久保田 稔の最近のブログ記事

 

 

2月4日

遅れながら、今シーズンの氷上釣りをスタートしました。

早くから氷上解禁となった桧原湖、

小型ワカサギの多かった昨シーズンとは違い

数は落ち着いてますが良型が揃いで釣り応えがあります。

この日、同行したのは兄のカツオ君!かなり久しぶりですね~。

寝坊したので朝7時半に早稲沢キャンプ場の駐車場に到着。

 

P2041474.JPG

 

 

 

午前中は、ポツポツ釣れて飽きないペースなのですが・・・・・

外は快晴でモービル遊びの方が多くてワカサギはナーバス?

P2041478.JPG

 

 

 

でも、静かになればこんな感じで群れが入ります。

ただ、喰わせ方が難しく、穂先とオモリを取り換えて対応させます。

オモリは5g→3gへ変更。

P2041471.JPG

 

 

 

穂先は、34SSS先調子からスタート。魚探画像の割には釣れ方が

イマイチなので、居食いのアタリを出すために穂先のトップが

柔かくて軽いタイプにチェンジします。

24.5SS胴調子+穂先延長キットに変更して良型の居食いのアタリが

見えるようになってきました。ですが、もっとペースを上げたいので

24.5SSS胴調子+穂先延長キットに変更します。11時半まで47匹でしたが

ここから一気にペースアップ!居食いのハミハミしているアタリが

SSSのペラペラなトップ部のおかげで震えるようなアタリが確認できます。

 

P2041469.JPG

 

 

 

穂先延長キットで約8㎝プラスになりますので、

胴調子の穂先でも先調子感覚で使えるようになります。

※写真は24.5SSS胴調子+穂先延長キット

P2041477.JPG

 

 

 

 

僕のテントへの訪問者

戸川君と鯉渕君

P2041462.JPG

 

 

 

お騒がせの安藤君!

彼が来たら群れが一気に散ってしまいました(笑)

 

P2041468.JPG

 

 

 

 

手繰リスト 矢野倉さん

P2041467.JPG

 

 

 

 

僕もお隣のテントにお邪魔します。

 

P2041466.JPG

 

 

 

 

戸川君に23SSS先調子を試してもらってます。

P2041463.JPG

 

 

 

鯉渕君は、28.5M胴調子がお気に入り。

P2041464.JPG

 

 

 

 

初めてお会いしました田原さん、27SSS先調子を試していただきました。

P2041465.JPG

 

 

 

午後からのペースアップが効きまして

夕方4時までがんばって222匹で終了!

良いサイズが混じっているのでずっしりと重たいですよ~。

 

P2041479.JPG

 

☆タックルデータ☆

リール CRPTⅡα (電池ボックス)

穂先  34SSS先調子→24.5SS胴調子(穂先延長キットプラス)

    →24.5SSS胴調子(穂先延長キットプラス)

仕掛け  KK速攻5本マルチ1号

オモリ TGシンカーR 5g→3g

エサ  赤サシ・白サシ・ラビットウォーム

 

 

 

今シーズン発売した電動リール、CRPTⅡαやCRシリーズ外部電源仕様などで

ケーブルを曲げないように持ち運びをしやすくなるケースがこちら!

『クリスティア ミニバッグロングLL』

P1014765.JPG

 

 

 

ソフトな素材EVAを使用しているのでかなり融通が利きます。

仕切り版がベルクロなので写真のようにいい位置で固定できます。

ぼくは、可変アダプターを付けたまま仕舞うので真ん中あたりに

セットしてます。

P1014764.JPG

 

 

 

しかも、バッカンにすっぽり収まる!

P1014772.JPG

 

 

 

 

仕切り版には切れ込みが入っているので、ケーブルを曲げないで

伸ばした状態で仕舞えます。

P1014767.JPG

 

 

P1014768.JPG

 

 

 

ケーブルは輪っか状態で仕舞うことで、余計な癖が付くのを防ぎます。

P1014766.JPG

 

 

 

 

持ち運びの際にリールが暴れるのが気になるようでしたら

付属のスポンジで固定しておきます。

P1014770.JPG

 

 

P1014769.JPG

 

フタが透明なので、中身が見えるので入れ忘れがないか?

チェックしやすいのもいいですね~!

 

ダイワ・HPでチェック!!!

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/wakasagi/minibag_long_ll_a/index.html 

 

1月28日

またまた、チャプター戦の反省釣りです。

今回は、安武さんと安住君の3人での釣行

スピンネーカーさんに集合です。

P1281443.JPG

 

 

 

朝の冷え込みがきつく、湖面には薄氷がほぼ全面に張ってました。

氷を割りながら進んで、ポイント付近で湖面を広げてアンカーを打ちます。

 

P1281450.JPG

 

 

 

氷の厚さは、6~8㎜くらい

食いはやや渋い感じです。冷え込みの影響でしょう。

P1281449.JPG

 

 

 

安住君、先週に続き千葉から夜行バスで長野までやってきて

安武さんに拾ってもらって野尻入り。

なるほど!その手がありましたね。

P1281454.JPG

 

 

 

お隣さんは新潟からお越しでワカサギ釣り2回目とのことです。

名人誘いに興味深々でした。

P1281455.JPG

 

 

さて、野尻湖用タックルもだいぶ煮詰まってきました。

スリットが少し暗いので、穂先を見やすくするために

ちょっとチューニングします。

ラッカー系のプラカラー(蛍光ピンク)を爪楊枝などで少量を

穂先のトップのうら裏側に小さく塗ります。

塗り過ぎるとトップ側が重くなりますのでご注意ください。

これでだいぶ見やすくなります。

ただし、剥げやすいので釣行後にメンテが必要です。

※自己責任でお願いします。

 

P1311471.JPG

 

 

 

穂先の裏側に塗る理由は、見えるのが裏側のみになるためです。

スピンネーカーさんの白色のスリットでは抜群に見えます。

P1281458.JPG

 

 

 

 

 

今年の野尻湖で良かった穂先をご紹介。

 

●34SSS先調子

この穂先は34㎝とかなり長いのですが、そこに穂先延長キットをプラスして

さらに長くします。今年の野尻湖は、風の強い日や湖流が発生しやすいので

道糸のPEラインがたわみやスラッグができやすく、アタリがあっても乗りが悪い

ことが多い状態です。そこで、竿を長くすることで合わせの時にスラッグの分も

カバーさせて乗りを良くしたいのがぴったりハマっている感じがします。

また、薄塗装になったモデルなので4㎝クラスの極小ワカサギのアタリも良く出ます。

オモリ5g~6g使用

P1311467.JPG

 

 

 

 

 

●28.5M胴調子

激荒れの時は船が振られてしまうので仕掛けが底を切る時間が長くなってしまいます。

7.5g~10gを下げないと釣りが成立しない時はこの穂先の出番です。

スプールクラッチをオンオフしながらオモリを底に着けてなるべく仕掛けの上下を

無くすことで荒れた状況でも釣りが可能になります。

穂先延長キットをプラスした方が良いかどうかは各屋形のスリットの幅に合わせながら

自分の釣りしやすい長さに合わせてきめてください。

オモリ7.5g~10g使用

 

P1311468.JPG

 

 

 

 

 

●28.5SSS胴調子 28.5SS胴調子

風の弱い穏やかな日や湖流が無い時は喰い渋りになりがちな野尻湖。

そんな時はこの二つの穂先が威力を発揮します。特に、10㎝以上の大型ワカサギは

止まって喰うこと(居食い)が多いので、先が震えるアタリを捉えられるタイプが

結果が良い感じがします。野尻湖では穂先延長キットを使用し全長を長くして

操作性と合わせのタイミングを早くすると良いと思います。

オモリ5g~6g使用

P1311472.JPG

 

 

 

34SSS先調子に慣れてきたので釣りのペースも以前より上がった気がします。

とりあえず、チャプター戦の反省釣りはいったん終了です。

 

この日の釣果 239匹

 

 

P1281461.JPG

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11