岡崎 孝の最近のブログ記事

2月17日今季2回目の氷上へ

日曜日の桧原湖はこの時期には珍しい大雨に成り、氷上は水浸しにな成り氷上はグチャグチャ成ってしまいましたが、この日は前日からの冷え込みで、氷上は最高の状態に。

 

西湖畔さんからモービル送迎で、昨年好調だったブドウ島沖のポイントへ

 

ここは小さな窪みのポイントですが、スマホのGoogleマップに登録して有りますから、直ぐに良い穴発見

 

水深は15mで、反応は底付近に1~2m位の厚みで増えたり減ったりしますが、途切れる事はありません

 

朝一は食い渋りも、明るく成ると食いが良くなり入れ掛かりに

 

多点掛けも有り、4点掛けも

 

TPE00126.jpg

 

 

サイズも昨年よりかなり良く、深場特有のピンク色の良型が交じりますが、中には子持も

TPE00125.jpg

 

 

お昼頃からは食いが渋り出し、落とし込みではアタリがでますが、仕掛けが馴染んでからの誘いでは、アタリが出るまで時間が掛かります

 

単発になり、流石に水深が有る分ペースダウン

 

 

それでも3時半まで竿出し701尾で終了

 

TPE00124.jpg

 

 

今は氷も安定し、深場のポイントが好調です。

 

リール  CRPT

穂先   胴調子26SSS

仕掛け  SSマルチ1.5号7本

オモリ  TG3.5g

エサ   白サシ 紅サシ  ブドウ虫

2月7日

やっと解禁した桧原湖の氷上釣りへ

 

暖冬だった今季は解禁もおくれましたが、まだ岸よりやワンド内のほんの一部です

 

それでも待ちわびたワカサギ師が氷上にカラフルなテントを張ります

TPE00120.jpg

 

 

この日西湖畔さんのモービル送迎で月島手前へ

 

 

水深は6~7mと浅場ですが、前日は500オーバーでたそうです

 

 

釣れたらしい付近をアチコチホジホジしますが、なかなか良いポイントが見つかりません

 

昨日のテント跡に魚探を入れると、やっと良い反応が

 

急いでテント設営、反応は底から2m以上厚みが有りますから、仕掛けはSSマルチ1.5号8本と7本をチョイス。

 

穂先は何時もの胴調子26SSS,オモリはTG3g?  水深の割には重めですが、重めのオモリの方が針掛かりが良くなります。

 

9時までは入れ掛かりで、150尾オーバー

 

 

しかしその後は急に反応が悪く成りポツポツに

 

TPE00121.jpg

 

 

 

10時過ぎには魚探はホワイトアツト状態

 

 

流石に11時過ぎには睡魔に負け、しばしお昼寝タイムに

 

 

午後から多少底ベタに反応が見えだし、オモリ下針での拾い釣りに

 

 

上がり際に反応が良くなり、プチ入れ掛かりタイムもありましたが、

 

257尾で終了です。  

TPE00119.jpg

 

 

 

8日の朝は-18℃まで冷え込み、解禁エリアが広がれば、期待出来るでしょう。

 

リール  CRPT

穂先   胴調子26 SSS

仕掛け  SSマルチ1.5号7本 8本

オモリ  TG3g

エサ   白サシ  紅サシ  ブドウ虫

 

元旦初釣りで西湖畔さんトンネル下屋形船へ

昨年は屋形船の周りは凍りついていましたが、今年は凍る気配が全く有りません

TPE00106.jpg

 

朝一は底ベタにまずまずの反応が有りましたので、穂先先調子32SSSを使い、ポツポツ掛かりましたが、9時過ぎから反応が薄く成り、食いが悪くなります

そこで穂先を胴調子26SSSに、オモリも5gから2.5gへ

すると再びアタリが出始め、ポツポツ掛かります

 

たまに良い反応が入るとトリプルも

 

 

結果は天気も良すぎた為か、反応の入りが悪く232尾で終了です

TPE00107.jpgのサムネール画像

 

それでも26SSS効果の為に、他の方が釣れない日中にポツポツ掛かりましたので、トンネル下屋形船ではダントツトップ釣果でした

 

リール  CRPT

穂先   先調子32SSS~胴調子26SSSS

オモリ  TG5g~TG2.5g

仕掛け  SSマルチ1.5号5本

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11