これぞ適材適所。鵜澤政則のロッドセレクト術!静岡県/南伊豆中木

寒シーズンへのカウントダウンはすでに始まっているはずなのだが、静岡県・南伊豆の磯は11月の下旬になっても秋の潮に包まれていた。依然としてエサ取りやコッパをかわしながらの釣りを強いられてしまう。コマセワークでエサ取りを動かし至近距離を手返しよく攻めるか、エサ取りが出ていかない沖の潮スジを狙うか。この悩み多き状況を名手・鵜澤政則はどう攻略するのだろうか。 

 

 

 

 

 

 

1本のロッドを使い込むか。

状況により複数を使い分けるか。

 

 釣り人は大きく2つのタイプに分かれるようである。ひとつは、仕掛けにせよ竿にせよ、気に入ったものを徹底的に使い込んで自分のモノにするタイプ。もうひとつは、釣り場の状況や魚の食いによって多種多様な仕掛けを使い分けるタイプ。どちらが正しいというわけではない。釣りの目的は魚を釣ることであり、型を狙うのか数を狙うのかは人によるが、ようは本人が楽しめればよいのである。

 竿は足場の高さや潮によって使い分ける。仕掛けも半遊動から全層、2段ウキまで何でもござれ。ハリもメインを決めず、魚の食いを見てベストなものをチョイスする。関東メジナ(グレ)釣りのスーパースター・鵜澤政則さんはこんな人である。タックルや仕掛けにこだわらない。ひとつの釣り方に固執しない。だからちょっとした状況変化にも柔軟に対応できる。ボクも鵜澤さんの鮮やかな釣りに何度も魅了された1人である。

 「基本的には長い竿が好きなんだよ。でもこればかりでは釣りにくい場面もある。だから5mの短竿やインターラインも使うし、外ガイドも今ではSMT(スーパーメタルトップ)とカーボンのメガトップの2種類から選べるんで、その時々で最も使いやすいものをチョイスするね。」

 そんな鵜澤さんと静岡県南伊豆の中木へ出掛けたのは11月下旬のこと。秋に発売された新製品が出揃ったタイミングでの釣行だけに、鵜澤さんがどのようなタックルで、どのような釣りを見せてくれるのだろうか。

 

  様々なタックルをスマートに使い分け、多彩な釣りを展開する鵜澤政則さん。この日は高水温の南伊豆・中木の磯を攻めた。

 

 

 

高水温が続く南伊豆の磯。

鵜澤政則、どう攻める?

 

 寒メジナ(グレ)シーズンのハシリとはいえ、海はまだ秋の様相。今回お世話になった渡船、重五郎屋(☎0558-65-1016)の水温計を見ると21.3℃を示している。まだまだエサ取りやコッパが多く、時折ヒラマサやイナダ、ソウダガツオといった回遊魚が竿先を引ったくっていくという。どの磯へ渡ったとしても、かなり忙しい釣りを強いられそうである。

 海はナギだが北東風が強い。我々は大根島の崖が風を遮ってくれる「銀座」に下りた。ここは大きな島の一角であるが潮の抜けは素晴らしく、足下から水深があるためメジナ(グレ)以外にイサキや真鯛といった嬉しい外道も多い。鵜澤さん自身も大好きな磯だとのことだ。

 「コッパやエサ取りの出方を見つつの釣りになるから、今日はコイツで始めるよ」

 鵜澤さんがロッドケースから取り出した“コイツ”とは、この秋に出たばかりの「オレガ別誂口太50」。手返しの早い釣りを想定してか、まずは5mの竿でのスタートである。リールも軽さを重視して「トーナメントISO2500SH-LBD」。道糸は「アストロン磯ガンマ トリプルテン」の1.85号、ハリスはフロロカーボン1.7号を中心にローテーション。ハリはまずグレ5号を結んだ。鵜澤さんとしては珍しいともいえる軽量&スピードゲーム仕様である。まずは00号のウキをセットした全層仕掛けで様子を見る。これは状況がわからない朝イチに多用する、鵜澤さんのパイロット仕掛けとも呼べるものである。

 潮は伊豆半島先端に向かってゆったり流れる下り潮。まずは足下へコマセを入れ、竿1本先までの至近距離を丹念に狙う。竿出しから間もなく、ウキがスッと視界から消えた。

 

 「コッパやエサ取りをかわしつつ型を絡めていく釣りになりそうだよなぁ」。タックルを準備する時間は頭の中でイメージを膨らませ、集中力を高めていく大切な時間でもある。

 手返しの早い釣りが予想されたこの日、朝一番は迷わず「オレガ別誂口太50」を手にした。4本継構造が生み出す粘りとキレは、まさに新感覚だ。

 穂先には軽量のカーボンフレームガイド「AGS」を搭載。軽快な操作感に一役買っている。

 「オレガ別誂口太50」はSMTよりも軽量のメガトップを採用することで取り回しの軽さを追求した。

 ブランクスには道糸のベタ付きを軽減するICガードを配してある。小雨交じりだった当日はこれが効いた。

 リールはハンドル1回転で100cmラインを巻き取れるハイギアモデル「トーナメントISO2500SH-LBD」を選択。カーボンハイブリッドスプールなど各部が軽量化されており、スタンダードモデルという位置づけながら「準競技仕様」ともいえるポテンシャルを秘める。

 

 

 

「オレガ別誂口太50」で

足下からの流れを手返しよく狙う。

 

 細身&肉厚の4本継ブランクスがねっちりと負荷を受け止める。難なく抜き上げたのは足の裏サイズの口太だった。これはそっとリリース。

 「このサイズが釣れてくるならば30cm台の後半は絡めたいね。頑張ってみるよ」

 近年ではコマセを遠近に打ち分けてエサ取りと本命を分断する攻めがトーナメンターを中心に流行しているが、鵜澤さんは基本的にコマセを一点に打ち、その出スジを探って突き上げてくる良型を狙うという攻め方が多いように思う。この日も足下へは絶やさずにコマセを入れ、仕掛けを投入するタイミングをずらし、あるいは投入点をずらしつつ、魚の出方をうかがう。

 メジナ(グレ)のタナが浅く、全層仕掛けではアタリが出にくいと判断すれば、即座にウキ止めを付けた遊動仕掛けにチェンジし、「平面の釣り」に切り換える。潮が効き始めると「プロバイザーG-スペック TWIN」の2段ウキで潮の壁に仕掛けを差し込む。このあたりの立ち回り方は相変わらず見事だ。

 予想していたよりもエサ取りの量は少ないが、それでも釣りのサイクルが短く、手返しの早い釣りが要求されるのは変わらない。ポイントが近いほど、手返しが早いほど、そしてウキ下が浅いほど5m以下のショートロッドの特性が生きてくる。

 ポツポツ釣れてくるタカベやイサキを大喜びでクーラーボックスへ収めるのも鵜澤スタイル。釣った魚で美味しいお酒を飲むことも大好きなのだ。そうこうしながらメジナ(グレ)も少しずつ型がよくなり、やがて目測で37〜38cmの口太を玉網に滑り込ませた。

 「今日のところはこのサイズでよしとしなきゃイカンだろ(笑)」

 この1尾を境として潮が上りに変わり、それまで磯際をかすめていた流れが沖へ離れ始めた。

 

(写真キャプション03)

 トルクのある潮流狙いで活躍したのが「プロバイザーG-スペック TWIN」。マイナス浮力の下ウキが流れをつかみ、微細な潜り潮にも敏感に反応する。

 夏から秋にかけての人気者であるタカベが食ってきた。エサ取りには違いないが、食味がよいことから歓迎する人も少なくない。

 しっかり粘るのにキレがある「オレガ別誂口太50」の曲がり。手返しが要求される近距離戦は最も得意とするところだ。

 目測で37〜38cm。鵜澤さんが言うところの「今日のところは勘弁してやろうサイズ」だ。あの手この手で引き出した魚は、型以上の満足感をもたらしてくれるのだ。

 

 

 

沖の横流れ潮は

5.3mのトーナメントで攻略!

 

 ここで鵜澤さんが取り出したのが、自身が監修した「トーナメントISO AGS T-53SMT」。超高感度のメタル穂先を搭載したダイワ磯ロッドの最高峰である。

 鵜澤さんがこの竿に持ち替えたのにはいくつかの理由がある。たとえば上り潮が速くなったときの対策。SMTのメタル部分は穂先の先端からの10cm足らずであり、その後ろはチューブラーカーボンとなる。つまり、5.3mのSMT搭載ロッドは5.2mのチューブラー穂先ロッドに10cmのメタルを継いだものと考えることができ、速潮の中でも穂先が暴れないうえに感度もよく、曲がりが胴に入るのが速いため合わせも利きやすいというのがまずひとつ。

 次の理由は、単純に「長さ」である。長竿はハエ根をかわしやすいなどやり取り時のメリットが大きいが、鵜澤さんが長竿の利点として強調するのは「仕掛けを流す際の穂先の位置を遠くに置ける点」だ。足場の高い磯では穂先が海面に近いほど道糸が風に取られにくいし、横流れする潮へ仕掛けを流し込むときは、穂先が沖にあるほど道糸を流れに沿わせやすい。短い竿では穂先が手前にくるため道糸が流れに取られやすく、ひどい場合は道糸が大きく膨らんで仕掛けが潮スジから外れてしまう。このとき鵜澤さんが5.3mを選んだのは、主に後者を考えてのことだと思われる。

 鵜澤さんは流れの中から次々に魚を釣り上げた。メジナ(グレ)、イサキ、そしてイナダも食ってきた。クーラーボックスは瞬く間に釣果で埋まっていった。寒メジナ(グレ)とすればもう少し型が欲しいところだが、秋磯の終盤と考えれば十分に満足できる釣果といえるだろう。

 そこそこのキャリアがある釣り人であれば、ロッドケースにはメインの竿以外に数本の予備を忍ばせているはず。今まではメインロッドを外ガイドの1.5号5.3mとすると、同じ長さの号数違いで揃えたり、使い古した同号数、同尺のものを予備とするスタイルが大半であったと思われる。これらの方法が悪いとは言わないが、号数違いや使い古しをサブロッドとすると、意外に使う機会がないという人も多いのではないだろうか。

 であるならば、鵜澤さんのように同号数で長さの違うものを用意しておけば釣り場の条件で使い分けることができ、双方をメインとして稼働させることができる。雨や風といった悪条件が予想されるなら、外ガイドとインターラインのコンビネーションもよいし、厳寒期など食い渋りが懸念される状況下であれば、SMT搭載ロッドとカーボンソリッド穂先の組み合わせも悪くない。足場の高い磯が多いエリアなら、「オレガ口太-57」「オレガ尾長55」といった長竿を絡めるのもおもしろい。

 複数の竿を機能的に組み合わせた死角のないロッドセレクト。オレガシリーズが一新され、さらに選択肢が増えた。自分の釣り方や仕掛け、自分がよく行く釣り場の特徴を今一度見直して、アイテムをフルに活用した効率のよいタックルシステムを構築してみてはいかがだろうか。

 

 

 適材適所で最も使いやすいものを選ぶのが鵜澤さんのタックル観。基本的に竿は長いほど有利というスタンスを取りながらも、5mロッドは欠かせないアイテムなのである。

 穂先の位置は食わせに関わる重要なファクター。竿の長さが30cm違うだけで仕掛けの流しやすさが劇的に変化する。

 「トーナメントISO AGS T-53SMT」に持ち替えて沖の潮スジを攻め、豊満なイナダをキャッチ。

 鵜澤さんはバッグに取り付けたアウトドア用のタオルハンガーにコンビニ袋をセットしておき、ここにゴミをまとめる。釣り座周りは常に綺麗だ。 

カテゴリ

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31