郡 直道の最近のブログ記事

今季4回目のバラギ湖氷上ワカサギ釣りに行ってきました。

朝は気温が低かったのですが、日中は暑いくらい、その分食いは渋く低調な釣果でした。

万座鹿沢口付近の温度計はマイナス5℃、これから上る山の上はさらに低いでしょう。

190224バラギ湖ワカサギwsz1.JPG

ところがバラギ湖では日差しが強く既に気温が上がり始めていました。

190224バラギ湖ワカサギwsz2.JPG

 

190224バラギ湖ワカサギwsz3.JPG

人が多かったからでしょう、午前8時より少し早く開門、人々が湖上に繰り出しました。

190224バラギ湖ワカサギwsz4.JPG

風もなく気持ちの良い湖上でした。

190224バラギ湖ワカサギwsz5.JPG

 

190224バラギ湖ワカサギwsz6.JPG

 

190224バラギ湖ワカサギwsz7.JPG

 

190224バラギ湖ワカサギwsz8.JPG

が、しかしワカサギの食いは渋くポイント移動の連続、6回目の移動をしたときはまだ6匹しか釣れていなくて「今日はどうなっちゃうんだろう」と思いました。

「公魚馬鹿」メンバーの剣持さんがMUJIスタッフの丸山さんに色々と「指導」していました。

190224バラギ湖ワカサギwsz9.JPG

 

190224バラギ湖ワカサギwsz10.JPG

午前11時頃、まだ20匹前後でしたが、浅場で少し食いが良いポイントにめぐり逢いました。

群れがくれば3点掛けもありました。

190224バラギ湖ワカサギwsz11.JPG

しかし掛かる針は殆どがオモリ下針、その上の針にも掛かり一荷になることもたまにありました。

190224バラギ湖ワカサギwsz12.JPG

通算のポイント移動回数は「ツ抜け」しています。一カ所で魚探用も含めて2個穴をあけるので全部で20個以上穴を開けた計算になります。

午後のポイントは魚探での水深は0.8㍍くらい、氷の下のスペースは0.5㍍くらいしかありません。穴から除くとエサやオモリはもちろん、底の泥まで見えます。

ワカサギも見えますが、銀色の影が走ったと思ったら目印のジンタンが揺れています。ビデオで見ていたゆったりとした動きとは違ってワカサギの捕食時のスピードがあんなに速いとは思いませんでした。

190224バラギ湖ワカサギwsz13.JPG

午後4時の終了時間までやりましたが全体的に渋く、最終釣果は151匹と低調でした。それでも釣果報告時では竿頭だったようです。この日はビクの中の魚の密度が低くお行儀よく整列するほどではありませんでした。

190224バラギ湖ワカサギwsz14.JPG

この日の仕掛けは「誘惑渋攻」0.5号5本針を改造しました。一本の針を幹糸ごとカット、タングステン錘TG Hの下針に使い、もう一本カットしてオモリ下針のスペアーにします。残った3本の針にオモリを付けて4本針とします。これで全長30㌢のバラギ湖専用仕掛けにしました。

アタリをとるのは穂先よりは道糸に付けたジンタンの方が分かりやすかったです。

上下に動くのはもちろん普通のアタリなのですが、今日のような浅場ではジンタンの横の動きで取る方が明確でした。穂先に出ないアタリもジンタンが横に1ミリ程度動くアタリにアワセが決まった時は何とも言えない満足感が得られました。

 

2019.2.10(日)は赤城へ上りました。しばらく行ってなかったので久々に渋い釣りがしたくなったのです。(笑)

しかし予報は風速15、6㍍の強風、赤城ではこれはそよ風と言います(爆)、釣りできなかった時を考えて別の湖の用意もしていきました。

朝5時を回ったところで湖畔に着くと、そよ風とは言い難いブリザードでしたがBSには常連仲間が大勢集まっていました。

予定通り「バンディカップ」のエントリーを済ませたあと、仲間達に挨拶して午前5時半まだ暗い中、赤城を下りました。この風の中上ってくる車はひっきりなしでした。

そして我が家とは正反対の方向である吾妻方面へ車を走らせました。

バラギ湖へ着いたのは午前7時40分、受付で並んでいたこちらの湖での常連仲間に受付を託してテントを下ろし、準備をはじめました。

山に上る途中では浅間が美しい姿を現しました。

190217バラギ湖ワカサギwsz1.JPG

今季好釣果が聞かれているせいでしょう、お客さんが大分戻ってきたようです。

190217バラギ湖ワカサギwsz2.JPG

朝方はとてもアタリは渋かったのですが天気は最高、高原の景色に癒されました。

ポイント移動を繰り返して6カ所目でやっとアタリの続くポイントに巡り合いました。

190217バラギ湖ワカサギwsz3.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz4.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz5.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz6.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz7.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz8.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz9.JPG

久しぶりにランチパックが復活しました。

190217バラギ湖ワカサギwsz10.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz11.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz12.JPG

MUJIのスタッフに撮ってもらいました。

190217バラギ湖ワカサギwsz13.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz14.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz15.JPG

190217バラギ湖ワカサギwsz16.JPG

11時ころまで30匹程度しか釣れませんでしたが、終わってみれば246匹になってました。

釣果報告の時の確認ではまた次頭だったようです。

190217バラギ湖ワカサギwsz17.JPG

この日のタックルは

竿:手バネ

仕掛け:誘惑渋攻 + オモリ下針0.5号マルチタイプ

オモリ:タングステン錘 TG H 1.5㌘

エサ:本ラビットをさらに小さくカットします

この湖ではワカサギが食うのは下3本までの針です、上の方に大きなエサを付けるとニジマスのアタックを受けやすいので注意が必要です。

アタリは非常に小さいので感度の良い穂先や糸の横の動きでアタリをとることも有効です。糸にジンタン等の目印を付けることをお勧めします。

前週とは打って変わって渋~いバラギ湖氷上釣りでした。

それでもジンタンで極小のアタリを取る釣りはとても楽しかったです。

190210バラギ湖ワカサギwsz1.JPG

朝は小雪と北風、手足がかじかんでました。

190210バラギ湖ワカサギwsz2.JPG

誘って誘ってやっとアタリがでるくらいの渋さでした。ポイント移動も7回くらいやりましたがどこも似たような状況でした。

190210バラギ湖ワカサギwsz3.JPG

 

190210バラギ湖ワカサギwsz4.JPG

お昼は相変わらず肉まん、少し飽きてきたかな。

190210バラギ湖ワカサギwsz5.JPG

以前バラギ湖インストラクターやってた櫻井あゆみさんが京都から遠路はるばる古巣へワカサギ釣りにやってきました。

さすが「バラギの女帝」、バンバン釣ってました。

190210バラギ湖ワカサギwsz6.JPG

今日は信州「公魚馬鹿」の面々が多く集まっていました。メンバーの大塚さんです。

190210バラギ湖ワカサギwsz7.JPG

午後は薄日が差してきて少し温かくなってきました。

190210バラギ湖ワカサギwsz8.JPG

 

190210バラギ湖ワカサギwsz9.JPG

カウンターでやっと1束を超えるまで頑張って午後3時半納竿しました。前週の1/3しか釣れませんでしたが水深1.7㍍ほどの浅場で小さなアタリを取るのがとても楽しかったです。ちなみに帰宅後数え直すと104匹でした。

190210バラギ湖ワカサギwsz10.JPG

週末の終了時間前にはMUJIのテンプラサービスがあるので是非ご利用になってください。

190210バラギ湖ワカサギwsz11.JPG

 

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13