みなさま、今年も宜しくお願い致します。

さて、2019年の初釣りは・・・・・

1月13日(日)の、NBC野尻湖ワカサギチャプター第二戦からのスタートです。

なので、練習なしのぶっつけ本番!

みなさんからの事前情報では、「100匹も釣れない!?」とのこと。

なので、第一戦と同じにサイズを選ばないで数を稼ぐ戦法にでます。

 

P1132578.JPG

 

ただし、前回の反省点としての課題

●巻き上げ途中のバラシ→電動リールの巻き上げスピードを  『L』~『1』の

 スローにセット

●船べりのバラシ→針をキープ(袖)からマルチ(狐)の仕掛けに変更。

 ※自作で4本仕様

 

多点掛けを狙いやすいキープ(袖)は、魚のどこでも掛かってしまうくらい針の立ちが

良いのが特徴ですが、引く方向に対して針先が外へ向くためアワセが甘くなるのが難点。

そこで、一匹ずつアタリを拾い合わせる釣りに適したマルチ(狐)の仕掛けを自作。

引く方向に対して針先が向いているためしっかり貫通するのが特長。

これが功を奏し、船べりでのバラシが激減しました。

 

P1132551.JPG

 

 

 

誘いはスローを基本としましたが、時々台を小突くように誘うとバイトを誘発

終始その誘いを通しました。

 

P1132552.JPG

 

 

 

 

検量の結果!

 

 

第5位  杉田さん

 

どこの場所に入ってもコンスタントに釣り上げるチカラは凄いです!

 

 

 

P1132554.JPG

 

 

 

 

第4位 関之台さん

CRPTⅡアルファとHG TYPE C  34 S を使用。

バスプロだけあって、釣りのテクニックはピカイチですね。

 

P1132555.JPG

 

 

 

第3位 沢田さん

名手沢田さんはCRPTⅡαを使用、フカセ釣りを駆使して入賞です。

P1132557.JPG

 

 

準優勝 吉倉さん

仕掛けは、速攻KK6本キープを使用。後半の追い上げは流石でした!

 

P1132558.JPG

 

 

優勝は・・・・・?

何と!わたくし久保田でした。

電動 CRPTⅡ+  外部電源キット

穂先 34SSS先調子

オモリ TGシンカーH  6g ※下針無し 

 

P1132561.JPG

 

 

 

 

上位の方々

P1132571.JPG

 

 

 

 

恒例の「てっぺんて手ぬぐい」いただきました!

 

P1132563.JPG

 

 

 

 

参加したみなさんで~す!ありがとうございました。

P1132577.JPG

 

詳しくは、JB・NBCホームページをご覧ください。

https://www.jbnbc.jp/SALT/index.php?t_id=3060

 

 

 

 

 

       ☆お知らせ☆

 

 

 

 

釣りビジョンBS251ch  

ワカサギマニアックス#11 久保田 稔 @ 野尻湖

 

1月18日 22時より初回放送

1月20日 17時~

1月22日 11時~

1月23日 5時~

1月24日 19時~

1月26日 14時~

1月28日 6時~ 

 

 

ジャパンフィッシングショーinヨコハマ

ダイワブースにて千島さんとトークショー

1月20日(日)午後2時半~3時 ミニステージ

1月11日

長野県小海町にある松原湖へ行って来ました。

DSC02099.JPG

DSC02100.JPG

1月6日にも行きましたが、その時は318匹で竿頭でしたが色々感じる事がありリベンジ釣行です。

6時半になり釣り開始ですがポイントを選択するために、あちこち穴をあけて魚影を確認しました。

最初は中央を何か所か確認。そして倒木方面に穴を開けると凄い反応!と言う事でポイント決定。

今回、使用したタックルです。

電動:クリスティアCRPTⅡ+

竿:クリスティアHG TYPE-C34.5S

オモリ:ワカサギTG5グラム

仕掛け:誘惑段差7本マルチ0.5号

DSC02133.JPG

朝は凄まじい入れ食いで9時までで500匹。

その後、群れが消えてしまい10~15分刻みで群れが来る状態でした。

DSC02126.JPGDSC02122.JPG

食いも悪くなってきたので仕掛けを誘惑渋攻7本マルチ0.5号。オモリは3グラムに変更しました。

すると、群れが居る時は素直に口を使うようになり、12時で900匹の釣果となりました。

ですが、この頃には群れは全然こなくなり、底釣りで1匹2匹を掛けていく感じとなりましたがポツポツ止まる事なく

釣れ続き16時20分で終了。

DSC_3068.JPG

釣果は松原湖レコード『1150匹』を釣り上げる事ができました。

 

最高の1日となりました。

DSC02142.JPG

14時にブロガーの鈴木誠さんも松原湖に到着して一緒に竿を出しました(^.^)右は常連の沼井さん

DSC02147.JPGDSC02148.JPG

 

※1月18日から開催される横浜フィッシングショーですが、DAIWAミニステージ・つり人社さんブースにてトークショーを開催致します。

日時

1月19日 つり人社さんブース10時30分~ワカサギ釣りトークショー

1月19日 つり人社さんブース16時00分~渓流トークショー

1月20日 つり人社さんブース10時00分~渓流トークショー

1月20日 DAIWAミニステージ14時30分~ワカサギ最前線トークショー

トークショー以外はDAIWAワカサギコーナーにいます。(19・20日のみ)

是非、遊びにきて下さいね(^.^)

 

 

今季は松原湖や立岩湖の初氷上に行けなかったので、今日の赤城大沼解禁三日目が今年初釣行&今季初氷上になりました。今季は暖冬ということで赤城大沼はちょっと前まで全面氷結していなかったのにあれよあれよという間に解禁していました。1月11日(金)の解禁は行けずに、翌12日(土)は4束超えがでるような好釣果が聞かれ、もやもやしている中やっと13日(日)の釣行になりました。

氷上にでると氷の上に雪は殆ど無く、急激に凍ったときにできる「アイスバブル」がとても美しく幻想的な雰囲気をかもしだしていました。

190113赤城大沼ワカサギwsz1.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz2.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz3.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz4.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz5.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz6.JPG

多くの人が深んどとリンク脇に集中しているようでした。私は深んどに照準を定めてテントを曳いて歩いていきました。氷の上に雪が積もっていないのでテントを曳くのは楽なのですが、反面足が滑って非常に危険なのでこの条件ではアイゼンが必須です。


190113赤城大沼ワカサギwsz7.JPG

深んどでは魚探の反応はあまり良いところがなかったのですが、まずは準備を始めてみました。タックルはCR PTⅡ+に外部電源、穂先はHG TYPE Kでスタートしました。のちにTYPE Cも試してみました。

仕掛けは「誘惑渋攻」1.5号6本針の2連、エサの本ラビットと中ほどにブドウ虫を付けて仕掛けを下ろしたところでライントラブルで道糸以下を水没させてしまいました。気を取り直して新しい仕掛けを下ろして数匹ワカサギを釣ったところで先ほど落とした道糸付きの仕掛けが絡んでまたライントラブル、オモリを回収できたのは良かったですが、大きなタイムロスをしてしまいました。

190113赤城大沼ワカサギwsz8.JPG

赤城大沼漁協の青木組合長(右から2番目)ら監視員の方々です。ワカサギ漁場の管理、ありがとうございます。

190113赤城大沼ワカサギfb21.JPG

朝のうちは比較的食いが良かったのですが、日が昇るにつれて段々アタリが遠のいてきました。その後は小さなアタリに確実にアワセて1匹ずつ釣るというシビアーな状況になってしまいました。

190113赤城大沼ワカサギwsz9.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz10.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz11.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz12.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz13.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz14.JPG

大型のメスは卵を持ってい お腹から卵がはみ出していました。

190113赤城大沼ワカサギwsz15.JPG

 

190113赤城大沼ワカサギwsz16.JPG

深んどの綺麗なピンクワカサギは大きいのは12㌢ほどありました。

190113赤城大沼ワカサギwsz17.JPG

終了時間の4時が近づいてきましたのでキリが悪い数字の98匹でしたが余裕をもって納竿しました。

190113赤城大沼ワカサギwsz18.JPG

穏やかな天気と美しい風景、食いは渋かったですが楽しいワカサギ釣りができました。

190113赤城大沼ワカサギwsz19.JPG

 

 

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13