『シルバークリーク ストリームトゥイッチャー』発売のお知らせ

皆さまこんにちは。今回はネイティブトラウトロッド新製品発売のお知らせをいたします。

その名は 『SILVER CREEK STREEM TWITCHER』

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/trout_rd/silvercreekST/index.html

『シルバークリークストリームトゥイッチャー』は源流~中流域をカバーするダイワネイティブトラウトロッドシリーズの基幹機種です。 このロッドの解説を小林将大スタッフに伺いました。

1547559809913 (1).jpg

 

皆さんこんにちは! ダイワネイティブトラウトスタッフの小林将大です。

デザインの美しさ”と“機能”の融合。

発をスタートした時からのコンセプトでした。大自然のなかで育つ野性味溢れる渓魚はとにかく美しい。釣ったときはその色彩に見とれて、思わず写真を撮りたくなる瞬間が訪れるのもネイティブトラウトフィッシング。

美しい渓魚との出逢いを、素敵なひとときとして切り取る写真をより思い出深いものに演出するのが美しいロッドでもあります。
だからこそ長く使っても渋く輝き、味わいが出るデザインに仕上げ
ました。
しかし、渓魚は厳しい自然を生き抜いていくため非常に神経質。ゆ
えに釣るためにはロッドの機能が必要不可欠。そのためロッドの機能はそれ以上に徹底しました。


シルバークリークストリームトゥイッチャーは、38UL、48L、51UL-4、53UL、56L、63L、73ML、と7アイテムありますが、どのレングスも使うシーンを想定し、同一シリーズながら各アイテム個性のあるロッドに仕上がっています。
つまり、短い、長い、の違いだけではないということです。
一例をあげるなら、48Lは小規模河川での出番が多いと考えられ、
そのような場所は枝等の障害物が多く、それらをかわすライナー軌道のテクニカルキャストが要求されます。48Lはそれらをやり易いシャープな先調子に加え、バラシ軽減 と投げやすさを演出する絶妙な穂先を持ち合わせます。5㎝×5㎝に落とすようなピンスポットキャストが決まる設計になっています

一方53ULはサイドキャスト、バックハンドキャスト等を多用し、中距離を狙うシーンでの出番が多いと想定されます。ピッチングでは飛距離が足りず、振り抜く強いキャストでは対岸までオーバーランしてしまうといった日本の渓流に多い場面。そのようなシーンでは力まないキャストが必要で、少ない力でも穂先がしなやかに曲がり、ラインをリリースするタイミングをとりやすいロッドが活躍します。リリース点をとりやすいため中距離であっても精密キャストが決まり、やわらかく放たれたルアーは静かにポイントへ着水。自然なアプローチにつながる。53ULはこのように繊細なアプローチ、スレッカラシ鱒も攻略できる仕様となっています。

ほんの一例でしたが、
数多くのフィールドテスト、寄せられた意見から、レングスごとに
必要とされることを徹底検証した結果、各々個性を持ちました。

細部のパーツにも拘り、あえて大口径化した軽量チタンSICガイ
ドやリールフットのガタツキを徹底排除する金属スペーサー、高感度を実現するHVFカーボンなどがあります。こちらのメリット等はホームページをご覧ください。
まだまだ魅力をお伝えしきれないですが、
シルバークリークストリームトゥイッチャーを一言で言うと『感度
と総合能力に優れた渓流ロッド』です。
是非ともフィールドでこのロッドの魅力をご体感いただき、ネイテ
ィブトラウトフィッシングをもっともっと楽しんでいただけたらと思っております。

小林将大スタッフありがとうございます。

1月18日(金)~20日(日)みなとみらいパシフィコ横浜のジャパンフィッシングショーのDAIWAブースにて小林将大スタッフも居りますのでいろいろ聞きたいこと、商品手にとってみたい などいろいろあると思います。皆さまの来場をお待ちしております。!!

 

事務局:WAKA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31