文・写真/吉野 海洋 よしの かいよう 1991年生まれ DAIWAフィールドモニター

JSCF、NSCF所属。石川鱚酔会会員

 

サンダウナーというロッドは、スポーツキャスティング競技専用に設計されたロッドですが、最近では投げ釣り専用のロッドに負けないくらい人気があります。

もちろん僕もサンダウナーファンの一人です。

ここでは、今年新製品が発売となったサンダウナーのこれまでの進化をたどりつつ、ファンとしてこれまでサンダウナーと歩んだ道のりをご紹介していきます。

 

サンダウナーコンペティションⅡとの出会い

僕が最初にサンダウナーシリーズを購入したのは、今から約13年前(2007年)のサンダウナーコンペティションⅡでした。丁度この年からトーナメントに参戦し始めた年で、今でも鮮明に覚えています。

当時まだ16歳だった僕は原付バイクに乗り、長いサンダウナーコンペティションⅡを背中に背負ってよく投げ釣りに行っていました。あの頃は寝る時間よりも投げていた時間が長かったかもしれませんね(笑)。懐かしいです。

 

2006年モデルのサンダウナーコンペティションⅡは1番と3番が短くて2番は長いロッドでした。

サンダウナーコンペティションⅡは2番が長い為、よく曲がって弾くロッドでした。

今だから言える事ですが、3番が短かったため、強く曲がった時にロッドの戻るパワーが少し物足りなかった印象があります。この当時はこういうものと思っていましたが、後述の新製品20サンダウナーコンペティションプロトギアには47号という強烈な号数が展開されています。こんなことを当時は誰もが予測できなかったのではないでしょうか。時代の変化というやつかもしれませんね。

 

サンダウナーコンペティションⅡの一つ前のサンダウナーはブラック色の印籠継ロッドでした。こちらのロッドは、先輩に借りて投げた事があります。重量感を少し感じる胴調子の竿でした。キャスティングの先輩から今でもよくこの竿の武勇伝を聞いており、名竿だったようです。

 

2013年サンダウナーコンペティションの発売

サンダウナーコンペティションⅡ発売されてから約7年の年月が流れ、2013年にサンダウナーコンペティションが発売されました。

正式名はサンダウナーコンペティションですが、トーナメンターの中では「サンダウナーコンペティションⅢ」とよく呼ばれていました。

 

13サンダウナーの特徴というと、やはりロングベリーバット構造が目立っていました。2番が長目で曲がる、そしてそれをかばうように3番も長くなり、パワーを失わない。しっかり曲がってパワーも素晴らしい。投擲競技のトップキャスターの皆さんからもすごく好評のロッドでした。僕がよく使っていたのは40-405、35-405、43-415です。

 

実は13サンダウナーは僕の投げ釣り人生の中で、もっとも思い出深いロッドです。

 

なぜ思い出深いかというと、ずっとほしいと思っていたサンダウナーを手にし、競技会では何度となくいい成績を残すことができたからです。

僕がスポーツキャスティングに参加し始めたのは2011年頃。当時はもちろんダイワとのお付き合いもなく、まだ若かったため、専用ロッドを多数買うのも厳しく、先輩から譲ってもらった他社のキャスティングロッドを使っていました。

サンダウナーシリーズをずっと欲しいと思っており、新製品が出たら買おうと決めていました。そして、13サンダウナーコンペティションが発売されてから、一番先に買ったのは35-405でした。このロッドで、超遠投湘南のトーナメントで何度も全国の切符を手にすることができ、石川オープン名人戦もこのロッドで2度優勝を叶かなえることができました。これらの実績にこの竿が大きく貢献してくれたのは間違いありません。

さらにスポーツキャスティング大会で初めてダイワキャスティングロッドを使用しました。2013年はサンダウナーコンペティション43-415でトップキャスターズトーナメント、NSC選手権の大舞台で優勝することができ、さらに初となる海外キャスティング大会(台湾戦)でも優勝する事ができました。

 

サンダウナーコンペティションプロトギア発売

2016年にはサンダウナーコンペティションプロトギアが発売されました。

こちらのシリーズでメインに使用していたのは45-390、37-400でした。16コンペティションプロトギアの特徴は、パリパリのボディに短めの設計。以前にも書いた事がありますが、まるで「花の慶次に登場する名馬の松風」のようなロッド、うまく乗れれば鬼に金棒、うまく乗れなければただの棒と言っても過言ではないほど強くて人気のロッドでした。

16コンペティションプロトギア37-400では、3度目の石川オープン名人戦を制覇し、ジャパントップキャスターズトーナメントの第4種目で初優勝しました。

45-390を使い、2回目の第5種目制覇、さらに第6種目の優勝に繋げることができました。

この時に「短いロッドの時代が来た」と思いました。同時にダイワのキャスティングロッドの目指すところも、この頃から初速で投げるのがテーマになっていきました。

 

2020年サンダウナーコンペティションプロトギア登場

さらに4年後の今年2020年、さらに素晴らしいロッドが生まれました。

皆さんもうご存知の20サンダウナーコンペティションプロトギアです。

 

もう最初から言いますよ(笑)。

選択に迷うことのない、欠ける事のない、間違いなく最先端のロッドです。

自分も開発に携わってきて、テスター生命をかけてオススメします。(笑)

(商品の詳細情報、拡大写真等はこの写真をクリック。)

 

名前は前作と同じくプロトギアですが、中身は全くの別物なのです。

サンダウナーシリーズはパワーが必要なキャスティング専用ロッドであるため、どうしても竿の太さが課題でした。細くなれば初速が上がり、速く振れます。細くするにはカーボンを肉厚にすることが一つの方法です。ですが一筋縄ではいきません。外径を細くするとパワーと強度とのバランスをとるのが難しく、素材を肉厚にすれば暴れん坊のロッドになってしまいます。

度重なるテストを長い期間をかけて行い。細さ、パワー、バランス、デザインそれらすべてを揃える事ができている竿、それが20サンダウナーコンペティションプロトギアです。

また新テクノロジーであるV-JOINT αが初めて搭載された投げロッドです。V-JOINT αが入る事により、より美しく曲がり、パワーも落ちません。

これまでにない細さを実現、間違いなく歴代サンダウナーシリーズでは実現できなかった細さに仕上がっています。

テストでもっとも手を焼いたのはバランスでした。どんなにいい竿だとしても、バランスが悪ければ全てが台無しになり、数え切れない程の組み合わせをサンダウナー開発チームの皆さんとテストし、何度も作り直しを行い、バランスを整えてきました。

(テストの様子を収めたビデオはこちらYouTubeサンダウナーCP PROTOGEARをクリック)

 

サンダウナーコンペティションプロトギアはキャスティング専用ロッドであるにも関わらず、投げ釣りトーナメンターからも好人気を集めています。

設計的に元竿を長くするとロッド自体が固くなり、どうしても曲がるタイミングが難しくなります。2番と3番の長さの組み合わせを試し、絶妙な曲がりのタイミングを目指してテストを行いました。

もうすでにこの竿を使っているキャスターの皆さんから好評の声が聞こえ始めています。開発に関わった者として本当に嬉しいです。

 

サンダウナーコンペティションプロトギアについてのよくある質問

サンダウナーを買おうかなとお考えの方から、質問やご意見を数多くいただきます。今こう言った疑問を持っている方のために、お答えしている内容を書きます。

 

  • サンダウナーコンペティションプロトギアは2016年のモデルと名前も号数も一緒ですが、何が違いますか?

全くの別ロッドと考えて頂ければ結構です。20サンダウナーコンペティションプロトギアは細くなり、バランスがよくて、新しくV-JOINT αが搭載されています。新しく47号という豪竿も生まれ、是非皆さんにご使用いただきたいロッドに仕上がっています。

 

  • 前作と比べて号数の選択はどうですか?

前作は元節が長く2番1番が短いため、弾きの強いロッドでした。スポット狭めですが、いい意味で強いロッドでした。

20サンダウナーコンペティションプロトギアは基本的に細くて強いロッドですが、柔らかい番手でも飛距離に自信を持っていただけるロッドです。アドバイスとしては前作でお使いの号数よりも、一段下げたものを選び、曲げて飛ばすイメージでお使いいただければと思います。

逆に体力とスキルに自信のある方には上の号数がおすすめです。しっかりと応えてくれます。

 

  • サンダウナーコンペティションプロトギアはキャスティングロッドですが、なぜ釣りに人気ありますか?

実はこの質問に答えていくと、サンダウナーコンペティションプロトギアに隠された良さが見えてきます。

他の釣りジャンルでは、竿は柔らかい方が魚の乗りがいいと言われることがありますが、キスに関しては硬い方が楽に釣れます。

硬い方が、手感度が良くなります。この竿を使った方は皆さん感度がいいとよく言っているのは竿自体が硬いためです。

引き釣りの時も硬い竿だと、キスが自動的に乗ってくれる傾向にあります。柔らかい竿で引き釣りをする際はシンカーと糸のバランスを理解してうまくセッティングしないとアタリがあっても乗ってくる数が違ってきます。

されに、これに加えて飛距離が出るため、人気があるというわけです。

 

  • サンダウナーシリーズはどう投げれば竿のポテンシャルを最大限引き出せますか?

投げ方には正解はありませんが、サンダウナーシリーズで少しでも飛距離をUPしたい方にチャレンジして欲しいのは、まず速く振ってみることです。周囲の安全を確認して、抜ける事を気にせずにまずは速く振ることを心掛けてみてください。

そして、垂らしを長くとってみることです。長いほうが遠心力がつきやすく竿の能力を活かしやすくなります。

最後に、構えたら一気に振ることを意識して欲しいです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

文・写真/川口 友輝朗 かわぐち ゆきお 1989年埼玉県生まれ

ダイワフィールドモニター 日本サーフキャスティング連盟所属 マスターズサーフ所属

 

今年遂に発売となった2度テーパースプール、RCSサーフスプール45用TAPER 2°
ドラグなしモデルのラインナップは次の2つ


①15PE (ラインキャパ PE1.5号 250m PE2号 200m)
②06PE (ラインキャパ PE0.6号 250m PE0.8号 200m)

 

という設定となっております。

一足早く釣りフェスティバルやフィッシングショーでお目見えとなり、今シーズンから使おうと購入された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 


ダイワの45ミリストロークモデルは長らくスプールの互換性が保たれているのが大きな特徴。過去のスプールなども含めれば様々なシチュエーションに合わせてスプールのセレクトが可能です。
 

歴代のトーナメントサーフ45には6°テーパーや7.5°テーパーのスプールが純正装備されています。

6°テーパーは遠投性に優れ、7.5°(ナナハン)スプールは6°の上をいく遠投性能を持っております。7.5°スプールはエッジ形状にもこだわり、これもこの高い遠投性を実現する重要な要素となっています。
 

これに対して2°テーパーは圧倒的な巻き取り量とトラブルレスで手返しを向上させることができるというメリットがあります。

このようにスプールそれぞれには個性があり、巻く糸のシステムで更に用途の幅は広がっていきます。


僕の場合、大会でも普段の釣りでもスプールは常時16個、最大で18個持ち込んで釣りをしています。実釣では気象条件や潮の流れ、海底の地形、漂流物の有無等によってスプールをセレクトしていくため、これだけ多くのスプールが必要になるのです。

 

こう聞くと、じゃあどのようにしてスプールを選んでいるのか、という疑問が湧いてきますよね?

この疑問にお答えすべく、僕のスプールの使い分けについて紹介していきます。

 

手持ちのスプールを次のようなタイプ分け・条件分けにより分類し、使い道を整理して考えています。

「万能型」、「遠投仕様」、「根がかりリスクのある場所」、「漂流物やゴミが多い場合」。

それぞれの分類について説明していきます。

 


【万能型】

遠投のみでなく中距離、近距離も投げ分け、広く探りたい。こんな時にはライントラブルの発生率を最も低くできる2°テーパースプールをセレクトします。まさに今年発売の
RCSサーフスプール45用TAPER 2°がこれですね。


また、安定して使えるということに加え、テーパー角の大きいスプールと比べるとハンドル一巻きあたりの巻き取り量も多くなるので手返し効率も向上します。
08トーナメントサーフZ45以降、2°テーパースプールの販売がなかったので、今年リリースされた2°テーパースプールのリリースは嬉しいかぎりです。

万能型の使用スプールは

RCS サーフスプール45用TAPER 2°0.6号用
08トーナメントサーフZ45 2°テーパースプール 0.8号用
となります。

ラインシステムは
メインライン サーフセンサーNEO+si 0.6号 250m+中間リーダーPE0.8号 25m+力糸
または
メインライン サーフセンサー8レイド0.5号 250m+中間リーダーPE0.6号 25m+力糸


中間リーダーはメインラインの摩耗軽減の為に組んでいます。 ノットはメインラインと中間リーダーはノーネームノット。 メインラインと中間リーダーで号数の差が大きくなってしまう場合はFGノットで組むこともあります。
中間リーダーから力糸はFGノットで組んでいます。

 


【遠投仕様】

遠投して遠くの魚を狙いたい場合、テーパー角の大きいスプールが有利とされています。この遠投仕様のスプールとして、ナナハンスプールや6°テーパーのシャロースプールタイプを多く準備しておき、それぞれに細番手のPEを巻いておくことが多いです。これが最も多く使うスプール分類の一つになっています

 

また、その遠投性能だけでなく、細糸のアドバンテージを活かしたいときにもこのスプールを使います。

細糸は水中での抵抗が小さく、水切れが良いという特性があります。この特性を活かし、潮の流れが速い状況で、仕掛けがうまく落ち着かない場合、細糸を使えば仕掛けを安定させることができます。また、仕掛けを潮流に乗せて流す際、流し過ぎないようにする場合にも有効です。


遠投仕様で使用するスプールは

16トーナメントサーフ純正スプール(7.5°テーパー)
RCS トーナメントサーフ45用7.5°0.5号用スプール
19トーナメントサーフ45HG 純正スプール(7.5°テーパー)
19トーナメントサーフ45 06PE(6°テーパー、LCスプール)

ラインシステムは
メインライン サーフセンサー8ブレイド 0.4号or0.5号250m+中間リーダー モアザンセンサー12ブレイド0.6号 25m+力糸


【根掛かりのリスクがある場所】

根掛かりが予想される場所では、高切れのリスクがあるので、少し太目のラインを使用します。
このため、遠投狙いの場合6°テーパーのスプールで0.8号や1号のラインが巻ける物をセレクトしたり、

中距離や近距離を主に攻せめるのであれば、2°テーパーのスプールで1号や1.5号を巻ける物をセレクト。


場所によっては、かなり根のキツイ場所もあるので、そのような場所では1.5号以上の高強度ラインも用意しています。

根掛かり対策 遠投用で使用するスプール
 19トーナメントサーフ45 06PE(LCスプール)
 08トーナメントサーフZ45 純正スプール

ラインシステムは
メインライン サーフセンサー8ブレイド 0.8号or1号 200m+中間リーダーPE1号 25m+力糸

根掛かり対策 中近距離用で使用するスプール

RCS サーフスプール45用TAPER 2°1.5号用
08トーナメントサーフZ45 2°テーパースプール 0.8号用

 ラインシステムは
メインライン 
サーフセンサー8ブレイド 0.8号or1号 200m+中間リーダーPE1号 25m+力糸

根掛かりがキツイ場合に使用するスプール

RCS サーフスプール45用TAPER 2°1.5号用
トーナメントサーフベーシア45  1.5号用

ラインシステムは
メインライン 
サーフセンサー8ブレイド  1.5号or2号200m+力糸
 


【漂流物やゴミが多い場合】

悪天候等で漂流物や底荒れしている場合、道糸にゴミが付着し釣り辛い状況となることもあります。
最悪の場合、ゴミの負荷に耐えきれず高切れしてしまうことも。
漂流物やゴミが比較的少なければ、細糸で付着を軽減できる場合もありますが、一定程度以上にゴミが有れば太糸を使う事が多いです。またゴミの濃度、漂流物の多さ等で号数のバリエーションを用意してます。ゴミが多くなるにつれ、号数を上げていきます。


ゴミが多い時に使用するスプール


RCS サーフスプール45用TAPER 2° 1.5号用スプール
RCSサーフスプール 45COMPETITIONスプール
トーナメントサーフZ45
T PE逆テーパースプール


ラインシステムは
メインライン 
 サーフセンサー8ブレイド   1.5号or2号or3号200m+力糸

このようにスプールを分類し手持ちのスプールを使い分けています。

ダイワの投げリールの互換性を最大限活かしてベストの釣りができるようにセッティングしています。

今年の新製品RCS サーフスプール45用TAPER 2°が加わったことでさらにパワーアップ。

自粛ムードの中ですが、釣りが自由にできるときに備えて万全の準備をしておきましょう。

文・写真/渡部裕司 1963年愛媛県松山市生まれ DAIWAフィールドテスター 

全日本サーフキャスティング連盟愛媛協会松山キャスターズ会長 

 

今回はまず、私のホームグランドの松山沖中島の四季折々の釣りを紹介いたします。

 中島は、私の家から車で3分の三津浜港からフェリーで約1時間30分のところにある島です。睦月島、野忽那島を経由するので、フェリーに乗る時間はやや長めですが、週末は仕事が終わってから最終便に飛び乗れることから約30年通い続けているお気に入りの島です。

 この島から投げ釣りで狙えるターゲットは、カレイ(マコガレイ、数は少ないけどイシガレイ、ホシガレイ、ムシガレイ、メイタガレイ)、シロギス、マダイ、クロダイ、コブダイ、スズキ、キュウセン、カワハギ、アイナメ、ネズミゴチ、シログチ、カサゴ、ソイ、ウマヅラハギ、メバル、マゴチ、ヒラメ、などなどです。

 魚種は至って豊富ですが、私がメインで狙うのは、カレイ、シロギス、マダイ。その他の魚はメインターゲットとしてではなく、シーズンや仕掛け、エサなどを変えてサブ的に狙っています。

 

 春先から季節を追って紹介しますと、

 3月の中旬ぐらいから5月連休までは「花見ガレイ」狙いで、他魚はマダイ、クロダイ、アイナメ、など。

 5月中旬から10月中旬までは、日中は、シロギス狙いで夜釣りでは「マダイ」中心に狙っています。

 10月後半からは、「カレイ」メインで、マダイ、クロダイ、シロギス、カワハギなど狙っています。最近は特に、肝パン!カワハギが釣れることから、邪道ですが少し針を落として二刀流で釣っています。この時期はマコガレイの刺身をカワハギの肝で食べる!このゴールデンコンビはやめられません!

 年が明け1月~3月にかけては、やはり1年中で最も魚影の薄い時期になりますが、残りガレイ、越冬ギスを中心にアイナメ、ソイ、カサゴ、メバルなど狙うことが多いです。

 

 

 このエリア(島)は、ほぼ島一周どこでも釣りができますが、潮の流れが比較的早いポイントが多く、一日中同じポイントで釣りをすることが難しいです。例えば満ち込みの潮でAポイント、引きの潮でBポイント、と言った感じで最低でも一日2か所のポイントで竿を出すことが多いです。こんな時に、振り出しの竿はポイント移動に便利で、決断も迷いなくできます。

 

 このように恵まれた中島で、今年発売のトーナメントサーフTの動画撮影を行いました。

 (動画はトーナメントサーフT商品ページ下の方へスクロールしていただくと見れます。)

 実は、置き竿で狙う投げ釣りのタックルのメインである赤竿こと、トーナメントサーフTの動画撮影のメインターゲットを決めるのには迷ってしまいました。上述の通り、私がメインでマダイを狙うのは10月中旬まで。それ以降はカレイメインにシフトしていくためです。

 10月下旬の撮影スケジュールでしたので、瀬戸内海のマダイ・カレイねらいか?宇和海のアマダイ・イトヨリダイねらいとすべきか、迷っていたのでした。結局、赤竿には魚の王様マダイでしょう!という事で、マダイに決定。脇役としてカレイも釣れればラッキーという感じにすることにしました。前述のように豊かな海ですので、釣果自体には不安なくお引き受けしました。今だからお話できますが、後によくよく状況を考えてみて気が付いたことは、この時期はまだ水温が高くマダイ釣は夜釣りで釣ることが多かったということでした。撮影は明るい時間帯で実施しますから、更にハードルを上げてしまったことに後悔しましたが後の祭り。

 そうこうする間に撮影当日。昨年末は暖冬と言うことで、例年のデータが当てにならず、半端じゃないエサ取りの猛攻は覚悟していました。しかし現場は、急激に水温が下がっていたせいか、エサ取りどころか全くアタリもない状況。私自身も経験したことがない状況で、手も足も出ぬまま撮影終了となりました。振り出し投げ竿のフラッグシップである赤竿の撮影で、しまった!という感じでした。

 ここは何としてでも起死回生、泣きの撮り直しをお願いしました。撮影時期は師走へと差し掛かり、スタッフの皆さんがこの年末に予定を合わすのはなかなか厳しく、カメラマンさんと私で何とか12月初旬に撮影していただけることになりました。

 しかし、12月になるとマダイが少なくなり、反対にカレイが釣りやすくなります。最悪の場合はマダイを諦めカレイ、いや秋の五目釣りか・・・。こんな弱気になっていました。

 

 撮影は2日間。1日目は、お昼の12時から日没まで、2日目は早朝から13時までの予定でした。

 初日の釣り開始。お昼の撮影開始以降、やはりエサ取りも少な目で、アタリも少ない感じ。まずいかな?

 午後15時、夕まずめに場所を変えて勝負するか?この場所で腰を埋めるか?今振り返ればこの時点で平常心での釣りが出来ていませんでした。こんな精神状態で迷いながら移動を判断し、よし!移動や・・・っと思い竿を1本片付けたとき。残りの2本の竿の1本にジジジーと大きなアタリ、上がってきたのが何と今年第一号のマコガレイ。サイズはなんと45㎝。感動的な一匹になりましたが、この日はこれでフィッシングストップとなりました。

 

 

 撮影2日目。

 早朝5時に目的のポイントに到着したのですが、風がまあまああり第一希望のポイントを諦め、第2のポイントで竿を出すことにしました。トーナメントサーフTを準備し、まだ薄暗い時間に第一投目。3セット目を投げ終えたころに、何とかライトなしでエサが付けられるぐらいの午前6時30分。

 一投目に投げた竿にジジジー!!大きなアタリ。のった!

 ゴンゴンと頭を振る。マダイかクロダイか?どちらかで間違いない。

 上がってきたのは念願のマダイ48㎝でした。

 

 「ホッと」一息する間もなく、もう一本の竿に大きなアタリ。何と!58㎝のマダイをゲット。

 

 これで、本当に余裕ができました。こうなると、さらにカレイかクロダイでも追加できればと欲が出るものです。しかし、時間は刻々と過ぎ、諦めかけた午後12時30分。ジジジー!!っと大きなアタリ。何と、58㎝のマダイを追加することができ気持ちよく撮影を終了することができました。

 

 

 今年発売のトーナメントサーフT最大の特徴は、

ナノプラスを含む高強度度材

V-ジョイント アルファ

の搭載で3代目と比べても格段に強くなり、軽く、美しく曲がるところにあります。

 この撮影時の1匹目のマダイは、やりとりの途中、藻に潜られたのですが、竿を煽った状態で溜めていると、らくらく藻がこちらを向き、スムーズに魚が抜けてきました。

 低水温になると藻(ホンダワラ)の層が多くなってきます。このような藻を抜くときのコツは、ガンガン竿をあおるとラインにキズがついたり、負担がかかってしまうので避け、竿のパワーでじっくりと煽った状態で藻全体がこちらを向くのを待ちます。藻がこちらを向くと、魚が抜けてくるのです。小舟を引っ張るときにグッと引っ張ったら動きませんがジワーと体重を乗せていたら動き出す感じです。いい竿なら竿がしっかりと働いてくれるのでこのような際も安心です。

 そして、このトーナメントサーフTはキャストの時にもその良さを発揮します。6割程度の力で振ってもも充分曲がってくれますし、遠投しようと最高に力を入れた瞬間は、バットのV-ジョイント アルファが効いてきて非常に強い感じです。ギヤーが2段ついているようなイメージです。

 更に、大型リールをがっちり固定できるスクリューシート(パーミングシート)。大物釣りには欠かせない、しっかり力が入るリールシートを装備しています。太さもちょうどよく、持ちあまりしないで、しっくり握れます。

 デザインもゴールドを使用し、かっこよく仕上がっています。竿全体のバランスのイメージは、3代目を少しだけ胴調子にし、ちょうど2代目と3代目の中間ぐらいのバランスに仕上がっていると思います。投げ釣りは、いろんなターゲットとの出会いを求めることができ本当に楽しいです。是非皆さんもよい道具で充実した釣りを楽しんでください。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31