注目ロッド「NEW PRESSO」 徹底解剖!!

改めまして、皆様本年もどうぞ、宜しくお願いいたし

 

小寒を迎え、もうすぐ大寒と寒い日が続いておりますが、

皆様、初釣り満喫されましたでしょうか?

事務局の初釣りは、PRESSOメンバーで行ってきました。

寒い中でしたが、仲間でワイワイ釣りをするのはやはり楽しいものですね。

 

丸呑み.jpg

ステップダートを丸呑みのビッグレインボーも釣れました!

 

さて、本題に戻りまして、

2017-2018シーズンの新製品である、

「NEW PRESSO」

皆様、手に取っていただけましたでしょうか?

 

PRS V.jpg

登場時には、PRESSOらしくない!?なんて声もありましたね。

 

今回、モデルチェンジを機に、

従来のスケルトンシートのグリップ周りから、

コルクグリップウッドリールシートとなりました。

見た目の大きな変化があり、ロッド自体は変わってないのでは

と思われていませんか?

実は、大きな変化があるのです!!

 

それは、ロッドのテーパーです。

 

今回、番手に「F」が付いているものが2アイテムあります。

「64L・F」「64ML・F」です。

この「F」は、ファーストテーパーのFであり、

ソフトなティップにスティッフ(固い)で張りのあるバットを組み合わせたセッティングとなっています。

このセッティングにより、ルアーを操作する魚を掛けるといった、

マニュアル的に扱いやすいテーパーとなっています。

この2本の使い分けは、

 

64L・F・・・アタリを積極的に掛けるスプーニング、クランキング

64ML・F・・ステップダートなどのボトムルアーや、ダブルクラッチなどのミノー

 

がオススメです。

 

三浦スタッフはステップダートダブルクラッチ45F160F1などに64ML・Fを愛用中です♪

 

ちなみに、、、

64LF.jpg

事務局は、64L・FワブクラワブルワブルRC

Dr.ミノージョイント プレッソチューンで愛用中。

 

更に、通常の番手も実はテーパーを変えてあります!

従来のロッドですと、XULキャスト時魚とのやり取り時に大きく曲がるテーパーでした。

NEW PRESSOは、このテーパーを見直し、

キャストリトリーブフッキングランディングが行いやすい

すなわち、魚を釣るための動作がスムーズに行えるテーパーとしました。

 

では、どのようにテーパーを見直し、変えたのか、

新旧モデルの60XULに、80gの負荷をかけ、テーパーを見てみましょう。

テーパー - コピー.jpg

 

バットセクションの曲がりが少ないのがNEW PRESSO

曲がりこんでいるのがスケルトンシートの前作のPRESSOです。

ティップ部分の曲がりこみは同じですが、5番ガイドより後ろが曲がりこまないのが分かります。

このテーパーによって、キャストの行いやすさ、魚の掛けやすさ、やり取りの行いやすさ向上させました。

 

高田テスターは、スプーンや、ワブクラワブルなど、

オールマイティーな一本として、60ULを愛用中です!

 

もちろん、テクノロジーも搭載しています!

パワー、感度の向上はもちろん、キャスト時や魚とのやり取り時のロッドのネジレを抑制する「X45」

ロッドのジョイント部をスムーズに曲げパワー、感度を向上させる「Vジョイント」

軽さとパワーと粘りをバランスよく持ち合わせた「HVF」

ガイドはチタンフレームKガイド搭載、

と、パフォーマンスも抜群なのです!

 

更に、寒い時期には手が冷たくない

末端冷え性の事務局にはこれが一番嬉しいかも(笑)。

 

見た目だけでなく実力も本物

「NEW PRESSO」

是非、お試しください!!

 

V手元.jpg

 

事務局:INA

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31