2月25日

野尻湖チャプター最終戦の舞台となる

ほとり荘さんへ

席座とタックルセッティングのチェックでの釣行です。

このところ渋い状況が続いているようです。

P2251546.JPG

 

 

 

今回の同行は、

安武さんと安住君

またまた千葉から夜行バスで長野までやってきました。

P2251535.JPG

 

 

他の船よりも、スリットの広く深いほとり荘の船

慣れておかないと釣りのペースが作れないので

バケツや台の位置などなど、細かな確認をしながら

釣りも楽しんじゃってんます。

P2251538.JPG

 

 

 

 

P2251537.JPG

 

 

 

 

大会前なので、詳しいことはシークレットとさせて頂きますが

34SSS先調子とCRPTⅡαは野尻湖にピッタリな気がします。

この日の釣果

116匹

P2251544.JPG

 

 

 

最終戦は3月11日!

皆さん、がんばりましょう!!!

P2251548.JPG

 

 

榛名湖も終わり赤城に出かけた。

数なんかより、赤城の雰囲気を味わいたいですね。

2018.3.5風景.jpg

id_564269346.jpg

7時過ぎにスタート。

水深は4m。

大きな群れが来るとあたる。
3点掛けもあった。

しかし・・・・

8時過ぎぐらいに、キャップに掛けていたタレックスのサングラスが
穴にストライク。

穴.jpg

タレックス.jpg

手を伸ばすが、時すでに遅し。

度付、ミラーは高かった。

慌てたので、魚も散乱して穴に帰る。

カットウ針をお持ちの方が探ってくれたけど
軽い偏光グラスはユラリゆらりとどこへ行ったのか???

20匹位上げましたが・・・
これを気にして集中力が切れて10時に撤収した。

「続続続激渋の赤城大沼」のタイトルでも良かったのですが、あんまりなのでソフトなタイトルにしました。

峠の温度計はプラス4℃、冬の時期にプラスは珍しいことです。

180304赤城大沼ワカサギwsz1.JPG

しかも月が大きいのであまり釣れる気がしません。

180304赤城大沼ワカサギwsz2.JPG

今日はお客さんがいっぱいです。

180304赤城大沼ワカサギwsz3.JPG

食いが渋い中で珍しい一荷です。

180304赤城大沼ワカサギwsz4.JPG

日が昇ると気温が上昇、テント被っていると暑くてたまりません。皆さんテントを開けて釣りしてます。

180304赤城大沼ワカサギwsz5.JPG

釣友の小泉正人さんです。

180304赤城大沼ワカサギwsz6.JPG

今日のお昼は「赤城そば」を食べました。

180304赤城大沼ワカサギwsz7.JPG

やはり水深4㍍近辺のラインが賑わっていました。

180304赤城大沼ワカサギwsz8.JPG

浅場は小型が多くなりましたが、たまに良型が釣れます。

180304赤城大沼ワカサギwsz9.JPG

小泉元?教授と長岡名人の凄みのある釣り姿です。

180304赤城大沼ワカサギwsz10.JPG

今日は手繰りで仕掛けは「ケイムラ金針速攻1号6本針」を3連で使いました。

オモリはTG R1.5㌘に下針も金針を付けました。

午前9時ごろまでに25匹釣れましたが、それ以後は平均時速2匹くらいの超激渋でした。やはり釣果は平日がよいですね。

180304赤城大沼ワカサギwsz11.JPG

まだまだ頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16