真夏の日差しが照りつける中へら鮒釣りにはチョット厳しい時期ですが、いよいよ秋のトーナメントシーズンを前にして「ダイワへらマスターズ」の参加者募集が開始されました。

今年からインターネットでの申し込みも若干変更があり、これまで登録していただいた方も再度登録の必要がありますのでお気をつけください。

申し込みの流れとしては

①:皆様の登録

②:新たに発行される登録コードを使用してマスターズ参加希望会場へ申し込み

③:エントリー確定後ダイワより確定(不確定)と参加費(確定選手)振込みのご案内

④:参加費振込み

⑤:大会エントリー最終確定

となります。

一度皆様の登録をしていただけると、その後のエントリーは凄く楽になります。

また、パソコン操作がどうしても苦手…という方は代理登録も可能ですので周りの得意な方に頼んでいただければ幸いです。

それでも出来ない…という方はダイワお客様センターまでご相談ください。

ダイワお客様センター

0120-506-204(無料)

受付時間:9~17時(土日祝日は除く、お盆休みにもご注意を)

携帯電話からもご利用いただけます。

 

大会詳細はダイワWEBイベントページをご覧ください。

ダイワへらマスターズ要綱

真剣に全国優勝を目指すのは勿論ですが、メジャー大会は普段の例会とは違った独特の緊張感が魅力です。

それぞれの成績が出るので、仲間同士で出場すると大会結果だけでなく楽しめます。

是非お早目のお申し込みをお待ちしています。

 

七夕の7月7日(土)埼玉県 白岡市にある隼人大池様にて“ダイワへら試釣会2018 in 隼人大池”が開催されました。

前日の夜の雨から心配されましたが、朝方は少し小雨が残ったものの程なくして朝さしたパラソルが日よけになるほどの天候に恵まれて大勢のお客様にお越しいただきました。

メインエリアとなる新池の桟橋は会場朝6時直後にほぼ埋まり、浅ダナから底釣りまで皆さんお好みの釣り方にあわせて各種ダイワ試釣ロッドをお持ちいただき試釣会を楽しまれていました。

10時からのエサ教室では今回のメインホストでもある池澤テスターのユーモア溢れるトークで和やかな雰囲気の中、これからの時期に有利な「ベース2」「ベース4」をメインとした2種類の両ダンゴの使い方や使い分けなど丁寧な解説がありました。

そしてお待ちかねのミニバトル。

11時30分~13時30分の2時間勝負です。

今回のルールはどんな釣り方でも釣れている隼人大池さんの状況を考慮して、池規定に沿った自由釣り。

普段のエサにエサ教室で紹介した「ベース2」か「ベース4」のどちらかを少しでもブレンドするルールです。

凄い賞品があるわけではありませんが、皆さん勝負となると自然とエサを打つペースも早くなります。

流石に満タンのため食い渋りましたが、参加者の皆様は隼人ならではの大型べらで楽しまれていました。

結果は

優勝:會田選手 8.44kg

準優勝:後藤選手 6.90kg

3位:野市選手 6.62kg

優勝の會田選手は短竿のチョウチンヒゲセットでしっかり馴染ませて待ち気味にして確実な食いアタリを捕らえて釣果を得ていました。

次回開催は9月以降となりますが、その頃には今回間にあわなかった秋の新製品も試釣していただける予定です。

参加していたただいた皆様には素敵な参加賞もご用意していますので奮ってご参加ください!

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11