ノリエサ&ロングロッドで エサ取りの中から本命を引き出す! 静岡県/初島

洗練された近代的な釣法が普及する一方で、地域に根付いたローカル釣法も多々存在する。関東地方の三浦半島〜伊豆半島エリアにおけるご当地釣法といえば、船揚場などに着くノリをエサにした「ノリメジナ釣法」が有名だ。ノリエサの釣りはオキアミとどう違うのか。今回は伊豆のロコアングラー・菊間将人さんの釣行に密着して、ノリメジナ釣法の魅力に迫ってみよう。

 

 

ノリエサを携え

熱海沖の初島へ向かう。

 

 地方色豊かなローカル釣法は多々あれど、その大半は黒鯛(チヌ)釣りで、メジナ(グレ)釣りでのそれはさほど多くない。そのなかにあって、関東から伊豆半島エリアで根強い人気を誇っているのがノリメジナ釣法である。読んでそのまま、港の船揚場や小磯に生えるノリをエサにしてメジナ(グレ)を狙う釣法であるが、ただ風情があるとか物珍しいだけでは、ここまで盛んに行われなかったであろう。

 なぜノリメジナが多くの釣り人に愛されるのか。その理由はズバリ「釣れるから」である。まずノリは、メジナ(グレ)のほかアイゴやサンノジ、ブダイなど限られた魚しか口にしないので、エサ取りに強い。それともうひとつ、ノリは大型がよく釣れるという点も釣り人としては嬉しいところ。海藻であるノリはコッパにかじられてもハリに残りやすく、その下でエサを待っている大型の口元に届く確率が高いのである。

 ただし、いつでもどこでもノリでメジナ(グレ)が釣れるわけではない。速い潮が通す場所などノリが着きにくい釣り場では反応が悪いことが多く、またコマセのオキアミにメジナ(グレ)が着いているときは、まったくノリに興味を示さないときがある。しかし、ノリが豊富な地方寄りの釣り場での効果は絶大だ。メジナ(グレ)がひとたびノリに興味を示せば、オキアミが残ってくるような低水温期でもアタリがあるし、逆にエサ取りが多すぎてオキアミでは歯が立たないような状況下でも、40cmオーバーがドカンと食ってくることもあるのだ。

 今回は伝統釣法であるノリメジナの実力を検証すべく、伊豆半島の釣りを知り尽くすロコアングラー・菊間将人さんの釣りに同行させていただくこととした。釣り場は温泉地として名を馳せる熱海の沖に浮かぶ「初島」である。

 初島は周囲約4kmの小さな島。海岸線の大部分を形成するゴロタ浜と、第一漁港、第二漁港と2つの港が釣り場となる。熱海港と伊東港から高速船が出ており、約30分の航程で島に渡ることができる。船を下りてすぐの第一漁港がこの日の釣り場だ。

「メジナ(グレ)の魚影が濃い島なのですが、エサ取りが非常に多いんです。オキアミオンリーだと厳しい状況ですが、ノリエサの場合はエサ取りが多くても問題ないですからね。エサ取りもメジナ(グレ)もどっさりいる。こんな状況がノリメジナには最適です」

 平日のこの日は釣り人が少なく、堤防先端に釣り座を構えることができた。いやがおうにも期待が高まる。

 

熱海港から定期船で初島に渡る。工程は約30分。身近な離島への釣行だ。

菊間将人さんは伊豆半島の釣りに詳しいスーパーロコアングラー。フカセ釣りやカゴ釣りはもちろん、ヤエンのアオリイカ、泳がせ釣りの大物狙い、ルアー、アユまでこなす。

一応オキアミも用意したが、エサ取りが多ければすぐノリにスイッチする。ノリは船揚場や小磯で採取したもの。

ノリはコッパにかじられてもハリに残るよう縫い刺しにする。軽いノリの比重を補うため、チモト部分に極小のガン玉を打っている。

 

 

海中はエサ取りが大宴会。

ノリエサの効果はいかに?

 

 まずはエサの準備だ。付けエサは前日に近所の港で採取してきたノリと、一応生オキアミも用意した。ひと口にノリと言っても、アオサ、ヒラアオノリ、ボウアオノリ、スジアオノリなど多くの種類がある。アオサは味噌汁の具などでよく知られる食材。ヒラアオノリはいわゆる浅草海苔だ。いずれもメジナ(グレ)のエサになり、どれを使うかは各人の好みである。

 コマセは生オキアミと「「グレジャックR」などの配合エサを混ぜたものに、細かく刻んだノリを入れる。昔は軽いノリを沈めるために砂を混ぜたりしたものだが、中比重の配合エサに絡めることで一定層にノリを漂わせるのが菊間さん流だ。

 コマセを撒くと、案の定大量のエサ取りが群がってきた。スズメダイにチョウチョウウオ、そしてタカベが確認できる。なかでも足の速いタカベが厄介だ。

「ノリがありますからエサ取りがいくらいても大丈夫です。問題はノリに反応してくれるメジナがいるかどうかですね。海中を観察したところ、メジナの姿が見えないのですが……」

 そんなことを言いながら、菊間さんはゆっくり仕掛けのセットに取りかかった。ロッドケースから取り出したのは「大島1.5号-57」。ケースの中にはもう1本「大島2号-63T」が入っていた。

「僕は長竿をよく使うんです。アタリウキを固定した2段ウキを多用することもありますが、普段竿を出している堤防周りでは、沈みテトラなどの障害物をかわして魚を取り込む必要があるんです。ただ、大きな沈みテトラだと釣り人の技量でかわすにも限界がある。物理的にかわそうと考えると、僕は長竿という選択になるんです」

 日中、1.75号前後のハリスで攻めるときは1.5号、夕マヅメに3号ハリスで一発大物を狙うときは2号を使うとのことだ。

 まずはオキアミをハリに付けて様子を見る。案の定、あっという間に付けエサが取られた。コマセからやや外して仕掛けを投入したところ20cmにも満たないコッパが食ってきた。周囲を見ても同じような状況だ。菊間さんはオキアミに見切りを付け、ノリをハリに刺した。

 その1投目である。ハリスがなじんだところで自作の発泡アタリウキがゆっくり沈下していったのだ。ノリメジナ釣法において早合わせは禁物。メジナ(グレ)はノリの繊維をついばむように食うので、スーッとウキを引き込む本アタリで合わせないと、ハリがスッポ抜けてしまうのである。

 菊間さんは海中のアタリウキを目で追いながら、ウキの沈下スピードがスッと上がったところで合わせを入れた。なかなかの引きである。5.7mのストロークと弾力にモノを言わせ、一瞬で浮かせたのは30cmを楽に超える口太。

「一発で結果が出ましたね。ノリに反応してくれるメジナがいてくれて、まずはひと安心です」

 

コマセにはオキアミと配合エサにプラスして、刻んだノリを混ぜ込む。配合エサの比重で一定層にノリを漂わせる寸法だ。

朝イチに使ったのは「大島1.5号-57」。海中に障害物が多いポイントではプラス40cmのアドバンテージが生きる。

コマセを撒くとエサ取りがワンサと集まってくる。生オキアミでは数秒ももたない。エサ取りも本命も多いときがノリエサが最も威力を発揮するシチュエーションだ。

オキアミではどんなに頑張ってもこのサイズ。この1尾を釣り上げたところでノリエサにスイッチした。

ノリエサに変えた一投目、早くもアタリがきた。5.7mの長尺を生かし、グッと矯め込むとあっという間に魚が浮いてきた。

30cm少々か。ノリに反応するメジナ(グレ)を確認できたという意味でも価値ある1尾だ。

 

 

群がるエサ取りの中から

メジナ(グレ)を選んで釣る!

 

 その後は時折アイゴが邪魔しに来るものの、ポツポツと中型の口太が食ってくる。状況のよいときはケーソンの間から良型が出てくるのが見えるとのことだが、この日はほとんど見えない。エサ取りの下へちょろっと出てきた個体が食ってきているようだ。とはいえ、オキアミだけで粘っても結果は見えている。

 サイズは平均して30〜33cm程度。エサ取りを気にせずメジナ(グレ)だけを選んで釣っているかのようで、釣りのペースとしては悪くない。しかし、数が揃えば型を狙いたくなるのが釣り師の性だ。そして、中小型を避けて大型を狙えるのがノリエサのメジナ(グレ)釣りなのである。

 菊間さんは狙うポイントを変え、ハリに付けるノリの量を変えつつ良型の気配を伺う。そして昼を回った頃に目測で35cmクラスを釣り上げた。この1尾で一定の達成感を得た菊間さんは、夕マヅメにテトラ際の一発大型狙いに切り換えるようだ。

 日が西に傾く頃、いよいよ菊間さんが「大島2号-63T」に手を伸ばした。ハリスは3号。これは根ズレ対策もあるだろうが、根に走られないよう強引に止めるための3号でもある。テトラ際というリスクの大きいポイントを攻めるにあたり、長竿と太ハリスで物理的に対処しようというわけである。

 しかし、残念ながら2号のロングロッドを根元からへし曲げるような大型は食ってこなかった。季節は12月上旬。まだ船揚場にノリが着き始めたばかりの頃である。ノリが成長する12月末からがノリメジナ釣法の盛期となる。

 

 

菊間さんが所有する新旧のロクサン竿。一番下が夕マヅメの一発大型狙いのためロッドケースに忍ばせた「大島2号-63T」だ。

昼過ぎ、あの手この手で攻めていたところにアタリ。なかなか元気な魚だったが「大島1.5号-57」の粘りとパワーの前には為す術なし。

目測で35cm前後。エサ取りの中からメジナ(グレ)を選んで釣り、型を伸ばしたという意味では納得の1尾だ。できれば40cmオーバーで花を添えたいところだが……。

ハリは「D-MAXグレ」の各種を使い分けた。メインはマルチの4〜6号。食いが悪いときはスピード、大型が食ってくるときは軸太のキープを使う。

夕マヅメは大型に備えて「大島2号-63T」に持ち替えた。ハリスは3号。万全を期したのだが大型からの魚信はなかった。

釣りの途中に出たゴミはバッカンにセットした「エコバッカン」に入れ、納竿後にまとめて処分する。

 

 

カテゴリ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30