投げブッコミはやめられない

イソメと一緒にサバの「身エサ」を持参。

短冊状に切り分けられて冷凍されている。夏場はすぐにクーラーボックスへ収納するが、これからの季節は使う時間にあわせて外へ出して解凍。皮表と身側の縫い刺しで針につける。

投げブッコミで期待できるものは何か。カサゴを始めとした高級魚の根魚。それを釣る為には、税金とも言うべきウツボもそれ以上に釣らなければならない。ウツボを避けるべく、根が点在する砂利浜へいざ出陣。

 

思惑は叶い、投入の当初から賑やかになるキャスティズムの竿先。コツコツ、モソモソ。しかし、磯場と違い食い込みに迫力がない。仕掛けをあげてみるたびに、随所を齧られているサバの身。その形状から、カサゴやアカハタといった根魚でないことが容易に判る。

 

 

 

そこで、エサをイソメに変えてみたら、立ち所に針掛かりした。

 

正体見たり。メスのキュウセン。これは群れでいることが多いので、身エサを寄ってたかってつついていた? 鋭利な歯がサバの赤い身をこそぎおとしていたらしい。こうして、身エサとイソメを使い分けて釣る。身エサを一発で口へ入れる魚はそこそこ体格があるし、エサだけ齧られるのならイソメに変えて様子を見る。

 

アタリはある越したことはない。寒期に入った釣りは特に。

 

 

 

 

砂利の浜を離れて内湾へ移動。入り江の急峻な深みへ投げ入れてみる算段。願わくば、居着きの根魚がいないだろうか。潜んでいそうな場所を選ぶ。石積み堤防やその礎石、根落ち、根と砂の境。水深があると底はまったく見えないが、慎重に底の状態を脈をとるように探る。

 

見上げると、入り江を囲む山々は最後の紅葉を残している。西南に向いた斜面は陽当たりがよく、まだ晩秋の装いというべきか。広葉樹の色彩とよく晴れた青空、キャスティズムのオレンジ。

 

独り悦に入り、スナップを撮ったり、、、、。

 

 
 

ここでもゴツゴツとアタリはとれる。齧られている。皮をくわえて走るらしく引きは結構なもの。それでも乗ってはこない。魚は小さいようだ。

 

イソメに変えたら一度で針掛かり。ササノハベラ。この口の口径では、身エサのひと呑みは大変だろう。おそらく、ベラ族に限らず、共生しているであろうトラギスたちなど、海底に"お祭り"だけは起こしているはず。その騒ぎに反応して、ひとつ大きな魚はこないだろうか。

 

場所をひとつ変えて、さらに深くて潮通しのいい岩に乗る。ガツガツ。そして今度は違った。身エサに掛かった魚。グググっとしなるキャスティズム。

 

 

 

水面にあがってきたのは紅色。最初はハナダイに見える(そんなワケはないのですが)陸に揚げた正体に笑いがこみあげる。ピンクの頬に鱗がない。テンスの仲間で「テンスモドキ」と判別。

 

船釣りでは見かけるものの、岸からの投げ釣りでは珍しい部類に入る。仕掛けがよほど深い溝に入ったのか、それとも潮時で浅瀬へ索餌で動いてきたのか。

 

テンスモドキは美しく、運よく掛かりが浅かった。すぐ海へ戻すとしばらく漂い気味だったが、やがて我を取り戻したかのように深みへ。鮮烈な紅色の体色が濃い緑の水へ同化していったのが印象的。

 

年内は投げブッコミで楽しめそうな感じである。この釣りは夢があり、いつもワクワクする釣りである。