2020年4月アーカイブ

月刊磯PRESSに 田中貴さん出演の特別号「トップトーナメンターのフローティングベスト活用術」を公開いたしました。
釣りの効率と仕掛け交換のスピードを重視する、田中さんならではのアイディアを詳しくご紹介します。ぜひ御覧ください。

※今回の「月刊 磯PRESS」は 田中さんの地元・熊本からリモート収録でお届けしています。一部、画像音声の乱れ等がございます。予めご了承ください。

◆月刊 磯PRESSは、磯釣り関連の気になる話題や、公式サイト、カタログではお伝えしきれないDAIWA製品の深堀り情報などを、DAIWA磯スタッフが運営するブログ「磯PRESS」にてお伝えするスペシャルコンテンツです。

FIELD:静岡県静岡市 清水港

今回登場のアングラーは、誰もが気軽に楽しめるシンプルスタイルを提唱するイカダ釣りのスペシャリスト、稲垣昌己さん。2019年12月に静岡県清水港にて収録した、クロダイのかかり釣りの模様をお届けします

稲垣昌己『超感! 清水港のかかり釣り』の巻|第三十四回 磯ちゃんねる

稲垣さんの使用ロッドは、2020年春にモデルチェンジされた「BJイカダ メタルチューン」。前作よりさらにしなやかになったSMT(スーパーメタルトップ)により、アタリの表現力が大幅にアップ。定評あるSMTならではの「手感度」に加え、大きな曲がりでアタリを捉える「目感度」も向上したことで、従来にない超感度を実現しています。

画像:BJイカダ メタルチューン竿

BJイカダ メタルチューン 製品ページ
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/ikada_rd/bj_ikada_metaltune/

それでは、磯ちゃんねる第34回 稲垣昌己『超感! 清水港のかかり釣り』の巻、どうぞお楽しみください!

1  2  3  4

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30