岡崎 孝の最近のブログ記事

3月25日  西湖畔  屋形船へ

3月も後少しだと言うのに、前夜からの大雪で氷上は膝まで埋もれる位。

氷上は無理そうですので、トンネル下屋形船へ

朝から反応はいっぱい有りますが、食いは今一のようです。

それでもアタリが出なくればどんどん交換する事により、自分の下にワカサギがより、ポイントが形成されます。

又上から下まで反応がいっぱいでますが、なるべく反応が濃い棚や食いが良い棚を探るようにすると良いでしょう。

食い棚ご見つかれば、落とし込みで10連発位はヒットしますので、手返しを良くしましょう。

こんな時は何度も書いてますが、CRPTの棚セット機能はたいへん便利です。

アタリが無くなれば、一旦解除して次の食い棚を探しましょう。

ちょっと忙しい釣りになりますが、食い棚を探す効率の良い釣りが釣果アッブにつながります。

3時半まで竿を出し、

521尾で終了

リール  CRPT
穂先  26SSS
オモリ  TG  2g
仕掛け  サクサスマルチ1.5号5本二連結、  サクサスマルチ1.5号8本
エサ  白サシ  ぶどう虫 

IMG_20150325_190632.jpg

 

3月11日  大雪の桧原湖へ

前日から猛吹雪で、流石に氷上テントは無理。

安全第一に西湖畔さんのトンネル下の屋形舟へ

屋形舟なら吹雪でも中は暖かく、安全に釣りが可能です。

朝は道路の除雪が間に合わず、少し遅い時間から釣り開始ですが、魚探は反応でいっぱいです。

棚がかなりバラけますから、仕掛けはサクサスマルチ5本の二連結で使用。

仕掛け全長が長く成りますが、銀閣ヘラ台を使い座っているので座高が高くなり、長い仕掛けも取り回しが楽々です。

サイズはチビワカサギが多く、アタリもかなり小さいですが、26SSSなら触りも良くでますよ。

エサも小さくカットしますが、マルチを使用する時はサシは尻に横からちょん掛にし、2~3mmでカットをおすすめします。

3時半まで竿を出し

507尾で終了しました。

リール  CRPT
穂先  26SSS
仕掛け  サクサスマルチ1号 1.5号5本を二連結
オモリ TG2.5g 

3月8日  桧原湖へ

今日も西湖畔さんからモービル送迎で

前回浅場で撃沈してますので、ぶどう島沖の深場狙いです。

水深13mで反応は底に1.5
m~2m位で厚みが有ります。

しかし、落とし込みでは良くアタリがでますが、合わせ損なうと、誘いを入れてもアタリが出るまで時間がかかります。

長くアタリをが出ない時には一旦ワカサギの目線が仕掛けを上げ、落とし直した方がアタリ早くアタリます

底の反応ですが、水深が有りますので、CRPTの底棚設定機能を活用します。

CRPTの底棚機能では、設定深度を過ぎた時点でクラッチオンに成りますが、タイムラグによる余分にでた水中糸を瞬時に補正。

これにより、余分な糸フケが出ませんので、落とし込みのアタリが出易く成ります。

エサはチビワカサギ対応で白サシの極小カットで対応。

釣果は635尾で終了しましたが、この日の桧原湖全体でも良い方でしょか?

CRPTの底棚設定、是非試して見て下さい。

リール  CRPT
穂先  26SSS
仕掛け  サクサスマルチ1.5号7本
オモリ TG3g
エサ  ぶどう虫  白サシ 

IMG_20150308_193819.jpgIMG_20150308_194034.jpgIMG_20150308_194918.jpg

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12