2016横浜・大阪フィッシングショーレポート

文・写真/川口 友輝朗 かわぐち ゆきお 1989年埼玉県生まれ DAIWAフィールドモニター 
日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ所属。

 

 

 

今年は、ジャパンフィッシングショー2016(以下横浜Fショー)がパシフィコ横浜で1月29日(金)~31日(日)に開催。フィッシングショーOSAKA2016(以下大阪Fショー)は翌週の2月7日(土)~8日(日)にインテックス大阪で開催されました。


このフィッシングショーを皮切りに、多くの新製品がいよいよお披露目となりました。
DAIWAブースでは、今年も新製品が目白押し。

中でも注目を集めたのが、「サンダウナーコンペティションプロトギア」。
今までの#2の長い変則並継ぎ(曲げて飛ばすコンセプト)に追加モデルが誕生しました。
このプロトギアのロゴもカッコいい。



このサンダウナーコンペティションプロトギアは、#3を長くした元竿節長設計(初速で飛ばすコンセプト)を採用。バットを硬め、長めに設定することで、スイングスピードを速め、そのパワーで初速を上げることで錘を遠くに飛ばすというもの。

実際に、「どれだけ元竿が長くなったの?」「トーナメントマスタライズキスSMTと同じ?」と、
みなさんも気になる元竿の長さ比較もバッチリ確認してきました。


写真の通り、結構長めの設定です。
その分、#1、#2は結構…いや、かなり短めの設定。
予想以上に手強そうな竿です。

初速を早めて飛ばすコンセプトで如何に、バットを曲げていくか。
キャスティング競技者専用ですが、かなり面白そうなロッドという印象でした。
個人的には37号が気になりましたが、私には32号が良さそうです。
是非皆さんも試投会などで振ってから決めて欲しいですね。


また、実際にキャスティング競技会で使用されたプロトロッドの展示も発見!
普段の投げ釣りでは使用することないガイドサイズや飛距離データを見て驚く方も多く、熱心にご覧になられていた方が多かったです。


振出投げ竿からは、ランドサーフTがフルモデルチェンジ。
デザインはシックなブラックにゴールドのカーボン調となり、かなりカッコいいです。
X45を搭載し、お馴染み450L(ローシート)モデルも揃い踏み。

昨年、SVF搭載という驚きのブラッシュアップを果たした青サーフこと「スカイサーフT」にもライトモデルが追加。よりしなやかな調子で軽い錘や中・近距離での釣りで楽しめそうです。

 

振出竿もかなり充実したバリエーションとなりました。
選べるバリエーションがあるということは、ステップアップもしやすいのも魅力です。
また、ミドルクラスでも一昔前のハイエンドクラスに匹敵するスペックへ昇華してきています。
今後もどこまで進化していくのか楽しみですね。

 

さて、次はリール。

赤いトーナメントサーフ45!これはかっこ良かった。


マグシールドを纏った前作の13トーナメントサーフ45から、更にラインローラーにマグシールドボールベアリングを採用し耐久性アップ。
海水や砂などの過酷な環境でもタフに使うことができそうです。

 

従来の6°テーパースプールからナナハン(7.5°)スプールへ。
遠投性能が上がり、スプールデザインも超クールです。

 

ハンドルは85mmから65mmへショートタイプに。
なーんだ、ただ短くなっただけ。。。ではなく、肉抜加工も変わったことにお気づきでしょうか?
意外と細かな部分にまでメスが入っていて、さすがの拘り!といったところですね。
手首で回せるショートハンドルの使用感の良さも、ハイブリップタイプのノブで一層引き上げられた感覚を覚えます。

 

 

続いて小物へ。

フロートシンカーなどを安定して収められるように設計されたシンカーホルダー。
フロートシンカーを多用される方も増えている一方で、待っていた方も多いのでは?
天秤タイプはマジックテープで固縛できるようになっています。

 

新しくなったUVFサーフセンサー8ブレイド+Si。
皆さん、実際に触られました?本当に細くて滑らか!聞いてみると、前モデルよりもより細く仕上がっているようで、更に進化を続けています。
で、なにより驚いたのが8ブレイドでこの価格?!消耗品でもあるPEラインがリーズナブルになったのは本当に嬉しいですね。

 

TGフロートシンカーにも新色追加されました。ステルスグレーで、より警戒心を除くベストカラー。
このコンパクト設計が飛距離だけでなく着水音の低減にも繋がるなど期待できますね。
フロートシンカーにも軽量号数が仲間入りし、状況に応じての使い分けが可能となりました。
以前から要望していたので、ガッツリ使い込みます。

 

以上、盛りだくさんの新製品をご紹介しましたが、
今年も盛りだくさんの新製品で熱い思いを感じたフィッシングショーでした。