先日、夏まっさかりの炎天下、エリアミノーイングのカリスマと釣行してきました。

といえば、皆様もご存じでしょう。HMKLのフィールドテスターであるこの方。

060819shigeta001.jpg

重田佑馬さんです。

 

エリアの中でミノーにこだわり、大物を狙って誘って仕留めていくことにこだわる、エリアミノーイング。

難しい、でも(=だから)面白い!

大人の事情でリンクはしませんが、

WEB上に数々ある動画を見ていただくとそのドキドキ感、興奮が伝わってくるのではないでしょうか。

(興味のある方、「エリアミノーイング 重田」とかで動画検索してみるとすぐ見つかります)

 

でも、勿論、真夏はエリアトラウトにとって、一年の中でもっとも厳しい季節。

スプーニングでも結構厳しい中で、どうなのかな、などと思っていました。

 

ところが、フィッシングスタート直後、すぐに結果はでました。

 

060819shigeta004.jpg

060819shigeta003.jpgのサムネール画像

060819shigeta005.jpg

060819shigeta002.jpg

 

 

ミノーめがけて突進する魚体、爆発するかのようにはじける飛沫、ドラグを鳴らす激しいファイト。

いやー隣で見ててもビックリ&興奮です。

 

 

160819doubleclutch75ss_001.jpg

ネットに収まったのは、タイガートラウト。独特の模様がカッコイイ、ナイスファイターでした。

 

 

この日、重田さんがメインで使用したのは、

HMKL&PRESSOコラボミノー「PRESSOダブルクラッチSS tuned by HMKL」

昨年、60SSが2カラーでラインナップ。お蔭様で、非常に大きな反響をいただきました。

で、コラボ2年目の今年、既に開発担当Nがこちらで紹介している通り、新色2色に加え、

サイズバリエーションとなる、大型の75SS(75mm)が追加。

 

 

◆PRESSOダブルクラッチ75SS tuned by HMKL(プロト)

160819doubleclutch75ss_003.jpg

カラー:左からウェーブグリーン(新色)/ウェーブブラック(新色)/ウェーブピンク/ウェーブブルー 

 

事務局も、プロトモデルを使用させてもらいましたが、

素人的には、むしろ60SSより75SSの方が操作しやすそうな感じ。

ちょっとエリアルアーとしては、デカイかな、とも思ったのですが、このサイズでもレギュラーサイズが十分反応します。

(というか、事務局には大物は掛からなかったということですが。。)

 

重田さんも、よりアピールの強い75SSから使ってもらった方が、魚の活性も判断しやすいので、

躊躇せず使用してほしいとのことでした。

 

◆PRESSOダブルクラッチ75SS tuned by HMKL ウェーブブラック

160819doubleclutch75ss_002.jpg

 

 

 

ちなみに、この日お邪魔したのは、群馬県沼田市の日本イワナセンターさん。

山間にある管理釣り場で、真夏でも水温が低く、鱒たちにとって快適な環境であったことも、

この季節、こういう釣りが成立した理由ではあります。

160819iwanacenter001.jpg

ふと水面から目を上げると、広がる美しい山の緑。環境のよさも、この釣り場の魅力かもしれませんね。

 

このダブルクラッチ、10月発売予定ですが、その頃には平地の管理釣り場もいよいよシーズン突入。

大型トラウトとの出会いを求めて、エリアミノーイング、試してみてはいかがでしょう。

 

この辺のメソッドについては、改めて(開発担当Nより)紹介させていただく予定です。

お楽しみに。。

 

 

 

P/P事務局:mel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の記事では、リニューアルされたフラッグシップ「PRESSO-LTD AGS」について紹介させて頂きましたが、

この秋のロッドの目玉はもうひとつ

 

もうほとんど、エントリークラスに近い価格ながら、

エリアの釣りを網羅するラインナップと、上級機種に肉薄するスペックを搭載した、

ハイバリュー&ベーシックロッド『IPRIMI(イプリミ)』、9月発売です。

iprimi002.jpgのサムネール画像

 

 

メーカー希望本体価格で1万5千円を切る価格帯で、

 

 

①オールSiCリング仕様 ステンレスフレームKガイド

iprimiguide.jpg

②フィット感抜群のTVSリールシート

iprimitvs.jpg

③ブランクのねじれを抑制する「ブレーディングX」

iprimibradingx.jpg

と、かなりの本格派。いや、ってゆーか、もう普通、十分すぎるスペックではないでしょうか。

 

 

 

 

ラインナップは、5ft台から6.6ftまで、長さとパワーのバリエーションに富んだ、合計10アイテム

iprimiラインナップ.png

 

 

調子についても、PRESSOロッドの開発で得たノウハウを注ぎ込み

(よく見るとPRESSOロッドと同じ品番や近い品番のものもありますよね・・・それはそういうことです)

フィールドテストには、高田、三浦も参画して、アクションを決定しています。

 

だから、というか、一部アイテムは、PRESSOスタッフが実際トーナメントで使用することになりそうな。

勿論、LTDの感度やフィーリングには及ばないわけですが、

そのラインナップにない長さ、アクション、パワーを補うには十分な性能、ということのようです。

 

 

 

皆様も、使用頻度は低いけれど、こんな竿もあると釣りの幅が広がっていいよなあ、などと

思ったりすることがないでしょうか。

でもそんなロッドに数万もお金を出すのも。。。って躊躇しちゃいますよね。

そんな時には、是非、このIPRIMIを、販売店様の店頭でご覧になってみてください。

結構、「使える」アイテムがあるかもしれませんよ。

 

 

 

尚、このIPRIMIはロッドだけではありません。

カラーマッチング可能なリールも同時にラインナップ。

iprimi1003001.jpg

ドラグはスムーズに作動し、魚の引きに滑らかに追従しながら効き続けるATD

軽量エアローターに加え、PRESSOリールと同じ、軽量ZAIONハンドルノブを採用し、リトリーブ性能も抜群です。

1003と2004のラインナップ。こちらも9月に発売。

 

 

 

 

 

これからエリアをもっと楽しみたいという方にとっても、長く使える、

今楽しんでいる方にとっても、満足して使える、

十分な性能を持ったIPRIMI

 

 

PRESSOライクな外観は、

ここからステップアップして、PRESSOロッドを揃えるようになっても、

あるいは今使用しているPRESSOロッドの中に、一本交えても、

ロッドスタンドの中で違和感がないように、と思って、敢えてそうしております。

 

 

PRESSOとはまた違った形で、DAIWAのエリアトラウトに対する真剣な思いが詰まったこのIPRIMI

是非、ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

尚、IPRIMIについての詳細は、弊社WEBサイト内の以下のページをご覧ください。

 

IPRIMI(ロッド)

IPRIMI(リール)

 

 

 

 

 

 

 

P/P事務局:mel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日より、こちらのブログでも紹介させていただいている、PRESSOブランドのフラッグシップモデル、

NEW PRESSO-LTD AGS

SMT搭載の3アイテムを除き、久々のフルモデルチェンジです。

presso^ltd07.jpg

そのフルラインナップ7アイテムの全容が、弊社WEBサイトにて明らかになっております。

presso-ltd04.jpg

 

55XUL-Sから66XULまで長さ・パワーランクも、あらゆるエリアに対応すべく、幅広く展開。

従来のPRESSOロッドにはなかったMLランクも登場です。

LTD ラインナップ.png

やはり特筆すべきはその軽さ、最も重い64Lでもわずか64g。軽さ=感度です。

 

感度といえば、ブランクスはSVFナノプラスをベースにしながらも、

アイテムコンセプトによってはHVFナノプラスを敢えて採用。適材適所の選択です。

presso-ltd05.jpg

更に、ガイドは進化したAGSガイド。超軽量のカーボンフレームに新開発の軽量リングを採用することで、

更なる軽さを手に入れています。

agsring01.jpg

このガイド、エギングロッドの最高峰、エギング界のカリスマ、ヤマラッピこと山田ヒロヒトが開発に携わった

「エメラルダス STOIST AGS」(7月発売)で初採用されたばかり。

このNEW PRESSO-LTD AGSは2シリーズめにあたります。

 

更には価格も従来よりも抑え、より多くの方々に最高峰のDAIWA TECHNOLOGYを体感していただけると

思っております。

 

presso-ltd06.jpg

9月発売NEW PRESSO -LTD AGS、手にとっていただけるまであと少しです。

どうぞご期待ください!!

 

 

NEW PRESSO-LTD AGSについての詳細は弊社WEBサイト内、こちらをご覧ください。

 

P/P事務局:mel

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31