2014年12月アーカイブ

 

文・写真/石亀明夫 1953年千葉県生まれ DAIWAフィールドテスター 日本サーフキャスティング連盟マスターズサーフ会長 SBC投・全国決勝大会の競技委員長を務める。

 

このところ、家にいる時間が長いので、釣り部屋の整理をしていたら、歴代のダイワ製品のカタログが出てきました。なんだか懐かしいとひっくり返していたら自分とは思えない写真が載っていて恥ずかしい限りですが、よくもまあ飽きずに50年も投げ釣りをしていると、自分に驚きあきれています。

 

右下、遠投サビキ釣りの教祖、河西美次氏が懐かしい!

 

ところで、こうしてカタログを年代別に見比べてみると、投げ釣り道具の進化が見て取れます。

 

 

↑例えば、ロッド。スペック上段のサンダウナー。良い竿だったけど、先径が4.7ミリ、元径25.4ミリ、重さはガイド付きで460~510グラムで、やや持ち重りがしたのを思い出します。

 

現在の最新機種トーナメントキャスターAGS33号は先径が3ミリ、元径が22ミリ、重さは410グラム。絶対質量もさることながら何よりも軽く感じるのはカーボンガイドのお蔭。ご存知テコの原理でトップが軽くなっているからで、私が普段、近場釣りで愛用しているスカイキャスター30号-385といくらも変わらない重量です。

 
 

↑そして、リール。SS45から始まって今も連綿と続く45シリーズは、SS45で495グラムだったものが、トーナメント45では375グラムと軽量化の歴史そのもの。何より、25年以上も前のSS45のスプールが最新トーナメント45にも搭載できることは本当にありがたいことです。

 

この数字を見ていると、(このカタログよりさらに昔々)私が投げを始めた頃は、投げる時はヨッコイショと竿をかつぐようにと指導されたものですが、竿とリールを合わせた重量が1200グラム以上?あったからかもしれません。それに引き替え、トーナメントキャスターAGS33号+トーナメント45は785gで、しかも持ちおもりがなく、反発力に磨きがかかり、スパッと一瞬で投げ切れる素晴らしい仕上がりになっています。

 

ガイドのカーボン化による軽量化が、これほど、スイングに影響を及ぼすとは正直驚きです。振り切った後の後ブレの少なさは、今までとは別もの。それにより、さらに飛距離が伸びているのは、実証済みです。

 

さらにラインの方はどうかというと、2002年のカタログによると投げ用PE0.6号の強度は4キログラム。現在のサーフセンサーSi-PE0.3号が4.1キログラム。材質の見直しや編み方の進化で、擦れに強くここまで強度が上がったのには感心するばかりです。太いPEから、細いPEでの飛距離アップ。強度を気にせず、安心して細いラインが使用できるのはストレスフリー。こういった道具の進化の積み重ねのお蔭で最近、とみに体力が落ちてきているのに、昔と少しも飛距離が変わらないでいられるのは本当に有難いこと。

 

 

このところ、よく言われる地球の温暖化の影響で、確実にシロギスの数が増えているように思うんです。正確なデータをとっている訳ではないけれど、ホームグラウンドにしている房総半島では40年前から比べると、シロギスの量が3倍以上にはなっているのではないかと。

 

昔から言われているシロギスのシーズンインは4月末~11月いっぱいですが、最近は日並次第で前倒しの3月、あるいは1月末になっても、十分釣りが可能になってます。

 

そんな訳で越冬シーズンも気楽にキス釣りが楽しめます。昔なら、遠浅なので11月頃にはシーズンが終わっていた平砂浦でもフロートシンカーで良型が↑上記写真の感じ。使用ロッドはトーナメントキャスターAGS33号。

 

商品には感動する商品としない商品の二つしかないという言葉があるんですが、最近のダイワはAGSとマグシールドと、感動する製品ばかり。来年のフィッシングショーも、もしかして、、、、期待出来るかな?

 
1