2018年9月アーカイブ

最新の機能を搭載したDAIWA磯用LBリール最高峰、NEW TOURNAMENT ISO LBD。

いま一度、この最新LBの魅力に迫ってみたいと思います。

 

今回のモデルチェンジの目玉ともいえるのが、【BITURBO(バイターボ)ブレーキ】。

この新機能は、「ブレーキ効率2倍」、「ブレーキレスポンス向上」が大きなメリットです。

必要ブレーキ力に達するまでの力は従来の半分。つまり、同じブレーキ力を発揮させた場合、レバーを握る力は従来の1/2ですむ計算になります。

さらに、ブレーキレスポンスも大幅にアップしており、必要ブレーキ力に達するまでの時間は従来比1/4に短縮。握り込んだ瞬間にブレーキががっちりと利き、快適なフカセ釣りをサポートします。

 

また、LBリール初採用のLC-ABS(ロングキャストABS)は、ライン放出性能をアップ。フカセ釣りにおいては仕掛けを自然に馴染ませ、かつ遠投性まで兼備える優れものです。

今回はドラグ関連を見直し、ドラグノブを大口径化。競技・大物とそれぞれ特化したATDセッティングを施しています。もちろん、マグシールド、最軽量ZAIONエアローター、チタンエアベールなど、数々の機能を搭載。フラッグシップに相応しいフルスペックでの登場となります。

 

そんな最新LBリールの魅力を田中貴さんが解説する、NEW TOURNAMENT ISO LBDインプレッションムービー。本日からDAIWA磯PRESSでもご覧いただけるようになりました。

まだご覧になっていない方は、ぜひご鑑賞ください。

 

 

TOURNAMENT ISO LBD 製品ページ

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/18_t_iso_lbd/index.html

 

磯チャンネル 第十五回「難攻不落!?食い渋る串本グレ」の巻を公開いたします。
 
今回は武田一平フィールドテスターによる軽さを極めたハイレスポンスロッド「エア エボリューション」を使用した、和歌山県串本町 出雲埼釣行レポートです。

 

軽さが生み出す圧倒的機動力が持ち味の「エア エボリューション」は軽量設計に基づき設計されたブランクスとFujiの『C-IMSG&TC-IMSGガイド』を搭載したこの秋注目の新製品です。製品仕様やショートムービーなど、充実の内容になっておりますので、製品ページもぜひご覧ください。
 
 
また、前回もご紹介した「アストロン磯 マスターエディション Z」と合わせて注目いただきたいのが、悩ましい磯際に広がるサラシのかわし方。武田テスターが分かりやすく解説するライン操作のポイントを動画でご覧ください!
 
 
それでは、磯チャンネル 第十五回「難攻不落!?食い渋る串本グレ」の巻 お楽しみ下さい!!
1  2  3

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31