ペアバトル集合写真.jpg陽光・薫風 蒼い空 天候に恵まれた5/30(土) 「ダイワへらペアバトル2015」が千葉県柏市の「清遊湖」で開催された。

参加選手は定員(75ペア/150名)を超え、暑く熱い闘いが繰り広げられた。

使用桟橋は中央桟橋両面と南桟橋。順位はペアの釣果総重量で競われ、ペア同士は離れて着座する当て番制で行われた。勝つためには戦略と刻々の情報の把握も必要な内容だ。

AM7:15火蓋が切られた。前日までのバクバク状態から一転、前夜の冷たい雨、人的プレッシャーのためか開始まもなくは思ったほど竿が立たない。30分を経過したあたりから魚も選手も落ち着いたのか竿が立ち始める。俗に言うモーニングサービス。清遊湖の傾向としてAM9:00までが一つの山となることを知っている選手はスタートダッシュを決めるべくエサ打ちに力が入る。

枯法師・月光・・そして春に限定発売した「聖 春色」のピンクが目立つ。9時を過ぎると気温はじりじり上がりパラソルの華が咲く。攻め方はスタート当初は各々思惑よろしく長竿の沖狙いの方も見られたが、経過とともに短竿セットの浅ダナかチョウチンが大半を占めるようになった。それでも「俺はダンゴにこだわる」と信念を通す方もおり、皆それぞれの楽しみ方で競技に望めるのもペアバトルならではの光景といえる。

今回は気温がピークにさしかかるAM11:00より30分間の一斉休憩を設け、しばし緊張が一瞬ふっと抜ける。ここで清遊湖の美しい景観がやっと目に入る・・・といった感じだ。お弁当をほおばる選手、情報交換に余念の無い選手などさまざまなスタイルで休憩時間をすごした後、AM11:30 リスタート! 

不思議なものだ・・この30分間ブレイクで池全体の空気感が変わった。ピッと張りつめた中に何となくのゆったり感。いい雰囲気だ。

ペアバトル風景.jpg

初夏を思わせる陽気の中でのバトル

気温はさらに上がり30度を越えた。このあたりから、トーナメンター達が他を離しにかかる。釣れる時間帯の釣り込み、釣れない時間帯の拾い方・・1dayトーナメントのコツ。この釣れない時間帯に労を惜しまず目先を変えて丁寧に拾っていくことが最終的に大きな差になることを彼らは熟知している。先にも言ったが、今回の席次はペア二人が共に好ポイントに入ることがないように設えられている。それでも釣果をまとめてくるところはやはり鍛えられている。涼風が立ち始めたPM14:00、 6時間半にわたるバトルの終了のホーンか鳴った。

ホッーという吐息が木霊する。全員が暑い中最後まで釣り切った。感謝である。

さて検量 最高は5フラシ(12kgカット 15枚目安) 平均は2フラシ程度の釣果。慎重に検量・ペア合算を

行った結果。

1位 上杉 拓  山村 慎一 ペア  総重量 60.05kg

2位 大田 武敏 天笠 充  ペア  総重量 44.50kg

3位 柴崎 誠  根本 浩延 ペア  総重量 44.50kg

なんと2位が同重量という希有な結果に。

ペアバトルらしく、リーダー同士のジャンケンで当該順位となる。

釣る人はどんなシチュエーションでも釣り込んでくる。予想以上の渋さで浅ダナウドンセットを選択したペアが上位を独占する結果となった。 

表彰台.jpg

上位5ペアの表彰

 

上位表彰に続いて今日参加いただいた8名の女性へら師(最高釣果 中島真弓さん 11.40kgは立派!)への謝意表彰。そして盛り上がりのお楽しみ抽選会と沢山の笑顔の中での閉会となった。

ダイワへらペアバトル2015 上位20ペア成績

 

順位

氏名(敬称略)

氏名(敬称略)

ペア総重量(㎏)

1

上杉  拓

山村 慎一

60.05

2

大田 武敏

天笠 充

44.50

3

柴崎  誠

根本 浩延

44.50

4

中島 崇博

小野 恵介

39.75

5

種家 太一

岩本 勝

35.25

6

鈴木 博之

益子 達也

34.65

7

斉藤 治身

佐藤 幸男

33.15

8

伊藤 泡舟

伊藤 幸子

32.25

9

水内 順

高橋 克彦

30.30

10

鈴木 則之

横澤 光隆

30.00

11

渡辺 秀一郎

安倍 慎次

29.25

12

岩波 裕治

関亦 雅広

29.50

13

青木 克悦

なかぐき しんご

29.15

14

鈴木 淳一

松本 雄次郎

29.10

15

中島 真弓

緒方 浩一

28.85

16

百合草 貴史

百合草 大貴

27.50

17

松田 義信

今野 正明

27.30

18

荒井 裕紀

遠藤  重幸

27.05

19

岩崎 遥

川村 義行

26.90

20

伊藤 ゆたか

福田 俊之

26.50 

 

 

 

趣のある釣り味で人気の「聖」に2015年春、“別作 春色”が数量限定で発売決定!

1月30日から開催される横浜フィッシングショー、大阪見本市ダイワブースにて展示予定。

 

その名の通り、“春色=桜”をイメージしたカラーリングが釣り場で映えること間違いなし。

デザインパターン、機能は「聖」を踏襲しながら段塗り部分だけでなく、ベースカラー、研ぎ出し、グリップ、竿袋にいたるまでこだわりのカラーリングとなっています。

発売は8・9・10尺の3アイテム。

価格はメーカー希望本体価格

8尺:¥34,000-

9尺:¥37,000-

10尺:¥41,500-

です。

 

下記のアドレスから申込書をダウンロードできます。

http://daiwa.globeride.jp/column/eventreport_hera/images/hijiri.pdf

販売店様備え付け又は上記のPDFファイルより申込書をプリントアウトしていただき必要事項ご記入の上、お近くの販売店様にてお申込ください。

数量限定なため、ダイワ受付先着順となりますのでお申込はお早目に!!

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11