文・写真/川口 友輝朗 かわぐち ゆきお 1989年埼玉県生まれ DAIWAフィールドモニター 
日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ所属。
 

 

 

今年のフィッシングショーでお披露目となったフロートシンカーのライトバージョン。

本格的な投げタックルはもちろんのこと、ディースマーツ等のちょい投げタックルでも幅広く使えるようになりました。
 

また、TGフロートシンカーからステルスグレーというカラーバリエーションが追加され、DAIWAのシンカーも充実したラインナップとなりました。
そんなシンカーを使って釣りに出かけたのは静岡県は熱海港。
外洋側が荒れたりしても港内は荒れることが少ない釣り場であります。ただ、穏やかな港内では着水音によるプレッシャーで魚が散ってしまいがちです。
しかしライトバージョンのフロートシンカーやTGフロートシンカーは面積も小さく着水音も小さい為、魚を散らさずに釣ることができます。また港内は根や海藻、足元に沈んでいる基礎石などで複雑になっており、無垢シンカーだと、回収中に根掛かりをおこしてロストしてしまう可能性がありますが、浮力のある高強度樹脂を搭載されているフロートシンカーなら浮き上がりが早く根を回避し根掛かりを軽減。高い浮力は感度も向上させるという副産物まで生み出しました。朝一は4色くらいで20センチクラスが釣れ、軽いフロートシンカーでドでかいアタリを堪能しながら、釣りをしました。


しかし、日が昇るにつれ、沖側へと魚が遠くなるとフロートシンカーG18号からTGフロートシンカーSG30号に変え、PEもUVFサーフセンサー8ブレイド+si 0.4号にチェンジ。遠投し7~6色半から20センチクラスを引きずり出す釣りへと変化していきました。


新規格のPEライン、UVFサーフセンサー 8ブレイド。商品名にもあるように、遂に8ブレイドとなり今まで主流だった4ブレイドや6ブレイドのPEラインよりも緊密で尚且つ滑らかな仕上がりとなりました。
過酷な環境下で扱われる投げ用PEラインには、Evo silicone加工やUVF加工はもはや必要不可欠な技術であります。


緊密でないブレイドのPEラインの場合、ガイドやラインローラーからの糸鳴りがうるさくサビに集中出来なかったりしましたが、新しい8ブレイドラインでは、糸鳴りもかなり軽減され、摩擦抵抗も減り飛距離アップにも貢献してくれます。
サーフセンサー+si IIにも新に0.3号300メートルも追加され、当然Evo silicone加工やUVF加工が標準装備。価格も抑えられているシリーズなので嬉しい限りです(笑)消耗品としての役割が強いので価格が高いと手が出し辛いですからね。

釣りの方は、しばらく遠投で釣れておりましたが、型も小さくリリースサイズが多くなったので神奈川県の荒久海岸へと転戦。このポイントも2色より手前にきつい根があり浮力のあるシンカーで手前の根をかわす必要があります。この日は波足が長く更にやや高い、それに加え向かい風が厳しくなってきましたが、TGフロート30号で沖を狙い、じっくりとさびいていると、ドドドッ!と、いきなり穂先を引ったくる大きなアタリ。浮力のあるシンカーでは、かなり大きなアタリが出るので、我慢してフッキングするまで食い込むのを待ちます。。このフッキングまでの時間もドキドキとたまらないです。
数回アタリを感じで慎重に波に乗せて回収すると良型のシロギス。


どうやら7色ラインに魚が入るようでポイントを左右振り分けながらポツポツと追加しお昼に過ぎに帰宅。

新しいフロートシンカーで楽しい釣りができました。 

 

 

 

文・写真/大野 等(おおのひとし)1969年富山市生まれ。DAIWAフィールドテスター。
全日本SCF・北陸協会岩瀬釣友会会員。
 

 

 

 

 


45(ヨンゴー)の愛称で親しまれているダイワサーフリールのフラッグシップモデル、「トーナメントサーフ45」。

初代のSS-45が発売されてから約30年の年月が経ちます。

その歴史の中で、モデルチェンジを繰り返しながら信頼を積み重ねてきていますが、残念ながら時々耳にする言葉がありました。

「45は最高なんだけど、ラインローラーがねぇ~」の一言。

13トーナメントサーフ45の説明書にも、ラインローラー部分の注油に関する説明が書いてあります。

その通りに、こまめな注油を行うなど手入れをシッカリしていれば大丈夫なはずなのですが、それでも異音やゴロツキが度々発生することがありました。

 

■ラインローラー部のマグシールド化検討について

今を遡ること3年前、13トーナメントサーフ45が発売された直後のことです。

ダイワから1台のリールが送られてきました。

外観は、まるっきり発売されている13年モデルのトーナメントサーフ45。

担当者から、

「マグシールドユニットをラインローラー部分に組み込んだ45預けておきます。絶対にラインローラー部分は分解しないで下さい!

シーズン中使っていて、シャリ感や、ラインローラーが回ってないなど異常を感じたら、すぐにダイワに送り返して下さい」

との説明を受けました。

ハッキリ言って、シーズン中は13トーナメントサーフ45を酷使しました。


5月~11月のキス釣りのハイシーズン中になると、午後からの2、3時間という釣行はもちろん、週4日、5日連続で行くこともありました。

帰ってきてもタックルはそのまま保管し(つまり、汚れたままのリールは水洗いもせず)、翌日もそのまま使うというような状態です。

あまりにも「汚いなあ~」と感じたら、水洗い。

テストですから、あえてこのような雑な使い方を行ってきました。

 

1年使って、一旦返却。ダイワでラインローラー部の検証を行い、マグシールドユニット搭載2シーズン目のテストへ突入しました。

そして、あっという間に昨年2015年で3シーズン目に突入。

3シーズン目のラインローラー部は、マグシールドユニットではなく、マグシールドボールベアリングを組み込んでのテストに変更となりました。

さすがに手入れもほとんどしない状況下では、ラインローラーの回りが悪いなあと感じたことは発生しています。

その原因として、ラインローラー部分に汚れが付着していたため、回転が悪くなっていたのです。

そんな時は、流水でラインローラー部分の汚れを落とします。

爪先でラインローラーを数回動かしたら固まっていた汚れが落ちてラインローラーの回転も復活です。

まあ、ここまで酷くなるまで手入れもせずに使っての事ですので、釣行後の水洗いを行い汚れを落としておけば、よっぽどのことが無い限り大丈夫かと思います。

 


3シーズンのテストを積み上げて、ようやく誕生した16トーナメントサーフ45。

単純に「マグシールドボールベアリングをラインローラー部分に搭載した」だけではなく、過酷なフィールド環境でのテスト実績が何よりの証拠です。
だからこそ自信を持って勧めれるし、使って欲しいと本気で思います。

結果的にラインローラーの耐久性は劇的に向上しています。

 

■7.5°のハイテーパースプール、通称「ナナハンスプール」。

このスプールも、テストの積み重ねがあったからこそ誕生しました。

SS-45から連々と続く、45シリーズの6°テーパー。

そして安心の2°テーパーという2種類のテーパー角が45シリーズの基本でした。

ここで、「遠投」というキーワードに対して、更なるハイテーパーもあり得るのでは?ということで、

各種のハイテーパーを検証、そしてギリギリの線で落ち着いたのが、7.5°という絶妙のテーパー角でした。

そして出来上がってきた7.5°テーパーのスプール。

まだ話には続きがあって、ここで満足しないのが面白いところです。


従来の基準のスプールの前ツバのエッジ高から、順に削って低くしていく検証まで始まりました。

PEライン。

今でこそ当たり前に投げ釣りで使われていますが、二十数年前、新素材ラインとして船用が発売され、それをを流用して投げ釣りに使うようになった黎明期から使っています。

その頃から使っているからこそのPEラインの特徴の伸びの無さからくる、いわゆるPEのバックラッシュは幾度となく経験しています。

担当者から、

「エッジレスの方向性でエッジを削り込んでいく」と聞かされた時は、どこかで無理が来ると思っていました。

ダイワテスター陣で、エッジ高を削り込んでいったスプールを、実釣の中で検証を行いました。

私も釣り場にカウンターを持って行き、投擲回数を記録していきます。

 

1つのスプールにつき、最低60投以上。

テストを積み上げていきますが、エッジレス方向に一番削り込んで行ったスプールでもトラブルが起こりませんでした。

このテスト結果に一番驚いたのが、私自身かもしれません。

ナナハンスプールのエッジレスというくらいの攻めたエッジ形状。


こういった地道なテストの積み重ねられて、リールの発売に至っています。

是非手にとって、最新テクノロジーを体感いただきたいです。

 

文・写真/小池 勝 こいけまさる 1945年広島市生まれ DAIWAフィールドテスター 
全日本サーフキャスティング連盟島根協会しまねえのみやサーフ会員。

 

 

 


シロギスは、「八十八夜を過ぎると陸を向く」。


カレイなら、「キンモクセイの花が香り始めたら」など、釣り人の間では言い伝えられている。


また、クロダイも「クマンバチがブンブン羽音を立てて飛び始めると、産卵に備え肛門周りを赤くしたチヌが乗っ込みを始める」と言われています。

マダイの場合はどうだろう?


それが、よくしたものでマダイにもちゃんと合言葉があるのです。


古くから広島で精通した熟練タイ投げ師の間では、


「須川の5番灯台に入ったか!?」と言うのがそれにあたります。

 

広島湾の東南に浮かぶ倉橋島、その南岸にある須川という集落の沖合にある灯台辺りの船釣りでマダイが釣れ始めると、広島湾のタイ投げも本格的な開幕になるということ。

こうなると、100g6000円を超える『タイムシ(アカムシ)』と、
一個200円を超える『コウジ』をしこたま買い込んで、いそいそと出かけるタイ投げ師の姿を見かける。

(★100g6000円以上するタイムシ。高級品ですね)

 

「それだけのお金を出せば、どれだけのマダイが買えることやら」などと野暮なことは言いっこなし、
まぁそんな声はタイ投げの魅力に取りつかれた釣り師にはどこ吹く風で聞き流すでしょうが。

 

「ホンムシやゴカイでもマダイが釣れたことがあるのに、なぜ高価なタイムシを使う必要があるのか?」との声が聞こえそうですね。
確かに、カレイ釣りなどの合間にマダイの30~40センチがホンムシで釣れることがよくあります。
しかし大ダイ狙いには潮が大切で、一年にそう何回もチャンスが訪れない釣りの場合、やはりチャンスをモノにしやすいタイムシを使う方がいいと思います。

理由は、ホンムシの場合、エサ取りに弱いんです。
せっかくマダイの通り道にエサを投げ込んでいても知らぬ間にフグなどにエサを取られたり、アナゴなどに食いつかれてはたまりません。

その点、タイムシはエサ取りに強いし生命力も旺盛!
例えば一時間投げっぱなしでも、十分に生きて動いているのです。

 

また、「タイムシはのぉ、タイが好むけぇタイムシゆうんよ!カレイムシなんかありゃぁすまぁが」と、のたまうタイ投げ師もいます。

それほどタイムシとマダイの相性は抜群と言えます。

 

夜釣りで狙うことの多いタイ投げ。

潮に沿って泳いでいるマダイが、暗闇のなか大海原にたった竿3本程度の、長さ5~6㎝のタイムシにたどり着くにはかなりの「作用」が働くものと思います。
(★これから夏にかけてのマダイ釣りは、経験上大型の場合は夜釣りの方に確率が高い!)

私の勝手な推測ですが、カレイがホンムシやゴカイを確認するにはせいぜい7~8mくらいだと思いますが、
マダイがタイムシを確認するには25~30m程度の範囲は詮索可能だろうと考えています。
これもタイムシがたい投げ師に愛用される理由でもあります。

 

ここでお勧めタックルをご紹介!

<大ダイ狙いの場合>
★リール(ドラグ付きが無難です。QDは使い勝手良好ですよ)
トーナメントISO4500~5000
プロカーゴ遠投4500~5000
パワーサーフQD4500~5000


★ロッド(タイ投げに欠かせない飛距離や強引な引きに耐えうる30号以上がお勧めです)
トーナメントサーフT 30-405・W
スカイサーフT 30-405・K


★その他
ライン:サーフキャスター4色ラインR 5号
力 糸:サーフキャスターちから糸 5~12号(5号部分を切り詰めて6号くらいから結束など工夫も)                            ハリス:Dフロン船ハリス真鯛7号~8号

 あるタイ投げ師が言うには、「ハリスには張りが欲しいのだが、反面しなやかさも欲しい」と言って、
「Dフロン 船ハリス 真鯛」を気に入って使ってくれており、7号か8号の結び目なしの通し仕掛けが一般的とのこと。


私のような『夜苦手。。。歩くのも大変。。。。雨が降ったらなおさら腰が重い。。。』といった弱気な者とは違い、高価なエサと言い、ラインやハリスへのこだわり、まさに瀬戸内のタイ投げ師は『投魂』のかたまり!だと思います。

 

(★50センチちょっと切れるクロダイですが、自撮りだと小さく写ります…)


最後に、タイ投げと言えば!
夜釣りや磯場からの釣りが多くなりますので、ライフジャケットの着用は必ず行い、安全を心がけた釣行にしましょう!! 

1  2  3  4  5  6  7  8  9