文・写真/石亀明夫 いしかめあきお 1953年生まれ千葉県在住 DAIWAフィールドテスター 日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ会長
 
 
 
 
いよいよダイワキスマスターズ2017年が始動し、本格的な投げシーズンがスタートです。
 
ただ、例年にも増して、いや私が投げ釣りを始めて以来の不調な春の房総。
クロダイ釣りではあるまいし、この時期、1尾を求めて砂浜を転々とする状況で途中から、釣りというより投げ錬になったり、タックル談義になったりする。
そうなると、シロギスキャスターの永遠のテーマは、自分に合ったロッドを見つけ出すことではなかろうか?と思ったりします。
 
あり余るほどの筋力や体力がある人なら、どんな剛竿も難なく制してしまうんでしょうが、多くのキャスターは、もう少し飛距離を伸ばしたい!とか、もう少しコントロール良く投げたい!と思っているはずです。
 
私も痩せ型で貧弱な筋肉のため、飛距離は出したい!しかし、身体に負担のかかり過ぎる高い号数は使いこなせないのが実情。そこで色々試していましたが、スカイキャスターに、いわゆるショートロッドの385バージョンが追加されて手にしたのが30-385。実釣で使用してみて「これが自分の求めていたロッドだな」と直感しました。
 
 
それは、405と比較して385という長さから起因する軽さ、取り回しの良さ、そして何より20cm短いことにより、スイングスピードのアップ、振りぬきの良さに繋がったからなんです。また、この恩恵で同じ号数なら405と遜色なく飛距離が稼げます。
 
 
疲弊しないで飛距離が稼げるお得なショートロッドを皆に使って欲しくて、ことあるごとに知り合いには振ってもらっているのですが、一般的に385は405と比較して飛ばないのでは?とか、入門者用?みたいな先入観が蔓延しているようで、本格的キャスターにとっては、蚊帳の外になっているのが現状です。
 
今回、非常に嬉しかったのがNEWトーナメントプロキャスターに、30号が新たにラインアップされたことです。
 
本格的な385なら皆さんに手に取って頂けるのでは?というのが狙いで、これこそが本当にお勧め、絶対に使って欲しいトーナメントプロキャスターAGS30‐385なんです。その証拠に元ガイドの径を遠投用に30mmにしています。
 
 
そこで、トーナメントプロキャスターAGS30-385に入魂すべくゴールデンウィークのさなか、5月12日から始まるキスマスターズ千葉大会の直前、早速ニューロッドをかかえて下見に出掛けてみました。が・・・生憎、この日の保田海岸の釣況は最悪。
せっかく、良い感じで飛ばせるロッドの良さが活かせません。そこで、隣の勝山海岸へ移動を決断しました。
 
連休中ということもあり、釣り人は多いけれど、ほとんど釣れていない様子。それでも浜の中央付近から沖の深みに向かってフルスイング。
 
振りぬけの良さと後ブレの無さは特筆もの。ストレスなしで気持ち良く飛んで行きます。もしも、現在使用しているロッドがどことなく重いとか硬い、あるいは振り切れないとか、持て余してる感触を持っているキャスターの方々は是非、このトーナメントプロキャスターAGS30-385を試してみて欲しいです。
 
また、30-405よりは硬い竿が欲しいと33-405にしてみたものの、曲げきれていないキャスターを多く見かけます。特に釣りの後半に疲れが出てくるとコントロール性が悪くなる傾向にある方々も、きっと投釣りの認識が変わると思います。
 
非力の私でもこのロッドを使うと、7色あたりからサビいてこられるんですから。やっぱり飛びの良さを体感できるのは投げ釣りならではの醍醐味です。
そんな訳でこの日は6色付近までサビいてきたら、明確なシロギスのアタリ。やはりAGSの感度は素晴らしいです。新たなCリングだけでなく、カーボンスレッドの恩恵も大きいのでしょう。
 
 
シロギスの居る場所が分かればこっちのもの。その後、キスとメゴチのアタリを区別しながら・・・、やっぱりね。
 
 
そうそう、このロッドにデザインぴったりのグルピタフィンガーDG‐7007を使用して投げましたが指のフィット感が良いですね。厚手の本皮で扱いやすく、着脱時に役立つプルタブも何気に便利。これも是非、使用してもらいたいものです。
 
この日同行した仲間にトーナメントプロキャスターAGS30-385を振ってもらいました。
 
その感想は?
 
プロキャスター30号オーナー談
「このロッド、軽くて使いやすいと思っていたけど、この385の軽さは次元が違う」
「コントロール性能にも長けている!驚いた」
 
スカイキャスター33号のオーナー談
「なんでスカイキャスター33号より飛距離が出るの?」
 
以上が生の声。驚愕の声と共に「絶対買う!」とまで断言。
やはり「体感」すると、目から鱗なんでしょうね。
 
お気に入りだったスカイキャスター30-385と比較すると想像以上に性能アップしたトーナメントプロキャスターAGS30-385。こんなに細身に変身しています。
 
今年はこの竿で釣りまくるぞぉ~!
文・写真/渡部裕司 1963年愛媛県松山市生まれ DAIWAフィールドテスター 
全日本サーフキャスティング連盟愛媛協会松山キャスターズ会長
 
 
仕掛けを飛ばすパワーと大物の引きを封じ込めるトルク
振出竿の未来を切り拓く新たなる「赤T」誕生
 
 
投魂カタログが届き、早速トーナメントサーフTパワートルクのページに目を通すと、思わず飛び込んできたキャッチ。
まさにこれ以上ない言葉で、新生「トーナメントサーフTパワートルク」が表現されています。
 
 
 
トーナメントサーフTパワートルクと言えば、ライバルは並継竿!
数多くある振り出し竿の中で並継竿を意識しているロッドは、このパワートルクしかありませんね。
振り出し竿のメリットでありセールスポイントでもある仕舞寸法を、敢えて犠牲にして並継竿と遜色ないパワーを追求しています。
機動力は最低限確保し、多少強引なやりとりでも対大物仕様としてパワー負けしない、でもやっぱり投げ釣りの醍醐味である遠投ができるロッドが欲しい!
 
完全に、わがままなロッドです。
その分、この性能を求めている大物釣り師のニヤける顔が思い浮かびます(笑)
 
 
最初の出会いは2016年の春頃を思い出します。
ここ数年のロッド性能の進化は驚くことばかりで、
「使いやすさ」とか、「デザインやカラー」とか、「重量や硬い柔い」とか、「自分の好み」など、
これらの感覚で選べないのが正直なところです。
 
 
この時に私自身が一番大切にしていることは、
「この竿が生まれてきて経緯とコンセプト」だと考えています。
 
その思いを持っての「第1投目」の感覚を一番大事にしています。
 
 
今回のトーナメントサーフTパワートルクは、従来よりパワフルにするため、
「29号」、「31号」、「34号」、「37号」と、強めの号数設定でアイテムを刻みました。
 
それに合わせて、先径を太く胴の張りをしっかりさせる。
なおかつトーナメントサーフTと比較しても調子が違うように胴調子のタイプを選びました。
 
フィールドでの使用想定では、磯でのタマミ狙い。
アタリが来て、ロッドに飛びつく釣人がしっかり踏ん張り、体勢を整えるまでのアドバンテージを「胴調子」で生み出す。
胴調子に拘った理由は、ここです。
ロッド担当者とも意見がぴったり、素直に気持ちよく使える、そんな調子で完成となったロッドです。
 
 
私も参加させていただいた大阪フィッシングショーでもお客様の反応は思った以上に良く、特に大物釣り師の皆様と会話が進みました。
やはり新しいアイテム設定の37号で更なる大物を追い求めようか、
34号にしようか?など和気藹々とロッドを曲げて体感いただきました。
 
 
 
ここまでで、一貫して伝えたいことは、ロッドの粘りが重要!ということです。
ロッドは硬ければ良いのではありません。
 
投魂カタログには、テクノロジーを絡めて
「超高密度SVFナノプラスを採用し軽量化を図りながらシャープかつパワフルな調子を実現」
と記載されています。
間違ってはいませんが、誤解の無いように皆様にイメージしやすいように伝えますと、
「投げる時はシャープに振ることができ、魚(大物)をかけた時には粘り強くタメれるロッド」という表現ですね。
 
遊動Kガイドの登場によりライントラブルも減少し、
口径を広げたガイドは大物用の太いラインや力糸の結び目などの通過性の部分でもストレスを最小限まで抑えてあります。
トーナメントサーフTパワートルクならではのセッティングです。
 
 
ロッド担当者とスペックを詰める中で、拘ったのがグリップ部。
振り出し竿ゆえにそれなりの太さが必要なパーツですが、「対大物」といった観点、
パワートルクといった「強引さ」や「強靭さ」のイメージを大事にしました。
力を入れたいのに、細すぎたり滑ったりすると、思いっきり握りこめずパワーロス、更には千載一遇のチャンスすら逃す可能性もありますからね。
合わせて、リールシートにエラストマーを採用するすることで、グリップ力が格段に上げることができました。
このリールシートも春から約半年使ってフィット感と手触りは本当に気に入っています。
何はともあれ、マダイ、タマミ、コロダイ、コブダイなど「大物さんいらっしゃい!!」
こんな気持ちでシーズン到来を首を長くし待っているのです。
文・写真/川口 友輝朗 かわぐち ゆきお 1989年埼玉県生まれ DAIWAフィールドモニター 
日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ所属。
 
 
 
 
 
 
 
ジャパンフィッシングショー2017は、1月20、21、22日にパシフィコ横浜で、2月4、5日にインテックス大阪で開催され、パシフィコ横浜は3万8千人を越える来場者でした。
 
DAIWAウェブサイトでは1月10日に新製品情報が公開され、DAIWA投げブースには、たくさんの投げ釣りフリーク達が、新製品を一目見ようと訪れ、とても賑わっていました。
 
 
今年のダイワは、「その真価、体感せよ」をキャッチとしたブース作りが行われていました。
今回のダイワロッド展示には、過去からの進化度合を比較するために、過去モデルの展示を行いました。ルアーロッドから磯竿、もちろん投げ竿まで各ブースにて体感できるような仕掛け。今までにない試みで思わず手に取ってしまいます。
 
投げ竿ブースでは、過去に発売されたサンダウナーが展示。逆継ぎ、金属グリップなど斬新な設計は昔から変わらないんだな、と感じました。当時から新素材、新構造への飽くなき探求心があるから今のDAIWAテクノロジーがあるんでしょうね。
 
 
 
そして今年の注目は、なんといってもトーナメントプロキャスター。
なんと、まさかの投げ竿から採用が開始したダイワ最先端テクノロジー「カーボンスレッド」を搭載!これには、ただただ驚くばかり。他種の竿と比較しても、厳しい条件が敷かれる投げ竿にて、強度・飛距離・デザイン性など多くの課題をクリアできた証拠であり、今後の展開が本当に楽しみな大注目のテクノロジー。
 
 
 
ここで、カーボンスレッドの特徴をご紹介。
振動伝達性に優れるカーボンはアタリをより鮮明に手元に伝えます。また、従来のスレッドと比べ固定力、耐久性が格段に上がっており、その分固定幅を小さくすることが可能となりました。結果、重量面もかなり抑えられるので、遠投性、感度、持ち重り感、全てにおいて、基本性能がブラッシュアップされる仕上げとなっております。
 
 
 
節長設計にもご注目!
元竿節長設計を施した、最先端モデルで登場しております。近年のダイワ設計では3シリーズ目の搭載。
・SMTの効果を最大限に引き出す元竿節長設計のトーナメントマスタライズキス。
・固く曲がらないほどに伸長させた元竿を、如何に使いこなすかが飛距離へ繋がるサンダウナーCPプロトギア。
既にダイワ投げ竿を代表する機種に搭載され、効果を実感いただいている方も多いかと思います。トーナメントプロキャスターでは、細身でありながらも非常にしなやかなキャストフィールには要チェック!
 
 
これらのテクノロジーだけに留まらず、カーボンやAGSも驚くほど進化!
ブランク素材に関しては、投げ竿初搭載となる「SVFナノプラス」で、より緊密に仕上がりを魅せています。
 
DAIWAカーボンテクノロジーの代表格であるAGS。軽量化による持ち重りの変化、感度が格段に向上。これは、キャスターの皆さまにも支持をされているテクノロジーですが、最新モデルには更なるテコ入れが施されました。
 
なんと、今度はAGSのリングが進化。新たに「Cリング」を採用しています。
一体、投げ竿はどこまで進化していくのだろう?!と正直驚きばかりです。
 
 
 
このCリングとは?と思われる方々にちょっと、リングの話を。。。
今まで搭載していたリング(SiCやチタンリング)より、薄くなったCリングだと内径面積が広く取れる分、放出時の摩擦抵抗が削減できます。合わせて剛性もあるので、メリットの多いリングということになります。更に進化した超極薄、高耐久のコバルト合金が登場したことにより、ますますAGSの魅力に取りつかれそうです。
 
今年も実施される投げ試投会では、間違いなく一番人気となりそうです。
皆様、くれぐれも順番を意識して体感いただければと思います。
 
 
 
 
エントリーモデルとして、パワーキャストが復活。ライトウエイトモデルを中心に、どなたでも手軽にキス釣りを楽しめる仕上がりになりました。また、捻れに強いX45構造にVジョイントと充実した機能が嬉しいですね。ガイドへのケアも忘れずに、トップのみSiCを採用しているので、安心して使用できるレベルに仕上がっています。
高反発のHVF、振り出しでも馴染み深いリトルセンサータッチグリップ。並継ぎの醍醐味は十分に味わえるロッドとなっているのではないでしょうか?
 
振り出しロッドは、トーナメントサーフTパワートルクがNEWモデルとしてデビュー。
なんと、表示号数も新たに設定され、425のラインナップも追加。痒い所に手が届く仕様でワクワクします。
昨年、フィッシングショーで「もっと強いパワーが欲しい!」と言った意見を反映させたとのこと。
やはりユーザーの声を取り入れる早さは、現場を見ていただけている証拠。
なんでも話してみる価値がありそうですね。
 
テクノロジーとしては、SVFナノプラス搭載に加え、新たなパイプ式スクリューシートを採用。
非常に握りやすく、巻き上げ時にもパワーロスなく回収できそうな印象です。
エラストマー一体式のグリップの握り心地は手に取ったとき、思わずニヤリとしてしまいました。
 
リールの展示では、マグシールドの構造を分かりやすくエアローターを半分に割った物が置かれておりました。
マグシールドあってのエアローターなんだな、と言うのが良くわかります。
 
 
 
サーフモデルはウインドサーフ、ウインドキャストがフルモデルチェンジ。
遂にマグシールドを採用。防水・耐久テクノロジーで安心して使えます。
 
 
 
ウインドサーフのカラーリングは、白鱚を彷彿とさせるカラーリングで、とってもクール。
コアな実釣派35ユーザー向けに、既存のスプール(35mmストローク)と互換性があるので、買い換えたときでも今までのスプールを活用できます。スプールは財産ですからね!
 
 
 
またクーラーボックスから遂に座れるクーラーが登場!
「マッスルボディ」と、いかにも強靭そうなネーミング。
合わせて、上フタ天面のレバーに指を掛ける構造で開け閉めしやすい「リフトアップオープンシステム」も初搭載。
機動力重視、なおかつ座れるクーラーとなれば、サーフモデルへの搭載も一早く展開してほしいところですね。
ちなみに、砂噛みが起こりやすい投入口に関しても形状変更して対策行われているようです。
更に使い勝手が上がったダイワクーラーもぜひお試しを。
 
 
ボリュームたくさんの投げ新製品!
2017年も、ダイワ投げから目が離せません!
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30