文・写真/大野 等(おおのひとし)1969年富山市生まれ。DAIWAフィールドテスター。
全日本SCF・北陸協会岩瀬釣友会会員。

 

 

今年フルモデルチェンジした19トーナメントサーフ45

 

#トーナメントサーフ45 #ダイワ #投げ #リール

発売からモデルチェンジを繰り返してきましたが

ヨンゴーの歴史と、私自身の年代とヨンゴー(あえてヨンゴーと記載させて頂きます)を

世代ごとに語ってみたいと思います。

 

第一世代

#トーナメントサーフ45 #ダイワ #投げ #リール

和62年(1987年)ダイワからトーナメントプロキャスターSS-45が発売

(石亀テスターからSS-45の写真をお借りしました)

 

SS-45発売当時の私といえば、ちょうど高校3年生。

その後、SS-45II、Z45Tとモデルチェンジを繰り返していきました。

この世代ですが、10年以上続いたわけですが、この間に、PEラインが発売されて、投げ釣りが一気に進化した時代だったと思います。

ただ、流石に10年以上も、同じ基本設計で頑張ってきてこの世代の後期の頃になると当時のヨンゴーのウイークポインが露わになってきたように思います。

今になって思いで的に、皆さんが「ああ、そうだったよなあ!」と思って頂ける事としてラインローラーがギュルギュルすぐ泣き出すこと。

ボディこそ、ウイスカー製でしたが、ローターがマグネシウム製で手入れを怠ると(釣行後は、すぐに水洗いして、錆止めのオイルスプレー塗布などなど)塗装がボコボコと浮いてくる。

また、ストッパー機構が旧態依然のラチェット式(その頃の他のリールは、インフィニットアンチリバースが順次搭載されていっていた)等など。

今からすれば、20年以上前の事になりますので、懐かしさこそ感じられる事かと思いますが、当時のヨンゴーのウイークポインとでもありました。

また、PEラインの出始めの頃は、いわゆるバックラッシュを多発した方も多く、その解決策として逆テーパー形状のABSスプールを提案したのもこの世代でした。

私自身は、この世代のヨンゴーと共に過ごした20代でした。

 

第2世代

2001年、満を持してまるっきりの新型として発売されたZ45C

ボディは表面に特殊な処理を施すことにより腐食耐性を持たせたエアメタル製、ネジもジュラルミンを採用するなど徹底的に軽量化されZ45IIではついに、45mmストロークという大型リールでありながら395gと夢の400g台に突入。

#トーナメントサーフ45 #ダイワ #投げ #リール

 

(真っ赤なボディが印象的だったZ45II competition)

 

PEラインの使い方も、釣り人の方が慣れてきて、最後の1色程度はテンション巻きをするなどして対応出来るようになってきて、45mmストローク、6度テーパーという正テーパースプールの他に、2度スプールなどのバリエーションが出てきた時期でもありました。

2005年のフィッシングショーで展示された「I'ZE FACTORYのTOUNAMENT SURF Z45ⅡLight」

当時のZ45IIをベースに徹底的な肉抜きなどで軽量化を行った試作モデルですが

#トーナメントサーフ45 #ダイワ #投げ #リール

重量は、なんと295g

このとき軽量化のために、肉抜き出来るところは、肉抜きしたわけですが。

そこでやったのが、ローター裏の肉抜き。

今となってみれば、この試作機が次の世代にバトンタッチする試金石となった様な気がしています。

私の30代は、この世代のリールと共にありました。

 

第3世代

2008年発売のZ45

#トーナメントサーフ45 #ダイワ #投げ #リール

 

いまだに、08トーナメントサーフZ45の愛用者も、キスマスターズなどのトーナメントでは多々見かけます。

2007年、発売の前年になりますが、初めて試作機を使わせて頂いただいたときは

まさか、ローター裏をくり抜いてくるとは思いもしまませんでしたので、今までのリールでは考えられないような大胆なデザインに大変驚かされました。

はじめてZ45の試作機を渡されたときに、思わず「軽っ!」って声が出てしまった事を今でも覚ええています(360g)。

 

マグシールド搭載の13トーナメントサーフ

そして、ナナハンスプールとマグシールドラインローラーが搭載された16トーナメントサーフと進化。

マグシールドの耐久テストと、ナナハンスプールのスプールエッジのテストでは、とにかく、何度も海に通ってのテストとなりますので大変でした。

(そのためのテスターなのですが)

その話は

2016年6月アーカイブ

「16トーナメントサーフ45誕生秘話」投魂物語

に書きましたので、是非ご一読を。

 

私自身は、この世代と40代を過ごしました。

 

第4世代

今年、ついに大幅なモデルチェンジを行った

19トーナメントサーフ45

#トーナメントサーフ45 #ダイワ #投げ #リール

 

例に漏れず2018年の昨年、試作機を使わせて頂きました。

最初の印象は、前モデルまでは、だんだん、ヤンチャになっていったデザインに比べたら

ちょっと、落ち着いたイメージのデザイン

大人になったって感じですかね。

 

まずは、渡されて最初にすることは、もちろん、リールのハンドルをクルクル(笑)

その回転の滑らかさには、すぐに気がつきました。

ただ、思わず聞いちゃったのが、「ストッパーレバーどこ?」最初は、今までとストッパーレバーの位置が変わって、リールのボディ下側に変更されたので、違和感がありましたが、テストで1日使ったら、慣れてしまいましたけどね。

今年発売されて、普段の釣りで19トーナメントサーフ使っていますが、リールの剛性感、組み付け精度の高さなどからくる回転の滑らかさ、リールから感じるノイズが少ななどのおかげで、キスを釣っているときの、楽しさが一桁上がった気がしています。

私自身の事ですが、実は今年、ちょうど50歳の節目の年を迎えました。

 

10代後半、高校生の年に発売された「ヨンゴー」ですが45mmストロークという基本設計が、30年以上前から変わらない

そして、年代と共に、ブラッシュアップされて、モデルチェンジ、世代交代を繰り返しながら、ここまでやってきた

しかも、いままでのスプールがすべて使うことが出来るという互換性を捨てずにやってきた。

「ヨンゴー」以上に、ここまで投げ釣りを愛する人たちに長きにわたって信頼され愛されているリールは他には無いのでは無いでしょうか。

 

まだ19トーナメントサーフ45を使ってない人には、ぜひ、このリールを使って釣りをしていただきたい。

トーナメントで勝つため

そして

普段の釣りで投げ釣りの愉しさを感じていただくため

 

 

最新のトーナメントサーフ45の情報はこちらをクリック

文・写真/石亀明夫 いしかめあきお 1953年生まれ千葉県在住 

DAIWAフィールドテスター 日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ会長

 

異常気象と言われて久しく、ここ何年か、余り良い釣果に恵まれなかった気がしますが、それでも昔から比べるとシロギスの絶対数は確実に増えていると感じています。30年前の所属クラブの年間(例会、年12回)最多尾数を調べてみると100尾だったのが、ここ数年250尾位になっています。

 

地球温暖化→海水温の上昇→産卵回数の増加→シロギスが沢山釣れるようになったと考えています。このため、常套句で使われる「誰でも簡単に釣れるシロギス釣り」が本当に現実となってきています。

但し、沢山釣るには、ポイント選びとダイワの投げ専用タックルにする事が大事ですよ(笑)。

 

さて、シロギスを沢山釣るには、海が穏やかであることが条件です。

キス釣りは岸から誰でも釣れるので、岸(キシ)釣り→キス釣りになったという説もあるくらいですから、良い釣果を得るには、釣りに行く日の数日前から、釣り場の風向き、波高のチェックは必須です。これをするのに、ネットでリアルタイムの海の様子が確認できるライブカメラ映像が便利です。

 

因みに私の地元の房総半島は北東~南東の東向きの風なら内房、南西風なら外房、南風の強風なら洲崎~館山と選べるので助かります。

 

いつも行っている釣り場なら、だいたいのポイントは把握できると思いますが、初めて訪れる場所なら、背後の少しでも高い所から海を見て払い出しを見つけたり、波が立っている所は浅いので、その周りの深くなっていそうな所を狙ってみたり、また、何も変化が感じられない時は砂浜を歩いてみて、周りより砂粒が大きい所は海流の変化があるのでポイントの可能性が大です。

 

タックル選びについてですが、大会等ではどのような状況にも対処できるように遠投出来る硬めのロッドでリスクヘッジします。

ですが、夏ギスの時期は海が穏やかなら大概ポイントが近いことが多いので、プライベート釣行なら軽くて、終日持っていても疲れにくい、扱い易いチョット柔らか目のロッドがお勧めです。但し、予備竿は1本入れておくと安心です。

 

私はプライベートではトーナメントプロキャスターAGS25号405、マスタライズキス27号405、トーナメントプロキャスターAGS30号385を多用しています。この号数では万が一の時、遠投出来ないじゃないか!って声が聞こえてきそうですが、トーナメンター上位の常連選手の中にはスカイキャスター27号で6本針仕掛けにエサを付けた実釣で7色以上投げる人もいます。

前号の投魂物語でのスポーツキャスティングの若きトップトーナメンター吉野海洋氏の話は遠くに飛ばす事へのこだわりがとても興味深く、投げ釣りマンにとってワクワクする話でした。その中で語られていた、「竿選びは体力との相談、竿に慣れるのも凄く大事」のフレーズは的を得ていると思います。

 

知らないうちに前期高齢者になってしまった私ですが、当然年々体力の衰えを感じていて使用ロッドは35号→33号→30号→27号と号数を落としてきています。

しかし、私が若い頃33号で出ていた飛距離と、この齢になってから27号で出す飛距離はそれ程変わっていません。これ程、ダイワの投げ竿の性能は上がってきているんですよ。

 

いよいよ釣り開始です。

 

シロギス釣りの税金ともいえるフグは波口にいる事が多いので手前は後回しにして中距離から探ってみます。

海の中を自分なりに2色ずつ区切って効率の良いところを探って行きます。5色なら3色まで、3.5色なら1.5色までです。

 

エサは数釣りなら手に入りやすいジャリメ(石ゴカイ)で十分ですが、型物にこだわる方は青イソメやイワイソメなどを用意してもよいでしょう。

 

初めに入ったところで結果が出ない時は、こまめに移動です。

「2投空振り即移動」を鉄則にしています。

夏のシロギスは活性が高いのでエサを見つければ、すぐに反応してくれるものです。キスのいない所をいくらサビいても釣れる訳がありませんから、こちらから、キスの居場所を探しに行かなければ結果は出ません。移動先の海岸の形状や、背後の地形の変化を良く観察して、どうしてここが釣れたのか!あるいは釣れないのかをインプットして、釣り場の読解力を上げることが今後に繋がるはずです。

キス釣りは基本的には朝方はポイントが近く、陽が上がるにつれて、やや沖目になることが多いものです。勿論、潮位によっては、その逆もあります。

 

さてさて、こんな釣り方を実践してみたら

4~3色付近でシロギスのアタリ!そのままフッキングしたシロギスを静かにこちらに頭を向けて泳がせるようにしたら、この泳いでいるシロギスに反応するように周りのシロギスが食いついてくれました。

やはりテフロン加工の投魂Tシリーズは掛かりが良いですね!(また広告だ!)

ということで、3時間程で満足のいく釣果が得られました。

 

誰でも簡単に釣れる夏ギスの元気の良いアタリを楽しんで頂きたいと思います。

 

文中でも挙げられた石亀テスター愛用の竿について、詳細は下記商品名をクリック!

トーナメントプロキャスターAGS25号405

トーナメントプロキャスターAGS30号385

マスタライズキス27号405

 

写真撮影時に使われたリールはこちら!

トーナメントサーフ45

 

 文・写真/吉野 海洋 よしの かいよう 1991年生まれ DAIWAフィールドモニター

JSCF、NSCF所属。石川鱚酔会会員。


投げ釣りをやっている方であれば誰もが一度は思うだろう。

遠くへ投げたい、もう少し距離を伸ばしたいという気持ち。

僕も少年(14歳)の時から投げ釣りを始め、若い時は釣る楽しさより投げる快感を覚え、35号より上の竿ばかり振っていたのを思い出す。それから、ずっと、そして今も遠投というテーマの虜になっている。

 

 

遠投をよりストイックに追いかけるようになったきっかけは、スポーツキャスティングという競技に出会ったこと。当時は少年の野心とガムシャラパワーだけで投げていたが、もちろん良い成績がでることはなかった。そう、、、スポーツキャスティングはそう簡単なものではないと競技を通してしみじみと分かってきたのであった。性格が関係しているのか、不思議と負ければ負けるほどよりスポーツキャスティングを好きになり、一時期は海に出かけても釣りをすることもなく朝から晩まで一日数十投も投げては巻いて、投擲に冒頭していた。

 

先輩に誘われて初めてスポーツキャスティング大会に出場した際、自信はあったものの、3回ファールして、失格。これが僕のスポーツキャスティングの始まりだった。

その後違う予選会で優勝し、念願のトップキャスターズトーナメントへ参加する資格が与えられた。初めてのトップキャスターズトーナメントの結果は三位入賞だったが、素直に喜ぶことは出来なかった。様々な種目を間近で見て思ったことは、ただ身体が大きい、パワーがあるというだけでは勝てないということだった。

 

体幹、パワー、技術、道具が全て揃わなければチャンピオンにはなれない。

 

その後、とりあえず自分を追い詰めて、筋トレ、柔軟体操、そして体力を一年間のテーマにして、頑張った。その甲斐もあり、次の年に第5種目のチャンピオンになることができた。

この優勝をきっかけにキャスティング競技で自信が持てたとともに、そこまでのトレーニングで身に着いた技術がキス釣りトーナメントでも大活躍することになる。キス釣りトーナメントの全国大会で狭い範囲を狙うフルキャストを要求される場面で、多くの選手が苦戦する中、自信をもって正確なキャストと大遠投を決め、釣りの競技でも日本一のタイトルを獲得することができた。スポーツキャスティングをやっていなければ、このように優勝する事は出来なかったと思っている。

今もきつい筋トレをし、体力をつける日々が続くが、これも秋のトップキャスターズトーナメントの一瞬のため。

これまで、第5種目で2回優勝、第4種目に転向して優勝し、第6種目では一回敗北を味わってからの優勝を味わったが、当然ここまでの道のりは長いものだった。ボクシングと一緒で、階級が上がれば、今までよりも練習の量が必要になるし、ヘビー級の対戦相手に勝るには体力も必要になる。さらに、プレッシャーに負けない強い度胸が必要になる。勝ったら勝ったで、追われる恐怖にも襲われることになる。

でもこれらの悩みを乗り越えるのに頼りになるのは、練習だけである。

 

昨年世界戦でベルギーに行けたことは、本当にいい経験となった。世界にはまだまだ強い選手がぞろぞろいる。いつかは表彰台の真ん中で日の丸に身を包むために頑張ってみたいと強く思った。

ベルギー世界戦での様子

 

 

僕のキャスティングを支えているのは何といってもサンダウナーシリーズ

今ではサンダウナーシリーズがなければ僕のキャスティングが成り立たないと言っても過言ではない。

サンダウナーを例えるならば、花の慶次に登場する馬(松風)と僕は勝手に思っている。

なかなか言うことを聞かないが、その代わりに征服した瞬間は素晴らしい武器になる。

そう、まさにキャスティングに必要なのはこういうロッド。

そこそこ距離が出る竿では入賞することができたとしても自分の究極の飛距離は出せない。

 

自分が出せる究極の飛距離。

 

僕がサンダウナーを使う理由は正にここにある。自分の究極の飛距離を引き出せるロッドだからこそ信頼して使い、だからこそ勝てる。

それとサンダウナーシリーズには選択肢が多いのも好きな理由の一つ。向かい風には少し短めの硬いロッドを選択したり、追い風の際には少し長めの曲がるロッドを選んだりと細かい号数設定があるから選択がしやすいのも良い。

竿選びは体力との相談、とよく言われるが、スポーツキャスティングでは竿に慣れるのも凄く大事。竿の特性に合わせた投擲が効く側面も多くある。

因みに僕の使用しているサンダウナーシリーズは

第5種目 サンダウナーコンペティション43-415

     サンダウナーコンペティションプロトギア45-390

第4種目 プロトギア37-400

第6種目 プロトギア45-390

 

一センチでも遠くへ投げることができた者がチャンピオンになる。

言い訳のできないスポーツキャスティング競技。努力して努力して結果がでた瞬間は何とも言えない嬉しさと、次の競技へのやる気が湧いてくる。競技人口はどんどん高齢化し、減っていくばかりなのがつらいのだが、この雰囲気に負けず、是非若い投げ釣り師の方々にも興味を持ってもらい参加して欲しい。そして、もっとキャスティングの楽しさに触れて欲しいと思う。

 

今年の11月のトップキャスターズトーナメントも徐々に近づいてくる。今年もチャンピオンの意地をみせて、最高の相棒(サンダウナー)とともに連覇を目指そうと思い、日々やるべきことを続けていこうと思う。

 

 

吉野海洋ダイワモニターの投擲動画をごらんになりたい方はこちらへ

http://daiwa.globeride.jp/column/toukon/Casting_Yoshino_20190614.mov

 

サンダウナーシリーズの詳細情報は下記よりご覧ください。

サンダウナーコンペティションはこちら

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/nage_rd/sundowner/index.html

サンダウナーコンペティションプロトギアはこちら

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/nage_rd/sundowner_cp_pg/index.html

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31