根岸 篤の最近のブログ記事

今シーズン初の梅田湖でワカサギ釣り。

気温が上がらず、途中で防寒着を取りに行った。

水深20メートルで底は食わず、中層15m少し上の浮き群れを狙うがなかなか厳しい・・・

残り1時間で移動して50ほど追加した。

8時ぐらいから14時までの釣りです・・・

それには、下記の理由がありました。

 

facebookでお友になった『新井隆弘』さんが、若くして命を落としてしまった。

私自身新井さんとは僅かしかお話をしたことがないかもしれない・・・・

しかし、有志が発起人となり好きだった梅田湖に漁協組合長さんをはじめとする

30名ほどの仲間が集まった。

私も他人ごとではない気持ちもあり参加させてもらった。

受付を済ませ、梅田湖に向かって黙禱。

 

そして、14時まで参加した皆さんでワカサギ釣り。

 

その後は、トン汁、キノコ汁をごちそうになり

皆さんが持ち寄った協賛品での抽選会を行った。

id_387086802.jpg

id_387086472.jpg

id_387086589.jpg

id_387086613.jpg

id_387023754.jpg

id_387023763.jpg

id_387023922.jpg

id_387104813.jpg

梅田湖ワカサギ2.jpg

id_387086370.jpg

 

 

詳しくは10月30日(日)発売の『ワカサギ特集号』
週刊つりニュース裏表紙(カラー)をご覧ください。

 

6時半ごろ到着したが・・・・
今年の天狗岩は大人気。
一便が行ってしまった。

一便.jpg

このため、2便を待つのだが・・・・

今日のポイントは上野原。

9.26相模湖.jpg

諏訪の滝を見ながら曳かれていくこと20分ほど近く・・・

諏訪の滝.JPG

何故、上野原かと言うと・・・

浚渫の土砂運搬船が行きかうため、狭い所には着けられない。

 

店主曰く・・・

おまけにターンオーバーでやってみないと分からない。

開始は8時過ぎ。

 

13センチも出ますよ。

デカいの.JPG

釣果は392だった。

2016.10.19釣果.JPG

 

2回目の天狗岩に出かけた。

9.26相模湖.jpg

最初は大曲右側。

水深が16メートルが岸よりの8メートルほどで

前回の対策で1号針に、小ぶりのサシでスタート。

 

10.8スタートタックル.jpg

 

いきなり5点がけのスタートととなったが・・・

反応はデカイが、食う群れと食わない群れがある。

まったく数が伸びない。

1時間ほどで、大曲下のサガミに入る。

大きな群れで、多点がけの連続だったが、長く続かない。

アンカーロープで左右に移動し群れを探り拾い釣り。

 

次第に左右10メートルほど動いても全く反応が無くなる。

一緒に行ったまこっはテントの中で入れ食いだという。

 

まこっちテント.jpg

雨が今まで以上に降り出した。

こうなると、濡れた手で小さな針での餌付けが大変に1.5号に変更

餌もバターサシに変更。

私だけ先に移動。

次第に雨が大粒に。

大雨3.jpg

大雨2.jpg

大雨.jpg

さすがにこれだけ雨が降るとパラソルあっても濡れますね。

こうなってくるとバターサシはツルツル滑る。

おまけに、高活性の中、昨年より変更した片手外しの方法が最悪の結果を生む。

針を持たず押す方法で針が3回ほど外れてしまった。

一匹ずつ口の中を確認する作業ができてしまった。

この、高活性をどれだけ損しているのかわからない。

こんなことをやっているうちに雨が上がり晴れ間が出る。

 

するとワカサギの群れが一気にいなくなる。

 

再び大曲の突き当りの竹藪前に移動。

何度となくあたりが出るが乗せられない。

速攻はフカせると乗りが良くなる。

おまけに、下から吹きだした風で落ちた大量の葉や木々が逆流。

1時間ほど邪魔をされまともに釣りができない状態に。

木々や葉っぱに邪魔されながらあたりを拾う。

16時過ぎ終了とした。

10.8460.jpg

慌てて口の中を確認したことが不安になり、帰宅後すべてを確認。
針はなかったが3匹増えて460匹。

またまた、大反省の一日だった。

 

タックル

  電動:CR-PTⅡ×2 アルミスプール

  穂先:先調子32センチ M

  仕掛:誘惑1.0 マルチ スタンダード1.5マルチ 速攻キープ1.5 電動1.5マルチ

  オモリ:TG-R7.5

 

 今月は19日、(22日)、26日、30日を予定しています。

 

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14