PRESSO PRESS ご愛読の皆様

 

今回のPRESSO PRESSは弊社フィールドテスターである新家 邦紹テスターがコロンビアへ釣行

された時の話をアップさせていただきます。

 

トラウトとは違う世界ではありますが、WISE STREAMを使用されております!

 

それではご覧ください!

--------------------------------------

WISE STREAM 56TLを使ってきました。

 

…といっても、相手はネイティヴトラウトではなく、南米コロンビアの魚たち。

旅程としてはまずはワシントン経由で首都ボゴタに入り、そこからベネズエラとの国境の町に国内線でフライト。

そして境となっているオリノコ川に流れ込んでいるB川流域に滞在。

そこで釣りや自然観察を楽しんだあと一旦首都に戻り、車で山岳地帯を越えて別の町に移動。

そこからセスナで中南部の山脈を越えて、G川畔の小さな町へ。そこでも釣りや自然観察を楽しむ

という内容でした。移動に時間がかかるし、各拠点で1泊したりするため、全2週間の旅程でも釣りは

7日半ぐらいでした。

 

56TLの出番は旅行後半のG川。

B川でも少し使用したのですが、ターゲットとなる小型魚があまりおらず、10~15cm程度の

種類不明のカラシンが数度アタってきたのと、なぜか5gスピナーに50cm級のパヴォン(ピーコックバス)

が食ってきて、細軸シングルフックが開いてバレるというアクシデント(?)があっただけ。

 

そのG川、とある瀬脇で25cmほどの小型魚の群泳があり、ためしにスピナーを投げてみましたが無反応。

その直後にパヤラ(ペイシェ・カショーハ)によるボイルが起き群れは四散。捕食者にツケ狙われてる状態では

無理ですね。で、少し場所を変えて大型魚が入りづらい浅場にいる小型魚に向かって投げてみました。

するとリトリーブ開始と同時にアタリ連発。一瞬乗ってもすぐにバレる。

少しドラグテンションを上げてしっかりフックセットすると、白銀に光る魚がジャンプ。

寄せてみてびっくり。なんとシルバー・ドラードでした。

silverdourado_bretton_t_low.jpgのサムネール画像

<スピナーにかんしては、細軸シングルフックはすぐに伸ばされるし、ノリが悪かったので、

トレブルフックに交換。永遠の定番「ブレットン金赤」でシルバー・ドラード。>

 

周辺の水系でその存在を耳にしたことはありますが、まさかこの川にもいるとは…。

ルアーはなんでもよいらしく、ミノーでもスピナーでもスプーンでも、自作のトップウォータープラグでも釣れました。

silverdourado_popper_t_low.jpg

<活性の高い群れは我先にルアーを襲ってきます。そうなると断然トップがおもしろい。

ランディングしても暴れ続け、なかなか写真を撮らせてくれません。>

 

サイズは25~32cmぐらいですが、この種のカラシンはパワフル。走る・跳ぶの繰り返しで、

小気味よいファイトを展開してくれます。56TLはティップセクションこそライトですが、

テレスコピックという構造のせいか、ベリー~バットは「これがネイティヴトラウトロッドの

ライトアクション設定?」というほど張りと力があり、トラウト族よりパワフルなカラシン相手でも、

なんの問題もありませんでした。また、使用ルアーも設定より少し重いものでも問題ありませんでした。

silverdourado_t_low.jpg

<小さくても精悍な表情をしています。口唇部も硬め。>

 

その後水面から数mも岩盤がそそり立ったポイントに移動。ここの岩の隙間にも小型魚の影が見えたので

さっそくキャスト。するとシルバー・ドラードとは異なるカラシンが釣れました。シルバー・ドラードほど

跳びませんが、泳力はかなりのもの。モトリスタ(操船者)に尋ねると「それはサワレタ(Sabaleta)だ」

という答えが返ってきました。

sabaleta_zentai_t_low.jpg

<サワレタはシルバー・ドラードよりひとまわり大きめの個体が多かったです。

ルアーを外すとすぐに飛び跳ねて川に帰ってしまうので、フックを外す前に撮影しました。>

 

sabaleta_56tl_t.jpg

<目が大きくシルバー・ドラードより優しい顔立ち。パヤラの襲撃を受けていたのは、

この種とボカチコ(bocachico)でした。>


 

こちらは平均的に30~35cm。このサワレタを数本釣ったところで正午になり、

河畔の日陰でモトリスタの奥さんが作ってくれた弁当をひろげランチタイム。本命のパヤラ、

うれしい外道のピンタイージョ(タイガーシャベルノーズ)、初対面のアマリージョ

(大型ナマズ。釣れたのは小型ですが…)に加え、これら2種のうれしい小物釣りもできました。

 

ジャンルを限定してタックルを選定しがちな昨今ですが、ジャンル違いのモノの中にも適応性を秘めたモノは

意外なほどあります。今回使わせてもらったWISE STREAM56TLなんかもそのいい例で、ネイティヴトラウト以外

にもけっこう様々な釣りに対応性をもっていると思います。自分の釣りにあわせて、自由な発想で道具を選ぶ

のも楽しいとと思いますよ。個人的には今後とも海外旅行時の小物遊び用ロッドとして、携行するつもりです。

tackles_low.jpg

<56TLはコンパクトに仕舞えるので、移動中や不使用時にまったく邪魔になりません。>

 

実は…というか、当然のことながら、今回の海外旅行はこれらの小物釣りがメインではなく、

B川ではパヴォンやブルーフィンアロワナ、G川ではパヤラがメインターゲットでした。

pavon_grande_tate_low.jpg

<B川でのメインターゲットはパヴォン(ピーコックバス)。この水域には4種類のパヴォンが

生息していますが、最も大きくなるのはこのテメンシス。テメンシス以外はテメンシス・パカ、ロイヤル、

マリポザの3種。>

 

arowana_bluefin_low.jpg

<B川のアロワナはヒレがライトブルーに光ります。砂州の表層を集団遊泳しているのを探してサイトフィッシング。>

 

payara_10kgover_2_low.jpg

<「20lb(9kg)のパヤラが生息する川がある。やってみないか?」。それが現地ガイドからの誘い文句でした。

ところが10kgを超える個体も複数釣れました。うち2本(新家と同行者各1)は10kgのスケールが底突きしたため

正確な計測はできませんでした>

 

それら本命たちも予想以上にたっぷり遊んでくれたので、首都で発生したいくつかの行き違いやトラブルは

気分的に帳消しになりました。

 

新家 邦紹

--------------------------------------

以上が新家 邦紹テスターよりいただいた釣行紀となります。

携帯が便利なWISE STREAMの振り出しモデルでの釣りとなりましたが、

「持ち運びのしやすいルアーロッド」といった位置づけにしていただいております。

 

トラウトロッドとして開発は行いましたがこういった使い方をしていただけると非常に

ありがたいです。

 

最後にコロンビアの釣行以外の素敵な写真もいただいておりますのでご紹介して終わりたいと思います。

rio_gua_landscape_low.jpg

<遠くに素晴らしい川相が見えますが、ここより先は国立公園なので釣りは不可。

切り立った岩場による複雑な流れの中に、パヤラや大型のナマズ類が生息しています。>

 

 

dolphin_t_low.jpg

<B川ではアマゾンカワイルカを何度も見かけました。ボートから10m程度の距離まで近づいてきます。>

 

0223_hoatzin_t_low.jpg

<ツメバケイ(hoatzin)。ヒナの翼にはツメがあり始祖鳥を思わせます。生態も独特なのでいろいろ興味深い鳥です。

ちなみに乾燥牛糞のようなニオイもします。アマゾン川オリノコ川流域の熱帯林に生息。>

 

jaguar_low.jpg

<今回の旅行で起きた奇跡がこれ。ただの旅行者である自分が、B川流域ではカメラトラップにもかからず、

足跡しか確認されてなかったジャガーの撮影に成功。しかも立派な成獣。ボゴタの動物調査保護団体から

写真提供を依頼されました。ちなみに野生のジャガーに遭遇したのは、エクアドルとペルーの国境付近以来

2度目です。>

事務局:UKE

PRESSO  PRESSご愛読の皆様

 

今回のPRESSO PRESSは前回の「SILVER CREEK STREAM TWITCHER」

開発ストーリーの紹介です。

 

内容は難しいですが企画者の意図が伝わればと思いますので是非ご覧ください。

4960652208574-3.jpg

4960652208574-4.jpg

------------------------------------------------

■前回のまとめ

前回の記事で述べた通り、渓流トラウトロッドの「投げる(キャスト)」

という動作に於いて、

 

・リリースポイントが掴みやすい

 → 的確なタイミングでのリリース、フェザリングが可能になりアキュラシーが向上

 

・収束(ロッドの戻り)が速い

 → 軌道の安定、糸ふけの抑止により失速を防ぎアキュラシーが向上

 

この2点が重要であると考えられます。

 

しかし、この2つは互いに矛盾している関係でもあります。

 

 

 

リリースポイントが広い=戻りが遅い=収束が遅い

収束が速い=戻りが速い=リリースポイントが狭い

 

 

といった具合です。

 

 

■ネジレ

ガイドの重みや糸に引っ張られる等、様々な要因によりロッドはねじれています。

 

更にトラウトロッドは細いものが多く、ネジレが発生しやすいと云えます

(ねじり剛性は径の4乗に比例する為)。

 

 

曲げ方向に竿が変形し、反発で戻る中で、同時にネジレも発生し、その反発で逆方向にねじれる・・・

 

という繰り返しによって、ロッドには常に三次元的な力が作用しているということになります。

 

このネジレにより、ガイドがラインを叩いてしまい弾道がブレる、ライン放出がスムーズに行えず失速する、

 

糸ふけが余分に出てしまいアキュラシーを損なう・・・などの弊害が出てきます。

 

ということは、ネジレを追放することで、ロッドが素直に曲がって素直に戻り、

 

リリースポイントは狭めずにロッドの収束を上げられると仮定できます。

 

 

また、曲げ方向の収束(=戻りの速さ、リリースポイントの広さ)に関して言えば、

 

メインで使用しているカーボンマテリアルの弾性率により調整可能です。

 

つまり、戻りを遅くした上でネジレを追放すれば・・・「矛盾」を上手く解決できるのではないか?

 

この考えのもと、試作を行っていきました。

 

 

■53ULプロトタイプ第一号

シルバークリーク ストリームトゥイッチャーは、

 

渓流のスタンダードレングスである53ULから開発がスタートしました。

 

 

そして、上記の「ネジレ」に関する仮説のもと、

 

低・中弾性カーボンをメインとし、リリースポイントは確保しつつ、ネジレを徹底的に排除した

 

53ULプロトタイプを制作し、開発メンバーの一人である小林将大フィールドスタッフとともに、

 

フィールドテストへと赴きました。

 

 

しかし、結果は失敗でした。

 

 

なぜダメなのか?ということをフィールドに於いてアングラーの

キャスト動作・ロッドの動きを観察し、考察することで、

 

我々は新たな仮説に辿り着くことが出来ました・・・次回に続きます。

 

------------------------------------------------

非常に難しい内容となっておりますがいかがでしたか?

 

「ネジレ」を意識することはなかなかないとは思いますが、

 

こういった事を考えながら設計は行われております。

 

 

私も解禁後「SILVER CREEK STREAM TWITCHER」を使用して来ましたが

 

キャストが上手になったんじゃないかと勘違いするほどスムーズなキャストが

 

可能でした。

IMG_E2687.JPG

 

次回も引き続き「SILVER CREEK STREAM TWITCHER」開発ストーリーとなります。

 

気になる続きを是非お待ちください。

 

事務局:UKE

PRESSO PRESS ご愛読の皆様。

 

本日はネイティブ用ロッドの「Silver Creek Stream Twitcher」の紹介です。

4960652208574-3.jpg

4960652208574-4.jpg

 

今回はロッドの開発者より製品開発を行った際のストーリーが届いております。

 

長文になってしまいますので、何回かに分けて配信させていただきたいと

 

考えております。

 

それではご覧ください!

 

-------------------------------------

 

■渓流トラウトにおける「投げる」という動作

 

渓流トラウトにおけるロッドの基本動作は、大きく分けて

 

「投げる」

 

「ルアーを動かす」

 

「魚を掛ける」

 

「取り込む」     の4つの動作であると考えられます。

 

その中でも、覆いかぶさった障害物を躱しながらルアーをキャストしたり、

 

小さなポイントを確実に射抜かなければならない事が多い渓流トラウトに於いて

 

「投げる」というのは非常に重要な要素です。

 

また、そういったテクニカルなキャストが決まり、それによって釣果を得られた時の

 

喜びはひとしおです。

 

その日の釣りをより楽しく、より思い出深い物にする為にも、「投げる」という動作は

 

非常に大切な役割を担っております。

 

Silver Creek Stream Twitcerには

 

38UL48L53L56UL63L73ML51UL-4の計7アイテムがありますが、

 

それぞれ、使用するシチュエーションから想定したキャスト方法を快適に行うこと

 

ができる調子を作るべく、設計・テストを繰り返し行っています。

 

要するに、単なる長さ違いではなく、それぞれのコンセプトに応じた

 

異なる特徴を持っている、ということです。

 

 

■リリースポイント

 

ロッドには、キャストの際、曲がり込んでから真っ直ぐに戻るまでの間に

 

「リリースポイント」という物が存在します。

 

ベストなタイミングで指を離せば、ストレス無くルアーが飛んでいき、

 

失速も少なく、弾道も安定します。

 

しかし、厄介なことに、この「リリースポイント」と呼ばれるものは

 

確実に存在してはいるものの、非常に感覚的且つ官能的な存在です。

 

謂わば「ロッドが釣り人に語りかけてくる」ものであり、

 

我々釣り人と道具との対話が重要になります。

 

我々が感覚としてリリースポイントを読みにいくのと同時に、

 

ロッドもまた我々に「今だよ!」「ここだよ!」とタイミングを教えてくれます。

 

そのタイミングや長さは、当然、ロッドによって様々で、

 

0.0何秒というほんの一瞬を突いて「今ッ!」と言ってくる者も居れば、

 

「今だよー」と比較的深い懐を持っている者もいます。これがリリースポイントです。

 

このリリースポイントを掴みやすくすることが、結果としてミスキャストを減らし、

 

釣り人の考えた軌道を描き、狙った場所にルアーを運んでくれるロッドになる

 

第一歩であると仮定できます。

 

 

 

■弾道と収束

 

ルアーの弾道が安定しない原因の一つとして、キャストしてルアーが飛んでいる

 

最中にロッドのしなりが収まらず、グワングワンと遊んでしまっていることが

 

挙げられます。

 

ロッドのしなりが収まらず遊んでいると、当然ラインもそれに引っ張られてしまうの為、

 

糸ふけが出過ぎてしまったり、ルアーが予期せぬ軌道を描いて思ったところに

 

落ちなかったりすることがございます。

 

したがって、ロッドの「収束」を早めることで、弾道を安定させ、

 

ルアー(ライン)をスムーズに送り出すことができる、と考えられます。

 

 

 

■矛盾

 

リリースポイント弾道と収束…上記の二つの項目を読んで、

 

「言ってることが矛盾してない?」と思われた方も多いと思います。

 

収束を早めてロッドが早く戻るようにしてしまえば、当然リリースの

 

タイミングは一瞬しか訪れません。

 

逆に、懐が深い(=曲がったロッドがなかなか元に戻らない)物にすれば、

 

いつまでも遊びが収まらず、弾道の安定とは程遠い物になってしまいます。

 

 

この矛盾をいかに解決していくか・・・次回に続きます。

--------------------------------------

 

以上が第一回目の配信となります。

 

なかなか奥が深いロッド開発の話となっております。

 

それでは次回の配信をお待ちください!!

 

事務局:UKE

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30