ボートエギング新製品タックルインプレッション第5弾はボートエギング用エギの3号サイズについてインプレッションさせていただきます。
ただの3号ではありません、25gと35gの2つのウェイトがあり使いこなせば釣りの幅が大きく広がります!

写真は3.5号50g(上)、3.0号25g(下)の比較です。

まずこの3.0号の企画にあたり

◯センカンドバイトが極端に少ないときにファーストバイトでフッキングしたい

◯3.5号のシルエットでは抱いてこないナーバスなイカ対策

◯出来るだけ早くエギを着底させたい(特に潮の速いときに)

このようなときに3号エギの必要性を感じ、商品企画がスタートしました。


そこで3.0号のgの違うプロトを作っていただき、先ずは22g~30gでいくつもサンプルを作りテストを繰り返し、使いやすさを考えると25gが使いやすいという結論に至りました。

理由は、
◯25gより軽いとシャクッたときにヒラを打ち理想の動きではなく、滑らかさに欠ける

◯25gより重くすると秋から冬のよく釣れる水深15~25mでは根掛かりしやすくなる

テスト時、水深20mにおいて3.5号30gと比較すると着底までの沈下スピードがほぼ同じです。
3.5号30gと同じ感覚でダウンサイズできる、これが秋のボートエギングにおいて大きなメリットになってくるはずです!

この3.0号25g。使用感とサクサックっとアオリが掛かってしまう手返しの早さにテストしている私でさえ驚いてしまいました。

この時の使用していたロッドは511シリーズ3本でしたが、シャクリ感、引き重り感を考えると
エメラルダスAGS511ML-SMT
エメラルダスMX511M-S
が私的には使いやすく良く釣れました。

511ML-SMTについては511M-SMTよりスーパーメタルトップ下が軟らかくなっているので抵抗の小さいエギでも良い曲りを演出できます。

でも511M-SMTでもスーパーメタルトップの柔軟な曲がりでアタリはバンバン獲れるのでご心配なく!
(詳しくはロッドのインプレッションにて)


続きまして、もう一つの武器、3.0号3.5gの紹介をしたいと思います。

25gがかなりの釣果が出たところで、このコンパクトな3.0号のスピード感をもっと武器に使えないかと考えました。

やはり潮の速いところでのシュ!と落ちていく3.0号はかなりの武器になりますからね!
実は、同じ重さでも3.5号よりも3号の方が早く落ちるのです。
なぜなら、エギの本体には浮力があります。3.5号に対して3号はボディーサイズが小さく浮力が小さいので同じ重さでは3号の方が早く落ちます。


そして考えたのは
◯3号25gと攻略エリアがかぶらないこと
○より早く沈むことでの攻略エリア拡大
◯ダートアクションの良さ
○エビの少なさ

その事を考えると40gでは25gとの使うシチュエーションに開きがあったのと水温が完全に下がってからは3.0号よりアピール出来る3.5号の方に軍配が…

を、考えると水深が深くなってからは3.5号の50gがあるじゃないですか!と考えました。

そこで何種類かの重さをテストした、他のサイズとの使い分けも考え35gがベストだと判断しました。

そして潮の速いとこでも大満足の使用感と釣果を出し3.0号35gの完成しました!

アオリがディープに落ちていったときや潮の速いエリアではかなり活躍してくれます!

そしてロッドは511シリーズはどれをとっても使いやすく、511シリーズに加えベイトタックルでもかなりの手応えをつかんでテストを終えました。

この秋は様々なアイテムが勢ぞろいします!
自分に合ったタックルをチョイスして、一番楽しめるボートエギングシーンにしてください!

 秋に向けてボートエギングアイテムをロッドに続きエギについてインプレッションさせていただきます!

 定番エメラルダスボートRVに追加サイズが登場です!しかも、ディープ攻略に欠かせない50gがついに発売されます。
ボートエギング、特にティップランの専用タックルが充実した今50gを使うのは当たり前で、さほど驚く事ではないと思います。

 30gからシンカーをプラスするのではなく50gからシンカーをプラスすることにより、よりシンプルで重いエギにすることも可能です。
単純にTGアゴシンカーの15gを使った場合では65gとかなりのシーンをカバー出来るのでは無いでしょうか?

 今でこそ私も、ディープや風が強いときや潮が早いときは迷わずに50gを選んでいました。
しかし、少し前まではシャクリにくい、スライドの待ちの時の抵抗感が重い等が嫌で、少しでも軽いエギを選んだいました。
なぜ、重いエギを使うようになったかというと、ボートエギング専用タックルが進化し圧倒的に使いやすくなったからです。

エメラルダスAGS511M-SMT
エメラルダスAGS511ML-SMT

 私は上記のショートモデルで重いエギを使うことが多いのですが、ショートロッドは重いエギを使ってもラクです!
シャクリから待ちに入るまでの動作がホントにラクです☆

 そして!そして!前回のロッドの時に少しお話しした
エメラルダスAGS66MB-SMTのベイトロッドでのヘビーウエイトの使用感は驚きますよ!


 

グリップを脇に挟んでシャクれるラクさ!
このロッドのパワーを考えると50gが重いとはまったく思わないです!
そしてベイトのメリットであるクラッチのON・OFFで重いエギも自在に操れます。
私は二枚潮の状況でこのロッドで80gのエギを難なくシャクリってアタリを取りアオリを掛けていました。

 アタリが劇的に取れるようになったベイトタックル。ヘビーウエイトのティップランですごく利にかなったセッティングだと私は思っています。

 少しロッドの話が長くなりましたが、50gでご心配な点があるかと思います!
ここでテストの時に最新の注意を払った点です!
それは・・・
◯アクション
◯テーリング(エビる)

 テスト時にビックリしたのは動き。なんのなんの!シンカーの見た目からは想像できない滑らかで、私が理想としていた動きで一発クリア!!
そしてテーリングですが、エギを着底させシャクリを入れてわざと意地悪めにテーリングするかどうかをテストしましたが全く問題無し!!
安心して使っていただける50gが誕生しました!!

 50gでも動きの良さ、テーリングが起きにくいのはおそらくこの写真のシンカーの形とバランスの良さ!
一番はこのシンカーの形かと私は思っています。

 是非この秋からは50gのエメラルダスボートラトル使ってみてください☆

第3弾は大注目のボートエギング用のベイトタックルのインプレッションをさせていただきます!

 

ボートエギングでベイトタックルを使いたいという願望は常に私の中にありました。

シャクル→ストップ→スライド→フォール(着底)→シャクルの繰り返しが多いボートエギングでは、ベイトタックルのメリットが少なくないと考えるのは当然と言えば当然です。
しかも、エギが重くなれば重くなるほどスピニングタックルよりベイトタックルを使いたいと考えるのは私だけではないはずです。

私もボートエギングをやりだして20年が経とうとしています。
ベイトタックルでのディープ攻略は何度も何度も考え、幾度となくロッドもテストしましたが、納得のいくものが出来ずに今に至っていました…

しかし!ようやく納得するものが出来てこの夏デビューとなります!自信を持ってここにインプレを書かせていただきます!

まず一番こだわったのは、何といってもアタリの出方!
今までトライしてきて納得がいかなかったのは、このアタリの出方がイマイチだったからです。

去年ブレイクしたエメラルダスAGS511M-SMTのティップのような柔軟かつ若干張りのあるSMT(スーパーメタルトップ)を搭載したらそれをクリアできるのではないか?と思い開発していただきました。そうしたら!アノ!アノ!ビックリするようなアタリが取れるようになりました!

そしてエギの担当者とロッドの設計者の方々に来ていただいた、最終テストでは横から見ていてもビックリするほどのアタリが出ていました!
もちろん自分で使ってみても、手感度も目感度も完璧!!大満足でテスト一発OK!

 

これで一番重要な「アタリ」においては完全クリア☆
ブランクは軽量・高感度のSVF、そしてディープでもキレのあるアクションを約束するX45を搭載。
このブランクがあれば、ディープを攻めてもしっかりとエギのアクションを最大限に引き出すことができます!

他はイメージが出来ていたのでスムーズに進みました!

◯シャクリやすい長さ

◯重いエギも楽にしっかりシャクれるグリップの長さ

◯ディープからイカをリフトアップしてくるしっかりしたバットパワー

ものの見事にハマったロッドです!!

今までアタリに関して、あれほど悩んだのが嘘のように良いモノが出来上がりました☆☆☆☆☆

そして、このタイミングでエメラルダスボート3.5号の50gが秋には発売されます!(エギに関してはまたエギの紹介の時にインプレさせていただきます。)

で、もちろんこのベイトロッド、50gで終わるわけないですよ!

もっと重いエギを使っても楽勝なんで是非使ってみてください。

ではベイトタックルで私が実践していることを紹介します。
重いエギを使う場合は脇に挟んでジギングのようにシャクると、ほんまに楽々とシャクれます。

 

スピニングで重いエギをシャクるのしんどいとか、シャクリのリズムが悪くエギが動いている感じがしないと言う方もリズム良くいけると思いますよー♪

そして、ベイトリールの良いところは片手で簡単にクラッチをon・offできるので、リズムのいいボートエギングが出来ます。
テンションSフォールも自由自在!(Sフォールの詳細は… http://daiwa.globeride.jp/column/2013eging/index2.html

ボートが流れてロッドを倒して限界まで来て、まだ送り込みたい!そんな時でもクラッチをoffしてやればスピニングより簡単にエギを漂わす事ができちゃいます。

まとめてみると…

◯SMTを搭載によりアタリ明確にでる

◯SMTの搭載によりギリギリのテンションでもアタリがでる

◯重いエギでも脇に挟んで楽にワンピッチシャクリできる

◯片手でリールのクラッチon・offが容易な為テンションSが今まで以上に長く出来る

◯ベイトのアワセはカッコいい!

糸ふけが余分に出ないので、ディープでのアタリを逃さなくなるのも大きな武器ですね!

最後になりましたが、ディープのお話ばかりになりましたが、ディープはもちろんのこと私はこのベイトロッドで軽めのエギも使っています。
なぜならSMT搭載により軽いエギでもSMT部分だけが曲がりアタリがとり獲りやすいこともお忘れなく!
このロッドをテストする前では考えられないほど、今ベイトにはまっている自分にびっくりしてます!


 

1  2  3  4  5  6