セオリーの回転を支える、『マシンカット』ギヤーって?

 

発売以来、お蔭様でご好評を頂いております小型スピニングの新製品、『セオリー』

IMGP7143.JPGのサムネール画像

2004でEXISTと同重量の175gという超軽量に加え、

高い巻き感度を備えた、抜群の回転精度が、ご評価いただいているポイントかと思います。

(ありがとうございます!)

 

 

で、これってなんで実現できたの?というところですが、

以前も紹介させていただいた通り、軽量ZAION製エアローターの採用によるところが大きいですが、

もうひとつ重要なポイントとして挙げられるのは、ギヤーの製法

 

このセオリーでは、最高級機種に匹敵する、

アルミ『マシンカット』製ギヤーを採用しております。

それが、回転精度の向上に寄与しているわけですね。

 

 

 

といっても、ちょっとわかりにくいかもしれませんので、少し説明をさせてください。

 

 

リールに使用されるギヤーの作り方って色々あるわけですが、

一般的なのは、『鋳造』『鍛造』『マシンカット』の3種でしょうか。

 

『鋳造』というのは、たこ焼きやたい焼きのように、溶かした(金属)素材を「型」に流し込んで固めるもの。

つくりやすく、形状も自由度が効きやすいメリットがあります。

 

 

『鍛造』は、同じ型を使うのですが、素材を流し込むのではなく、型を素材に押し付け、

高~い圧力をかけて素材を圧縮して、そのままギヤーの形状に変形させるといえばいいでしょうか。

 

金属の組織をそのまま活かしたまま、密度を高める(圧力によって素材がつぶされているわけですから)

ことによって、より硬くて強いギヤーをつくることができます。

この鍛造も、冷間鍛造と、熱間鍛造があって、

一般的には、熱を加えて圧縮する熱間鍛造よりも、

常温に近い状態で圧縮する冷間鍛造の方がより精度よくつくることができるようです。

 

 

さて、セオリーでも使用している、アルミ『マシンカット』製のギヤー。

tfeory170117-01.jpg

誤解があるかもしれませんが、

『マシンカット』、といってもこのギヤー、一から削りだしているわけではありません。

(ベイトリールのフレーム等では素材から切削しているものもあります)

 

製法としては、実は、まず冷間鍛造によってギヤーをつくってしまいます

これによって、アルミの組織を損なわずに、高密度、かつ高硬度のギヤーが完成します。

しかし、そこで終わらないのが「マシンカット」の由縁

鍛造製ギヤーの組織を損なわないように、表面のごく薄い部分を精度の高い加工技術により削り取る、

というか磨きあげるような切削をして、理想の歯面へと、表面を整えていくのです。

これが肝、これが所謂『マシンカット』なわけです。

 

 

ぶっちゃけた話、リールに求められるギヤーの精度って、他の業界と比べても非常に高いんですよね。

ただ円滑に回転すればいい(大体の業界はそうです)だけではなく、

その回転そのものが、ルアーや魚と釣り人を結ぶ、繊細な接点となっているケースが往々にしてある。

ちょっとしたゴリ、コツ、音、違和感がそれを阻害する。

そして、そのこだわりをとことん追求していくと、

どこかで、鋳造にせよ、鍛造にせよ、型で作れる精度には、おのずから限界がきてしまう。

(なぜなら、やっぱり、型ですから)

 

 

それが、ダイワの小型スピニングが、

あるグレード以上の機種に、『マシンカット』製のギヤーを採用している理由なんです。

 

 

ダイワのスピニングの回転を表現する際によく使われる

「感度が高い」「前アタリがわかる」「流れの変化を掴みやすい」

といった表現は、こういったギヤーの精度によることも、きっと大きいのだと思います。

 

◆セオリーで使用されているアルミマシンカットデジギヤ (右奥は鋳造製のギヤー)

theory gear.jpg

 

 

 

「巻き」の釣り、といわれるくらい、エリアトラウトではリールの回転精度が重要視されます。

最高機種に匹敵するほどの回転を、お求めやすい価格帯で実現した、

『マシンカット』ギヤー採用のセオリー、是非お試しください。

 

 

 

 

P/P事務局:mel

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31