メジナ(グレ)師の憧れ 大型尾長を釣りたい!高知県/柏島

精悍な顔つき、スマートな魚体。尾長メジナ(グレ)には口太とはまた違った風格がある。ウキが見えてからも激しく突っ込み、なかなか玉網に収まってくれない。ときとして気難しい相手ゆえ、一日粘ってもアタリさえないかもしれない。でも釣りたい。尾長とはそんな魚なのである。 

 

 

 

 

 

 

四国の若大将・岡田建治さんと

柏島の磯へ向かう。

 

 あっさり浮いてしまえば「この竿はおもしろくない」。根に入られてハリスを切られれば「この竿は弱い」。釣り人は基本的に我が儘である。魚を取っても取れなくても七色の文句を並べ立てるのが愛すべき釣り人の習性であるが、そんななかでも、ぐうの音も出ない惨敗、「参りました!」としか言えない完全な敗北を喫した経験は、誰にでも1度や2度はあるはずだ。

 これは同時に一生モノの思い出ともなるわけであるが、とりわけ遭遇チャンスの少ないターゲットであるほど鮮明に、そして深く記憶に刻まれるように思う。ルアーならGTやアカメ、サクラマスあたりか。ロクマル、ナナマルのビッグバスかもしれない。これが磯のフカセ釣りになると、やはり大型尾長という人が多いのではないだろうか。

 海面を漂っていた道糸が一気に走り、竿がリールシートの上からひん曲がる。速い流れを駆け下るそれを止めたのはよいが、そこからは幾度もの激しい締め込みが待っている。しかし、本当の勝負は足下へ寄せてから。ウキが宙で躍るほど浮かせてはいるのに、ここから執拗な突っ込みに難儀させられる。何度もしゃがみ込んだり道糸を出したりで、どうにか取れたかと思ったところでブチン!とやられるのである。放心状態とはまさにこのこと。うつろな目をしてへたり込むその姿からは、周りで見ていても「ヘナヘナ」と音が聞こえてきそうである。

 悔しいといえば悔しい。でも、なぜか少しだけ清々しさも感じる。正々堂々と力対力で渡り合うのだから、勝っても負けても胸がスカッとするのである。口太のように小技を利かせたやり取りにはない尾長釣りの豪快さ。これがたまらないのである。

「でも狙っているからには取りたいですよね。今日は尾長が出るかどうかわかりませんけど、精一杯頑張りますよ」

 こう胸を叩くのは、精力的に釣行を続けながらD.Y.F.C(ダイワ・ヤング・フィッシング・クラブ)の校長も務める磯釣り界の若大将・岡田建治さんである。今回の狙いは釣り人の憧れである尾長メジナ(グレ)。決戦の場として選んだのは、大場所が軒を連ねる高知でも特に名高い柏島である。時期は2015年の12月下旬。タイミングとしては悪くない。

 

 

 数多くの名礁を擁し、磯釣りのメッカとも称される高知で腕を磨いた岡田建治さん。尾長メジナ(グレ)には人一倍の情熱を注ぐ人である。

 柏島エリアでも尾長の実績が高い「グンカン」。ビロー島との間を抜ける水道を攻めた。左沖に見える島影は、これも大尾長で名高い沖ノ島。

 

 

 

深ダナはイサキの大群。

中層で尾長の機嫌をうかがう。

 

 口太は食い渋っても釣り方や仕掛けを工夫すればどうにかなる。しかし尾長が食い渋ると手に負えない。「口太は根魚、尾長は回遊魚」と伊豆半島の御大・丹羽正さんは言うが、まさにそのとおり。根などの地形に着く口太に対し、尾長は潮に着いて回遊する。それもかなりの距離を移動するらしく、昨日までは入れ食いだったのに今日は気配すらないということもしばしば。したがって、釣り場は慎重に選ばなければならないのである。

 岡田さんも釣行前から情報を集めていたが、テスターという立場上、他の釣り人を押しのけて一級磯へ渡るわけにはいかない。その点、柏島の渡船は磯割りのシステムがしっかりとしていて、実にフェアであるうえ船長の判断で適切な磯へ渡してもらえるのがありがたい。

 今回お世話になったのは、いのうえ渡船(☎0880-76-0210)。温厚な船長のはからいで、ビロー島と水道を隔てた「グンカン」に渡ることができた。

「柏島の磯のなかでは、わりと尾長が釣れる場所なんです。出るとしたらここかなと思っていたのでラッキーでしたね」

 実績だけでいえば、まず釣り場選びという第一関門はクリアしたようだ。しかし問題は潮だ。尾長は回遊魚。群れが入っていれば、速い流れの中でガンガン食ってくると岡田さんは言うが、はたしてこの日はどうなのだろうか。

 岡田さんはビロー島との水道に面したハナにバッカンを置き、タックルのセットに取りかかった。ロッドケースから取り出したのは、岡田さん自身が開発に携わった「オレガ尾長-55」。四国西南部などの日中釣り、九州の離島などで盛んな夜釣り、ひと口に尾長と言ってもそのスタイルは様々だ。尾長釣りに全方向対応するロッド、これが「オレガ尾長-55」のコンセプトである。そしてもうひとつ、岡田さんがこだわったものがある。

「ズバリ『取れること』です。大きい尾長との出会いって、そうそうあるものじゃないですよね。一遇のチャンスをモノにする。日中の釣りであろうと夜釣りであろうと、魚は取り込んでナンボ。だからフィールドテストでも強めのセッティングを選んでいきました」

 リールは「トーナメントISO3000SH-LBD」、道糸は「アストロン磯ガンマトリプルテン」の2号、ハリスは「タフロングレイトZカスタム」の2号、ハリは「D-MAXグレSSキープ」の7号でスタート。

「まずはこの仕掛けで様子を見ながら、大きいのが食いそうだったらハリスを太くするし、食いが悪かったり口太が主体になりそうだったらハリスを落とし、ハリもD-MAXグレのスピードマルチにローテーションします。魚の活性が低いときはD-MAXグレのケイムラが調子いいんですよ」

 ウキはBをチョイス。ハリスを2ヒロと少し取った、ごく一般的な遊動仕掛けである。

「事前の情報から、深いタナはイサキが多いんですわ。グレが食うときは浅いタナまで出てきますからね。今日は2ヒロから竿1本までのタナの釣りになると思います」

 竿を出してみると1投目からイサキ。次もイサキ。水道は右から左へ速い潮が抜けている。足下からの払い出しに仕掛けを入れ、本流との合流点にできたヨレを狙うが、ちょっと深く仕掛けが入るとイサキが食ってくる。浅ダナで付けエサをぶら下げておく、こんな釣りになりそうである。

 

 竿は岡田さん自身が開発に携わった「オレガ尾長-55」。60cmオーバーに真っ向勝負を挑める剛の竿である。

 リールは頑丈なハイパーデジギアを搭載した「トーナメントISO3000SH-LBD」を使った。オプションの「アルミラウンドノブ」とRCSローリングフックホルダー」を装着している。

 ハリスは「タフロングレイトZカスタム」。朝イチは2号で始め、魚の食いを見て号数をローテーションしていった。

 5.5mのストロークが生み出す豊かな弾力。ただ硬いだけの尾長竿とはワケが違うのである。

 仕掛けを深く入れるとイサキが食ってくる。浅ダナに付けエサを漂わせ、コマセに突き上げてくる尾長を食わせたい。

 

 

 

オレガ尾長55の圧倒的パワーが

良型メジナ(グレ)を一気に浮かせる!

 

 冬磯らしからぬ手返しの釣りになってしまったようだ。こんなときは短い竿のほうがよいように思うのだが、「オレガ尾長-55」の5.5mという長さはどこからきたのだろうか。

「長竿の利点はまず“タメが利くこと”ですよね。単純に考えて曲がるセクションが長いわけですから、5.3mよりも弾力を生み出す部分が多いわけです。でもパワーのある尾長を狙う竿はある程度の肉厚が必要ですから、長くしすぎると重くて扱えたものじゃない。弾力と取り回しのバランスを探った結果、5.5mに落ち着いたということですね。オレガの口太は同じ理由で5.7mなんです」

 長いと言っても、ひと昔前の磯竿は18尺=5.4mが標準であり、5.5mはそれより10cm長いだけである。岡田さんも片手で軽快に振っている。

「でも、足場が高い離島の磯では、この長さがありがたいんですよ。5.3mだと道糸が風に取られてしまうところ、5.5mは20cmも穂先を海面に近づけられるので、ライン操作がすごく楽に行えますね」

 たかが20cm、されど20cmなのである。

 そうこうしているうちに、オープンベイルのリールから勢いよく道糸が弾き出された。なかなかの重量感。これはイサキのひきではない。

 しかし、オレガ尾長-55にはいささか役不足。渾身の突っ込みも竿尻を添えたヒジをグッと入れるだけで止まってしまう。5.5mのストロークが生み出す弾力、そして圧倒的なパワーは、端で見ていても5.3mとは明らかに違うことがわかる。玉網に滑り込ませた魚体を見れば、口太ではあるが決して小さくはない。

 親指から小指までの長さが22cmの僕の右手をあてがってみると、2つと少し。45cmは楽にある。「強すぎてつまらない」などと言ってはいけない。なぜなら、オレガ尾長-55はロクマルを狙って釣るための竿だからである。竿出しから約2時間。ちょっと苦労させられたが、とりあえずメジナ(グレ)の顔が見られてひと安心である。

「でも尾長の顔を見たいですね。しつこくやってみましょう」

 しかし、その後はイサキに混じってたまに中型の口太が食ってくるのみ。いれば潮の中でガンガン食ってくるが、いないとなればカスリもしない。尾長はこのあたりが難しい。40cmのバッカン1杯半のコマセを撒き切ったところで、この日は竿を納めることになった。

 まだまだ釣り足りない。まだまだオレガを曲げ足りない。2016年が明けた今も、一期一会の大物を求めて、岡田さんは竿を振り続けていることだろう。

 

 「オレガ尾長-55」がイサキとは違う引きをとらえた。勝負は瞬く間に付いた。海面まで浮かされた良型の口太は、岡田さんが差し出す玉網に収まるしかない。

 45cm超のナイスな口太。普段の釣りであれば納得のサイズであるが、この日のターゲットはあくまで尾長。岡田さんの集中力は途切れない。

 長さゆえの粘りとパワーは感じるものの、長竿特有の持ち重りは気にならない。重量バランスがよい証拠である。

 イサキに混じって中型の口太は食ってくるが尾長の気配はない。だが、油断したときにかぎって食ってくるのが大型尾長だ。気は抜けない。

 バッカンのコマセを撒き切ったところでゲームセット。「いやぁ悔しいです。近いうちにリベンジしなきゃいけませんね」

 自分が出したゴミはきちんと持ち帰るのが人として最低限の心得。D.Y.F.Cの校長である岡田さんの立ち振る舞いは、常に模範的なのである。 

 

カテゴリ

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29