秋磯カタログがリリースされ、いよいよ新「TOURNAMENT」の全容が明らかになってきた。今回は前回に引き続き、五島列島の福江島で行った新「TOURNAMENT」の最終テストの模様をお届けする。ダイワ磯ロッドの歴史を知る名手は、新たなる最高峰に何を思うのか……。

 

 

トーナメントの歴史を創った

東西の雄に密着。

 

この日も穏やかな日和に恵まれた。長崎県・五島列島福江島。「トーナメント ISO AGS」の最終テストは2日目もスムーズに執り行えそうである。都丸(☎090・9888・1143)が舳先を着けたのは平瀬。嵯峨ノ島周りでは屈指の名礁であり、60cm級の尾長が出た実績もあるそうだ。いやがおうにも期待が高まる。

 平瀬に下りたテスターは、前日のハードな撮影から解放された鵜澤政則、山元八郎の二氏に岡田建治さんを合わせた3名。関東メジナ界のスーパースター・鵜澤さんと阿波の天才・山元さんは、30年以上もロッド開発に携わってきた東西の重鎮であり、いわば「TOURNAMENT」の歴史を創ってきた人物ともいえる。愛娘にも等しい新トーナメントをどう評価するのか、興味があるところだ。

 前日はカタログ撮影でまともに竿を出せなかったが、この日は撮り残しが数カットあるだけで、その後は自由に釣りをしていただくことになっている。みんな気心知れた仲であり、磯での雰囲気はまさに和気藹々だ。

 3人が手にしていたのは「トーナメントISO AGS1.5号-53」。ほぼ製品レベルの塗装が施された最終プロトである。

「ここは尾長のデカイのが出る場所だからね。新しい『TOURNAMENT』をこれでもかってくらい曲げてみたいね」(鵜澤)

「潮もええ感じに流れてますし、大きいグレが出そうですね。『TOURNAMENT』の実力を試すには最高の条件やないですか」(山元)

「今日は大先輩と一緒ですから邪魔にならんように頑張りますよ(笑)」(岡田)

 みなさんのモチベーションは高いようである。

 さて、前回レポートから1ヶ月が経ったいま、秋磯カタログのリリースを受けて新たに公開された新「TOURNAMENT」の情報がある。詳しくはカタログのほか弊社ホームページの「磯NAVI」でも紹介しているが、そのなかで最も特筆すべき新テクノロジーが「粘靱ブランクス」と「新型AGS」の2つだ。今回のレポートでは、「TOURNAMENT」を創生期から育ててきた鵜澤さんと山元さんの釣りを通して、二氏が感じた新「TOURNAMENT」の使用感をお伝えしたい。

 

この日は歴代「TOURNAMENT」の開発に携わってきた山元八郎さん(左)、鵜澤政則さん(右)と同磯した。手塩に掛けて育てた新「TOURNAMENT」の仕上がりをどう感じるのだろうか。

渡礁したのは嵯峨ノ島周りの「平瀬」。ご覧のように足場が非常によいうえ、60cmオーバーの尾長が釣れた実績のある一級磯である。

 

 

関東メジナ界の重鎮

鵜澤政則が新トーナメントを斬る!

 

 潮は沖に向かって右へ流れる上げ潮。上物の好潮である。鵜澤さんは磯の先端に釣り座を構え、潮スジをダイレクトに攻める。仕掛けはウキ止めを付けない全層スタイル。いわゆる全遊動であるが、タナを探るためにウキ止めを付けないのではなく、潮なりに仕掛けを流し込むための全遊動だ。

 50m、70mと仕掛けを流していくとガツンと穂先が持ち込まれる。はじめは30cmにも満たない小型だったが、コマセが効き始めると徐々にサイズアップ。その後はほぼ入れ食いのペースだ。

 こうなると、どのスジを流し、どこでコマセと仕掛けを合わせるかだ。仕掛けとコマセの投入点をずらしながらメジナ(グレ)の出方をうかがい、昼前には40cm強の口太を食わせた。

「まぁこのくらいの口太が出ればOKだね」

 こう言って鵜澤さんが竿を置いたところで、新トーナメントの開発コンセプトについて聞いてみた。

 「『TOURNAMENT』ってもともと、その名のとおり競技会で勝つために作られた竿だったんだよ。掛けた魚を早く取り込むため、細身で軽く、張りを強くすることで、魚をスピーディーに誘導して浮かせること。大まかであるけど、これが進化の歴史だった。しかし新『TOURNAMENT』は、強い張りで魚を誘導するのではなく、竿を曲げることで魚を怒らせず、結果として早く取り込める竿を目指したんだ。スーッと気づかないうちに魚が浮かされて、玉網に入った途端に暴れるような竿だね」

 そんな調子を作るために開発されたのが「粘靱ブランクス」であり、細身肉厚設計だ。2〜3番節にやや張りを持たせ、4番節を軟らかめに設定した新「TOURNAMENT」。今回のテストでは狙った調子を出せたのか。

 「納得だね。竿の調子はすごくデリケートで、プロトモデルで調子が良くても塗装を1枚被せただけで変わってしまうんだよ。今回は狙ったとおりの調子を出せたんじゃないかな」

 モノ作りにはうるさい鵜澤さんも新「TOURNAMENT」の仕上がりには満足げである。

 

歴代の「TOURNAMENT」やVIPを手掛けてきた鵜澤政則さん。製品をチェックする目は真剣そのもの。

竿を曲げた際に絞り出される粘りで、魚を怒らせずスピーディーに取り込むのが新「TOURNAMENT」の真骨頂だ。

 「玉網に入れてから魚が暴れる竿を作りたかったんだよ」という鵜澤さん。竿から伝わる振動や不要な反発が魚を怒らせるのである。

竿を矯めているだけで魚がスーッとついてくる。パワーがあるだけの竿ではこうはいかない。

40cmクラスの口太を釣り上げご満悦の鵜澤さん。「狙ったとおりの調子だよ。まだ大きいのが食っても大丈夫だね」

 

 

阿波の天才・山元八郎

電光石火の早業が冴える!

 

 山元さんは鵜澤さんよりやや奥まった釣り座から竿を出した。奥まっているとはいえ、本流に引かれる潮はなかなかのトルクがある。山元さんは、なるほどウキ止めを用いた遊動仕掛けと2段ウキ仕掛けを使い分け、次々にメジナ(グレ)を引き出していく。

 海面を細かく区切って華麗なコマセワークでエサ取りと本命を分け、1cmでも長く、1gでも重いメジナ(グレ)を食わせていく釣技はいつ見ても見事だ。取り込みも実に素早い。限られた時間内で釣果を競う競技会で培われた技術は、ここ五島列島でも遺憾なく発揮された。

 「新しいトーナメントは、グッと矯めたときに手元からよう曲がるんですよ。ただ曲がってから弱いんでなしに、そこからグッと粘って魚をスーッと浮かせてくれるんです。曲がるけど強い。これが一番の特徴ですね。魚が暴れずスーッと上がってくるんで、取り込みは早いですよ。あと細身なんで、風が強いときでも振りやすい。きちんと振り切れるんで、小さいウキでもよう飛んでくれますね」

 プライベートの釣行では大型のカツオやアオブダイを掛けたとのことだが、矯めているだけで寄せることができたほか、大きく曲げ込んでも粘りが失われないので、ハリスが切れる気がしなかったとのことだ。

 「競技モデルも従来の『TOURNAMENT』よりも胴に入る調子です。スタンダードモデルに比べるとややバットに張りがある感じですね。これはSMT(スーパーメタルトップ)が搭載されているので、とにかく感度がいいんです。特に口太釣りでは根の近くを狙うことが多いのですが、ハリスが根に当たった感触が鮮明にわかるので、糸を緩めるなどすぐ継の対処に移れるのがいいですね」

 あと、リングの内面積を約30%アップさせた新型AGSの効果も絶大なのだとか。

 「最初はリングの内面積が大きくなったことを知らんと釣りよったんですよ。釣ってるうちに何やら糸がよう出るなと思ったら、このガイドのせいやったんですね。特に僕はヒゲを長く出した“なるほどウキ止め”を使うでしょ。ガイド径が小さいとヒゲが引っ掛かるんで、これはありがたいですね」

 そうこうしているうちに、山元さんは42〜43cm級の口太を仕留めてしまった。口太としてはまずまずの型であるが、「トーナメントISO AGS1.5号-53」のパワーをもってしてはやや物足りないサイズ。曲がりもまだまだ余裕を残していた。

 東西の重鎮も太鼓判を押す新「TOURNAMENT」の仕上がり。もう間もなく手に取って確かめていただけるようになるだろう。

 

阿波が生んだ天才釣り師・山元八郎さん。競技会で数々の金字塔を打ち立てた現役トーナメンターでもある。タックルに対するこだわりも人一倍。

竿出し直後から次々に竿を曲げる山元さん。取り込みは非常に素早い。

「新『TOURNAMENT』はよう曲がるんやけんど、弱いやなしに粘るんよね」。全節が機能して淀みのない弾力を生み出すのが新「TOURNAMENT」である。

目測で42〜43cmの口太。竿の角度を一定に保ち、矯め込んだ曲がりをキープしているだけで素直に浮いてきた。

鵜澤さんが山元さんのやり取りを観察。気心知れた仲。磯の上の雰囲気は終始和やかだった。

岡田建治さんは一番奥まった場所で竿を出した。初夏にもかかわらずカタログ撮影のために防寒ウエアを着ての撮影。テスターとは過酷な仕事なのである。

 

初夏の五島列島・福江島に7人の名手が集結した。この日は秋にリリースされる「TOURNAMENT ISO AGS」の最終テストと、カタログ撮影を兼ねての釣行である。ゼロから開発に携わった男たちは、完成間近の新「TOURNAMENT」に何を思うのか……。

 

 

初夏の五島列島で

新トーナメントの最終テストを敢行。

 

 まだ明け切らぬ離島の朝。薄暗い景色の中、港だけは活気に満ちていた。ここは長崎県・五島列島福江島。この日、釣りの楽園とも飛ばれるこの島に、7人の名手が集結していた。鵜澤政則、山元八郎、藤園賢一郎、山元隆史、田中貴、岡田建治、武田一平……。ダイワのフカセタックルを現場でテストする精鋭たちである。

 この日、彼らが五島へ訪れた目的は2つ。1つはカタログやWEBコンテンツなどのプロモーション撮影、もう1つは今秋デビューする「TOURNAMENT ISO AGS」の最終テストだ。ほぼ出荷レベルにある新「TOURNAMENT」の最終プロトを使い、調子その他を総合的にチェックするというわけだ。

 日が長い初夏とはいえ、撮影を絡めた過密なスケジュールをこなすには時間があるようでない。出港前には綿密な打ち合わせを行い、大量のタックルを渡船に積み込んだ。山上湖を思わせる波静かな玉之浦湾を都丸(☎090・9888・1143)は滑るように進み、外海へ出てから左へと舵を切る。福江島の東端にあたる大瀬崎周辺がこの日の釣り場だ。7人のテスターは2チームに分かれて渡礁する。僕は藤園賢一郎、山元隆史、岡田建治の三氏とともに、五島でも指折りの名礁である「立神」に下りた。

 ダイワの担当者からテスターそれぞれに新「TOURNAMENT」が手渡される。「黒竿」と呼ばれるプロトモデルとは違い、製品と同じ塗装が施された最終テストモデルである。アイテムはすべて1.5号5.3mだ。

 新「TOURNAMENT」で最もこだわったのは“現場での答え合わせ”である。ダイワが独自に編み出してきた数々のテクノロジーにより、設計段階でも釣り人の感覚をかなりのレベルで製品に反映できるようになった。しかしそれは、どんなに緻密な計算式で弾き出した調子であっても、あくまで机上での数字にすぎない。竿の調子とは、あくまで釣り人の感覚に則したものであるべき。何がベストであるかは釣り人の感性によって導き出さなければならないのである。

 新「TOURNAMENT」は、様々なブランクスを磯へ持ち込み、節を入れ替えて実際に魚を釣り、設計者とテスターの二人三脚で最良を追求した。藤園、山元、岡田の三氏はゼロから開発に携わってきたこともあり、最終プロトを手にしたのときの表情は感慨深いものがある。

「やっとここまできた、という感じですね」(藤園)

 現場で育て上げた新「TOURNAMENT」。どのような曲がりを見せてくれるのか楽しみだ。

 

日の長い初夏といえども撮影スケジュールはタイト。出港前には念入りな打ち合わせが行われた。

名礁・立神に上がったのは藤園賢一郎、山元隆史、岡田建治の三氏。綺麗な塗装が施された最終プロトが手渡された。

五島福江島の東端にあたる大瀬崎。岬の周辺には一級磯が軒を連ねる。

 

 

激流の中から

良型メジナ(グレ)をブチ抜く!

 

 沖に向いて左後方から激流が通している。流れに面した左角には山元隆史さん、藤園さんはその右隣に釣り座を構え、岡田さんは右奥からゆったりと本流に引かれていく潮を狙った。立神は本来、60cmオーバーの尾長が狙える大物場だ。願わくば褐色の大型尾長をという目論見もあったのだが、竿の調子を確かめるという意味では、そこそこの型が数釣れてくれるほうがありがたい。

 さすがは名礁・立神である。竿出し直後から30cm台半ばの口太が立て続けに食ってくる。やがて40cmに絡む型が混じり始め、岡田さんが47〜48cmの良型を玉網に収めた。一連のやり取りを見ていて思ったのは、「新『TOURNAMENT』」はよく曲がる竿だな」ということだ。

 これまでの「TOURNAMENT」の調子をひと言で表すと「細・軽・ピン」であった。細身&軽量で、シャープかつ抜けの良い先調子が「TOURNAMENT」の代名詞ともいえるものであり、軽く繊細な仕掛けが全盛の時代にあって、その操作性とパワーは好評を得た。

 しかし、時代は少しずつ変化してきた。魚が少なくなり、大物と出会うチャンスも減るなかで、いかにして1尾を楽しんで獲るか、あるいは千載一遇ともいえる大物とのやり取りにおいて、いかにして確実に取り込むことができるかに重きを置く釣り人が増えてきたのである。となると、ただパワーがあるだけの竿ではやり取りが楽しめない。逆に曲がるだけ曲がってしまう竿だと中小型を釣るには楽しいが、大物には振り回されて“撮れる竿”にはなり得ないだろう。

 そんな時代の流れを受け、新「TOURNAMENT」の調子は「細・軽・靱」の方向へシフトした。“靱”とは、なめした皮のようにしなやかで丈夫な様を表した言葉だ。しなやかに曲がり込みながらも強い粘りを発揮し、弾力を失わず曲がったぶんだけしっかりと起き上がる腰の強さを備えたもの。これこそが新「TOURNAMENT」が目指した調子なのである。

 テスター陣も「曲がるけれども粘る」「曲がるほどに粘る」新「TOURNAMENT」の調子を再確認しているようである。

「4番節がよう曲がるんやけど。魚が大きいほどここの粘りが効いてきますね。曲がっても曲がっても弾力が失われないんです。黒金ベースのデザインもカッコイイですね」(山元)

 「パワーに任せて魚を浮かせる竿は今までもあったんですよ。でも新「TOURNAMENT」はこれといって力を入れなくても魚がスーッとついて上がってくるんです。3番節から4番節にかけてのしなやかさと粘りの加減が絶妙ですね」(岡田)

 

立神は良型の尾長が出る場所。仕掛けを作る山元隆史さんの表情も真剣だ。

釣り座の左からは激流が沖へ抜けていた。山元隆史さんは流芯から次々にメジナ(グレ)を引き出した。

岡田建治さんはゆったりとした引かれ潮を狙い、47〜48cmの良型口太を食わせた。

 「TOURNAMENT ISO AGS1.5号-5.3」と五島の口太メジナ(グレ)。胴までグッと曲がり込みながらもこのクラスなら余裕で浮いてくる。

 

 

新「TOURNAMENT

闘う男達は何を求めたのか。

 

 午後からは「オゴ瀬」へ移動。ここから武田一平さんが合流した。ここは横潮が速い釣り場であるが、ちょうど干潮の潮止まりなのか、さほど速い潮は入ってこなかった。しかしそれでも五島である。竿出し直後から40cm近い口太が次々に食ってきた。藤園さんはいきなりの5連発。入れ食いである。

「新『TOURNAMENT』を使ってまず思うのは、魚が怒らない、暴れないことなんです。曲がり込んで粘りを発揮するのは新『TOURNAMENT』の特徴でもあるのですが、あまりにも自然に魚が浮いてくるので、この粘りに気づかない人もいるんじゃないかな。グッと曲げ込んだとき腕に感じる負担も小さいので、楽にやり取りできますよ」(藤園)

 武田さんはやや奥まった場所でじっくりと竿を出していた。エサ取りの少ない地方のポイントで緩流を巧みに攻め、次々に中型の口太を仕留めた。

「僕が竿に求める要素っていろいろあるのですが、まず釣っていて楽しい竿というのが第一なんです。反発力の強い竿は確かに魚を早く浮かせられる一方、曲がりの抜けが早くて楽しめないんですね。ところが新トーナメントはグッと曲がってから負荷を押し戻すまでに心地よい間があって楽しいです。曲がりのミートポイントが広いというんですかね、『やり取りしてる!』と実感できる竿ですよ」(武田)

 この日、僕が行動を共にした4人のテスターは、みな最前線で活躍するエキスパートである。競技会であったり、狙いを大物1本に絞った釣行であったり、そのスタイルはそれぞれ。竿に求める要素も多岐にわたる。

 新「TOURNAMENT」について、4人のテスターからは「大物が撮れる竿」「楽にやり取りできる竿」「魚が怒らない竿」「釣っていて楽しい竿」といった評価を得ることができた。次回はもう1チームの釣行を追いつつ、なぜ新「TOURNAMENT」が多様な釣り人の要望を具現化できたのかについて考察してみることにしよう。

 

 

午後からは武田一平さんも加わって「オゴ瀬」へ磯替わりした。

藤園さんは竿出し直後から5連発でメジナ(グレ)を食わせた。竿の曲がりを確かめながらじっくりとやり取りした。

40cm前後を仕留めてご満悦の藤園さん。このサイズがコンスタントに食ってくるのが五島の魅力。

岡田さんも快調にメジナ(グレ)を食わせる。新「TOURNAMENT」は腕に掛かる負担が極めて小さいのが特徴だ。

やや奥まった釣り座で緩い潮を攻める武田一平さん。ポイントを細かく区切ったシビアな釣りを展開した。

これでもかと新「TOURNAMENT」を曲げまくる武田さん。大きな曲がりの中で魚との駆け引きを楽しんだ。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30