磯の上物釣りと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはメジナ(グレ)や黒鯛(チヌ)。そのテクニカルな釣趣は何物にも代えがたいものがあるが、磯にはもっと大きく、もっとパワフルなターゲットがいる。当コンテンツの最終回は、遠投カゴ釣りで磯の大物に挑むことにした。

 

 

真鯛にメーターオーバーのブリ

夢多き由良の磯に立つ。

 

 春の日差しが西へ傾き、納竿の時間が迫っていた。磯の上には重苦しい空気が立ち込めていた。もし釣れなかったらどうするか。あと1日粘ってみるか。声には出さなかったが、お互いにこんなことを考えていただろう。

 しかしだ。複雑に渦を巻いていた本流がギュッと絞れ、それまでいくつものヨレに食われていた道糸がビシッと背筋を伸ばした瞬間、この日、最初で最後のアタリが訪れたのである。

 話は4月の上旬に遡る。この日僕は、徳島の名手・山元隆史さんと愛媛県由良の磯へ向かった。ダイワ独自のリールテクノロジーである「マグシールド」の広告写真を撮影するためである。事前の情報では10kgを超すブリが釣れており、大型の真鯛も狙えるとのことだった。

 隆史さんのロッドケースには、カゴ釣りのタックルが収まっていた。ブリ、真鯛ともに深く、遠くで食ってくることが多い魚である。カゴ釣りは遠投が利くだけでなく、どんなに遠いポイントでも、またどんなに深いタナでも、コマセと付けエサを完全に同調させることができる釣りだ。足下に沸くメジナ(グレ)を釣るためには必要ない釣り方であるが、遠方の深ダナに潜む魚を狙うのであれば、カゴ釣りほど合理的な釣りはないだろう。

 今回お世話になったのは「みなとや渡船(電話=0895・85・0073)」。船長は好調な磯のひとつである「大猿の水道」に我々を下ろしてくれた。ガケ下のちょっとした窪みが釣り座で足場はお世辞にも良くないが、所々に湧き返しの鏡を作りながら流れる本流は見事だ。磯から10kgオーバーのブリが釣れる場所などそう多くはないはずだが、この場所ならと一目で思わせてくれた。

「ブリでも真鯛でも、カゴ釣りでないと取れん大きいのが釣れたらいいんですけどね」

 隆史さんはこういうと、ゆっくりとタックルの準備に取りかかった。

 

今回同行したのはフカセ釣りもカゴ釣りもこなす山元隆史さん。大物狙いのエキスパートだ。

渡礁したのは「大猿の水道」。仕掛けをセットしながら集中力を高める。

 

 

流れの中は生体反応ゼロ

名手山元隆史、どうする?

 

 この日、隆史さんが由良の磯へ持ち込んだロッドは2本。1本はマダイ用の「トーナメントISO3-53遠投」、もう1本はブリ用の「剛弓ヒラマサ4.5号-53遠投」である。状況を見つつ2本を使い分けるという。

 リールは「トーナメントISO5000&5500遠投」。マグシールドを搭載し、12年ぶりに生まれ変わったダイワ遠投スピニングリールの最高峰だ。道糸は「アストロン遠投スペシャルⅡ」の8号と10号を200m巻いている。

 ハリスは「ディーフロン船ハリス」の6号と8号。ハリは「D-MAX マダイクワセ SS」の各号数。ウキは「アローライナーEVA」の15号をメインに使い、カゴは「ジェットカゴ遠投Ⅱ」のM-15号と、現地で人気のある大型反転カゴを用意した。

 エサは生オキアミとボイル。オキアミから出た汁を吸わせて締めるために「アミノX真鯛SP」も磯へ持ち込んだ。

 期待を込めて第一投。大海原へ気持ちよく仕掛けが飛んでいく。遊動が落ちたところでコマセがカゴから撒かれ、付けエサと同調しながら潮筋を流れていく。エサ取りの層を突破し、そのタナにそこそこのサイズの魚がいれば一発で食ってもよさそうである。

 しかし、アタリはない。仕掛けの投入点を変え、ウキ下を変え、あの手この手で攻めるも生体反応はゼロである。

「手前を狙うとエサ取りはいるんですけどね。コマセが効くまで根気よく仕掛けを打ち返すしかないですね」

 

竿はマダイ用として「トーナメントISO3-53遠投」、ブリ用として「剛弓ヒラマサ4.5号-53遠投」を磯へ持ち込んだ。

リールは「トーナメントISO5000と同5500遠投」を用意。道糸は「アストロン遠投スペシャルⅡ」の8号と10号を200m巻いている。

ウキとカゴは「アローライナーEVA」と「ジェットカゴ遠投Ⅱ」のコンビ。適度な与浮力を残し、波に揉まれにくく視認性の高いセットだ。

ハリスは「ディーフロン船ハリス」の6号と8号。しなやかで結節強力の高いフロロカーボンハリスだ。

ハリは「D-MAX マダイクワセ SS」をメインに使った。軽量で吸い込みやすい短軸仕様。SaqSas加工により真鯛の硬い口周りにもスムーズに立ち込む。

オキアミから出た汁を吸わせるためコマセには「アミノX真鯛SP」を混ぜ込んだ。

 

 

リズミカルな手返しで

来たる時合を待つ。

 

 フカセ釣りに比べ、カゴ釣りのタックルは重いのが普通だ。したがって、人によってはコマセをカゴに詰めるたびに竿を置き、仕掛けを流す最中も竿を置き、その結果として手返しが遅くなって、釣りそのものも雑になりがちだ。

 しかし、隆史さんは釣りをしている最中に竿を手から放すことはない。コマセを詰めるときは股に竿尻を挟んでしゃがみ込むようにし、仕掛けを流すときはフカセ釣りと同じようにオープンベールで道糸を送り出し、ラインメンディングも怠らない。

 ダイワのカゴ釣りタックルが軽量であることは確かであるが、隆史さんの流れるような動作は長年にわたる釣りの中で培われたものであろう。カゴ釣りといえども決して大雑把にならず、動きのすべてに無駄がないのだ。手返しにリズムがある。見ていて気持ちがよい。

 カゴが大きいこともあり、コマセはスプーンなどを使わず素手でワシワシと詰めていく。そのまま道糸を巻き取ってでハリスを手に取り、ハリにエサを付けたらそのまま投入動作に移る。

 思えば、カゴ釣り用の遠投リールほど過酷な環境下で使用される道具はない。コマセの汁で汚れ、巻き取った道糸から飛び散る飛沫で汚れ、強風下では波飛沫を浴びることもあるだろう。

 その点、マグシールドを搭載している「トーナメントISO遠投」は心強い。磁性オイルにて外部からの水や異物の侵入がシャットアウトされるので、回転性能が長期間維持されるのだ。ラインローラー部には「マグシールドボールベアリング」が仕込まれており、塩噛みによって固着することもない。軽量で高剛性のZAIONをボディ素材に採用し、使用感は実に軽い。駆動中枢に組み込まれたマシンカットデジギアとの相乗効果で、多少ラフに扱っても回転のスムーズさが失われず、太いナイロンラインをグイグイ巻けるのである。

「抵抗の大きいカゴ釣り仕掛けを速い潮の中で回収するのも楽ですね。あとは魚とのやり取りで力強さを実証したいんですけどね(笑)」

 複雑に渦を巻く本流。海は沈黙したままである。来る時合に備え、手返しよく仕掛けを打ち返してコマセを効かせることに専念した。

 

 

惚れ惚れするような潮が差し込むも、海は沈黙したまま。手返しよく仕掛けを打ち込み、来る時合に備える。

ZAION製ボディとマシンカットデジギアとの相乗効果で剛性感のある巻き心地を実現した「トーナメントISO遠投」。抵抗の大きいカゴ仕掛けをグイグイ巻き取れる。

「大猿の水道」の釣り座。目の前を図太い本流がかすめていく。

 

 

まさに奇跡の大逆転。

納竿間際に良型真鯛をキャッチ!

 

 時間は無情に過ぎていった。ウキ下をこまめに調整しても状況は変わらず。流すスジを手前にすればエサ取りにやられ、沖を流すと付けエサが残りっぱなし。

「潮の湧き返しが強くて道糸が取られてしまうんですよ。これでは仕掛けが綺麗に流れませんね」

 フカセ釣りであれば、湧き潮のエッジにできる潜り潮へ仕掛けを差し込めるだろう。カゴ釣りは良くも悪くも仕掛けがなじんでしまう。一本調子の潮や緩流、海全体がダラッと流れる散漫な潮は得意とするところだが、斜めに舞い込む潮や複雑な流れは攻めにくいのである。

 弁当を届けに来た船長に聞くと、ほかの磯では10kgを軽く超えるブリが出たとのこと。しかし大猿の水道ではブリの気配など皆無であった。隆史さんは残りの時間を真鯛狙い一本に絞った。

 そして磯上がり30分前、湧き返しの鏡をいくつも作っていた本流のスジがギュッと1本に絞れてきた。

「ええ感じになってきたんちゃいますか。道糸が綺麗に引かれていきますよ」

 隆史さんがこう言うやいなや、100mほど先でウキがスパンと消し込まれたのである。

 3号竿が一気に絞り込まれた。激流を駆け下る強烈な引きを「トーナメントISO遠投」のATDがジリッと滑って止める。玉網に滑り込ませたのは60cmを超える真鯛である。

「潮が変わった一瞬でしたね。どうにかカゴ釣りらしい良型を出せてよかったです」

 納竿間際の大逆転劇。最後まで諦めずに手を尽くす、山元隆史さんの粘りが呼び込んだ1尾であった。

 

 

納竿30分前、満を持して3号ロッドが弧を描いた。隆史さんの安定感のあるやり取りが展開された。

玉網に滑り込ませたのは60cmオーバーの堂々たる真鯛。8時間の苦労が報われた。

釣り場の美化に努めるのは釣り師として当然の心得。自分が出したゴミは必ず持ち帰ること。

GWを過ぎると俄然期待が高まるのが石物。離島へ向かう渡船の中も、多くの石物師たちで賑わう。小型はいらない。剛竿を根元からへし曲げる大物と、一対一の力勝負をしたい。今回は、石物師垂涎のフィールド、男女群島で夢幻に挑む。

 

 

石物シーズンに突入した

男女群島の磯に立つ!

 

 甲高く鳴り響いていたエンジンがスローダウンすると、キャビンのそこらかしこで人影がうごめき始めた。デッキに出てみると、渡船の上はライトで煌々と照らされているものの、辺りは漆黒の闇。目指す岩陰を見つけようとするものの、ウネリに舞う渡船の上では、どこが上で下やら分からなくなる。

 マイクで船長に呼ばれ、大量のマキエやタックルとともに磯へ上がる。何ができるでもなく岩の窪みへ身を置いていると、徐々に夜が明けてきた。青白い景色の中に、名礁・立神がうっすらと姿を現した。ここは長崎県男女群島。言わずと知れた磯釣りのメッカである。

 この日、釣行を共にするのは九州の石物釣りを古くから牽引してきた柳孝治さん。絶海の孤島である男女群島は風波に弱く、過去には悲しい海難事故も起こっている場所。柳さんは釣行の数週間前から天気図とにらめっこし、慎重にプランを練ってくださった。場所が場所だけにある程度延期は覚悟していたものの、運良く最初の予定日に釣行できる運びとなった。ただし、前日に通過した低気圧のウネリが落ちていないため、長崎の平戸口を0時発と、やや遅めの出船となった。

 今回お世話になったのは「あじか磯釣センター(電話=0950・57・0883)」。渡船のサービスは、まさに至れり尽くせりである。船長は親切で、乗り子さんが荷物の積み下ろしからエサの仕分け、弁当の配布までサポートしてくれる。

 男女群島への釣行を基本的に一泊二日であり、我々も瀬泊まりにて2日間竿を出す予定。当然、釣り具やエサ以外にも食料、瀬泊まりの道具など荷物が大量になるが、乗り子さんが日中と夜の荷物を分けて届けてくれるので、非常に快適である。ただし、他人の荷物と間違わないよう、持ち物にはすべて名前を書いておくのが釣り人側のマナーである。

「今年はシーズンがやや遅れていて、九州本土周りではまだ釣果にムラがあるんですよ。少しでも確率が高い場所と思って、今日は男女群島に決めました。ただ、冷水が入ってきていているのが気になるんですよ。まぁやってみましょう」

 温かいコーヒーで少し休息した後、柳さんはゆっくりとタックルの準備を始めた。

 

初日に竿を出したのはハナグリ島の南端に位置する「ハナグリのカベ」。水道に位置する独立礁は「立神」。正面の島は女島だ。

九州の石物釣りを古くから牽引してきた柳孝治さん。今回は2つのタックルを使い分け、二通りの釣りを楽しんだ。

 

 

竿出し直後から

本命のイシダイをキャッチ!

 

 渡礁したのはハナグリ島の南端に位置する「ハナグリのカベ」。石物釣りでは定番の場所で、アラ(クエ)の実績もあるという。女島との水道には名礁・立神がそびえ立ち、激流が通す。

 「今回はタックルを2パターン用意したんです。ひとつは南方宙釣り用。これは足下のタナでイシダイを狙うためのものです。もうひとつは置き竿用。せっかく男女群島まで来たので、底にエサを置いてクチジロも狙ってみようと思います」

 柳さんがロッドケースから取り出したのは、発売されたばかりの「剛心竿 二代目」の「武蔵」と「小次郎」。前者は二刀流の武蔵になぞらえた2本の替え穂持ちを備える手持ち釣り用の5m、後者は小次郎の長刀をイメージした置き竿用の5.7mである。この2本を使い分け、二通りの釣りを楽しもうという皮算用だ。柳さんはまず「剛心竿 二代目・武蔵」を手にした。

 水温がまだ低く、エサ取りもさほど多くないことから、エサは赤貝をメインとした。予備エサはガンガゼ。こちらは主に置き竿のクチジロ用である。まずは赤貝を粗く砕いた「チップ」を丹念に撒く。

 潮は右へ流れる上げ潮。ハンマーで殻を割った赤貝を3〜5個ハリに数珠掛けし、潮上へ投入した仕掛けを磯際へ落ち着ける。狙うタナは14m前後。

 「潮が速い場所でも『仕掛けが収まる場所』というのがあるんです。ちょっとした岩の窪みであったり、潮が巻き込む場所であったり様々なのですが、このような場所はマキエが溜まりやすいし、仕掛けがスッと落ち着く。結局、石物も上物も魚が食ってくる理屈は同じなんですよ」

 仕掛けの投入点を何度か変えていくうち、潮に流されて斜めになった道糸がスッと吸い込まれる箇所を見つけた。すると間もなく穂先が数度押さえ込まれ、少し竿先を送り込んだところで一気に穂先が海面に突き刺さった。

 柳さんが合わせを入れると「剛心竿 二代目・武蔵」は渾身の弧を描く。柳さんは基本的にドラグを滑らせてやり取りするというが、まったくといってよいほど魚に主導権は譲らなかった。有無を言わさず抜き上げたのは40cm強の本命。

 「ちょっと細か(小さい)ですね」

 こう言って笑う柳さんであるが、冷水が入って釣況を読めないなか、この釣行を占うにあたっては実に心強い1尾である。

 

手持ち竿の南方宙釣りで用いた「剛心竿 二代目・武蔵」。2本の穂持ちを備え、あらゆる釣りにアジャストできる。

リールは「幻覇王 石鯛30」。手持ち竿の釣りを見据えた軽量タイプだ。置き竿の釣りには「幻覇王 石鯛40」を使用した。道糸はナイロン24号をたっぷりと巻いてある。

水温が低いこともあって、エサは軟らかい赤貝をメインとした。赤貝は殻を割って数珠掛けにする。ハリスに結んだ輪ゴムはエサのズレを防ぐためのものだ。

仕掛けが自然に収まる場所を見つけるやいなや、いきなり竿先が持ち込まれた。合わせが一発で決まる!

主導権は渡さない。一気に浮かせて抜き上げたのは小型ながらも本命のイシダイだ。

40cm少々の型ではあるが、その魚体には磯の王者としての風格が漂う。

 

 

エサで穂持ちを使い分ける

柳式タックルワーク!

 

 その後もアタリは続く。冷水の影響はどこへやら、時折小型のイシガキダイがエサをかすめ取っていく。

 「きちんと仕掛けが収まる場所ではアタリがありますね。ただ、イシガキダイが小さいのか、エサを食っても走らんのです。南方宙釣りでは、オモリとエサは磯際にピタリと這っています。太か(大きい)魚なら多少オモリが岩に噛んでいてもこれを外して走ってくれるのですが、今アタっている魚は走らんですもんね」

 前アタリがあると竿先を送り、魚が走るまで“アタリを育てる”のであるが、時折足下で根掛かりする。潮が入ってきて魚の活性が上がり、ハリを咥えた魚が走れば根掛かりしない。また、大型を狙っているためハリもそれなりに大きなものを使っている。ハリをくわえた魚が反転して走るからこそ、カンヌキに太軸のハリがガッチリ掛かるのだと柳さんは言う。

 「自然に食わせるというよりも、適度な抵抗で魚をいじって反転を促すというイメージですね。イシダイは、エサの軟らかさによって食い方が変わるんですよ。ウニなどの硬いエサは一生懸命噛み砕くのですが、赤貝などの軟らかいエサはソフトにかじるので、食わせ方も変えています」

 具体的には、ウニなどの硬いエサを使っているときは、アタリがあると仕掛けを張り上げていく。逆にエサが軟らかいときは、やんわりと竿先を送っていくのである。

 「剛心竿 二代目の武蔵には2本の替え穂持ちが付いています。硬い標準穂持ちは潮が速いとき、軟らかい替え穂持ちは潮が緩いときや食い渋り時に使うのが一応の目安ですが、僕はエサによっても使い分けますね。今日のように軟らかいエサでソフトに食わせるときは、軟らかい替え穂持ちが使いやすいです」

 磯際に這ったエサを押し下げるようにかじるイシダイのアタリを、弾くことなく本アタリにつなげる。ソフトな穂持ちの効果は絶大であった。柳さんは仕掛けがスッと収まる場所を見つけるやいなや、瞬く間にイシガキダイまじりで3尾のイシダイを仕留めてしまったのである。最大は50cm強であった。

 

軟らかいエサを使っているときは、前アタリがあると竿先を送ってアタリを育てていく。竿先が強く持ち込まれるのはハリを咥えた魚が走った証拠。ここでガッチリと合わせる。

赤貝のような軟らかいエサを使うときは、アタリを弾かないソフトな調子が向いている。当日は軟調の替え穂持ちをセットした。

ソフトな穂持ちの効果は絶大。微妙な前アタリを本アタリにつなげ、立て続けに本命を食わせた。

朝の時合では50cm強までのサイズを3尾釣り上げた。爽快である。

 

 

夜明け直後には

クチジロをゲット!

 

 夕方からは瀬泊まりすることを考えて、足場が広い「地の平瀬の北」へ瀬替わりした。ここでは南方宙釣りと平行して、置き竿の仕掛けも入れることにした。竿はもちろん「剛心竿 二代目・小次郎」である。

 「小次郎のよさは、何と言っても3本半継のヌケの良いブランクスでしょう。アタリがあって美しく穂先が舞い込む瞬間は、これぞ石物釣りの醍醐味だといえます。5.7mの長尺は遠投も利きますからね」

 置き竿の釣りでも“仕掛けが収まる場所”が重要だと柳さんは言う。瀬替わり直後は下り潮が速かったが、何度も仕掛けを投入し、オモリがスッと落ち着く場所を丹念に探した。

 そして夕マヅメ、ガンガゼを付けて投入した「剛心竿 二代目・小次郎」の穂先が生き生きと海面に突き刺さったのである。難なく浮かせたのは40cm台半ばのイシガキダイであったが、小次郎の美しい舞い込みは十分に堪能させていただいた。ここで初日の釣りを終了した。

 翌朝、新たな気持ちで釣りを再開。この日は朝一番から置き竿と手持ち竿の二刀流である。しかし、下げ潮がなかなか入ってこない。潮が利かないとエサがそのまま残ってくることもあり、ウツボなどの外道も多かった。

 日が昇ってからも気だるい時間が続くなか、今度は手持ちの「剛心竿 二代目・武蔵」の穂先が舞い込んだのである。

 前日のイシダイよりもはるかに引きが強い。数度の締め込みに耐え、海面に浮かせたのはクチジロである。磯際まで寄せたところで瀬ズレワイヤーを掴み、一気にズリ上げた。その魚体は軽く50cmwを少し超えた程度で、クチジロとしては小型であるが、二兎を追う欲張りな釣行の締めくくりには十分すぎる釣果だ。

 2つのタックルを出し、それぞれの持ち味を楽しむことができた。男女群島の石物は、これから最盛期を迎える。

 

夕方からは「地の平瀬の北」へ瀬替わりした。ここではクチジロ狙いとして置き竿タックルもセット。竿はもちろん「剛心竿 二代目・小次郎」だ。

「剛心竿 二代目・小次郎」の竿先が美しく舞い込んだ。目でアタリを楽しみ、手感で引きを味わう。イシダイ釣りの醍醐味を堪能できた。

朝マヅメは再び「剛心竿 二代目・武蔵」が強引をとらえた。前日のイシダイよりもはるかに引きが強い。はたして相手は……?

ワイヤーを掴んで磯へズリ上げたのはクチジロ。サイズは控え目だが、釣行を締めくくる1尾としては十分だ。

柳さんの磯バッグにはゴミ袋が大量にストックされている。魚に対しても、自然に対しても優しいのである。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カテゴリ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31