キャスティズムで楽しむマルチスタイルな投げ

多彩な釣りが楽しめるキャスティズム
 
キャスティズムでは投げ釣りのみならずいろいろな釣りが楽しめます。
投げ釣り師がこのキャスティズムを手にすると、投げ釣りタックルを起源に持つそのタックルが本領を発揮。
この遠投性を活かし、キャスティズムでは様々な釣りを提案しています。
 
キャスティズムを使った新しい釣りの提案としてはキャスティングタイラバ
船からのタイラバから派生して、ショアからのキャスティングでもタイラバが楽しめます。
さらに、投げの世界から生まれたキャスティズムタックルを使えば、そのずば抜けた遠投性でより広範囲を探ることが出来、魚に出会う確率もより大きくなります。
 
 
投げ竿譲りのアクションを持つキャスティズム、例えば並継の20号-385を使って、60グラムの紅牙キャスラバーフリーをセットすれば、ルアーロッドではなかなか届かない距離へタイラバを投げ入れることができます。
ロッドの情報詳細はこちらへ
 
紅牙キャスラバーには多彩なアクセサリーが充実。SSサイズから3Lまで多様なフックサイズから選べるのみならず、すでにフックがセットされ簡単に取替えできる替えフック。そしてネクタイと呼ばれるヒラヒラなど。
状況をあれこれ考えながら変えていけるのもタイラバの楽しみ。
キャスラバーの詳細はこちらへ
 
まだまだ、開拓の余地がある釣りですが、われらが村越テスターもキャスティングタイラバには大きな可能性を見出していらっしゃいます。
 
そのほか、定番ともいえるぶっこみ釣り
磯場や波止等、多様な場所で手軽に始められ、対象魚も底付近に生息する様々な魚を狙うことが出来ます。カレイや根魚等、食べておいしい魚が挙がってくれば当然試す価値有りですよね。
ここでも、キャスティズムタックルは本領発揮。QDを搭載した新キャスティズムリールなら、アタリ待ちのドラグを緩めた状態からアワセのためにドラグを締めるのは一瞬。
特に、磯場でアタリが出たときには、魚を海底から一気に引き離す必要があります。クイックレスポンスが可能になるQDならここに不安はありません。
 
多彩なキャスティズム。
その一部をご紹介いたしました。キスの投げ釣りに集中、もいいですが、キャスティズムをきっかけにマルチスタイルな投げ釣りにチャレンジしてはいかがでしょうか?
 
その他の釣りスタイル含めた詳細はこちらから⇒ www.castizm.com

カテゴリ

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31