ダイワのアフターサービスを担う「スポーツライフプラネッツ」(以後SLP)。

 

このSLPから「SLP WORKS」として、数多くのパーツが発売されているのをご存知でしょうか?

ハンドルノブスプールベアリングスタードラグ

更にはリールメンテナンス用のドライバーと、

リールをカスタマイズするためのアイテムが揃っています。

プロダクトの一覧はこちら

 

今回は、好評を頂いております「セオリー」をベースにリールをカスタマイズするべく、SLPへ行ってきました!

 

SLPで事務局を迎えてくれたのは、SLP WORKSチーム「たじやん」こと田島直樹さんです。

 

IMG_9789.JPG

SLP WORKSラッピングのかっこいい車でお出迎えhappy02

 

田島さんは、リールカスタムの事なら俺に聞けsign01カスタマイズのスペシャリストです。

 

今回カスタマイズする「セオリー」は非常にコストパフォーマンスに優れた

フラッグシップモデルに肉薄するリールです。

しかし、フラッグシップモデルと比べると、ベアリングが少ないのも事実。

 

そこで今回は、ベアリングチューンを行ってきました。

 

セオリーに入れられるのはこのアイテム。

 

IMG_9712.JPG

 

BBハンドルノブキットS

BBラインローラーキットMⅡ

BBスプールドラグキットです。

注)・リールの番手によってキットが代わることがこざいます。

  ・今回は2004番のカスタマイズとなります。

 

まずは、BBスプールドラグキットからスタート!

 

スプールドラグキットとは、スプール内に一個

メインシャフト部に一個ベアリングを追加するキットで、

装着することで、ドラグの滑り出しがよくなるアイテムですup

 

ドラグ多用するエリアの釣りでは必須アイテムですねnote

 

では、まずスプールを外します。

そして、ドラグノブを外すと、5角形のばねが入っています。

これはドラグリングと言うパーツで、ドラグのパーツが外れないように押さえています。

 

IMG_9723.JPG

写真の5角形の針金のようなものがドラグリングです。

中央にこれから交換するドラグカラーが顔をのぞかせていますね。

 

このドラグリングを外しますが、外す際に飛んでしまいがちなこのパーツ。

飛ばさないようにするため、5角形の角の一箇所を指で押さえながらピンセットで外します。

すると、金色のパーツ「ドラグラチェット」を外すことができ、更にドラグワッシャーを外します。

 

セオリーなどのATD搭載リールのドラグワッシャーは、他のグリスが付かない様に注意が必要とのこと。

あの滑らかなドラグ性能を維持するために守るべきポイントですね。

 

そして、最後に交換するドラグカラーを取り外します。

そのドラグカラーがこちら。

 

IMG_9726.JPG

真ん中の白いパーツです。

 

このカラーをベアリングに交換します。

交換キットに入っているベアリングを組み込みますが、

組み込む前にワンポイントflair

ベアリングにグリスを塗布します。

 

IMG_9728.JPG

使用するのは、多用途に使用できる優れもの「メンテナンスグリス104」です。

ここはオイルじゃないの?

との声が聞こえてきそうですが、

ベイトリールのスプール周りなどの高回転部分やオイルベアリング等以外は、グリスの塗布が基本なのです。

オイルよりも粘性の高いグリスでないと、簡単に流れ落ちてしまい、性能が維持できなくなるんですね。

 

しっかりとグリスを塗布したら、カラーが入っていた部分に組み込み、順番にドラグを組みなおしていきます。

ドラグリングを組む際は、へこみ部分にドラグリングの角が来ないようにするのがコツ。

角に来ると外れの原因になりますからね。

 

さぁ、スプールのベアリングが交換できたので、次はメインシャフトです。

メインシャフトのカラーがこちら。

IMG_9733.JPG

この白いパーツがカラーです。(スプールメタルリングは外し中の写真になります)

 

これを先ほどと同じベアリングに交換します。

順番に外していくのですが、スプールメタルリングを外すのに苦戦wobbly

指ではなかなか外れませんので、ピンセットは必須アイテムです。

メインシャフトの溝からスプールメタルリングを外し、シャフトから抜き取ります。

最後飛ばさないように気をつけてくださいね。

あとは白いカラーを外せば取り付けの準備完了です。

 

ベアリングを装着していきますが、その前に先ほどと同じくグリスアップ

ベアリング、スプールメタルリングと順番に取り付けて完成

IMG_9740.JPG

スプールメタルリングは小さなパーツなので慎重にsweat01

 

スプールを装着して、ドラグを回してみると、、、変わった気がする!?

室内ではなかなか感じることができませんが、

実釣で、負荷が掛かりドラグが出たときには違いを感じれるので、

フィールドで使うのが楽しみです。

これで、バラしてしまっていた魚が取れるようになる、かも!?

 

あとラインローラーハンドルノブがありますが、、、、

長くなりましたので次回以降のお楽しみでcoldsweats01

 

SLP WORKSパーツ、要チェックですよ!

あなたのリールが更に使いやすくなること間違い無しですup

 

事務局:INA

 

今年もシーズンインした,標高1269mの湖

その魚と景色の美しさから、事務局も毎年訪れるのを楽しみにしておりますが、

今回は事務局INAと共に、例年よりやや早めの初釣行となりました。

chuzenjiko_170412-001.jpg

 

解禁時にあった雪もほぼ溶けていたという、この湖ですが、釣行前日、また5cmほどの積雪があったとのことsnow

初夏には緑に包まれる湖畔も、まだ少し寒々とした雰囲気ではあります。

 

chuzenjiko_170412-004.jpg

ただ、釣行日はずいぶんと暖かく、いつも通り、湖畔を巡りながら一日釣りを愉しむことができました。

 

 

 

さて、今回は新戦力のロッドをトライしてみました。小林モニターの先日の記事でも紹介されておりました、

WISE STREAMのNEWモデル、710ML-386MH-3

170412_wisestream_chuzenji_002.jpg

こちらの湖で言えば、710ML-3は、ミノーイング盛期のセミパターンに最適。

86MH-3は、スプーンや、ジグ等でディープのボトムに潜む魚を狙うための独特のテーパーデザインで、

ある意味、こちらの専用モデルといってもいいかも。

3ピースであることをうまく活用し、トップベリーバットそれぞれに意味を持たせたアクション設定により、

マルチピースとは思えない、爽快な操作感と、ポータビリティを両立させました。

 

この湖での釣りについては、雑誌や動画等でも、よく紹介され、興味、憧れを持たれている方も多いと思います。

そして、その独特のスプーニングに対応した専用ロッドは、

今迄も、エキスパートの方々の手による、素晴らしいモデルが何種も出ておりますが、

我々が意識したのは、是非ここに来てみたい、でも何度も行くわけではない行けない!)アングラーの皆様。

せっかくの憧れの地での釣りだから、いい加減なものは使いたくない

でも、毎年1回行けるかどうかわからない釣行、余りコストを掛けることも。。。

170412WS86MH-01.jpg

といった方に対して、エントリーモデルに近い価格帯で、

自信とプライドを持って、お使い頂ける性能外観を実現したつもりです。

行ってみたい! でもちょっと色々準備が面倒で大変だろうし、お金もかかるし・・・という敷居を、

WISE STREAMが少しだけでも、下げることができたら嬉しいです。

 

 

 

 

さて、釣行の方、雨(雪)の翌日の西風が吹く中、山側に入ってみましたが、

開始早々から、事務局INAにファーストヒット

 

 

多分、開始後10投していなかったのではないかな。

FB_IMG_1492042644863.jpg

キャッチしたのは、体高のある、筋肉質のカッコいい雄のブラウン

 

 

事務局の710ML-3にもヒット。

意外、というかこちらに来たのは50cmほどのニジマス。岸手前のカケアガリで食らいついてきました。

鰭もほぼ綺麗になった、なかなかのファイターでした。

170412WS86MH-02.jpg

 

 

陽が昇り、更に山側を移動してラン&ガン

chuzenjiko_170412-007.jpg

 

 

既に陽も上がり、一般的に良い、と言われる時間帯は過ぎていました。

まあ、ラン&ガンといえば、釣りっぽいですが、

こうやって湖や山々を眺めながら歩くこと自体、なかなか楽しい。

ダイエットにもなりそうですし。

 

 

あ、鹿(わかりますか?)。

chuzenjiko_170412-008.jpg

 

 

 

11時頃になって、運よく事務局の86MH-3に、レイクがヒット。

ボトムでずっとアクションさせながら引いてきて、引き上げた瞬間に食ってきました。

170412laketrout50_004.jpg

メーターオーバーも潜むというこの湖、釣れたのは50cmほどの大きさでしたが、

それでも、日本では、ここでしか釣れない魚です。

大きさに関係なく、独特の面構えや模様を、今年も見ることができたな、と、嬉しくなります。

 

 

そして、今日は我々、ついていたのでしょうね、ほどなく、INAにもレイクがヒット。

一定のリズムで巻き上げたスプーンをスライドフォールさせていたときにガツン!という

まさに教科書的な、彼にとって会心のバイトだったようです。

 

興奮しながらも、ちゃんと、魚に(できるだけ)負担を掛けない場所を探して、手早く写真撮影。

170412inagaki_chuzenji_001.jpg

勿論、場所によっては難しいところもありますが、こういう心がけ、大切ですね。

 

 

その後は、残念ながら風が更に強まり、やや早めの納竿とはなりましたが、

それでも今回の釣行は、大満足なものになりました。

また可能なら、緑の季節にでも、訪問してみたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

というところで、お知らせをひとつ。

 

私 P/P事務局mel は、今回の投稿をもちまして、ブログ『PRESSO PRESS』から卒業することとなりました。

開設から4年、細々ながらも、本ブログを続けることができましたのは、

ひとえにご愛読頂いていたトラウトアングラーの皆様のお蔭です。誠にありがとうございました。

後任は、既にこちらではおなじみの、『エリア鱒たーINAKING』 a.k.a. 事務局INA が努めます。

引き続き変わらぬご愛顧のほど、お願い申し上げます。

 

 

それでは皆様、どうぞお元気で。

いつか、どこかのフィールドで、またお会いしましょう。

 

 

 

P/P事務局:mel  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の満開の便りが届き始める今日この頃、、、
皆様、釣場へ足しげく通われていることと思います。
 
また、4月1日は中禅寺湖の解禁日であり、
この日が楽しみで仕事が手に付かない、、、
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?(笑)
 
ダイワ ネイティブトラウトスタッフ小林モニターもその一人で、
解禁日の中禅寺湖釣行のレポートが届きました。
どんなタックルで、どのような釣りを行ってきたのか、、、
 
では、小林モニター、どうぞっ!
 
皆様、こんにちは!
ダイワネイティブトラウトモニターの小林です。
4月1日、解禁日を迎えた栃木県日光市の中禅寺湖に行って来ました。
 
狙うは中禅寺湖のワイルドトラウト
 
解禁日当日の朝、4月とはいえそこは中禅寺湖、気温は氷点下。
気温計はマイナス5℃を表示し、辺りは雪景色となりました。
 
IMG_9471.JPG
 
 
道中も積雪があり、この日の天候は雪、さらには一日中氷点下の予報でしたが、
中禅寺湖トラウトの魅力にとりつかれた熱きファンの方々は多く、
朝4時には入る場所がないほど湖を囲み、
釣り開始(解禁時間)の午前5時を今か今かと待っていました。
 
 
IMG_9474.JPG
 
私が今回使用したロッドは今年発売の
 
特徴は
 
スライドスプーン等のスプーンフォール時のフラッタリング感度
 またボトム着底を瞬時に感じ取れる感度
 
②ボトムでかかるモンスタートラウトにも主導権を与えず
 リフトアップする強靭なリフトパワー
 
軽量で一日中使用しても疲れず、メタルジグ等まで幅広いルアーに対応できる
 
と、私がこの中禅寺湖の釣りに求めることを満たしたロッドとなっています。
 
午前5時、解禁を知らせる花火が打ちあがり、同時にキャスト音が湖面に響き渡ります。
 
IMG_9475.JPG
 
え?ソルト用のルアーじゃないの?
と思われるかもしれませんが、
安定したスイミング水平フォールこの日の、
「ボトム付近にアタリが集中するのでは?」
との予想にマッチすることから、スプーンでなくこのサムライジグを選択。
 
釣り開始10分、辺りが薄暗く、着水点やライン位置が目でとらえにくい目感度が働かない状況でも、
ワイズストリーム86MH-3ボトム着底を瞬時にとらえ確実に伝達してくれます。
 
5回ほどシャクリ、フォールをいれた次の瞬間
硬質なバイトが出ました。
 
2017年、中禅寺湖初トラウトはブラウントラウト
 
IMG_9476.JPG
 
イメージ通りの釣りができたことが何よりも嬉しく、満足の1尾となりました。
 
当日は予報通りの気温で、、、、
 
IMG_9470.JPG
 
ラインローラーも凍り、、、
 
 
IMG_9473.JPG
 
ネットも凍ってしまうのでした。。。。
 
 
その後、同行者がレイクトラウトを釣り上げたところでストップフィッシングとなりました。
 
IMG_9477.JPG
 
周りは雪景色で寒々しいですが、熱く楽しいターゲットが待つ中禅寺湖
皆さんも、トラウトの釣りを堪能してください。
 
ロッドをお考えの方は
ワイズストリーム86MHー3オススメです。
ぜひ一度お手に取ってみてください!
 
是非、私が出演しているワイズストリーム動画もチェックしてみてくださいネ!
 
 
小林モニター、ありがとうございました!
事務局も、レポートと写真に刺激を受けて、中禅寺湖釣行を計画中。
小林モニターのようにステキな魚と出会えることを祈りながら、、、、。
 
皆様、釣行される際は、現地の道路状況の確認と、
防寒対策はバッチリ行いましょう。
 
事務局:INA
 
追記:小林モニター出演のワイズストリーム動画、要チェックですよー!
 
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30