初秋を告げるマハゼを釣りに行く。

 

立秋を過ぎ暦上では秋ですが、まだまだ蒸し暑い日々が続きとても秋とは思えない日々が続いている。

 

そこで、少しでも秋を感じるべく、毎年釣りへ行く小さな港湾へ向かった。その港湾は奥に川が流れこんでおりマハゼの遡上する気水域につながっている。

 

オモリはナス型8号、片テンビン、針2本のオーソドックなハゼ仕掛け。エサはジャリメ。こういう繊細な(軽い)仕掛け立てでも、キャスティズムは柔軟に対応できるのがいいところ。

 

ひと潮(干潮→満潮)の半分ぐらいは粘ってみた。

 

 

プルプルプルという反応。

 

ここでゆっくり巻いてみたら、マハゼがついてきた。水汲みバケツに落とすと元気に泳ぐ。マハゼは俯瞰から眺めても愛らしい。

 

このプルプルプルがさらに大きな時があった。サイズが大きい。

 

↑上の写真での手前側。これは年を越したヒネハゼであると思われる。今年に生まれたマハゼとは明らかに違う。年魚と言われてきたマハゼも巣ごもりして翌年も姿をみせることがある。

 

とても手軽で身近かにして奥深いマハゼ釣り。初秋を告げる使者。