本針   を2本連結にしました。 

        オモリ : TG H   10g

 

なお釣果写真は「榛名湖畔ロマンス亭・釣果情報10月21日の欄」にも載せてもらっています。

 

 

 

 

 
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12