夏のキス釣り、釣果を上げるには?

文・写真/石亀明夫 いしかめあきお 1953年生まれ千葉県在住 

DAIWAフィールドテスター 日本サーフキャスティング連盟所属マスターズサーフ会長

 

異常気象と言われて久しく、ここ何年か、余り良い釣果に恵まれなかった気がしますが、それでも昔から比べるとシロギスの絶対数は確実に増えていると感じています。30年前の所属クラブの年間(例会、年12回)最多尾数を調べてみると100尾だったのが、ここ数年250尾位になっています。

 

地球温暖化→海水温の上昇→産卵回数の増加→シロギスが沢山釣れるようになったと考えています。このため、常套句で使われる「誰でも簡単に釣れるシロギス釣り」が本当に現実となってきています。

但し、沢山釣るには、ポイント選びとダイワの投げ専用タックルにする事が大事ですよ(笑)。

 

さて、シロギスを沢山釣るには、海が穏やかであることが条件です。

キス釣りは岸から誰でも釣れるので、岸(キシ)釣り→キス釣りになったという説もあるくらいですから、良い釣果を得るには、釣りに行く日の数日前から、釣り場の風向き、波高のチェックは必須です。これをするのに、ネットでリアルタイムの海の様子が確認できるライブカメラ映像が便利です。

 

因みに私の地元の房総半島は北東~南東の東向きの風なら内房、南西風なら外房、南風の強風なら洲崎~館山と選べるので助かります。

 

いつも行っている釣り場なら、だいたいのポイントは把握できると思いますが、初めて訪れる場所なら、背後の少しでも高い所から海を見て払い出しを見つけたり、波が立っている所は浅いので、その周りの深くなっていそうな所を狙ってみたり、また、何も変化が感じられない時は砂浜を歩いてみて、周りより砂粒が大きい所は海流の変化があるのでポイントの可能性が大です。

 

タックル選びについてですが、大会等ではどのような状況にも対処できるように遠投出来る硬めのロッドでリスクヘッジします。

ですが、夏ギスの時期は海が穏やかなら大概ポイントが近いことが多いので、プライベート釣行なら軽くて、終日持っていても疲れにくい、扱い易いチョット柔らか目のロッドがお勧めです。但し、予備竿は1本入れておくと安心です。

 

私はプライベートではトーナメントプロキャスターAGS25号405、マスタライズキス27号405、トーナメントプロキャスターAGS30号385を多用しています。この号数では万が一の時、遠投出来ないじゃないか!って声が聞こえてきそうですが、トーナメンター上位の常連選手の中にはスカイキャスター27号で6本針仕掛けにエサを付けた実釣で7色以上投げる人もいます。

前号の投魂物語でのスポーツキャスティングの若きトップトーナメンター吉野海洋氏の話は遠くに飛ばす事へのこだわりがとても興味深く、投げ釣りマンにとってワクワクする話でした。その中で語られていた、「竿選びは体力との相談、竿に慣れるのも凄く大事」のフレーズは的を得ていると思います。

 

知らないうちに前期高齢者になってしまった私ですが、当然年々体力の衰えを感じていて使用ロッドは35号→33号→30号→27号と号数を落としてきています。

しかし、私が若い頃33号で出ていた飛距離と、この齢になってから27号で出す飛距離はそれ程変わっていません。これ程、ダイワの投げ竿の性能は上がってきているんですよ。

 

いよいよ釣り開始です。

 

シロギス釣りの税金ともいえるフグは波口にいる事が多いので手前は後回しにして中距離から探ってみます。

海の中を自分なりに2色ずつ区切って効率の良いところを探って行きます。5色なら3色まで、3.5色なら1.5色までです。

 

エサは数釣りなら手に入りやすいジャリメ(石ゴカイ)で十分ですが、型物にこだわる方は青イソメやイワイソメなどを用意してもよいでしょう。

 

初めに入ったところで結果が出ない時は、こまめに移動です。

「2投空振り即移動」を鉄則にしています。

夏のシロギスは活性が高いのでエサを見つければ、すぐに反応してくれるものです。キスのいない所をいくらサビいても釣れる訳がありませんから、こちらから、キスの居場所を探しに行かなければ結果は出ません。移動先の海岸の形状や、背後の地形の変化を良く観察して、どうしてここが釣れたのか!あるいは釣れないのかをインプットして、釣り場の読解力を上げることが今後に繋がるはずです。

キス釣りは基本的には朝方はポイントが近く、陽が上がるにつれて、やや沖目になることが多いものです。勿論、潮位によっては、その逆もあります。

 

さてさて、こんな釣り方を実践してみたら

4~3色付近でシロギスのアタリ!そのままフッキングしたシロギスを静かにこちらに頭を向けて泳がせるようにしたら、この泳いでいるシロギスに反応するように周りのシロギスが食いついてくれました。

やはりテフロン加工の投魂Tシリーズは掛かりが良いですね!(また広告だ!)

ということで、3時間程で満足のいく釣果が得られました。

 

誰でも簡単に釣れる夏ギスの元気の良いアタリを楽しんで頂きたいと思います。

 

文中でも挙げられた石亀テスター愛用の竿について、詳細は下記商品名をクリック!

トーナメントプロキャスターAGS25号405

トーナメントプロキャスターAGS30号385

マスタライズキス27号405

 

写真撮影時に使われたリールはこちら!

トーナメントサーフ45

 

カテゴリ

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31