気象変動に翻弄されつつカワハギの姿に微笑!

暑かったり寒かったり。

6月に入ってからは気象に翻弄されている。梅雨入りである。当然、その合間をぬっての釣り。雲のない青空に向かう気持ちが突然の雨。そこで釣りを断念していると意に反して晴れた朝を迎える。異常気象とニュースは伝えるけれど、毎年いまの時期というのはこういうもの。天候の変動を厭わずに釣りへ行く。

 

 

一つ気にかかる事象として、今年は水温がまだ低いかなと感じる。足元の岩根には繁茂している海藻。この海の植物が「藻切れ」することなく残っているのは水温の上昇が遅れていること。まだ春の潮と推察できるのである。

 

プランクトンが少ないので水が妙に澄んでいたり、魚影といえばウミタナゴが群れていたり。投げ釣りの対象魚では戻りガレイが沖合へ旅立たず潜んでいるような様相。気温は夏っぽいが、水中は目を覚ましていない感じ。

 

 

ところが、でした。

根際で仕掛けをしばらく留めておいたところ、カツ、カツという魚信。ジワッと聞いてみたところでクイーンと引き込まれた。横へ走る。これはきっとあの魚とほくそ笑んだ通りの姿。

 

海藻に模した茶褐色の保護色。根際に潜んで貝類や小動物を食んでいるのだろうか。いわゆる根付きのカワハギだった。針掛かりが浅い。仲間を連れてきてくれることを期待して海へ戻した。

 

 

 

次は仕掛けを回収しようと巻いたところ、この魚が飛びついてきた。ウロコがとれやすいのでタオルを敷いて置く。

 

小柄ではあるがエソ。夏を告げる使者。この魚が狙う小魚がすでに寄ってきているのだろうか。期待が高まってくる。一見、まだ春の潮に感じた海。しかし投げ釣りの盛期に突入か。これから梅雨の晴れ間をうかがい通う、キャスティズムのシーズンを確信。