寒カワハギを狙う磯投げ!

文・写真/中本嗣通 なかもとつぐみち                                 1958年大阪府生まれ                                          DAIWAフィールドテスター 投げ釣り倶楽部大阪会長

晩秋~初冬に好敵手を務めてくれた"乗っ込みカレイ"の釣期が終わる年末を迎えると、今度はターゲットを地磯・沖磯から狙う『寒カワハギ』へシフトするのが例年における僕の釣行パターンです。その理由といえば、もォ~う、ひとえにカワハギを狙う投げ釣りが底抜けにオモロイからに他なりません。そこで、僕がハマってしまった「寒カワハギを狙う磯投げ」の楽しさをチョイと紹介させてもらいまひょかな♪

               201215_1  2.JPG

1月~2月という厳寒期の投げ釣りといえば低水温によってアタリの数が極端に減少するキツイ釣行が増えるものだが、この磯カワハギでは海水温が高いエリアで活性高いカワハギを狙うことからアタリの数が多く、しかも船釣りでは"エサ取り上手"と名高いカワハギにも拘わらず投げ釣りでは意外と大きなアタリを見せて釣れるのが魅力のひとつ。これは海底近くへ垂直に仕掛けを降ろす船釣りと完全に仕掛けを海底へ這わせる投げ釣りとのスタイル差に加え、カワハギの摂餌行動や使用するエサなどの要素が関連して生じるアタリの出方の違いだろうと推測されまっせ。

               201215_2  2.JPG

しかし、明確なアタリが数多く出てもそこはエサ取り上手なカワハギのことです。潮の動きや水温の変化、濁りといった条件によって活性を落としたカワハギからの微妙なアタリを捉え損ね、素バリを引かされてしまうケースも少なくありません。そんなときに微かな魚信を捉えてタイミングよくカワハギのオチョボ口に針を掛け合わせ、思惑どおりの重量感がロッドに乗ったときの快感はまさに「してやったり‼」ですわ。この"合わせの妙"というヤツも磯投げカワハギにおける楽しさやと言えまっしゃろな。

さらに、巻き寄せ途中に手元へ伝わってくる「カン、カッ、カン」とリズミカルに穂先をシメ込むカワハギ独特の金属質な引き味も魅力。とくに尺寸超えの大型サイズともなると巻き寄せのシメ込みはもちろん、浮かす直前に海面下で見せる強烈な底への突っ込みや左右への力強い横走りでエグイ抵抗を見せまっから、そのスリリングな攻防も特筆モノのオモシロさですわ♪

201215_3  3.JPG

そんな"寒カワハギ"を狙う磯投げを楽しめる釣り場の条件といえば、まずは厳寒期でもカワハギの活性をキープする水温の高い海域で、真冬でも水温が安定しやすい1015㍍以上の水深を持つ釣り場が望ましい。海底はツブ根が点在する砂底や砂礫底で、その中にあるカケアガリや大小のシモリ、海藻帯といった変化があるスポット周辺に期待が持てます。そんなスポットへ潮流に乗ってカワハギの群れが捕食目的で回遊してくることから、潮通りの良さというファクターも絶対に欠かすことはできまへんな。

また、厳寒期に有望な回遊スポットの目安としては「養殖生簀」がある。養殖生簀といえばある程度の水深と潮通しの良い場所に概ね設置されており、さらに養殖のこぼれエサに安定してありつけるといった条件が揃うことからカワハギが集まりやすく、場合によっては居着く個体もいることからアタリに出会える確率が上がるスポットになり得る。

201215_4 4.JPG

僕が在住する関西圏でこれらの条件にピタリと当てはまるのが南紀・串本に浮かぶ「紀伊大島」で、北西の季節風にも比較的強い内湾部に浮かぶ養殖イケス群の際をアプローチできる地磯から2025㌢級を中心に30㌢前後の大型、ときには35㌢をオーバーする超大判サイズが顔を見せることもあるので、冬になると頻繁に紀伊大島へと通う僕です。

さてさて、この「寒カワハギを狙う磯投げ」に使用するタックルですが、まずは大型狙いや遠投ポイントを狙い釣る場合には『トーナメントサーフT 30号-425・R』+強力な巻き上げが持ち味の『パワーサーフ3500QD 』というパワー重視のセットを選択。このタックルなら35㌢オーバーの巨大カワハギや不意に乱入してくるコロダイやヘダイといったヘヴィー級の磯魚の抵抗にも対応できるパワーを備えてまっからネ。

201215_5  5.JPG

アタリ・食い込みが渋いケースや主に中~近投ポイントを攻める場合では、微妙なアタリもキャッチできるセンシティブな穂先と美しい曲りで釣趣を向上させる『ウインドサーフT 25号-425』+軽量ライトで打ち返し性に優れる25㍉ストロークの『パワーサーフSS3500QD 』という2パターンのタックルセットを釣り場のTPOで使い分ける様にしてまっせ。

201215_6  6.JPG

でっ、リールのスプールには『UVFサーフセンサーNEOSi』の3号×200㍍を巻き込み、チカラ糸には『UVF棚センサーブライトNEOSi2』の6号×10㍍を結ぶPEオンリーの敏感なラインシステムを組みます。オモリは遊動式天秤の2030号を条件によって使い分け、その先に装着する仕掛けはモトス8号、ハリスの『ディーフロン船ハリス5号にカレイ910号程度の小針を結び、全長を8090㌢にまとめた短い2本針タイプというスペックで組み上げて使用するのが僕のスタイル。エサは体液に高い集魚効果を持つイワイソメ(マムシ・本虫)がベストで、小針に刺しやすくてカワハギが吸い込みやすい細めのモノを好んで購入しています。

201215_7  7.JPG

釣り方は前述した生簀際や海底の変化といったカワハギが回遊してくると予想されるスィートなスポットを狙ってエサを置き、トラギスやキタマクラといったエサ取りの攻撃をかわしながらクイックドラグ(QD)機構を活用したドラグフリー釣法でカワハギからのアクセスを待つ「置き竿」と、シロギスの数釣りの様に遠~近までの広範囲を積極的に探ってアタリを追い求める「引き釣り」があります。僕は置き竿をメインにして釣りますが、アタリが遠いケースでは引き釣りも交える二刀流スタイルで釣果を上げてまっせ。

ちなみに、カワハギのアタリを増やす"秘密兵器"として僕が愛用しているのが船釣りでカワハギ集魚アイテムとして人気の『寄せ魂カワハギ』です。このアイテムはアサリやエビ、カニといったフレーバー&味の寄せ餌をボール状に固めたモノで、中心に空いている小穴にナイロン56号のラインを通して小さな輪を作り、天秤オモリのアーム基部にスナップフック12号で取り付けて使用しています。この使用法ならばフルキャストを繰り返しても寄せ魂カワハギが飛び散ることもなく使用できるのは実釣にて証明済みです。

201215_8  8.JPG

この集魚アイテムを2シーズンにわたって試した答えは「効果あり‼」で、回遊してきたカワハギをそのアピール力によって足止めするのか寄せ魂カワハギを装着した仕掛けはアタリが持続する様に感じてまっせ。とくにカワハギの反応が良いと思うアイテムはアサリとカニ粒で、ときにはハリの虫エサを無視して寄せ魂カワハギを直接にアタックするヤツもいます。その証拠に、巻き上げた寄せ魂カワハギにカワハギが齧った跡の歯形がクッキリと付いていることもめずらしくおまへんねんで()

201215_9 9.JPG

これまでに寄せ餌・撒き餌などは概ね不可能とされてきた投げ釣りですが、こんな集魚アイテムを上手く利用すればシロギスやカレイ、マダイやクロダイといった多種多様な投げターゲットの釣果アップに貢献してくれるのと違いましゃろか? それには、ハリに刺すイワイソメやアオイソメ、チロリといった虫エサ類をよりアピールするフレーバー・味・成分の寄せ魂シリーズを新たに開発してもらえればベターなんでっけれどもネェ...。

そして、最後は帰宅後のお楽しみである寒カワハギの食味です。まずは寒の旬を迎えてフォアグラのように肥大した"肝"を大事に取り出して裏漉しに掛け、醤油へ溶き入れた濃厚な肝醤油で頂く「薄造り」がイチ推し。型が小さければ片身をフライにして、マヨネーズにラッキョウの甘酢漬け&ゆで卵の微塵切りを大量に混ぜ込んだ自作タルタルソースで食せば実に美味し。その他にも白飯にバッチグゥ~な甘辛の煮付け、下手なフグにも負けない旨味のある唐揚げ等々、釣りたてのカワハギ料理を肴にキンキンに冷えたビールを飲むときの幸福感はホンマに筆舌に尽くしがたしです♪

201215_10 10.JPG

...てなことで、神経戦の様なキツイ駆け引きを制してハリに掛け、小気味のよい強い引き味を心ゆくまで楽しみ、帰宅後に美味しい料理で祝杯を上げようと思えば、やっぱりDAIWA投げタックル&投げアイテムを駆使して真冬の磯から"寒カワハギ"をゲットする投げ釣りへ行くのに限りまんな❤ 

201215_11  11.JPG

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31