夏の渓流フィールドテスト! with 小林モニター

PRESSO PRESSご愛読の皆様。 更新が遅くなってしまい大変申し訳ございません。

 

ネイティブトラウトルアー開発担当のUKEと申します。

 

今後ともよろしくお願いします!

 

今回は小林モニターと来年に向けての渓流フィールドテストに行って参りました。

 

まだまだマル秘な内容となりますのでテスト風景だけ少しお見せいたします!

 

 

 

今回のテストの目的はルアーの泳ぎのチェック!!

 

といっても真夏のフィールドは気温37℃sun・・・

 

fishもバテバテの中釣り開始!

 

20180806Fテスト1.JPG

まずは広い場所でしっかり泳ぎのチェック!! 魚は少ない場所ですが流れの緩いポイント瀬の中アップダウン

 

どんどんキャストを続けて行きます。

 

何事も順風満帆とはいかず、いろんな問題って山積みですね・・・

 

形状を変更し何度か試みたところある程度いい感じにscissors

 

 

その後上流方面へアタック!!

 

狭い中小林モニターがどんどん攻めていきます!

 

キャストが正確すぎて見ていて吸い込まれそうになりますeye

 

20180806Fテスト2.JPG

 

木の下へピンポイントキャスト!!

 

20180806Fテスト3.JPG

 

ゆっくり探るーー

 

20180806Fテスト4.JPG

 

これもギリギリのところへピンポイントキャスト!!

 

20180806Fテスト5.JPG

 

ゆっくり探るーー

 

素晴らしいキャスト見せていただきました!

 

ここで一匹釣っていい絵が欲しい!!

 

と思いましたが時間は正午を過ぎたあたりでfishはお休み中とのことでした。

 

ただ、来年に向けての改善点など明確にわかり今後の開発に活かせるテスト釣行でした!

 

皆様にはまだお見せできない内容が多いので申し訳ないですがこれからが楽しみな

 

ルアーの開発をどんどん進めています!

 

これからもどんどん出せる範囲でアップしていきますのでよろしくお願いします!

 

事務局:UKE

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31