岡崎 孝の最近のブログ記事

2018  2  25   桧原湖氷上へ

2月の食い渋り状態が続いている桧原湖氷上へ西湖畔さんからエントリー

今年は、雪が多く浅場の方が良いようですので、月島手前の4mラインをチョイス

しかし、雪が多すぎでドリルが届かず、雪を掘ってからの穴開けはかなりの重労働です

後家穴に良い反応を見つけ、テントを設営し釣り開始しますが、既に8時を過ぎてしまいました。

反応は、水深4mですが、中層の3mに反応が入りますから、空中戦対策の釣りで狙います

穂先は、胴調子245SSS

オモリ TG1.5g

仕掛け SSマルチ1号  ナイロンハリス4cm

エサは、本ラビットを極小カット

ワンセットを名人誘いをセットし、もう1本準備しますが、好調にヒット

 

型もまずまずで良型も

TPE00113.jpg

誘いは、食い棚に上から仕掛けを落とし込み、誘いを掛けないでハリスが馴染み切る10秒位アタリを待ちます

アタリは、仕掛けが落下直後に出る事が多いてますから、見逃さないように

少し待ってアタリが出なければ、穂先を10cm程ゆっくり聞き上げ、一旦止めてからストンと落とします。

居食いする事が多いですから、聞き上げ時も穂先に集中。

 

3~4回誘いアタリや触りが無ければ、一旦仕掛けを反応から巻き上げ、落とし直した方がアタリは出やすく成ります。

空中戦時のアタリは、落ちるエサに反応し、アタリが上下のアタリに成りますから、穂先の下げ過ぎ、オーバーウェイトにしない方が良いです。

クリスティア可変なら、1コマで良いでしょう。

 

さて、釣果ですが、比較的好調にヒットしますが、穴を斜めに開けてしまい、穴の縁に仕掛けが掛かりバレが連発。

 

午後から、反応も悪く成り渋く成りますが、中層でぽつぽつ拾う事が出来ます。

 

釣果は185尾てますが、バレが無ければ220尾位は掛けてはおり、渋い中でも好釣果のようでした。

TPE00112.jpg

毎年3月に成ると、桧原湖のワカサギは浮いたワカサギも釣れ出しますので、中層狙って見て下さい。

 

胴調子245SSS空中戦で威力を発揮します。

 

一度お試し下さい。

1月24日今季初の桧原湖氷上へ

風が強い予報でしたので、早稲沢の民宿やませさんの氷上ハウスをレンタルしました。

早稲沢駐車場からモービル送迎して貰えますので、手軽に氷上ワカサギ釣りが楽しめます。

屋形船と違い、氷上ハウスは状況により、細かく移動していますので、場あれが少く、釣果ご安定します。

TPE00103.jpg

この日は、浅場の5mに設営して有り、反応は底付近にちらほら

 

まずは、片方のタックルをセットし、名人誘いで狙いますが、直ぐにヒット

 

その後も、もう一本の竿をセットが終わるまでに、名人誘いで10尾ヒット

 

上手く使えば、釣果アップに成ります

 

その後は、自分で誘い良いペースでヒット

 

一時は、2mの浅場まで群れご入り、2mの棚を落とし込みで入れ食いに成るも、

 

30分程で終了

 

10時前に200尾超えも、日中は予報に反し日差しも出ると、反応が、、、

 

底ベッタリにたまに入る状況ですから、オモリ下バリで拾う釣りに成りますが、

 

そんな時は、オモリか暴れる様に、誘いはたたく様にするとアタリが出やすいです

 

午後も、ぽつぽつの掛かりで

 

300尾てま終了

TPE00104.jpg

 

昨年よりも、サイズが良いですから楽しめました

 

リール CRPTα

穂先  胴調子 245SSS 

オモリ TG2g

仕掛け マルチ1号  6本

エサ、 本ラビ  チョビ虫  紅サシ

 

先週は、大雪でワカサギが渋い状態でしたが、天気が回復して湖面の雪か安定すれば、ワカサギの食いも良く成ると思います。

ご無沙汰してます、

12月17日、今季初桧原湖へ

何時もの西湖畔さん橋の下の屋形船です

今年は、寒気の影響で周りの山はすっかり雪景色に成ってます

今年の桧原湖は、ポイントムラが有り、釣果も安定してませんでしたが、やっと安定して来たようです

 

今回は、今季発売のリールCRPT Ⅱ αを使用

新機能は、外部電源と名人誘い、追い食い巻きと満載

 

朝一は底に反応が有り、量型ワカサギがヒット

 

TPE00098.jpg

昨年に比べるとかなりデカイです。

 

これだけの量型ワカサギだと、軽いオモリを使っていると、横に泳がれあ祭り多発に成りますが、外部電源仕様ですからリールのトルクが違いましから、ワカサギに泳ぐ余裕を与えませんから、ワカサギが真っ直ぐ巻き上がって来ます

 

こんな量型ワカサギの3点掛けも有りましたが、全く問題無いです

 

そして、名人誘いも試して見ましが、渋いアタリが多い桧原湖でも、以外と釣れますね

 

底付近の反応ですから、誘いパターンは1を選択。巻き上げ速度は2~3位が良い感じですが、この辺りは今後の課題ですね

入れ食い時の仕掛けトラブルやエサ交換等で、片方の竿を誘へ無い時や群れの入りが悪く、集中力が持続しない時にも、以外とぽつぽつ掛かります

 

当日も、9時半過ぎから魚探は真っ白に

片方に集中して誘いますが、何故か釣れるのは、名人誘いの方です、、、、

 

2時過ぎに場所移動すると、まずまずな反応を見つけ、ぽつぽつ掛かり出し終了

 

143尾と数は伸びませんでしたが、サイズは昨年の3倍位有りますから、十分楽しめました

今年の桧原湖のワカサギは大きい分、居食いするケースが多く、アタリが出にくいですから、聞き上げ誘いが有効です

TPE00099.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11