長短の「銀狼 冴」で 大きな干満差を釣りこなす!(後編) 長崎県/九十九島

潮が引き、海面下に沈んでいた岩が徐々に露出してきた。「銀狼 冴」のショートロッドを駆使し、背後に崖が迫る狭い足場で黒鯛(チヌ)を連発した鶴原修さんは、岩だらけになった九十九島の磯をどのように攻略するのか。前回に引き続き、鶴原さんのクレバーな釣りをお届けする。

 

 

潮が徐々に引き

海底の岩が露出してきた。

 

 複雑に入り組んだ無数のワンド。「竜宮」はその奥に位置する波静かな磯である。朝イチはちょうど満潮であった。満ちきった海水が足場を覆い、ガケ下に少しだけ残された四畳半ほどの釣り座で、鶴原修さんは「銀狼 冴1号4.5m」を用いてキビレと黒鯛(チヌ)を釣り上げた。

 バックスペースが限られる狭い釣り座において、ショートロッドの効果は絶大であった。コンパクトなスイングで仕掛けを遠投し、軽快なロッドワークで黒鯛(チヌ)を取り込む。一般的な5.3mではここまで思い切って振り込めないであろうし、回収した仕掛けを手に取ろうと竿を立てようものなら、頭上に張り出した木の枝に道糸を引っ掛けてしまったかもしれない。

 正面の山から顔を出した太陽は、いつしか高くなっていた。潮が見る間に引いていく。ダラダラとカケ下がった海底が露出してくる。先ほどまでは沈み根だった大岩も釣り座が取れるまでになった。その先にはカキ殻がたくさん付着した岩が見える。

「釣り座がだいぶん広くなってきましたね。ここまで潮が引くと、ショートロッドにこだわる必要はないでしょう」

 鶴原さんはこう言うと「銀狼 冴1号4.5m」を仕舞い、ロッドケースから「銀狼 冴1号5.7m」を取り出した。銀狼シリーズでは「銀狼王牙AGS・藻切りスペシャル」と並ぶ最長尺アイテムである。

「ロングロッドの利点は多々ありますが、やはり長さを生かして足下の障害物をかわせることが大きいです。特にここのような釣り座の前に大岩がゴロゴロしている場所では心強いですね。あと、ハリスを長く取れるので自然なアプローチが可能になります。節が長いぶん、タメが効くのもいいですね」

 仕掛けはショートロッドのときと同じ。自立棒ウキと中通しの「銀狼 遠投Ⅱ」をローテーションで底付近を丹念に狙う。その結果はすぐに出た。

 

潮が引いて釣り座が広くなったのを機に「銀狼 冴1号5.7m」に竿を持ち替えた。

釣り座の前は大小の岩が点在している。長竿が最も活躍するシチュエーションだ。

自立棒ウキと中通しウキを使い分け、底付近を設定的に狙う。場合によってはハリスを底に這わせたりする。

 

 

5.7mの長尺を活かし

足下の障害物をかわす!

 

 湾奥特有の散漫な潮がわずかに振れた途端、棒ウキのトップが静かに海面下へ吸い込まれた。視線を鶴原さんに向けると、「銀狼 冴1号5.7m」が“つの字”に絞り込まれていた。

 そのやり取りは、文字どおりの「余裕」であった。ハリスは「タフロングレイトZカスタムEX」の1.25号。大型黒鯛(チヌ)狙いとしては決して太くはないが、5.7mの大きなストロークが生み出す弾力が魚の動きを見事なまでに封じ込める。釣り座の前に点在する沈み根も、少し竿の角度を変えるだけで楽に回避。鶴原さんが差し出す玉網に滑り込んだのは、40cmを軽くオーバーする良型の黒鯛(チヌ)だった。

「豊かな粘りと弾力はさすがにロングロッドですね。厄介な沈み根も楽にかわせました。取り回しのよさはショートロッドに敵いませんが、魚を取り込むことを考えると、竿は長いほうが有利ですね」

 この1尾でそこそこの達成感を得た。鶴原さんが次に狙うのは、やはり型のようだ。

「竜宮にチヌが入っているという読みは当たりました。ただ、これ以上の型が出ないようなんです。数はそこそこ出たので、午後からは違う磯に渡ってみましょうか」

 異論はない。一発大型狙いはこちらも望むところである。船長が見回りに来るのを待ち、湾から出た独立磯の「ウゲ島」へ磯替わりした。

 

大きなストロークと豊かな粘りがロングロッドの真骨頂。沖の深みから黒鯛(チヌ)を引きずり出す。

足下の根をかわせばフィニッシュまでもう少し。「銀狼 冴1号5.7m」の弾力が黒鯛(チヌ)の反撃を封じ込めた。

「銀狼 冴1号5.7m」の前に為す術もなく玉網へ導かれる。白銀の魚体が美しい。

 

 

上滑りする表層の潮をかわし

当日一番の大型をゲット!

 

 ウゲ島も潮が完全に引ききっていた。水際には大小の岩が露出し、そのうちのひとつに釣り座を構えた。足場が高いこともあって、鶴原さんは迷わず「銀狼 冴1号5.7m」を手にした。

「強い北西風が道糸を引っ張ってしまうんです。こんなときは長めの竿を使い、極力穂先を海面に近づけるといいですね」

 仕掛けを投入した鶴原さんの表情が曇った。

「潮が動いているように見えますが、強い風に押された表層の潮が滑っているだけです。下の潮は遅いですね」

 ここで鶴原さんはウキを「銀狼 遠投Ⅱ」の3Bにチェンジした。重めの中通しウキ仕掛けを用い、仕掛けがなじんだところで道糸を張って仕掛けの流れをセーブして、ウキの先行を抑えるという寸法だ。流しては止め、また流しては止める。付けエサを先行させて、底の流れに漂わせるわけだ。

 そしてこの日のクライマックスがやってきたのである。「銀狼 冴1号5.7m」が大きな弧を描いた。長いストロークでゆったりと寄せるやり取りは、どことなく優雅に見える。引かれたらタメる。突っ込まれてもタメる。この余裕のある粘りがロングロッドの真骨頂である。

 白銀の魚体が海面を割る。為す術もなく玉網へ導かれた黒鯛(チヌ)は、大きな飛沫を上げて最後の抵抗を見せた。50cm近い大型。ここで鶴原さんがようやく安堵の笑みを浮かべてくれた。

「2本の竿を使い分け、仕掛けも底へ這わせたり流れに漂わせたり、やれることはすべてやれた気がします。この1尾で満足です」

 この後、40cmクラスを1尾追加したところで納竿の時間を迎えた。これで落ちから続く寒の黒鯛(チヌ)シーズンも終焉を迎える。来る乗っ込みが楽しみだ。

 

 

午後からは独立磯の「ウゲ島」で竿を出す。荒い根をかわすため、鶴原さんは迷わず「銀狼 冴1号5.7m」を手にした。

潮が引き切ったウゲ島も釣り座の前は沈み根がゴロゴロ。やり取りはおのずとシビアになる。

穂先を海面に近づけて風の影響を抑える。足場が高い磯では長竿が圧倒的に有利だ。

重めの仕掛けを強く張り込んで本命を食わせた。足下の根を慎重にかわす。

50cm近い大型を仕留めてしてやったりの鶴原さん。表層の流れをかわして食わせた技ありの1尾だ。

根だらけのポイントで真価を発揮した「銀狼 冴1号5.7m」。藻が生い茂る春シーズンも活躍してくれることだろう。

カテゴリ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31