まずは皆様、ジャパンフィッシングショー2017、またダイワブースにご来場いただき、

誠にありがとうございました。

チームプレッソも高田テスター、三浦スタッフを始め、

開発担当N、イナキン、そして事務局melとフル参戦で、皆様をお迎えいたしました。

 

 

 

さて、そんなダイワブースの中でもトラウトタックルで一番の話題といえば、

やはりハイバリューのスピニングリール新シリーズ、セオリーでしょう。


ご来場頂いた皆様なら、持って、回して、その『真価を体感』頂いたのではないでしょうか。

 

このセオリーの「すごさ」をもう一度おさらいさせて頂くと、

まずはなんといっても、その軽さ。サイズによっては、弊社フラッグシップEXISTよりも軽量なモデルも。

新型ZAION製コンパクトボディ、

アルミ製ながら、徹底的に加工を入れて軽量化されたスプール等、

ひとつひとつを積み上げて得られた自重は、例えば、2004なら、175g

ルビアスの(2004ではなく)1003と同じ重量なわけです。

 

また軽いのは、自重だけではありません。回転も軽い

EXISTと同じ(同じパーツということです)ZAION製エアローター

(3500以上はDS5ローター)搭載により得られる軽く、レスポンスのよい回転は、

まさに(そのまんま)EXIST級、といってもいいでしょうね。

 

 

このEXIST、実は、ちょうどフィッシングショー直前に先行量産品が到着。

こちらの方と最終テストも行ってきました。

takada170117-002.jpg

 

場所は高田テスターのホーム。数時間の最終確認でしたが、非常にいい結果を得られました。

魚も、ワブルでよく釣れましたしね。

 

tfeory170117-01.jpg

 

さて、このセオリー。エリア用途を考えると、やはり一番のお奨めは、2004

巻取り量が64cmと、所謂60cm~65cmまでの『エリアリトリーブスピード黄金レンジ』にぴったりはまるところです。

また、ボトムバイブやフローティング釣法には、ラインスラックを即座に回収できる2004Hがベター。

こちらは2004より5mm長い、45mmのマシンカットハンドルを採用していますので、

急速なスラック回収もラクですよ。

勿論、75cmの巻取りスピードは、渓流にもベストマッチですね。

 

ちょっと細かいところを話させていただくと、Iシェイプのノブは従来のI型コルクノブではなく、

昨年ベイトリールSTEEZで初採用された、ハイグリップI型ライトノブを採用。

スピニングの適合性は、三浦スタッフの長期テストで確認すみ。

薄く、軽くつまめて、滑りにくい、エリア対応ノブです。

尚、このノブは単体でも、

弊社製品のカスタマイズを担当する、SLPWORKSより発売予定

 

ちなみに、カラーも、そこそこ目立ちながら、どんなロッドにも違和感なくマッチすると思うのですが、

どうでしょうか。

PRESSO-LTDと合わせるとこんな感じです。

tfeory170117-02.jpg

 

さて、そんな感じで、関東圏のお客様には、ご体感ただきましたセオリー。

今度は、関西方面の皆様にもお披露目です。

2月4~5日に開催されますフィッシングショー大阪2017、ダイワブースにおいても、このセオリー、

展示させて頂きます。

 

関西のエリア、ネイティブトラウトアングラーの皆様、ダイワブースにてお待ちしております!!

 

 

P/P事務局:mel   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、今週末より、神奈川県パシフィコ横浜で、

ジャパンフィッシングショー2017が開催されます。

_20170119_173529.JPG

 

もちろんDAIWAも出展。

初お披露目となります、軽量ハイバリューの新スピニング「セオリー」をはじめ、

ロッド、リール、ルアー等の小物に至るまで、

魅力的な新製品を取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

IMGP7143.JPG

また、フィッシングショーの楽しみといえば、

有名プロアングラーと直接話ができることもそのひとつ。

トラウトでは、金土日と、フィールドテスター高田達也が、トラウトロッドコーナーに、

土日はフィールドスタッフ三浦敬児が、トラウトルアーコーナーにそれぞれ常駐予定です。

IMGP7153.JPG

DSC_0283.JPG

本人たちが開発したタックルたちのディープな裏話や、

テクニックについて直接話を聞けるチャンスです。ぜひどんどん声をかけてみてください。

 

ジャパンフィッシングショー、一般入場は20日(金)は14時から18時まで。

21日(土)、22日(日)は9時から17時まで。

新製品をじっくりチェックし、有名プロアングラーとも交流できるまたとない機会です。

お時間のある方はぜひ、お越しください。

 

それでは、パシフィコ横浜でお会いしましょう!

 

 

p/p事務局:mel

 

 

 

 

 

 

 

先週末開催されました、釣りビジョンさん主催のトラキントライアル開成戦に、ブース出展してきました。

kaisei170115-02.jpg

今シーズン最大級の寒波が襲来した週末、どちらかといえば温暖な開成さんも寒々とした天候。

前日ブースを設営していたら、雪がちらついてきたのには、びっくり。

 

実際、当日の朝は氷も張る寒さ。

kaisei170115-01.jpg

まあ、陽が上がると、それも多少和らいだりしましたが、

でも午後から吹いてくる風は、刺すように冷たく、まさに真冬でしたね。

 

 

PRESSOからは高田達也がエントリー。

少し厳しい状況下で、ヴェガを中心にゲームを組み立てていました。

takada170115-001.jpg

 

一方、出展させていただいたブースでは、4月発売の新製品、『PRESSOルアーキャッチャーセット』

見本市に先駆けて展示。

lurecatcherset170116-01.jpg

やはりトラキンに出場されるようなトーナメンターの方だと、自作で回収機をつくられている方も多いですね。

そんな方たちが、実際作って使ってみた結果得られたノウハウと、

今回の製品の特長を「答え合わせ」させていただき、ほぼ間違っていないことに改めて安心。

また、『買います』と言ってくださった方も多く、

多くのお褒めのお言葉をいただきました(ありがとうございます!)。

 

 

更には、実はこんなものもひっそりと展示を。

tfeory170116-01.jpg

2004で175g、ZAIONローター搭載。自重と回転、ふたつの軽さを手に入れたNEWスピニング、セオリー

その軽さや、ルビアスに匹敵するバリューに感嘆する方が多かったですね。

エリア用として、複数台そろえるような方なら、

価格に対する性能という点で、最適の選択のひとつになると思います。

2月発売です。

 

 

 

 

さて、今回の開成戦で、トラキントライアルも終了。

第二戦より、DAIWAブースを出させていただきましたが、

出展にご協力いただきました、釣りビジョンスタッフの皆様、

また、鬼怒川FA様、東山湖FA様、開成水辺FS様、各管理釣り場の皆様、誠にありがとうございました。

 

 

まだ残るいくつかの地方予選を経て、舞台は、エキスパート戦に移るわけですが、

PRESSOでは、三浦敬児が、地方予選経由で、エキスパートに復帰しております。

miura161120-004.jpg

ちなみに三浦敬児は、今年から、PRESSOスタッフから昇格し、

DAIWAトラウト部門のフィールドスタッフとして、活動することになりました。

 

 

今後のトラキンの勝負の行方にも目が離せませんが、

それと同時に、ご注目頂きたいのが、今週末1/20(金)よりパシフィコ横浜にて開催されます、

『ジャパンフィッシングショー2017』

 

今回ブース展示を行った、超軽量ハイバリュースピニング『セオリー』や、

『PRESSOルアーキャッチャーセット』も展示。

他にも、強力な新製品が目白押しです。

 

是非、お時間がありましたら、今週末はみなとみらいまでお越しください!!

 

 

 

P/P事務局:mel  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31