春のキス釣り さあ今どう攻める?

文・写真/石亀明夫 いしかめあきお 1953年生まれ千葉県在住 

DAIWAフィールドテスター 日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ会長

 

この春は新型コロナウイルスのせいで、大勢が集まってはいけない等、騒々しくなって困ったもんだ。

 

今は、夏から秋の盛期とは違って、どこでもキスが釣れる訳じゃない一年で一番難しい季節です。春は天候が目まぐるしく変わる季節。気温の差も激しく、これがさらに釣りを難しくしています。しかも春の嵐というように大荒れすることもあるので、なおさらポイント選びに苦慮します。

 

・・・ということで、状況を精査して春ギス狙いに南房総の鴨川へ出掛けることにしました。

 

向かった先は、全国どこにでもありそうな遠浅で砂浜にテトラがあるこんな場所です。

到着したのは、もうすでに11時過ぎです。

昔から「春は昼から、秋は朝から釣れ」の格言があるのは、春の潮は昼から動き、秋の潮は朝方動くからです。

本日は午前11時がソコリです。暖かい下げ潮に乗って沖に移動してしまったであろうキスが上げ潮に乗って入ってくるのを遠投して待ち受ける作戦です。

因みに、私は前期高齢者で大して遠投出来ないのです。まだまだ遠くに投げたい気持ちは人一倍強いんですけどね。最近、コロナのニュースで65歳以上の高齢者の感染が多いなんて表現してる報道聞くたびに違和感があるんだよなぁ・・・

まぁ、若いつもりでいるのは本人だけかもしれないけどねぇ(笑い)

 

飛距離を少しでもロスしないように、水の中に入って引き潮のタイミングを計ります。

寄せ波がくる前に、フルスイングです。

構えは良いんだけどねぇ・・・

オモリの行方を追いますが、せいぜい6色半だな(^_^;

盛期じゃないので、じっくりストップ&ゴーのゆっくりサビキしてたら、大きく竿が引き込まれまれて

こんなのが姿を現わしました。

読み通りに良型がヒットできたのって本当に嬉しいです。

盛期の束釣りも楽しいけど、あまり釣れない時期に釣りの組み立てが上手くいって釣れた満足感は何事にも代えがたいです。

テトラに沿って、沖からキスが入ってくるイメージです。

 

 

大して飛ばないので、私にとって道具選びは最重要課題です。

 

まず、本日のロッドはトーナメントプロキャスターAGS30-385

これは振りやすいんだよな~。感度も抜群だしね!

 

力糸は当然だけど、UVFサーフセンサー8ブレイド+Si の0.4は、耐摩耗性が抜群で細糸なのに安心して使える遠投必須アイテムです。

発売以来永遠のベストセラー、トップガンTVも必須です。

着水音が小さいし、空気抵抗も小さいので飛距離が稼げます。

そして、トーナメントサーフ45も必須。スプールテーパー角度7.5°は無抵抗にラインが放出される感覚は魅力的です。

前期高齢者でも多少は飛ばせる、私の遠投アイテムは以上です。

これで、あと10年は現役続行ですね。

 

最後に仕掛けに使うお勧めの材料です。

春ギスのように、スローサビキ~待ち釣りには信頼のD-MAXシロギスSSV T-1です。

ご存じの通り、針先が外出しなのでノド奥に掛かるのでバレにくいのも優れた点なんだけど・・・

外出しは、とってもエサ付けがしやすいんですよ。

多点針を使うトーナメントでは、エサ付けのスピードは勝敗に影響します。

私の場合は、老眼なのでこのT-1は扱いやすいです。

エサ付けが得意じゃない人や、老眼の方には味方になりますよ。

 

最後に、モトス用のラインです。

各人好みや拘りがあると思いますけど、私のお勧めはバス用のバスX フロロです。

300mのボビン巻きで税抜き1200円程度と価格を抑えています。

50mあたり200円は、とってもリーズナブルです。

優れた点は、価格だけではありません。

結節力も凄いです。軽く締め込むだけでしっかり止ります。

だから、エダスを出すときに苦労せずに簡単に結べるので仕掛け作りがとても楽になりました。

もちろんラインに張りが適度にあるので、キス専門のモトス用を作ったんじゃないかと思うほどです。

8lb(2号)、6lb(1.5号)、5lb(1.2号)4lb(1号)3lb(0.8号)と各種揃っていますので、お好みでどうぞ!

 

このブログに掲載の商品情報はこちらをクリック!

トーナメントプロキャスターAGS30-385

UVFサーフセンサー8ブレイド+Si 

トップガンTV

トーナメントサーフ45

D-MAXシロギスSSV T-1

バスX フロロ

カテゴリ

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30