2021年 ダイワ投げタックルは??

新型コロナウイルスの発生以降、釣りに関する様々なイベントや大会が中止されていますが、例年、この時期に開催されている『フィッシングショー』も残念ながら中止となりました。今年はWEB形式でのフィッシングショーを開催いたします。122日~24日に『釣りフェスティバル2021』を124日より『フィッシングショー大阪WEB&TV』が公開されます。是非、ご覧ください。

お待たせしました!! 2021年のダイワ投げタックルの新製品を発表します。本来であれば『フィッシングショー』でお披露目したかったのですが、「投魂物語」にてご紹介します!

リール 『21サーフベーシア45』 4月発売予定

写真①32アイテム並び画像.JPG

ベーシア史上最高の巻上げ感とキャスティング性能を追求した新型ベーシアが4月に登場します。

19トーナメントサーフ45』と同形状のボディとローターを採用し、フラッグシップに迫る回転性能を実現させています。

ギア比は汎用性のある4.1を採用。回転の滑らかさ、巻き心地が従来のベーシアより大きく進化し、リールサビキや多点掛け時の巻上げ感がレベルアップしています。

スプールにはテーパー角2°の大口径LC(ロングキャスト)スプールを採用。テーパー角が小さいため、キャスト時のライントラブルの発生を削減でき、爽快なキャスティングが体感できます。また、スプールの口径が大きいので、ハンドル1回転あたりの巻上げ長も増え(19トーナメントサーフ45と比較して約7cmプラス)仕掛け回収もスピーディーにできます。

写真②ベーシアスプールアップ➀ .jpg

アイテムは06PE・15PE、クイックドラグ(QD)5号用 の3アイテム。

21サーフベーシア45の商品ページはこちら

ロッド 『プライムキャスター・N』 4月発売予定

写真③321プライムキャスター30-405N_1.png

安定した飛距離を狙え、投げ易く癖のない調子設定と操作性をアイテム毎に追求した『プライムキャスター』が大幅にグレードアップして4月にフルモデルチェンジします。

ブランクスは高強度化・軽量化を可能にする「HVFナノプラス」にネジレを抑え、キャスティング時の方向性を安定させる「X45」、継ぎ目のスムーズな曲がりを実現する「V-ジョイント」を搭載し、シャープに振れることを追求。

また、上位機種譲りの「一体式センサータッチグリップ」をこのクラスでは初搭載。握り方を選ばず、高いグリップ性能を実現しました。

プライム竿尻アップ .jpg

ガイド設定も一から見直し、元ガイドにはMNガイド(ステン)を逆付けし、それ以外は軽量なチタンフレームのKWガイドを採用することで、ライントラブルの軽減とガイドの軽量化でシャープな振り抜けが体感できます。

写真⑤プライム元ガイドアップ .jpg

ブランクスカラーはシルバーベースで太陽光に当たると、うっすらと赤みがかるこだわりの仕様。

写真⑥プライムネームアップ .jpg

ラインナップは扱いやすい23号・25号から本格的な遠投に最適な27号・30号・33号、長さ設定もスタンダードな405だけでなく、操作性重視の27-385、長仕掛けや置き竿にも対応する27-42530-425を加え、あらゆる投げの対象魚・エリアに対応するラインナップを揃えました。

プライムキャスターの商品ページはこちら

次回以降も新製品をご紹介致します。 お楽しみに!!

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28