ナンバーワンキャスターへの道

 文・写真/吉野 海洋 よしの かいよう 1991年生まれ DAIWAフィールドモニター

JSCF、NSCF所属。石川鱚酔会会員。


投げ釣りをやっている方であれば誰もが一度は思うだろう。

遠くへ投げたい、もう少し距離を伸ばしたいという気持ち。

僕も少年(14歳)の時から投げ釣りを始め、若い時は釣る楽しさより投げる快感を覚え、35号より上の竿ばかり振っていたのを思い出す。それから、ずっと、そして今も遠投というテーマの虜になっている。

 

 

遠投をよりストイックに追いかけるようになったきっかけは、スポーツキャスティングという競技に出会ったこと。当時は少年の野心とガムシャラパワーだけで投げていたが、もちろん良い成績がでることはなかった。そう、、、スポーツキャスティングはそう簡単なものではないと競技を通してしみじみと分かってきたのであった。性格が関係しているのか、不思議と負ければ負けるほどよりスポーツキャスティングを好きになり、一時期は海に出かけても釣りをすることもなく朝から晩まで一日数十投も投げては巻いて、投擲に冒頭していた。

 

先輩に誘われて初めてスポーツキャスティング大会に出場した際、自信はあったものの、3回ファールして、失格。これが僕のスポーツキャスティングの始まりだった。

その後違う予選会で優勝し、念願のトップキャスターズトーナメントへ参加する資格が与えられた。初めてのトップキャスターズトーナメントの結果は三位入賞だったが、素直に喜ぶことは出来なかった。様々な種目を間近で見て思ったことは、ただ身体が大きい、パワーがあるというだけでは勝てないということだった。

 

体幹、パワー、技術、道具が全て揃わなければチャンピオンにはなれない。

 

その後、とりあえず自分を追い詰めて、筋トレ、柔軟体操、そして体力を一年間のテーマにして、頑張った。その甲斐もあり、次の年に第5種目のチャンピオンになることができた。

この優勝をきっかけにキャスティング競技で自信が持てたとともに、そこまでのトレーニングで身に着いた技術がキス釣りトーナメントでも大活躍することになる。キス釣りトーナメントの全国大会で狭い範囲を狙うフルキャストを要求される場面で、多くの選手が苦戦する中、自信をもって正確なキャストと大遠投を決め、釣りの競技でも日本一のタイトルを獲得することができた。スポーツキャスティングをやっていなければ、このように優勝する事は出来なかったと思っている。

今もきつい筋トレをし、体力をつける日々が続くが、これも秋のトップキャスターズトーナメントの一瞬のため。

これまで、第5種目で2回優勝、第4種目に転向して優勝し、第6種目では一回敗北を味わってからの優勝を味わったが、当然ここまでの道のりは長いものだった。ボクシングと一緒で、階級が上がれば、今までよりも練習の量が必要になるし、ヘビー級の対戦相手に勝るには体力も必要になる。さらに、プレッシャーに負けない強い度胸が必要になる。勝ったら勝ったで、追われる恐怖にも襲われることになる。

でもこれらの悩みを乗り越えるのに頼りになるのは、練習だけである。

 

昨年世界戦でベルギーに行けたことは、本当にいい経験となった。世界にはまだまだ強い選手がぞろぞろいる。いつかは表彰台の真ん中で日の丸に身を包むために頑張ってみたいと強く思った。

ベルギー世界戦での様子

 

 

僕のキャスティングを支えているのは何といってもサンダウナーシリーズ

今ではサンダウナーシリーズがなければ僕のキャスティングが成り立たないと言っても過言ではない。

サンダウナーを例えるならば、花の慶次に登場する馬(松風)と僕は勝手に思っている。

なかなか言うことを聞かないが、その代わりに征服した瞬間は素晴らしい武器になる。

そう、まさにキャスティングに必要なのはこういうロッド。

そこそこ距離が出る竿では入賞することができたとしても自分の究極の飛距離は出せない。

 

自分が出せる究極の飛距離。

 

僕がサンダウナーを使う理由は正にここにある。自分の究極の飛距離を引き出せるロッドだからこそ信頼して使い、だからこそ勝てる。

それとサンダウナーシリーズには選択肢が多いのも好きな理由の一つ。向かい風には少し短めの硬いロッドを選択したり、追い風の際には少し長めの曲がるロッドを選んだりと細かい号数設定があるから選択がしやすいのも良い。

竿選びは体力との相談、とよく言われるが、スポーツキャスティングでは竿に慣れるのも凄く大事。竿の特性に合わせた投擲が効く側面も多くある。

因みに僕の使用しているサンダウナーシリーズは

第5種目 サンダウナーコンペティション43-415

     サンダウナーコンペティションプロトギア45-390

第4種目 プロトギア37-400

第6種目 プロトギア45-390

 

一センチでも遠くへ投げることができた者がチャンピオンになる。

言い訳のできないスポーツキャスティング競技。努力して努力して結果がでた瞬間は何とも言えない嬉しさと、次の競技へのやる気が湧いてくる。競技人口はどんどん高齢化し、減っていくばかりなのがつらいのだが、この雰囲気に負けず、是非若い投げ釣り師の方々にも興味を持ってもらい参加して欲しい。そして、もっとキャスティングの楽しさに触れて欲しいと思う。

 

今年の11月のトップキャスターズトーナメントも徐々に近づいてくる。今年もチャンピオンの意地をみせて、最高の相棒(サンダウナー)とともに連覇を目指そうと思い、日々やるべきことを続けていこうと思う。

 

 

吉野海洋ダイワモニターの投擲動画をごらんになりたい方はこちらへ

http://daiwa.globeride.jp/column/toukon/Casting_Yoshino_20190614.mov

 

サンダウナーシリーズの詳細情報は下記よりご覧ください。

サンダウナーコンペティションはこちら

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/nage_rd/sundowner/index.html

サンダウナーコンペティションプロトギアはこちら

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/nage_rd/sundowner_cp_pg/index.html

 

 

カテゴリ

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31