文・写真/高橋明彦 1965年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。DAIWAフィールドテスター。
第12回SBC投げ決勝大会で6年振りに優勝を手にし、これまでで4度の優勝を果たす。
日本サーフキャスティング連盟神奈川協会。茅ヶ崎サーフキャスティングクラブ会員。

 

 


フィッシングショーで初お披露目となった「トーナメントサーフ45」ですが、いよいよ発売となりました。
既にご購入された方もいるかもしれませんが、改めてトーナメントたる風格を感じていただければと思います。


ここ数年はラインローラー部のマグシールド耐久試験に時間を掛けて評価を行いました。
昨年、私自身もプロトタイプを使用し、スプールデザインや赤サーフ仕様の色味も好感が持てました。
今回は、キャスターの絶大な信頼を得ているダイワフラッグシップモデル「トーナメントサーフ45」を徹底解剖します。


今回のトーナメントサーフ45は遠投での釣りを意識した設計で仕上げています。大きな変更点は3つ。


①7.5度のハイテーパースプール採用
遠投性を高めることをテーマに、スプールにメスを入れる方向で開発を行いました。
従来のテーパー角度は6度を採用しましたが、ライン放出抵抗を極限まで少なくするために7.5度のハイテーパー化に成功。
PEラインの標準規格に準拠した設計仕様や超極細ライン対応により、スプールエッジも従来品と比較すると大幅に小さくなりました。


超極細ラインを巻くことで、緻密に巻かれ投擲時に下糸を引っ掛けることが少なくなったため7.5度スプールが成立したとも考えています。
ライン放出時の抵抗音なども感じられなくなったことは嬉しい誤算でしたね。
ここまで超遠投を意識したスプールが、標準仕様として発売されたことは正直驚きです。


これも、約30年前に発売したSS-45から脈々と受け継がれる基本性能であるスプール互換性があるからこそ、できることなのだと思います。
親しみを込めて呼んでもらいたい、そんな想いからこのスプールは、「ナナハンスプール」の愛称で呼んで下さい。


②ラインローラー部のマグシールドボールベアリング搭載
長年、サーフリールの弱点として指摘を受けていたラインローラー部の改良は必須でした。
「基準が変わる」
「発想が変わる」
「常識が変わる」

まさしく、マグシールドボールベアリングを纏ったトーナメントサーフ45に相応しい言葉だと思います。
ラインローラーがマグシールド化されたことで当然耐久性も向上しました。
私にとっての大きなメリットは、遠征時の釣行やトーナメントでも安心して使えるようになったことです。
幾らメンテナンスをしていても、従来のベアリングだと遠征時の際、
場合によってはトーナメント最中でもラインローラーの動きが悪くなるケースがありました。
こうなってしまうとライン巻取りの際に異音が発生し、集中力の欠落により釣りができなくなってしまいます。
過酷な環境下で使用されるリールだからこそ、より快適に釣りを楽しめるスペックに仕上げています。
今回のマグシールド化で今後はストレスのない釣りができそうです。


③65mmショートハンドル採用
外見でも機能でも一番大きく変わったと感じられるのがハンドルです。
従来品は85mmのロングハンドルを搭載していましたが、今回は65mmのショートハンドルを採用しました。


ショートハンドル化の最大のメリットは?とよく聞かれますが、まず遠投時の仕掛け回収が高速で対応できるようになりました。
これはトーナメントでも非常に有効で、仕掛け回収時の時間ロスが大幅に解消されます。
1分1秒を競う大会だからこそ、手返し重視といった点では明らかにトーナメントスペックと言えます。
また、従来の85mmでは大きく肘を回さないとハンドルを回すことができませんでしたが、
ショートハンドルによって手首だけでリーリングができるようになりました。
これも大きなメリットであり、リーリングサビキ中に肘を脇腹に固定しながら手首だけで仕掛けをサビくこともできるので、試合中もアタリに集中して釣りができるようになります。


 

この3点の革新によって、サーフリールの常識が変わります。
これからのトーナメントも更にハイレベルな戦いになりそうです。
 
 

文・写真/渡部裕司 1963年愛媛県松山市生まれ DAIWAフィールドテスター 
全日本サーフキャスティング連盟愛媛協会松山キャスターズ会長

 

 

「あれ?ランドサーフT、もう新しくなったの!」
「モデルチェンジ、早くないですか?」
正直、今年の大阪フィッシングショーで一番多かった声でした。

それほど前回の鮮やかな発色カラーのインパクトが強かったんだなー!と今になって実感しています。
と、そんなに早く変わってしまったのでしょうか?

私も早速、投げカタログを読み返してみました。

ありました!2012年投げカタログで鮮烈なデビューを飾っています!
…そうそう思い出しました、前作は振出投竿に初めて遊動Kガイドが装着されてデビューしました。

 

 


2016投魂カタログでは、
「実釣振出竿として高評価を受けていたランドサーフTが装いも新たに登場。」
と書かれています。


さて、投魂物語をご覧の皆様が一番気になっているところは、前作との違いですよね。
実際に大阪フィッシングショーで多くのお客様とお話させていただきましたが、その時のリアクションから。


ランドサーフTを持っていただいた一言目が、「うわー軽い!」とのリアクションでした。

 

意外ですよね?
今回の「ランドサーフT」のほうが確か重量は増えていたはずです。

 

皆様不思議に思われたかと思いますが、理由は簡単!
今回の「ランドサーフT」は、前作モデルと比べて胴の張りを強くし、持ち重り感を軽減させたことが要因です。
簡単に言うと、「X45」を搭載したことでパワー感が向上し、バランスが良くなったと言う訳です。

 

昨年の6月、フィールドテストでこのランドサーフTに出会った時の第一印象は、「パワフルさ」を今一番に感じました。
目を瞑って振ってみると初代スカイサーフTを彷彿させるほどのしっかり感。
「これで充分や!」と声を出したのを覚えています。

前作モデルの時も似たような印象を感じたことを思い出しましたが、
更に「X45」を搭載したことで、ネジレによるパワーロスを防ぎ、スムーズにキャストができ、振りやすくなっています。「X45」、本当に良い仕事していますね。

 


今回、最初に振ったのはランドサーフT30-405。

通常、ランドサーフT30号だと錘27号からテスト開始するのですが、
直ぐに30号を試してみたくなるほどパワフルに仕上がっていました。

 

流石、「高密度HVFカーボン」+「X45」+「Vジョイント」のスーパートリオ!
パワフルさを感じつつも、キャスト性能のスムーズさ、更には魚を掛けてからのやりとりも、得意の粘り腰で魚を浮かしてくれます。竿がしっかり仕事をしてくれる、頼もしいパートナーです。


テスト当時は、まだまだ水温も低く、藻(ホンダワラ)が生い茂っている状況でしたが、
ポン級のアイナメや、カレイのダブルも藻に突っ込みを堪能できるほど余裕もあり、容易にいなすことができました。
何より、6月にカレイのダブルヒットがミラクルです。

釣り人はとかく縁起を担ぎますが、私にとっても最高に縁起の良い竿になりました。
自分で言うのもなんですが、なによりこの笑顔が物語っています。

 

そして、今回はデザインも重視して作られた点は嬉しい限りです。
ブラックサーフェスのロッドにゴールド基調をあしらったデザインは、見た目でもパワーアップした印象を受けます。
ただブラックになった訳ではなく、前回の鮮やかな発色カラーのDNAもさりげなく継承されています。憎いね!ダイワ!

値段もリーズナブルで、このパワー。
これから本格的な投げ釣りをされる方には本当にお勧めです。

今シーズンはこのNEW「ランドサーフT」で、花見ガレイから始動し新たなドラマを期待しています。

文・写真/川口 友輝朗 かわぐち ゆきお 1989年埼玉県生まれ DAIWAフィールドモニター 
日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ所属。

 

 

 

今年は、ジャパンフィッシングショー2016(以下横浜Fショー)がパシフィコ横浜で1月29日(金)~31日(日)に開催。フィッシングショーOSAKA2016(以下大阪Fショー)は翌週の2月7日(土)~8日(日)にインテックス大阪で開催されました。


このフィッシングショーを皮切りに、多くの新製品がいよいよお披露目となりました。
DAIWAブースでは、今年も新製品が目白押し。

中でも注目を集めたのが、「サンダウナーコンペティションプロトギア」。
今までの#2の長い変則並継ぎ(曲げて飛ばすコンセプト)に追加モデルが誕生しました。
このプロトギアのロゴもカッコいい。



このサンダウナーコンペティションプロトギアは、#3を長くした元竿節長設計(初速で飛ばすコンセプト)を採用。バットを硬め、長めに設定することで、スイングスピードを速め、そのパワーで初速を上げることで錘を遠くに飛ばすというもの。

実際に、「どれだけ元竿が長くなったの?」「トーナメントマスタライズキスSMTと同じ?」と、
みなさんも気になる元竿の長さ比較もバッチリ確認してきました。


写真の通り、結構長めの設定です。
その分、#1、#2は結構…いや、かなり短めの設定。
予想以上に手強そうな竿です。

初速を早めて飛ばすコンセプトで如何に、バットを曲げていくか。
キャスティング競技者専用ですが、かなり面白そうなロッドという印象でした。
個人的には37号が気になりましたが、私には32号が良さそうです。
是非皆さんも試投会などで振ってから決めて欲しいですね。


また、実際にキャスティング競技会で使用されたプロトロッドの展示も発見!
普段の投げ釣りでは使用することないガイドサイズや飛距離データを見て驚く方も多く、熱心にご覧になられていた方が多かったです。


振出投げ竿からは、ランドサーフTがフルモデルチェンジ。
デザインはシックなブラックにゴールドのカーボン調となり、かなりカッコいいです。
X45を搭載し、お馴染み450L(ローシート)モデルも揃い踏み。

昨年、SVF搭載という驚きのブラッシュアップを果たした青サーフこと「スカイサーフT」にもライトモデルが追加。よりしなやかな調子で軽い錘や中・近距離での釣りで楽しめそうです。

 

振出竿もかなり充実したバリエーションとなりました。
選べるバリエーションがあるということは、ステップアップもしやすいのも魅力です。
また、ミドルクラスでも一昔前のハイエンドクラスに匹敵するスペックへ昇華してきています。
今後もどこまで進化していくのか楽しみですね。

 

さて、次はリール。

赤いトーナメントサーフ45!これはかっこ良かった。


マグシールドを纏った前作の13トーナメントサーフ45から、更にラインローラーにマグシールドボールベアリングを採用し耐久性アップ。
海水や砂などの過酷な環境でもタフに使うことができそうです。

 

従来の6°テーパースプールからナナハン(7.5°)スプールへ。
遠投性能が上がり、スプールデザインも超クールです。

 

ハンドルは85mmから65mmへショートタイプに。
なーんだ、ただ短くなっただけ。。。ではなく、肉抜加工も変わったことにお気づきでしょうか?
意外と細かな部分にまでメスが入っていて、さすがの拘り!といったところですね。
手首で回せるショートハンドルの使用感の良さも、ハイブリップタイプのノブで一層引き上げられた感覚を覚えます。

 

 

続いて小物へ。

フロートシンカーなどを安定して収められるように設計されたシンカーホルダー。
フロートシンカーを多用される方も増えている一方で、待っていた方も多いのでは?
天秤タイプはマジックテープで固縛できるようになっています。

 

新しくなったUVFサーフセンサー8ブレイド+Si。
皆さん、実際に触られました?本当に細くて滑らか!聞いてみると、前モデルよりもより細く仕上がっているようで、更に進化を続けています。
で、なにより驚いたのが8ブレイドでこの価格?!消耗品でもあるPEラインがリーズナブルになったのは本当に嬉しいですね。

 

TGフロートシンカーにも新色追加されました。ステルスグレーで、より警戒心を除くベストカラー。
このコンパクト設計が飛距離だけでなく着水音の低減にも繋がるなど期待できますね。
フロートシンカーにも軽量号数が仲間入りし、状況に応じての使い分けが可能となりました。
以前から要望していたので、ガッツリ使い込みます。

 

以上、盛りだくさんの新製品をご紹介しましたが、
今年も盛りだくさんの新製品で熱い思いを感じたフィッシングショーでした。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31