TYPE-E発売! エステルラインのつかいどころ② 高田達也の場合

 

PRESSO初のエステルライン、TYPE-E

既に発売され、店頭にも並んでおります。

皆様の中にもすでにお使い頂いた方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ちょっと前に、こちらで、TYPE-E、というか所謂エステルラインの使いどころについて、

PRESSOスタッフ、三浦敬児のコメントを載せたわけですが、

今回はその第二弾。

弊社エリアトラウトフィールドテスター高田達也の、TYPE-Eの使いどころ。

esteltakada.jpg

お仕事中、むりやり商品持たせて写真撮影。高田さん、スミマセン・・・

 

このTYPE-Eについては、思った以上に、開発に時間がかかってしまいました。

日進月歩で進化し変化するこのご時世、開発期間の長さを誇るなど、もう時代遅れだと思うのですが、

それでも、やはり数年かけて、やっと世に出ていく製品に対する思いは強くなりますよね。

そんなところも含めた高田テスターのコメント、是非ご一読を。

 

 

(エステルのメリット・特徴)

やはり一番のメリットは①情報量。初めて使うと戸惑うくらいの情報量の多さ。魚のいるレンジ、エリアを素早く把握することができるわけで、そこから食い気のある魚のアタリを判別し、掛けていけばいい。また、細いライン故に②飛距離もエステルならではのメリット。0.8gのヴェガがびっくりするくらい飛んでいく。更に飛距離だけではなく、③ラインが浮き上がりにくいので、1ランク軽いルアーで下の層を引くことも容易になった。マイクロスプーンでも中底層を攻めるなんてことも可能。こういう軽いルアーを使ってゆっくり引いてくると所謂「前押し」のアタリ、ルアーのスピードよりも魚の泳ぐスピードがはやく、結果糸がふけるあたりが出ることが多いのだが、そんなときも伸びが少ないエステルは、④瞬間的なフッキングが可能だ。
 

(ラインシステム)

TYPE-Eの0.3号0.4号を主に使用。0.3号なら、ルアーウエイトに合わせ2~2.5lbのフロロリーダーを使用。0.4号は3lbのリーダー。共にリーダーの長さは15cm~20cm程度、トリプルエイトノットか、トリプルサージェンスノットで結束している。

 

(使用ルアー・ロッド)

エステルはソリッドティップロッドと相性がいいと感じている。エステルの伸びのなさからくるピーキーさをうまくソリッドティップで柔らかくしてあげる感じ。ロッドとラインを一直線にせずに、角度をつけることを意識してほしい。ベストポジションを見つけると、それこそオートマチックにフッキングが決まるようになるはずだ。一番多用するのはPRESSO AGS54XUL-S。他にもLTD55XULPRESSO57UL-Sも相性が良い。

 

0.4~1g前半のスプーン、ヴェガやスキニー、ルパン1.2gなどで多用するのがAGS 54XUL-Sと0.3号の組み合わせ。先にも述べたが、マイクロスプーンだからといって表層ではなく中層、ボトムまでフルレンジを引くことができる王道のセッティングだ。

クランクはレギュラーサイズのロリクラなら0.4号+AGS61UL、ロリクラJrなら0.3号+54XUL-Sの組み合わせ。伸びがないエステル故に、クランクの動きがよりキビキビと竿先に伝わってくるので、そのルアーの適正リトリーブスピードを把握することも容易だ。

また、東山湖等の水深があるエリアのボトムを、1.8g程度のアダムをゆっくり浮き上がりを抑えて引くこともエステルならではの芸当。通常ならアダム2.2g+ナイロンラインで引くようなところをより軽いルアーでじっくり攻めることが可能だ。

 

(エステルを使い始めるアングラーへ)

エステルの特徴としていったん伸びたら戻らない印象がある。たとえば結び替えのときなど、ついつい手で引っ張ってラインを切ってしまいがちだが、それは強度低下の元。面倒でもラインカッターで切って結び変えるようにしてほしい。

また、伸びがないということから、ドラグ設定は若干緩めにし、ロッドに角度をつけ、ロッド自体のしなり、弾力を活かしてファイトすること。よくありがちなロッドとラインを一直線に近いポジションで固定したままリールを巻き続けるというのはあまりお奨めしない。

 

エステルはピーキーなところこそあれ、上記のような大きなメリットがあるのも事実。また、価格の安さもメリットのひとつだろう。是非一度試してみて欲しい。

 

 

いかがでしたでしょうか。その情報量の高さから、状況判断にも有効なエステル。

マイクロスプーンやボトムのみならず、ソリッドロッドとの組み合わせで、

クランクなどにも対応力が上がるわけですね。

確かにセッティング次第で、様々なメソッドで活用できそうです。

 

PRESSO TYPE-E、是非この春、皆さんも使ってみませんか。

使いこなせば、きっと新しい世界が拓けるに違いありません。

 

 

 

尚、仕様、価格等、PRESSO TYPE-Eについての詳細はこちらをご確認ください。

 

 

P/P事務局:mel

 

 

 

 

 

 

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30