今だからこそ見直したい 長竿の効能。 大島ほか

かつては選択肢の1つとして存在感を示していた長竿。しかし、競技会を中心に発展してきた先端釣法の影響か、どちらかといえば取り回しのよい短めの竿が好まれているようです。今回は長竿にスポットを当て、そのメリットと活用法を考えてみましょう。

 

 

近年における

長竿の立ち位置を考える。

 

 磯竿は数ある釣り竿の中でも、ある意味特殊な竿です釣りを広く見渡してみると、ルアーや投げ釣りなど「投げて引く釣り」か、船釣りのように「下へ垂らす釣り」が大半。投入した仕掛けを「流す釣り」は、フライやテンカラなどごく一部です。とりわけ高い足場から竿を出すことが多く、ハリスを長く取った仕掛けを用いる磯釣りでは、他の釣りよりも長い竿が生まれ、発展してきました。

  磯竿の原点は竹竿にあります。フカセ釣り発祥の地として知られる阿波徳島では、布袋竹(五三竹)に針金製のガイドを打ち込んだものが使用されていました。 長さは15尺(約4.5m)が標準。当時はまだメジナ(グレ)がスレておらず浅ダナで食ったため、ハリスを長く取る必要がなかったのもありますが、重い竹 竿ではそれ以上長くすると振っていられなかったのかもしれません。

 竿の長さに変化が表れたのは、素材が軽いグラスファイバーに変わってから。さらに軽いカーボンがロッド素材の主流になってからは18尺(約5.4m)が長さの主流となり、やがて21尺(約6.3m)以上の長竿も一般に出回るようになりました。

 長竿の愛用者が増えた理由は、ただ竿が軽くなったからだけではありません。千葉県の房総半島で6.3mクラスの長竿を使う人が多かったのは、房総特有の浅場で荒い根をかわしながら大型メジナ(グレ)を取り込むためでした。

 南紀潮岬の長竿釣法も同じ理由で発展したものですが、尾長が多いこのエリアにあって、長竿はハリスを長く取れるというメリットも認識されていたようです。太郎と花子と呼ばれる大型尾長で沸き立った頃は、玉の柄を継ぎ足した8mクラスの竿を使う人もおり、その伝統は今でも息づいています。

  九州では「連玉」と呼ばれる固定の多段ウキ仕掛けが多用されていました。これは関東でいうシモリウキの発展形ともいえる仕掛けで、仕掛けのなじみ具合やエ サの有無がわかりやすいという利点がありましたが、ウキを固定する関係で6.3mクラスの長竿が好まれていたようです。

 そして現在、5.4mから5.3mに標準の長さが落ち着きましたが、それ以上の長竿を積極的に使う人は少なくなったように思います。その理由は多々考えられますが、ひとつは利き腕に竿、もう片方の手でコマセを撒く「左右分担」というスタイルが定着したように、まず竿には片腕で扱える軽さが求められるようになった点。さらに遊動仕掛けが主流となり、全遊動や沈め釣りなどハリスを長く取らなくても深ダナを攻められる釣法が編み出されたことも影響していると考えられます。

 しかしダイワは、これまでに数多くの長竿を世に送り出してきました。その理由は、長竿でないと成し得ない釣りが存在するからです。長竿のメリットとは何か。次からじっくりとご説明しましょう。

 

大きな曲がりとストロークが長竿の証し。長竿には多くのメリットがあり、これでしか成し得ない世界があります。

 

 

こんなにある

長竿のメリット!

 

 重い、取り回しにくいなど、ネガティブなイメージもある長竿ですが、短竿にはない魅力がたくさんあります。長竿が持つ代表的なメリットは次のようになります。

 

①ハエ根や海中の障害物をかわしやすい

尺の長さを生かし、足下から張り出すハエ根やテトラ、海中の障害物をかわして魚を誘導できます。これは昔から言われている長竿の効能です。

 

②強風に強い

足場が高い場所では道糸が風に食われにくく、安定して仕掛けを流すことができます。竿が長いと風を受けて疲れるという声もありますが、あえて強風時に長竿を使うメリットもあります。

 

③タメが効く

ブランクスをクッション材と考えた場合、単純に節の数が多い長竿はクッション部分が多く、短竿ではラインを出して対処しなければならない場面でも、長竿だとタメきれるケースが少なくありません。特に根が荒い場所で生きてくる利点です。

 

④細いハリスを使える

節の数が多い長竿は曲がる部分、つまり弾力を生む部分が多いことから、同号数であれば長い竿ほど細いハリスを使えます。

 

⑤ハリスを長く取れる

竿が長いほどハリスを長く取ることができます。特に寒の時期など、付けエサを自然に落としたいときに有利です。

 

海中の障害物をかわしやすいのが長竿最大のメリット。グッとタメているだけで魚が根負けすることもあります。

穂先を海面に近づけることで道糸に受ける風の抵抗を軽減できる長竿は、強風時の頼もしい味方です

長竿は弾力を生み出すセクションが長いぶんタメが効き、細いハリスを使えます

穂先の位置が変わると仕掛けの流しやすさも変わります。竿が長いと道糸の修正も楽々

 

 

武器として使う

長竿積極活用のススメ

 

 以上のように、長竿には多くのメリットがあります不要に長い竿を使う必要はありませんが、数々の利点を武器として攻めに反映できるのであれば、この長さを活用しない手はないでしょう。

 現在の磯竿ラインナップでは「オレガ」「大島」の2機種に、黒鯛(チヌ)竿では「銀狼王牙AGS」に5.5m以上のアイテムがあり、今後も随時長尺アイテムを加えていく予定です。

 このなかでも「大島」は1.5号-57、2号-63T、3号-63Tと3アイテムの長竿を取り揃えています。このうち2号-63T3号-63Tはテレガイドを配した遠投仕様ですが、1番節にはIMガイドを搭載し、フカセ釣りにも対応するマルチアイテム。大物狙いでぜひ活用していただきたいスペシャル仕様です。

 

「大島2号-63T」はカゴ釣りとフカセ釣りの双方に対応するマルチアイテム

「大島2号-63T」の1番節には軽量で糸絡みの少ないIMガイドが搭載されています。

ブランクスの必要箇所をX45で補強長竿にありがちなネジレを可能な限り排除しました。

リールシートは軽量の板シートを採用装着するリールを選びません。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「磯」サイトへ