秋の河口でアメ色のマハゼと遊ぶ。

 

某河川の河口でマハゼがいい。

こういう情報を聞くと、秋の訪れを感じたりする。ジリジリと肌を焦がす真夏のマハゼもいいが、ゆるい秋風の川端の風情がこの魚に合っている気がする。ひと回り大きくなったアメ色の体に会いたくなった。

 

休日に重なり、ポツポツと見える先客。こちらは投げ釣りなので、隣りと間合いのとれる場所を選んだ。

 

 

さっそく飛びついてきたのは、この魚。セイゴと呼ぶには気の毒なくらい小さい。ミニセイゴか。ハゼ用の針を使っているのですぐに掛かってしまう。群れているので、投入の位置を頻繁に変えて「かわす」ことに終始。

 

それでも釣っては放し、の繰り返し。潮がゆるんでくると、ミニセイゴの姿がピタっと止まった。

 

 

 
 

すると本命の登場。不思議なもの。マハゼにとってセイゴは天敵でもあるので、食事の時合いを見計らったよう。今度は本命ばかりになった。

 

マハゼはコロっと太っていて、これからの落ちに備えているよう。もう少し時が経てば、体調も伸びて、頭が大きくなることが予見される。今年はいつ頃までマハゼが狙えるだろうか。

 

落ちのシーズンぎりぎりの再訪が楽しみになった。