根岸 篤の最近のブログ記事

もう一度確認したいことがあるので榛名湖に行ってきた。

2018.9.7湖畔.JPG

今日も、短竿勝負。

 

9メートルから11メートルを探すが反応はない。

ロマンス亭桟橋左側の過去によかった9メートルも無反応。
その3.5メートルに真っ赤になる反応を発見。
1本落としたところで入れ食いモード。

2本目を出している余裕などない。

アッという間に50匹。

反応がなくなり、ダブルで待機するが結局群れは入らなかった。

釣れていると、釣り人増えてきちゃうんですよね。

あきらめて、マンション方面をじっくり魚探をかけながら走る。

(^^♪ついに見つけた半端ではない群れ。

ダブル電動が、棚に落ちるまでにバタバタと動く。

これが続いたらすごいことになりそうと、期待は膨らむ。

 

ところが・・・・・

ガッツン(?_?)

可変アダプターが直角に曲がり走り出す・・・・・

リーダーから切れてしまい1本で上げる・・・・

またまた・・・・
ガッツン(?_?)

えっまた???

どうにか回避したが、ワカサギがヘナヘナになっていた。

完全に食われている。

濃い反応が続いているので、仕掛けを落とす・・・・

ガッツン(?_?)
 

また切られたすべて切られ、大きなロスタイム。





30センチほどのブラックバスが水面まであってくる。

気を取り直して、再スタートするが、またまたやられる。

オールで、脅かす。

再び来る。

オールで脅かす。

 

 

 

 

何度もやらているうちに群れが消えていく。
 

薄くなる反応.jpg

 

この場をあきらめ、さ迷うがどこも厳しい。
軌跡がす凄いことになっていた。

さまよう.JPG

13時に147匹で終了。

原で10束上がっていた。

榛名湖図9.7.jpg

コスモスが癒してくれた。
DSC_0216.JPG

2018.9.1榛名湖解禁でスタートしました。
長竿でしか釣れないとの情報が入りましたが、
私は今回も短竿で挑戦しました。

シーズン最初の深場は低酸素状態だろうと勝手に決めつけ
全く考えていなかった。

それと、昨年のことが脳裏に・・・・
http://daiwa.globeride.jp/column/wakasagi-blog/2017/09/201791.html

http://daiwa.globeride.jp/column/wakasagi-blog/2017/09/201798.html

ポイントらしいのは、水深5mぐらいの水草周辺。...
たぶん、ボートの影が邪魔をして、ワカサギが警戒していることが
予想されます。

18.9.1朝.JPG

18.01朝2.JPG

しかし、今日は雨とのことなので、わずかな期待をしていますけど。。。
今シーズンからエレキがOKとなり、さっそく持ち込むと・・・
なんと、私だけ

昨年9時まで3匹で、その後6束上げたマンション前真まっしぐら。
怪しい感じのところがありません。
あったとしても、風向きでボートの向きが変わり、
すぐにポイントから外れてしまう。

降りしきる雨・・・・・
今日の風は方向が一定しないから実に厄介。

ダブルで出したいけど、出せる余裕がない。

5メートルを超えると水草がなくなる。
でも、反応はあるのですが食いません。

降りしきる雨の中、何度もアンカーを上げ下げしてポイントを探る。

2時間ほど移動しながら頑張りましたがあきらめることにした。

その時、2時間で7匹。

安定している砂押へと向かいますが、決定的なポイントは見つからず
時折、大きな群れが入ると多点をする程度。


何度となくアンカーを上げ下げ。
本当に疲れます。
上がってきたアンカーは水草だらけ。
アンカーが、クラゲみたいな感じになります

どうにか80匹。

結局、あきらめて店前に行くと、ボートが多くては入れません。

どうにか、空いているスペースを見つけて入りますが
時すでに遅し・・・

9.1店前.JPG

9.1店前1.JPG

9.1.3年前ポイント.JPG

13:30分ごろ再び雨が降り出し181匹で終了。

今回はポイント外しましたが、短竿でも釣れました。

しかし、天気が大きく関係していると思うし、
深場も嫌に入れながら様子を見て再度出かけます。


係留ロープのないフィールドは、アンカーの設置で大きく
釣果に差が出てしまいますが、私は好きなスタイルです。
 

3月5日以来のワカサギになります。

数日前に状況確認のため、何軒か電話でリサーチ

・GW後にには、すっかりダメになった。

・水温が高いから40メートル位に入れば釣れる。

・2日までに30メートルで180上がった

などと、船宿によって様々。

一番詳しかったのが山路さんだったのでここに決めた。

やっても14時ぐらいと決めていた。

 

当日7時ぐらいに到着。

5.25朝一鏡.JPG

準備をしてポイントについたのは7時半ぐらい。

それからの準備だから8時ぐらいからの開始。

5.25西湖水深25メートル.JPG

水深は約25メートル。

反応は底に入る。

仕掛けを落とすと早速のあたり。

深いので上がるまでに時間がかかる。

小ぶりのワカサギが上がってきた。

5.252点がけベタなぎ.JPG

無風のべた凪は、少し辛い感じ。

次第にさざ波となりだすと、幾分大きめの群れが入る。

さざなみ、3点がけ.JPG

水深が深く、アタリに合わせると下あごにかかることが多い。

奥まで飲み込むため、飲まれるくらいまで吸い込まれるので、カットをやめると食いが渋くなっちぇしまう。

底から5メートルぐらいの帯状の反応に落とすと小さなヒメマスの群れだった。

5.25ヒメマス.JPG

風でボートが動くと水深は27メートルになる。

適度にあたり続け12時少し前に納得できたので281匹で終了とした。

 

釣果281半日.jpg

タックル
 電動 PT+α × 2

 穂先 34センチM 可変アダプター 延長キット

 オモリ TG10グラム

 仕掛け 快適ワカサギ マルチ1号 (1.5号が良い感じだが忘れ)

 餌 シロサシカット

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11