文・写真/小池勝 こいけまさる 1945年広島市生まれ DAIWAフィールドテスター 

   全日本サーフキャスティング連盟 島根協会 G・A・Cサーフ会員

 

1987年4月下旬のこと、画期的な形状をした発売前のトーナメントプロキャスターSS―45リールは、 9人の男たちと一緒に長崎県の上五島空港に降り立った。

 6月1日の全国一斉発売に先立って、《ザ・フィッシング》ロケの収録のためだ。

番組のキャスターは、わが国のルアーフィッシャーのさきがけ、テツ西山こと西山徹氏、釣り人は《鴨谷計幸のカレイ指南》でおなじみの、全日本サーフ広島協会長鴨谷計幸氏(当時)と、がちがちに上がってしまった私の二人。

 ロケの結果は、尺ギス天国とは言え4月下旬の釣況は厳しく、一日目などは暴風雨で体が吹っ飛びそうな状況、結果最大は26㌢と物足りない結果だったが、リールとニューロッドのポテンシャルには驚愕と大満足の連続だった。

 

 

【それまでのリール、その時々の釣り人たちを楽しませてくれました。】

 

    (1960年代スポーツ5000)              

 

    (1980年代プロキャスターST)

 

 スポーツ5000は、一つのスプールに太糸も細糸も巻けるよう《エコノマイザー》が常備されていました。

 プロキャスターST8000は、ライン放出を重視してコップ型スプールに設計されていました。

このころが投げ釣り万能タイプのリールから、キス釣りに対応するリール開発の黎明期だったように感じます。

そして前出のごとく1987年に登場したのが、ドラグなし45mmストロークの《トーナメントプロキャスターSS-45》

 あれから33年、45mmストロークのリールは日本全国のキャスターに愛され続け、キャスターの皆さまの声を反映しながら、数々の後継機を送り出しながら今日に至っている。

そして今、2019年登場の最新機種を手に、キスに遊んでもらっている私は、なんという幸せ者だろうか。

(19 トーナメントサーフ45を手にしてキスとの対話を楽しんでいる)

大好きなキスに一年中遊んでもらっている私、自分なりの季節ごとの付き合い方をご紹介します・・・・・、ただお魚釣りは数学のように「答えは一つ!」ってことはありませんので、ここは目くじらを立てないようご笑覧ください。

 冬・・瀬戸内の海水温が10°Cを切っていたころ、冬ギスと言えば九州の平戸島や天草諸島に出かけていたものですが、現在では瀬戸内海の海水温上昇により、場所さえ探せば一年中引き釣りを楽しめるようになりました。

 1月の小雪がちらつく中、ちょっとした港の中で水深が4m前後あれば、お腹周りに脂肪を溜めこんだ冬ギスが食ってきます。

      

    (ある年の1月18日の釣果) 

 《多回性産卵》と言って、水温が最適でエサが豊富なら、カレイやチヌなどの魚とは違って、何回でも産卵を繰り返すシロギスですが、さすが冬季の水温では産卵はしないため、お腹周りには脂肪が貯まっています。

春・・3月のお彼岸が過ぎたころ、ちょっとだけ活性化を感じさせる春ギス、冬ギスでも夏ギスでもない微妙な警戒心で、アタリは「モソモソ」といった感じで冬ギスよりも釣りにくくなります。春ギスの場合、食い込ませようとするよりも、一匹ずつ即合わせで掛けることが多く、巻くスピードも、できるだけゆっくり巻いてキスが追いついて、エサを吸い込めるように誘います。

 こんな時、トーナメントサーフ45のLGタイプはもってこい!ハンドル一回転68cmの巻取りで、HGと比べると20cm違います。これは冬ギス・春ギスに限らず、夏場でも効果を発揮する場面もあります。その日のキスの状況でゆっくり巻きたい時など、以前はハンドルノブではなく、ハンドルの軸を3本指でつまんでゆっくりと回していたこともありましたが、LGだとしっかりハンドルノブをもってキスのアタリを楽しむことができます。

夏・・八十八夜(2020年は5月1日)を過ぎ、待ちに待った夏が近づく・・古くからの格言で「八十八夜を過ぎるとキスが陸を向く」というのがありますが、瀬戸内の実際は渋い!!!春ギスに比べ、確かにアタリは夏めいてはいますが、なかなか・・・・しかし逆にこれが面白い! 

6月も中旬になると、愛する瀬戸内のキスには悪いですが、山陰のキスに会いに行きます。

連掛け、大ギスと釣り場を巡り歩く・・・・・。

JR山陰線の列車を見ながら、ある時は裏のお家のおばちゃんに「お茶でも飲みんさい」と優しい言葉を掛けていただきながら。

 皆さまにそっと耳打ち・・・・・・、魅惑的な夏の夜、大ギス狙いの場合、トーナメントサーフ45からちょいと浮気して《アオリマチックBR》《キャスティズム》ロッドで置き竿釣りを・・・・・・・これがまた楽しい♪♪

やっと涼しさを取り戻した静寂の中、突如鳴り響くドラグ音、クラッチをフリーにしたアオリマチックは、違和感なく大ギスのファーストキッスをキャッチする!!

(この時のロッドはトーナメントサーフでしたが)

 8月も終わりに近づくと、早い場所では《落ち》状態を見せ始め、L型天秤をIの字にして良型が連で掛かってきます。

        

 (良型が5~6匹掛かると天秤はまっすぐになって悲鳴をあげているよう)

 

毎年8月の最終日曜日、日本全国に少なくなった《鳴き砂》で知られる島根県大田市の琴が浜で、気の置けない仲間20人くらいで30年近くキス釣りの集いをしています。

 ルールは50匹到達早上がりor3時間・・・・・・。

私はキスを遊び道具として扱うのが好きではないので、落ちの入り口にいるキスを一人何㎏も釣るのは可哀そうだと思っています。 一応、競技なので、早上がりのためには小さなキスもクーラーに入れるようになりますが、そのキスは競技後に、参加者みんなで手分けして刺身・湯引き・てんぷら・ガーリックソテー・南蛮漬けなどにして、残さずおいしくいただいています。

(私はだいたい てんぷらとガーリックソテー係)

秋・・10月の声を聞くと、投げ釣りの2大ターゲットの一つ、カレイ狙いに興じ、キスとの出合いはカレイの産卵が終わる年明けまで、お預けとなります。

ロッドは《トーナメントサーフT30-405》、リールは《トーナメントISO 4500遠投

(カレイ狙いの竿に釣れた良型の冬ギス)

私は以前から、キス釣りを始めるなら《落ちギスシーズン》からと言っています。

エサ取りよりも早く、ガンガン当たってくるアタリを楽しめるからです。

えさは青ゴカイの方が安価ですが、サイズがバラバラで匹数計算だと石ゴカイの方が安くつきます。

動きの鈍い冬ギス・春ギスには石ゴカイの1匹付け。

食いがたっている夏場は、ハリいっぱいか、ちょっと余すだけにします。

落ちに入って8連10連すべてのハリに掛けることにこだわるなら頭の固い方だけ刺し、尻尾は使いません。

柔らかいと食い逃げされ、せっかくパーフェクトを狙っても、エサだけ取られてしまうことになります。

山陰西部における夜の大ギス狙いには青ゴカイが最適です。

私なりの季節ごとの付き合い方をご紹介しました。

    皆さまにも季節ごとの投げ釣りの楽しみ方があると思います・・・

 

文・写真/高橋明彦 1965年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。DAIWAフィールドテスター。
第12回SBC投げ決勝大会で6年振りに優勝を手にし、これまでで4度の優勝を果たす。
日本サーフキャスティング連盟神奈川協会。茅ヶ崎サーフキャスティングクラブ会員。
 
 
 緊急事態宣言はようやく解除されましたが、今後は新しい生活様式が必要と指摘されています。新型コロナウイルス感染に関してはまだまだ油断はできませんのでお互いソーシャルディスタンスをとって釣行の際も十分注意していきましょう。
 
 ところで、今回の自粛期間中のように釣り場に行けなくても釣り人は家で色々とやることは多いものです。とくに投げ釣りは仕掛けの消耗が激しいので、それなりのストックも作り置きしておきたいですね。それと、釣行前に色々なイメージを頭の中で描くことも多々あるかと思います。
 
 例えば、海水温度の上昇で魚の活性が上がっているんじゃないかな?とか梅雨の影響で河口周辺は濁り気味かも?そんなイメージを描きながらどう攻略すべきか釣果を上げるために悩まれる方も多いのではないでしょうか。このようにたくさんの空想を描きながら事前準備をすることで釣りの楽しさも倍増できると思います。
そこで、私が自宅でやっている仕掛けづくりやタックル準備について少しご紹介したいと思います。
 
まずは、魚の釣れ具合が悪いときにどんな仕掛けで釣るのか?
 
 単純な想定ですが、釣れ具合が悪い(釣れない)とは、たくさんの原因があると思います。例えば、活性が高いのに魚影が薄いパターン。もしくは、そもそも活性が低いパターン。もしくは海水の濁り等で警戒心が高いパターンなどが思いつきます。そんな想定が増えれば増えるほど、事前に用意したい仕掛けの種類や釣り方も変わってくることでしょう。
 
 具体的には、活性が高いのに魚影が薄いのであれば、仕掛けも魚に目立つように派手目に作ってみてもいいでしょうね。更にエサつけも大きくした方がアピール力も高まるのでハリ形状も長軸系を選択する方が良いかと思います。逆に活性が低いのであればできるだけ仕掛けを細かくすることも大切ですし、魚に違和感を与えないように長めの仕掛けやステルス色の仕掛けを準備することも有効かと思います。そんなことを考えると、どうしてもいろいろな仕掛けを作りたくなってしまいます。つまり家でもやることが多くなる(笑)
 
 そんな仕掛け作りですが、私の場合はハリの選択からはじめています。前記の例えからエサを大きくつけたいのであれば長軸ハリを選択し、吸い込み重視ならば短軸ハリを選んでいます。次にハリ結びですが、ステルス系で行くならハリスは細め、アピール系で行くならば装飾品をつけたいためコシのあるエステル系ハリスで結ぶようにしています。そしてチモトカラーやフラッシャー、更には定番のビーズやパイプ挿入など。また状況に合わせて、朝一はケイムラ、日が昇れば反射カラーに変更、エサの種類でチモトカラーもレッド、イエロー、グリーンなど異なるカラーを用意したくなります。ですので、毎年かなりのハリを結んでしまいます。そんなハリ結びも面倒ですが、凝りだすと案外楽しく病みつきになってしまいます。
 
 続いて、タックルの準備です。
 
 ロッドについては何かひとつの拘りをもって釣りを楽しむのであれば、同じ号数、長さのロッドを一年中使い続けることもアリだと思います。状況変化に応じて、そのロッドですべて使いこなせば良いのですから。とは言っても、様々な状況下でベストの釣りしようと思うと、どうしてもタックルに頼ってしまう場面も多々あります。例えばこの時期になると太平洋側は停滞する梅雨前線で多少大きなウネリも入り、波打ち際では波足が長くなる時も多いです。そんなときにはいつもより長めのロッドが使い易いです。具体的にはトーナメントキャスターAGSタイプTの全長428仕様もお勧めです。一方で、雨が降り続くと河川から流出した漂流物が波打ち際に溜まりやすく、波の静かな日であっても投擲しにくい場面もあります。このようなときはロッドが短めの同タイプTの全長400仕様も選択肢として使い易いかと思います。私も今日まで過去多くのロッドを使ってきましたが、数センチ長さが異なるだけで使い勝手も全くの別物に感じます。
 続いてリールですが、用意するべきは替えのスプールです。
トーナメントサーフ45のメインスプールは飛びを優先した浅溝スプールですが、PEラインの細糸化が進化されてもライン感度の低下やライン強度不足による高切れも考えられます。そこで用意したいのがSLP WORKSのRCS サーフスプール45用 TAPER2°です。太糸巻のスプールですが、この大口径スプールは投擲したラインを回収する際に、ハンドル1回転あたりの巻き取り量がアップすることで手返し効果も期待できます。特に、遠投してアタリが入らなければ高速で仕掛けを回収し、次の動作に入らなくてはならない場面も多々ありますし、手前の数釣りでも当然手返しは重要視されます。回収スピードを優先するためのアイテムとしてはとても有効です。
 
 自粛期間中の過ごし方は人さまざまですが、釣りを楽しむことは共通ですので色々と釣行前のイメージを描きながらチャレンジしてみてください。
 

 

 

 文・写真/吉野 海洋 よしの かいよう 1991年生まれ DAIWAフィールドモニター

JSCF、NSCF所属。石川鱚酔会会員

 

サンダウナーというロッドは、スポーツキャスティング競技専用に設計されたロッドですが、最近では投げ釣り専用のロッドに負けないくらい人気があります。

もちろん僕もサンダウナーファンの一人です。

ここでは、今年新製品が発売となったサンダウナーのこれまでの進化をたどりつつ、ファンとしてこれまでサンダウナーと歩んだ道のりをご紹介していきます。

 

サンダウナーコンペティションⅡとの出会い

僕が最初にサンダウナーシリーズを購入したのは、今から約13年前(2007年)のサンダウナーコンペティションⅡでした。丁度この年からトーナメントに参戦し始めた年で、今でも鮮明に覚えています。

当時まだ16歳だった僕は原付バイクに乗り、長いサンダウナーコンペティションⅡを背中に背負ってよく投げ釣りに行っていました。あの頃は寝る時間よりも投げていた時間が長かったかもしれませんね(笑)。懐かしいです。

 

2006年モデルのサンダウナーコンペティションⅡは1番と3番が短くて2番は長いロッドでした。

サンダウナーコンペティションⅡは2番が長い為、よく曲がって弾くロッドでした。

今だから言える事ですが、3番が短かったため、強く曲がった時にロッドの戻るパワーが少し物足りなかった印象があります。この当時はこういうものと思っていましたが、後述の新製品20サンダウナーコンペティションプロトギアには47号という強烈な号数が展開されています。こんなことを当時は誰もが予測できなかったのではないでしょうか。時代の変化というやつかもしれませんね。

 

サンダウナーコンペティションⅡの一つ前のサンダウナーはブラック色の印籠継ロッドでした。こちらのロッドは、先輩に借りて投げた事があります。重量感を少し感じる胴調子の竿でした。キャスティングの先輩から今でもよくこの竿の武勇伝を聞いており、名竿だったようです。

 

2013年サンダウナーコンペティションの発売

サンダウナーコンペティションⅡ発売されてから約7年の年月が流れ、2013年にサンダウナーコンペティションが発売されました。

正式名はサンダウナーコンペティションですが、トーナメンターの中では「サンダウナーコンペティションⅢ」とよく呼ばれていました。

 

13サンダウナーの特徴というと、やはりロングベリーバット構造が目立っていました。2番が長目で曲がる、そしてそれをかばうように3番も長くなり、パワーを失わない。しっかり曲がってパワーも素晴らしい。投擲競技のトップキャスターの皆さんからもすごく好評のロッドでした。僕がよく使っていたのは40-405、35-405、43-415です。

 

実は13サンダウナーは僕の投げ釣り人生の中で、もっとも思い出深いロッドです。

 

なぜ思い出深いかというと、ずっとほしいと思っていたサンダウナーを手にし、競技会では何度となくいい成績を残すことができたからです。

僕がスポーツキャスティングに参加し始めたのは2011年頃。当時はもちろんダイワとのお付き合いもなく、まだ若かったため、専用ロッドを多数買うのも厳しく、先輩から譲ってもらった他社のキャスティングロッドを使っていました。

サンダウナーシリーズをずっと欲しいと思っており、新製品が出たら買おうと決めていました。そして、13サンダウナーコンペティションが発売されてから、一番先に買ったのは35-405でした。このロッドで、超遠投湘南のトーナメントで何度も全国の切符を手にすることができ、石川オープン名人戦もこのロッドで2度優勝を叶かなえることができました。これらの実績にこの竿が大きく貢献してくれたのは間違いありません。

さらにスポーツキャスティング大会で初めてダイワキャスティングロッドを使用しました。2013年はサンダウナーコンペティション43-415でトップキャスターズトーナメント、NSC選手権の大舞台で優勝することができ、さらに初となる海外キャスティング大会(台湾戦)でも優勝する事ができました。

 

サンダウナーコンペティションプロトギア発売

2016年にはサンダウナーコンペティションプロトギアが発売されました。

こちらのシリーズでメインに使用していたのは45-390、37-400でした。16コンペティションプロトギアの特徴は、パリパリのボディに短めの設計。以前にも書いた事がありますが、まるで「花の慶次に登場する名馬の松風」のようなロッド、うまく乗れれば鬼に金棒、うまく乗れなければただの棒と言っても過言ではないほど強くて人気のロッドでした。

16コンペティションプロトギア37-400では、3度目の石川オープン名人戦を制覇し、ジャパントップキャスターズトーナメントの第4種目で初優勝しました。

45-390を使い、2回目の第5種目制覇、さらに第6種目の優勝に繋げることができました。

この時に「短いロッドの時代が来た」と思いました。同時にダイワのキャスティングロッドの目指すところも、この頃から初速で投げるのがテーマになっていきました。

 

2020年サンダウナーコンペティションプロトギア登場

さらに4年後の今年2020年、さらに素晴らしいロッドが生まれました。

皆さんもうご存知の20サンダウナーコンペティションプロトギアです。

 

もう最初から言いますよ(笑)。

選択に迷うことのない、欠ける事のない、間違いなく最先端のロッドです。

自分も開発に携わってきて、テスター生命をかけてオススメします。(笑)

(商品の詳細情報、拡大写真等はこの写真をクリック。)

 

名前は前作と同じくプロトギアですが、中身は全くの別物なのです。

サンダウナーシリーズはパワーが必要なキャスティング専用ロッドであるため、どうしても竿の太さが課題でした。細くなれば初速が上がり、速く振れます。細くするにはカーボンを肉厚にすることが一つの方法です。ですが一筋縄ではいきません。外径を細くするとパワーと強度とのバランスをとるのが難しく、素材を肉厚にすれば暴れん坊のロッドになってしまいます。

度重なるテストを長い期間をかけて行い。細さ、パワー、バランス、デザインそれらすべてを揃える事ができている竿、それが20サンダウナーコンペティションプロトギアです。

また新テクノロジーであるV-JOINT αが初めて搭載された投げロッドです。V-JOINT αが入る事により、より美しく曲がり、パワーも落ちません。

これまでにない細さを実現、間違いなく歴代サンダウナーシリーズでは実現できなかった細さに仕上がっています。

テストでもっとも手を焼いたのはバランスでした。どんなにいい竿だとしても、バランスが悪ければ全てが台無しになり、数え切れない程の組み合わせをサンダウナー開発チームの皆さんとテストし、何度も作り直しを行い、バランスを整えてきました。

(テストの様子を収めたビデオはこちらYouTubeサンダウナーCP PROTOGEARをクリック)

 

サンダウナーコンペティションプロトギアはキャスティング専用ロッドであるにも関わらず、投げ釣りトーナメンターからも好人気を集めています。

設計的に元竿を長くするとロッド自体が固くなり、どうしても曲がるタイミングが難しくなります。2番と3番の長さの組み合わせを試し、絶妙な曲がりのタイミングを目指してテストを行いました。

もうすでにこの竿を使っているキャスターの皆さんから好評の声が聞こえ始めています。開発に関わった者として本当に嬉しいです。

 

サンダウナーコンペティションプロトギアについてのよくある質問

サンダウナーを買おうかなとお考えの方から、質問やご意見を数多くいただきます。今こう言った疑問を持っている方のために、お答えしている内容を書きます。

 

  • サンダウナーコンペティションプロトギアは2016年のモデルと名前も号数も一緒ですが、何が違いますか?

全くの別ロッドと考えて頂ければ結構です。20サンダウナーコンペティションプロトギアは細くなり、バランスがよくて、新しくV-JOINT αが搭載されています。新しく47号という豪竿も生まれ、是非皆さんにご使用いただきたいロッドに仕上がっています。

 

  • 前作と比べて号数の選択はどうですか?

前作は元節が長く2番1番が短いため、弾きの強いロッドでした。スポット狭めですが、いい意味で強いロッドでした。

20サンダウナーコンペティションプロトギアは基本的に細くて強いロッドですが、柔らかい番手でも飛距離に自信を持っていただけるロッドです。アドバイスとしては前作でお使いの号数よりも、一段下げたものを選び、曲げて飛ばすイメージでお使いいただければと思います。

逆に体力とスキルに自信のある方には上の号数がおすすめです。しっかりと応えてくれます。

 

  • サンダウナーコンペティションプロトギアはキャスティングロッドですが、なぜ釣りに人気ありますか?

実はこの質問に答えていくと、サンダウナーコンペティションプロトギアに隠された良さが見えてきます。

他の釣りジャンルでは、竿は柔らかい方が魚の乗りがいいと言われることがありますが、キスに関しては硬い方が楽に釣れます。

硬い方が、手感度が良くなります。この竿を使った方は皆さん感度がいいとよく言っているのは竿自体が硬いためです。

引き釣りの時も硬い竿だと、キスが自動的に乗ってくれる傾向にあります。柔らかい竿で引き釣りをする際はシンカーと糸のバランスを理解してうまくセッティングしないとアタリがあっても乗ってくる数が違ってきます。

されに、これに加えて飛距離が出るため、人気があるというわけです。

 

  • サンダウナーシリーズはどう投げれば竿のポテンシャルを最大限引き出せますか?

投げ方には正解はありませんが、サンダウナーシリーズで少しでも飛距離をUPしたい方にチャレンジして欲しいのは、まず速く振ってみることです。周囲の安全を確認して、抜ける事を気にせずにまずは速く振ることを心掛けてみてください。

そして、垂らしを長くとってみることです。長いほうが遠心力がつきやすく竿の能力を活かしやすくなります。

最後に、構えたら一気に振ることを意識して欲しいです。

是非チャレンジしてみてくださいね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31